2006年03月09日

リサイクルに逆風

最近テレビでよく聞く言葉が出てきました。
「BSE」ならぬ「PSE」です。何でも「電気用品安全法」というのが出来ていて、このPSEマークが付いていない製品は、4月1日より売ってはいけないらしいのです。
私もこんな法律があるなんて知りませんでしたし、何よりもリサイクル業界の中でも、つい最近知ったという方が多いらしいのです。
それくらい浸透していなかったようです。

法案自体は4〜5年前から出来ていて、徐々に該当製品を増やしてきたようですが、肝心の周知の方がおろそかになっていたんじゃないでしょうかね。
一般人が知らないのならともかく、中古家電を扱かっているリサイクル業者でも最近知った人がいるというのですから。
4月から売ることが出来なくなるということで、今PSEマークのついていない商品は、ほぼたたき売りに近い状態らしいです。
在庫を抱えるとそのまま「売れない商品」として抱えなくちゃいけない訳ですから、リサイクル業界も必死です。

しかし意外なところでも問題が起きているようで、この電気用品安全法は家電だけでなく、音楽機器も含まれているようです。
中古の電気楽器やアンプなども含まれるため、「古き良き品が手に入らなくなる」ということで、ミュージシャンの中からも反対運動が起きているようです。
昔のシンセサイザー等は、音そのものが創作に大きな影響を与えるので、創作自体が出来なくなる可能性もあるという、作り手としてはまさに致命的な問題でもあるようです。

安全に電気製品を使うために設けた法律なのでしょうが、それによって困る人や創作活動を妨げられるようでは問題ですね。
リサイクルすることはとても大切なことですし、物を大切に使う上でも必用なことです。
販売業者が試験機器を通して、自身で試験をすればPSEをクリアしたということで、販売可能らしいのですが、その分責任も負わなければならなくなります。
何でもかんでも「ダメ」というのではなく、柔軟に対応してほしいと思うのですが。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記