2006年07月01日

久々の託児所行事

今日は息子が通っていた託児所の夏祭りに行って来ました。
毎年卒園した子供たちは招待されるようで、息子のところにも招待の案内が届いていました。
せっかくの夏祭りなので、息子には浴衣を着せて行くことにしました。
娘が生まれる時に、嫁さんのお母さんが来ていて、その時に作ってくれた浴衣です。
涼しげな浴衣に身を包み、託児所の夏祭りへと向かいました。

久々にお会いする先生方に、ちょっと照れ臭そうな息子。
最初はおとなしく座っていましたが、同じく招待されて来た同じクラスの子供たちが見つかると、あっという間に皆でどこかに走り去って行きました。

毎年思っていた事ですが、子供たちのためにいろいろ準備して、手作りのお面を作ったり、たこ焼きや綿菓子を作ったりと、先生方の頑張りには頭が下がります。
昨年「今年で最後なんだなぁ〜」と思っていたのですが、このような形で参加させて頂いてとても嬉しかったです。
そして来年からは、娘がお世話になるので、また続けて参加することになります。
息子が通ってきた6年間を、今度は娘が通うことになります。

息子の浴衣姿も可愛かったですが、やはり女の子の浴衣姿って可愛いですね。
同じ組だった女の子達は、皆浴衣を着ていました。
息子を含め、男の子達が元気に走り回っているのと対照的に、女の子達は娘のところに寄ってきて「赤ちゃんだ〜小っちゃい〜かわいい〜」と、とても興味津々です。
中には「抱っこさせて」と言って、上手に抱っこする子もいました。きっと弟か妹がいて抱っこに慣れているのでしょね。

久々の託児所の行事に、ちょっとタイムスリップした感じで懐かしくなりました。
息子も久々に再開したお友達もいて、楽しい一時を過ごしたことだと思います。
しかしまだ足りないのか、帰り際に一緒に遊んでいた仲良しのお友達の家に泊まりたいと言い出しました。
突然そんな事を言っても先方に迷惑なのですが、お友達のお父さんが「いいよおいで」と言ってくれたことから、本人はもうお泊まりする気満々。
着替えも何もないまま、結局お友達の家にお泊まりすることなりました。
以前もお泊まりしているので、大丈夫だとは思うのですが、おねしょだけが心配です(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記