2006年05月14日

懐かしのドッチボール

今日は学童の行事に子供と参加してきました。
私の息子は新入生なので、一応新入生歓迎会ということで、「ドッチボール大会」が行われました。

私の息子の他にも、同じ託児所から数名の子が学童に来ています。
そのため、息子も全然戸惑うことなく、学童にも慣れてくれました。
今日も仲良しのお友達数名で、一生懸命ドッチボールに参加しました。

しかし、この託児所組、笑わせてくれます。
何しろいままでドッチボールというゲームをやったことがありません。
いざ始まったものの、何をしていいのか解りません。
他の子供たちが必死で逃げ惑う中で、キョトンと平然と敵の前に立っていたりします(笑)

学童の先生達が「早く逃げて」とか「ボールを投げて」とか一生懸命指示しますが、本人達の表情を見る限り「へ!?何!?」という感じです(笑)
偶然自分の足下にボールが転がってきて、そのボールを持ったもののどうしていいから解らず、先生に「ボールを相手にぶつけるのよ」と言われ、同じチームの子に向かって投げようとしたり、「あっちに投げるのよ」と言われ、勘違いしてボールを持ったまま敵コートに侵入したりと、もう見ていて自分たちの子供でありながら大笑いしていました。

先にお父さんから「とにかくボールが飛んで来たら逃げろ」と教えられた子もいて、外野にいながら飛んできたボールを受け止めず逃げていたり、ボールを一生懸命投げても、全く届かず敵チームへのパスになってしまったりと、とにかく笑のオンパレードでした。
それでも子供たちは解らないなりに楽しめたようで、一生懸命頑張っていました。

私達親の試合もあり、小学生の時以来のドッチボールを、私達も楽しみました。
最初は「まぁ遊び程度に・・・」と思っていましたが、いざ始めると皆目の色が変わっていました。もう真剣勝負です(笑)
10分間という短い時間の試合でしたが、それでも皆ぜえぜえ言いながら楽しみました。
ドッチボールってこんなにも体力使うゲームだったんですね(^^;)

しかし同じ小学生でも、1年生と5、6年生とでは全く違いますね。
5、6年生ともなると大人以上にボールが早い子もいます。
今日は思いっきり笑わせてくれた我が託児所組も、数年後には親達を相手にしない程のパワーを持ってくれることでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記