2006年04月24日

初めての授業参観

今日は子供にとって、また私達親にとっても始めての授業参観でした。
お昼過ぎに学校に行くと、もうすでに教室の前は父兄の山でした。
そして教室を覗くと子供たちがそわそわしながら、後ろをチラチラ見ながら先生の話を聞いていました。
そして案の定、我が子も後ろをチラチラ。そして私達と目が合った瞬間、顔がニタ〜っとにやけていました(^^;)

「大丈夫だろうか」と心配しながら教室に入り、後ろの方に立って授業を見ていましたが、まだ一年生としてスタートしたばかりなので、今日は自己紹介等がメインでした。
それぞれ自分の写真と名前が書いてある紙を持って、4名ずつ前に立って自己紹介をします。
「私は○○です」「好きな□□は△△です」「よろしくお願いします」という風に、自分の事を一人ずつ声に出して発表します。

私と似て私の子供は人見知りするので(誰ですか〜そこでブーイングしてるのは〜笑)ちゃんと発表できるか心配でしたが、ちゃんと大きな声で発表できていました。
しかし、中には緊張して泣き出してしまう子もいて、大人にとっては何でもない事でも、子供にとっては凄い大変な事なんだなぁ〜と思いました。

しかし見ていると、子供それぞれに個性がありますね。
見ていて面白いですが、これを毎日見て勉強を教える先生は、本当に大変だなぁ〜と思いました。
我が子もかなり面倒をかけることになると思います。(^^;)

我が子もまだお友達の名前を数人しか覚えていませんが、徐々にお友達も増えていくことでしょう。
どんな小学校生活を送っているのか、親としてもちょっと心配でしたが、今日の授業参観で少し安心しました。
次は家庭訪問ですね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記