2006年04月25日

あれから一年

JR福知山線脱線事故から一年が経ちました。
あの日の事故の衝撃、徐々に明らかになる被害者の数とJR西日本の対応のまずさ。
つい先日のことのように思い起こされます。

本当に普通の日常生活の中で、突然あの事故に巻き込まれてしまった人。
そしてその犠牲者の家族や親族の方々。
きっと一年前の今日の日から時間は止まったままなのではないでしょうか。
あまりにも多くの犠牲者を出した脱線事故でした。

事故の原因がスピードの出し過ぎで、その背景には「日勤教育」とよばれる、厳しいしごきとも言える業務規制があったことは、もう誰もが知っている事実です。
しかしなぜそこまでスピードを上げたのか、なぜ安全第一の気持ちで運転できなかったのか。それは亡くなった運転士以外には解らない事実でしょう。

あれから一年、JR西日本はどう変わったのでしょうか?
そして私達はどう変わったのでしょうか?
あまりにも事件・事故・汚職・災害などの心痛む、または心怒るニュースが多すぎて、ついついこの脱線事故のことも薄れていたのは事実だと思います。

本当に安全第一で運行されているのか?
鉄道関連そして航空関連のトラブルや事故も相変わらず続いています。
あまりにも時間厳守、利益優先に捕らわれ過ぎて、大切な命を乗せているということを、忘れてしまっているのではないでしょうか。

今一度交通に関する安全を見直して頂きたいと思います。
そして利用する私達も、自分たちでできる安全を考え、交通手段を見極めていかなくてはいけませんね。
後は時間に余裕をもって行動することを心がけましょう。ゆとりが無いと人間はミスを起こしてしまいます。

あれから一年、私達をとりまく社会はさまざまなことが起きています。
しかし決してこの事故を忘れず、私達一人ひとりが安全について考えていかなくてはならないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと