2006年03月31日

託児所とお別れの日

今日で3月も終わりです。
そして今日で子供も託児所最後の日となりました。
生後8ヶ月の頃から託児所に通い、ハイハイを始めて歩き始めて、言葉を覚え文字を覚え、気がつけば6年が経っていました。

今日は最後と言うことで、夫婦そろって迎えに行きました。
ロビーには託児所で使った物品等が、カゴに入れられて置かれていました。
いつも託児所の部屋に置かれているカゴが、ロビーに置かれているのを見て、本当に今日で終わりなんだなぁ〜としみじみとしてしまいました。

託児所に通っていたおかげで、本当にいろんなことを覚え、お友達と競うようにしていろんなことを身に付けていったように思います。
私達親が教えたことよりも、託児所の先生方に教わって覚えたことがとても多く、また子供にとっても楽しく覚えられたではないかと思います。
本当にいくら感謝しても足りないくらい、子供にとっても私達親にとっても、心に残る託児所生活だったと思います。

最後に先生方にお礼の言葉をかけましたが、どの先生も「また遊びに来てね〜」と優しく子供に話してくれました。
当の本人は、今日が最後だと言うことを理解していますが、あっけらかんとしていました。
男の子ってそんなもんでしょうね。私も自分が卒園の時の記憶なんてありませんし(^^;)

一週間後にはいよいよ小学生になります。
「ランドセル背負って歩く日が来るのだろうか?」と思っていた日が、つい最近のように思えます。
子供の成長って本当に早いですね。
新しい環境で、新しいお友達。期待と不安が入り交じった小学校生活ですが、楽しい学校生活になるように、子供と一緒に頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記