2006年03月28日

故郷が変わった!?

平成の大合併で、いろんなところが合併して、一気に村や町が無くなってしまったようです。
奈良県でも昨年、葛城市が誕生しました。
私の住んでいるところは、何も変わっていないので、そんなに合併の意識はありませんでした。
ところが私の故郷でも大合併が行われていました。

私の故郷は奄美大島の名瀬市大熊町というところです。
この名瀬市が他の町や村と合併して、奄美市となったのです。
今までは鹿児島県名瀬市大熊町・・・でしたが、これからは鹿児島県奄美市名瀬大熊町・・・となるらしいです。
住所長くなっただけやんか(笑)

合併の際に「名瀬という地名を残したい」という要望が多かったのでしょうか?
でも何となく解る気もします。私もず〜っと名瀬市で育ってきた人間ですから、住所から名瀬市が消えるのは寂しい気もします。
でもそれなら名瀬市のままで、合併しても良かった気もしますけどね。奄美市・・・なんかピンと来ないな、その内慣れるかな(^^;)

しかし奄美という地名を出したかった気持ちも解りますね。
今までも「鹿児島県名瀬市」と言うと、だいたい鹿児島本土の中にある市だと思われました。
名瀬市=奄美大島ということは解ってもらえないことが殆どでした。
そんな意味でも奄美市というのは、出るべきして出た市名なのでしょうね。

名瀬市・笠利町・住用村が合併して奄美市になり、広〜い市が誕生しました(奄美の中では^^;)
市名が変わったからと言って、特別何かが変わることはないと思いますが、とりあえず住所録は変更しなくてはいけませんネ。
今度帰る時には奄美市に帰ることになるんですね。
まぁ市名は変わっても私の故郷に変りはありませんけどね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記