2006年05月21日

おさんぽ日曜日

久しぶりに穏やかに晴れた日曜日でした。
朝から良いお天気で、息子は朝から庭でトカゲ探しに夢中になっていました。
しかし庭で満足する訳も無く、しばらくすると「お父さん、ザリガニ探しに行こう!!」と言い出しました。
まぁ、おおかた予想していたので、リクエストに応じて網とカゴを持って、散歩がてら行くことにしました。

いつものように、道端の用水路を見ながら歩き始めました。
田んぼの時期になると、カエルやザリガニや金魚が泳いでいることもあるのですが、まだ何もいません。
いつもなら、家の近くをぐる〜っと一回りして帰ってくるのですが、今日は天気が良く気持ち良い。
私も思わず散歩したくなり、いつもと違う川沿いの道をどんどんと歩いて行きました。

川でまず見つけたのが亀。
橋の上から亀を見つけ、息子を呼んで「あそこに亀がいるよ」と教えてあげましたが、警戒心が強い亀はすぐに濁った川の中に潜ってしまいました。

そしてそのまま川を上流に向かって歩いていると、突然足下の草むらから、何かがバサバサ〜っと飛び立ちました。
ビックリして見てみると、なんとキジです。今までも他の鳥は見たことありますが、キジを見たのは初めてでした。
キジは川の向こう側に降り立ち、何故か小走りに走っていました。キジって走るの速いんですね。これもビックリしました。

その後も川沿いに歩きましたが、正直この川、綺麗な川ではありません。
せき止められていて流れもなく、水が濁っています。
それでも良い天気に誘われて、のんびりと散歩を楽しんで歩きました。

気がつくと息子が通っている学童の近くの小学校まで来ていました。
ここから先は道が無く、行くことができません。
息子ものどが渇いたと訴えているので、引き返すことにしました。
しかし、ふと田んぼの横の用水路が気になり、そこまで覗いて帰ることにしました。

家の近くの用水路同様、まだ何もいる気配はありません。
「やっぱり何もいないなぁ〜」と、見渡していると、水がせき止められている部分で何かが泳いでいるのを見つけました。
魚です。小さな魚が一匹だけ泳いでいます。
すかさず息子が網で捕まえて、水を入れたカゴに移しました。

最初はフナの稚魚かと思いましたが、メダカっぽい、そしてグッピーにも似ています。
息子は大喜びで家に持ち帰ると言って聞きません。
まぁ、メダカならグッピーと一緒に飼っても大丈夫だろう、と言うことで持ち帰りました。
帰ってから図鑑で調べると、やはりメダカのようです。
グッピーだらけの水槽で、どこまでメダカがなじんでくれるか解りませんが、ひとまずグッピーの中で泳いでいます。

一日良いお天気で、心地よい散歩を楽しんできましたが、風呂上がりに妙に腕がヒリヒリするなぁ〜と思って見たら、なんと日焼けしていました(^^;)
Tシャツで出かけましたからね。
他にもカワセミを見つけたり、テントウムシを見つけたりと、息子と楽しみながら散歩できた一日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記