2006年03月27日

新作「旅立ちの季節-とき-」

突然イメージが沸いた新作。
私の子供は今度、小学校に入りますが、今年の春に社会人または進学等で親元を離れる人も多いはず。
私も高校卒業後、親元を離れてきた1人です。

自分が見送られる側の時の気持ち、それはもうかなり前のことですが、期待と不安が入り乱れていたことは記憶しています。
しかし見送る親の気持ちはどうだんだろう?と、今自分が親となった時、ふと思いました。
自分の子供が成長して、私達夫婦の元を旅立って行く時、そんな心境の親達が今、たくさんいるのだろうなと思うと、ちょっとセンチメンタルになってしまいました。

私は動物が好きで、動物番組をよく見ます。
その時によく見るのが、親元を巣立っていく子供の姿。
動物によってその巣立ち方はさまざまですが、やはりほ乳類の巣立ち方は、何となく胸がジーンとすることが多いですね。
そんな動物の別れのシーンと、今の季節の人間の別れのイメージが重なり、今回のイラストが浮かび上がりました。

目標にしている、月2作品は先日達成したので、無理に描かなくても良かったのですが、せっかく浮かんだイメージを、そのままほっておくのも嫌でしたし、この時期ならではのイラストなので、休日を利用して描きました。
頭の中でイメージ固まっていましたので、制作するのはスムーズにいきました。

それにしても、久々に「描かなくては」という思いの元、イラストを描いた感じです。
今まで描いているイラストは、比較的頭の中であたためて、じっくり形にしたものが多いのですが、今回は完全にひらめき型のイラストです。
これからも、ひらめいたら月2作品以上描くかも知れません。(あまり大きなこと言うと後々困るので、小さな声で:笑)

親元を旅立って行く方々、それを見送る親の方々。
期待と不安、安心と心配の複雑な気持ちが交差する季節ですね。
見送られる側は、精いっぱい前を向いて元気よく。
見送る側は、いつまでもいつまでも、その姿をまぶたに焼き付けておいて下さいね。
離れても親子に変りはありませんからね。

060327.jpg
旅立ちの季節-とき-
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