2006年07月24日

理不尽な親

昨日の新聞の一面に載っていた記事なのですが、昨日は一日お出かけしていて、新聞をポストから取ることすら忘れていました(笑)
今朝新聞を出して「やたら分厚いな」と思ったら、二日分入っていました(^^;)

昨日の新聞の一面の記事を見て嫁さんが「何これ!?」と呆れた顔で言うので読んでみた。
【先生に無理難題 理不尽な親急増】というタイトル。
全ての記事を記すには長いので、研究会が把握している保護者からの要求という部分だけ出してみたいと思う。
以下新聞より抜粋。

■研究会で把握している保護者からの要求
《保育園・幼稚園》
「うちの子は箱入り娘で育てたい。誰ともけんかさせないという念書を提出しろ」
「行事のスナップ写真でうちの子が真ん中に写っていないのはなぜだ」
「子供が1つのおもちゃを取り合ってけんかになるからそのおもちゃを置かないでほしい」
《小学校》
「石をぶつけてガラスを割ったのは、そこに石が落ちていたのが悪い」
「義務教育だから給食費は払わない」
「(夜中に電話で呼び出して)飲食店での話し合いに応じろ」
《中学校》
「(保護者がクレームを言いに来た日の)休業補償を支払え」
「風呂に入らないので入るように言ってほしい」
「(けがをした生徒を病院に行かせたところ)なんでやぶ医者に行かせるんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・;

いやいや・・・・・・・・言葉がありません(-_-;)
同じ子を持つ親として、共感できるものは一つもありません。
保育園や学校に一体何を求めているのでしょうか?
保育園で他の子供とけんかするのは防げません。けんかをするということは、自我が生まれてきて、他の子供とぶつかり合うということで、正常な成長過程です。
その時、保育園の先生方は子供たちにけんかしないで仲良く遊ぶことを、子供たちに教えてくれるのです。
それなのに「誰ともけんかさせないという念書を提出しろ」と言うのは、「子供を遊ばせるな」と言っているのと同じです。
そんなに箱入り娘で育てたいのなら、大事に箱に入れて外に出さないことです。

小学校や中学校でも、子供の躾けや教育を、親が学校に丸投げしている証拠ですね。
自分の子供が何をしているのか、何を考えているのか、そんなことを考えもしないで、単に学校にクレームを言うだけの親が多いのではないでしょうか。
子供とコミュニケーションをとらないで、何か問題が起きた時だけ「学校が悪い」と殴り込んでいるような気がするのですが。

私も子供と十分にコミュニケーションをとれているとは言い切れないかも知れません。
もっと子供が何を考えているのか、どう思っているのか、子供の事を気にかけてあげないといけないと思っています。
しかしそんなことすら考えない親がいるのではないでしょうか。
私は親として全く出来ていない親だと思うので、もっとしっかりしなくてはと、自分自身に言い聞かせています。
でもきっと、この新聞に取り上げられているような親達は、「自分はちゃんと出来ている」と思っているのでしょう。だから何か問題が起きると「学校が悪い」と考えるのだと思います。
「自分は出来ている、学校が出来ていない」という親がいかに多いのかということでしょうね。

しかしこれは何も親に限った話では無いでしょうね。
今の日本、自分自身の事を反省しないで、他人ばかり責め立てる人が多いような気がします。
謙虚な心を持てない人が本当に多いのでしょうね。
私も決して謙虚ではないと思いますが、そのような心にならないように・・と、常に自分自身を振り返ることは心がけています。
新聞を見て呆れると同時に、反面教師でこんな親にならにように、子供としっかり向き合って子供と共に育っていきたいと思いました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと