2006年02月28日

逃げていった2月

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。それくらい時の経つのが早いということででしょう。
振り返ってみると、本当に二月は逃げていったような早さでした。
ただでさえ他の月よりも短いから、なおさらでしょうね。

今日で二月も終わり、明日からは三月ですよ。
毎月月末はカレンダーダウンロード用のデータ準備に追われるのですが、今回もバタバタしながらも何とかアップできました。
しかし、ようやくアップし終えてテストダウンロードしてみたら・・・やたらとpdfファイルが重い。
何でこんなに重いんだ?とデータ量を見ると、2MB程あるではないか。
今までは500KB前後だったのに?と調べたら、pdf変換の設定が初期設定に戻っていて圧縮がかかっていませんでした。
先日システム入れ直ししたので、初期設定に戻っているのを忘れていました(^^;)

再度アップし直して再びテストダウンロードすると、今度は壁紙カレンダーに間違い発見(@@;)
またまた慌てて訂正して再々アップしました。この間にダウンロードしていた方がいたらゴメンナサイm(__)m
もしまだ間違いや不具合があったら教えて下さいませ。

先月から始めた「island_information」も、今回も何とかアップしました。
「情報」というほどの内容はありませんが、これを通して少しでもダウンロードして頂いた方々や、ご覧頂いている方々と繋がりが持てるといいなぁ〜と思います。

いよいよ明日から三月です。
少しずつ暖かい日が増えてきて、春が近づいているのが解り嬉しいです。
年度末や卒業・入学・就職等と慌ただしい時期ですが、忙しい中でも訪れる春を楽しみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月27日

もてもてです(-_-;)

毎日熱烈に「会いたいです〜?」みたいなメールが届きます。
もちろん「迷惑メール」です(笑)
最近まだ一段と増えてきましたね。本当にしつこいです。

最近私に(私だけではなくいろんな人にだと思うが)会いたいとメールをくれるのが「あやね」と名乗る女性。
だいたいどこの誰かも解らない、ましてや男性か女性かすら解らないメアドに「会いたいです」ってメール送る人っていますかいな(笑)

しかしこのメール本当にしつこい。
一日に2〜3通、同じ名前で送られてきます。鬱陶しいを通り過ぎて哀れみさえ感じます。

でも困るのは時々メールを見落としてしまうことです。
Mac側で迷惑メールを自動振り分け処理しているのですが、初めてメールを送って下さる(ちゃんとしたメール)も、迷惑メールとして処理してしまいます。
一応携帯に転送をしているので、そこでチェックはしていますが、紛らわしいタイトルだと間違えて消してしまうかも知れません。

しかしこれだけこの手のメールが続くのは、明らかにそれに引っ掛かる人がいるからなのでしょうね。
私のメールアドレスは長いこと使っているので、おそらくいろんなところで情報として流されている気がします。
今までは仕事で使うので変えたくありませんでしたが、本当に鬱陶しいので現在変更することも検討中です。
私はこんな不愉快なメールを受けるために、自分のアドレスを公開している訳ではありませんからね。

しかしアドレス変更したら、いろんなところに通知しなくてはなりません。
仕事関係も友人関係もそうですが、登録しているサイトや必要なメルマガ・・・etc
大変ですが、このうんざりメールを受け続けるよりはいいでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(10) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール

2006年02月26日

子供にとってはヒーローですが

子供が毎週楽しみにしている日曜の朝。
戦隊ヒーローシリーズのテレビ番組があるのですが、ここに来てまたもやヒーローが交代しました。
朝7時半から始まっていた「魔法戦隊マジレンジャー」は「ゴーゴー戦隊ボウケンジャー」になり、8時からの仮面ライダーは「仮面ライダー響鬼」から「仮面ライダーカブト」になりました。

何だかな〜ネタ切れっぽい感じがしないでもないんですよね(^^;)
戦隊シリーズは今度のボウケンジャーで30シリーズ目。ゴレンジャーから始まって、様々なヒーローを送り出してきたわけですが、かなりとネタが苦しくなっている気がします。
今回は冒険がテーマになっているようですが、また途中でキャラが増えたりロボットが増えたり、バージョンアップされたりするんでしょうね。
そしてその度に新しい玩具が売り出されるわけで・・・・(^^;)
明らかに玩具を売り出すための手法ですな。

仮面ライダーシリーズも、今回は「ムシキング」人気を真似た気がしてならないですね。
もともと仮面ライダーってバッタがモチーフじゃなかったっけ?(私の思い込みか)
ムシキングを真似て仮面ライダーカブトだとしたら、次は今子供の間で流行っている恐竜を真似て、仮面ライダーダイナなんてのでどうだ(笑)

しかし親がこんなこと思っていても、子供はテレビを楽しんでみているわけです。
でも、以前のように「○○レンジャーのロボットが欲しい」とか言わなくなりましたね。
最近は恐竜や戦艦ヤマトなど、また興味が変わってきているようです。
今日もジョーシンでティラノサウルスの玩具を放さないので、本屋さんに行って恐竜図鑑を買って帰ろうと説得してその場を後にしました。
恐竜図鑑なら子供も大人も楽しんで見れるし、それを見ながら恐竜の絵も描けます。
ついでに動物図鑑も買って帰りました。アニマルイラストを描いている私にも、とってもありがたい図鑑です(笑)

子供はまだまだテレビは見るでしょうが、興味の対象は明らかに変わりつつあります。
親としては1年ですぐに変わってしまうヒーローよりは、ずっと変わらない恐竜や昆虫に興味しめしてもらえるほうが嬉しいですけどね(笑)
同じ年代の子を持つ親としては、ヒーローが変わる度に、子供に玩具をねだられるわけで、子供にとってはヒーローでも、親にとってはアンチヒーローなのです(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月25日

