2006年05月27日

赤ちゃんにも音楽を

娘が産まれてから約一ヶ月になる。
目も見えてきているのか、だっこする人の顔をじぃ〜〜〜〜っと見つめるようになってきました。
顔も日に日に変わっていき、だいぶ人間らしい顔になってきました(笑)

最近は抱っこ癖が付き、抱っこしないと寝ません(^^;)
ようやく寝たと思って布団に寝かすと、しばらくするとぐずり始めます(-_-;)
まぁちゃんと成長している証ですけどね。

ところでぐずって泣きやまない赤ちゃんに、効果絶大の玩具が開発されたらしいです。
犬の言葉が解る「バウリンガル」のタカラトミーが開発したらしいのですが、その開発のヒントが「探偵ナイト・スクープ」なんです。
私もこの探偵ナイト・スクープの依頼内容は見ていました。しかしまさかそれが商品になるとはビックリですね。

関西の人は殆どの人が知っていると思いますが、「タケモトピアノ」というテレビCMがあるのですが、このCMが流れると今まで泣きじゃくっていた子供が泣きやむという内容です。
ナイト・スクープでも実験するとみごとに子供が泣きやみます。
何故泣きやむのか、調べてもらったら、CMの歌を唄う財津一郎さんの声の周波数が、赤ちゃんがリラックスする周波数にピッタリ合うらしい。
そして歌う歌がテンポやメロディーが変化に富んでいて、赤ちゃんにとっても魅力的なんだとか。

まさか玩具からタケモトピアノのCM曲が流れるのか?と思ったら、さすがにそれは無いようです(笑)
この結果を基に。メロディーを作りぬいぐるみのスイッチを押すと、赤ちゃんが興味を示すメロディーが流れるようです。
メーカーの担当の方がちょうど子育て真っ最中で、自分の子供で試してみてその効果にビックリしたらしいです。

おむつ交換や空腹等の生理的現象は別として、赤ちゃんが気分的に落ち着かず泣きやまない時にはなかなかいいかも知れませんね。
このニュースを見て、私も娘がぐずっている時に、音楽を聴かせることにしました。
NHKの「みんなのうた」のCDです。その中でもちょっとテンポのいい「南の島のハメハメハ大王」を流すと・・・あら不思議、ぐずっていたのがピタッと泣きやみ、音楽をじっくりと聴いているような表情で、そのまま寝てしまいました。
赤ちゃんにとっても音楽は心落ち着くものなんですね。

この赤ちゃんが泣きやむ玩具、値段が安かったら試してみたい気もします。
でも一番大切なことは、赤ちゃんにたっぷり愛情をかけてあげることですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記