2006年03月22日

涙と笑いの卒園式

今日は子供の託児所の卒園式でした。
朝から今日のために用意した服に着替えて、託児所へと向かいました。
いつもと違う託児所の雰囲気に「いつもと違う〜」と、多少興奮気味に入っていきました。

親は控室へ、子供たちはいつもの教室へと向かい、その後準備が整った段階で会場のお遊戯室へ入りました。
しばらくして卒園児達の入場、いつもふざけてばかりいる我が子や、他のお友達も今日はビシッと決めて、格好良く入場してきました。

そして卒園証書を園長先生から、一人ひとり舞台に上がってもらいます。
みんなしっかりした足取りで、キチッと直立不動で園長先生の言葉を聞き、しっかり証書をもらった後は、くるっと振り返って証書が父兄に見えるように上に掲げ、「○○小学校へ行きます」と元気よく発表してくれました。
我が子も他の子供たちも、とっても上手に証書授与、そして発表をすることができました。

その後は「楽しかった思い出」を一人一人、自分のセリフを大きな声でしっかり言ってました。
親といる時はわがまま言ったり、言うことを聞かなくて散々怒られて、すねたりといったことを繰り返していますが、いつの間にかこんなにもしっかりとした子供になったことに、驚きと託児所の先生方に改めて感謝の気持ちでいっぱいでした。

担任の先生も一人一人園児の名前を呼ぶ度に、声が震え目が潤んで、ハンカチを片手に涙を必死にこらえながら呼んでいました。
まだハイハイを始めた頃から見てきた子供たちが、立派に成長して巣立っていく姿を見て、胸に込み上げてくるものがあったのだと思います。
私も同様に立派に成長した子供たちを見ていると、目頭が熱くなり、ビデオカメラを通しながら、それぞれに成長した子供たちを見ていました。
周りでも親達のすすり泣く声が聞こえていました。

卒園式の後は記念撮影をして、さらにお別れ会を同じ会場で行ってくれました。
卒園児とその親にテーブルが用意され、簡単なおやつと飲み物が用意されていました。
そして在園児の子供たちが劇を行った後、先生方の歌があったのですが、その間に親のビデオテープやデジカメで撮影をしていた子供たち。
この年代の子供って我が子もそうなんですが、やたらと自分で撮影したがります。
気がつくと先生方の前には、小さなカメラマンがずらりと並び、先生方に話しかけながら撮影しています。
デジカメで写真を撮る子供。ビデオカメラで撮影する子供。
先生方も歌いながら笑顔をふりまきますが、妙に照れ臭いやら嬉しいやらで、何ともほほ笑ましい光景でした。

卒園式の後も託児はして頂くので、まだ正式なお別れではありませんが、先生方もしっかりと成長した子供たちを見て、そして無事卒園式を終えてほっとしたことだと思います。
親としても、本当に今まで子供たちをしっかり見て頂いて、いろんなことも教えて頂いて、本当に感謝してもし尽くせない程です。
残り少ない託児所生活。我が子にとっても親にとっても、素晴らしい託児所生活の締めくくりになるように、一日一日送りたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記