2006年04月05日

MacでWinが使える

MacintoshのCPUがIntelになってから、「WindowsがMacで使えるのでは?」という話があちこちで起きているようです。
そして個人でテストしたり、アメリカではIntel MacでWinXPを動かすコンテストまで行われたようです。
私個人としては、ず〜っとMacを使い続けているので、「MacでWinを動かす」というメリットは何も感じられませんし、そんな技術も全くありません(^^;)

今までもMacでWinを動かすことは不可能ではありませんでした。
Virtual PCというアプリケーションを使うと、Macの中でバーチャル的にWinを動かすことが出来ました。
しかし、このアプリ結構な値段がするので、私は使ったことはありません。

ところが、ここに来て突然Appleからびっくりニュースが飛び込んできました。
何とApple自身がIntel MacでWinXPを動かすためのソフトウェアを発表したのです。
「Boot Camp」と呼ばれるこのソフトウェアをインストールすると、WinXPをインストールすることが可能になり、起動時にMacかWinXPか選べるようになるそうです。
詳細はこちら
http://www.apple.com/jp/news/2006/apr/05bootcamp.html

いやぁ〜しかしびっくりですね。
まさかApple自身がMacでWinを動かすためのソフトウェアを発表するなんて。
しかもこのソフトウェアは、時期OSのLeopard(OX10.5)からは標準装備となるようです。
つまりIntel Macを持っていて、WinXPのOSを買うと、どっちも使えるようになるということですね。
AppleにとってはMacを使ってもらうのが一番なのでしょうが、WinユーザーでMacに興味を持っているユーザーを、Macユーザーとして取り込むための戦略でしょうね。

私自身も使うのはMacですが、一版世間的に皆さんが使われているのは圧倒的にWinです。
Macで制作した物をWinで表示・再生する場合に、今まで確認する手段がありませんでした。
しかしこの方法を使うと、Intel Mac一台で両方使えると便利ですね。

このニュースはWinユーザーにとっても朗報かも知れませんね。
結構私の周りでも「Macいいんだけど、仕事場がWindowsだから・・・」という理由でWinマシンを購入する人が多いです。
Macのデザイン性や機能性に興味がありながらも、周りがWindowsだからそっちの方が安心。みたいなイメージで決めている人が多いです。

もうすでにIntel Macを持っている人は、Appleのサイトからソフトウェアがダウンロードできるようです。
試した方は是非使い勝手など教えて頂きたいです。
そして「Mac使ってみたいけど・・・」と悩んでいるあなた、ズバリIntel Macにすることをお勧めします(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh