2006年07月02日

ホッケー初観戦

今日は二日前につぶやいた「女子ホッケー」の試合を観戦しに行って来ました。
朝から雨が降っていたので、やっているのか不安になりながら行ってみましたが、雨でもホッケーの試合は関係ないようで、選手がグラウンドを走り回っていました。

私が応援するチームの試合は、11:40からでしたが、到着したのがすでにその時間。
もう始まっていると思いグラウンドに向かいましたが、雨で30分遅れているようで、ちょうど良かったです。
今回このホッケーをご紹介頂いた、息子の友達のお母さんとも合流して、観客席に座ろうと歩き始めると、誰やらお知り合いの方とお会いしたようで、話し始めました。
しばらくして私に紹介して頂いたのですが、なんと応援しに来た森本さかえ選手のご両親でした。

そうこうしている内に、試合開始の時間になり、皆で観客席に座りました。
すると森本選手のお父さん、何やら袋からごそごそととり出しました。
なんと応援用の太鼓です。応援の気合いも十分でいよいよ試合開始です。

本日の対戦相手は立命館大学です。
私は初めてのホッケー観戦で、どんなものだろう?と思っていましたが、想像を上回るスピードと緊張感!!
広いグラウンドを所狭しと選手が走り回ります。そしてスティックでボールをカツンと打つ音と、スティック同士がぶつかり合う音、選手達の掛け声がグランド中に響き渡ります。

緊張して見守る中、応援している天理大が1点を入れました。
私の目にはどうやって点が入ったのか、さっぱり解りませんでしたが、気がつくとゴールにボールが飛び込んでいました(笑)
さらに前半戦、もう1点を入れてハーフタイムに入りました。

後半戦は今度は立命館大学の猛攻撃。
何度もピンチを迎えながらも、何とかしのいでいましたが、中盤で1点入れられてしまいました。
しかし、その後は反撃で相手ゴールを何度も脅かします。が、結局ゴールに結びつかず、試合は2-1で天理大の勝利で終了しました。

それにしても選手の皆さん、簡単そうにボールを操っていましたが、どうやってあのスティックでボールを操れるんでしょう?
地面を転がっているボールを止めたりするのは、解るんですが宙を飛んでいるボールを、スティックで止めるのはビックリしました。
野球のバントよりも難しい技術だと思います。そして、ボールを転がしながら走る時、相手のボールを奪おうと走っている時は、中腰で走ることになります。
相当な体力と集中力が必要になるんでしょうね。

初めて生で見たホッケーの試合でしたが、予想以上のスピードと迫力にビックリした一日でした。
女子でこのスピード&パワーですから、男子だともっと凄いんでしょうね。
これからも機会があれば、また試合を見に行きたいですね。
森本選手をはじめ選手の皆さん、雨の中ご苦労様でした。

060702.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記