本物の味

突然ですが皆さんは「中国茶」って飲んだことありますか?
好きな人は飲んでいるでしょうし、そうでもない方でも、中国料理等を食べた後に飲んだりしていると思います。
私もその程度しか飲んだことはなくて、もっぱらペットボトルで売っている「ウーロン茶」くらいしか飲んだことがありませんでした。

私の中のイメージの中国茶は、中華料理を食べたあとにさっぱりするようなイメージで、市販のウーロン茶のようなイメージが強い感じでした。
しかし本物の味を知るというのは、人間にとってとても大切で貴重なことだと、今回改めて思いました。

実は現在中国茶のパッケージのお仕事の話が入ってきていまして、その商品を見本として頂いたのです。
見本と言っても販売している商品そのもので「是非ご賞味下さい」とうことで、送って下さいました。
正直飲んでみて今までの中国茶に対するイメージが、言い意味で崩れ去りました。
私の中での中国茶のイメージは、ウーロン茶の(それも市販のペットボトル)イメージしかなかったのですが、今回飲ませて頂いた「鉄観音」と「ジャスミン茶」、それぞれの美味しさがあり、めちゃくちゃハマリそうです。

最初に鉄観音茶を飲んだのですが、とても繊細な味わいで、ほんのりとまろやかな味わいが楽しめます。
ウーロン茶(市販ペットボトル)のイメージしかなかった私にとって、とても衝撃的な味でした。
一番煎じ二番煎じ・・・と味わいが微妙に変わって、それぞれの味が楽しめます。

そして続いてジャスミン茶を飲みました。
ジャスミン茶に関しても、中華料理を食べた後にお店で飲んだことがある程度でした。
その時のイメージは「変わった味のお茶だな」くらいしかなかったのです。ですからあまり良いイメージはありませんでした。
しかしこのジャスミン茶、そんなマイナスイメージを一口飲んだだけで、一発逆転してくれました。
なんとも香り高く、それでいて上品な味わい。ジャスミンの香りが漂うのですが、決して味はきつくない、とても柔らかな味わいなのです。
とても美味しくて何杯も飲んでしまいました。

今回パッケージの話を頂いた「銘香園(みんしゃんえん)」さん。
ず〜っとパッケージに使いたいイメージがあり、いろんなサイトを見て頼めそうな人を探していたようです。
なかなかイメージに合う物が無い中、たまたま私のサイトにたどり着き、イラストを見てとても気に入って頂いたようです。
銘香園さんは5年前に中国茶の販売を始めたようで、キッカケはご主人が中国の方で、日本で売られている中国茶の質の低さに「本当の中国茶を知ってもらいたい」という気持ちから始められたそうです。
まさに今回私は本当の中国茶の味を教えて頂きました。すばらしい味をもっと知って頂くためにも、パッケージの方も頑張って素晴らしい物をつくれるように頑張りたいと思います。

060225.jpg

今回紹介した「鉄観音」と「ジャスミン茶」、残念ながらお値段は私も聞いていませんが、興味のある方は、(有)銘香園さんにお問い合わせしてみて下さい。
ホームページは無いようですので、お電話かE-mailでのお問い合わせになります。
お電話お問い合わせは 有限会社 銘香園(みんしゃんえん)048-462-5451
E-mailはこちらのページからお問い合わせ出来ます。

本物の中国茶の味、是非あなたも味わってみて下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月24日

新作「桜恋文」

昨日に続けて新作のお知らせ。
昨日、前作を描きあげた後、続けて新作に取り掛かっていました。
前作を描いている段階で、頭の中にイメージができていたので、制作作業はスムーズにいきました。

今回は桜をテーマにしたイラスト。
桜といえば卒業・入学のシーズンに咲きます。
出会いと別れの季節でもあります。そんな心境に桜の花はぴったりなんですよね。

そこで今回は桜の中で繰り広げられる「恋」をテーマに描いてみました。とは言っても、アニマルイラストシリーズなので、主役は動物です。
ウグイスのカップルの恋をイメージしてイラストにしてみました。
桜の花びらってハートっぽい形なので、それをハートの恋文として使いました。

あとひと月もすれば桜の咲く季節になります。
桜の木の下で、人間の世界でもたくさんの出会いと別れが待っているのでしょうね。

060224.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2006年02月23日

新作「春の香り陽」

今月ももうすぐ終わりの時期に来て、ようやく新作が1点でき上がった。
描き始めたのは今月中旬ごろでしたが、やたらとデータが重くなってしまい、制作作業がはかどらなかった上に、途中でシステムクラッシュという惨事に見舞われてこんなに遅くなってしまいました。

今回は春のイラストですが、今までの春のイラストには無かった、冬が終わり春になる移り変わりの時期を描いてみたつもりです。
山にはまだ雪解けの残雪があり、冬の名残がありながらも、暖かい春の空気が流れる空間を描いてみたくて、今回のイラスト制作に踏み切りました。
ちょうどこのイラストを描き始めてから、暖かい日が多くなり「春も近いのかな?」と思うようになりました。

しかし今回のイラストではいい勉強になりました。
データがやたらと重いので、「何で???」と思い、いろいろ調べて解りました。

私が使っているソフトは、Adobeのillustratorというソフトです。
グラフィックデザイナーや、デジタルで絵を描くイラストレータがよく使うソフトです。
ベジェ曲線という「点と点を繋ぎ合わせて形をつくる」方法で絵を描きます。絵を描くというよりは絵を作るという表現の方が近いかも知れません。

今回のイラストのように、花畑を描く場合、このillustratorには便利な機能があります。
一つは「ブラシ機能」。これはある形の物を制作して、それを一つの形として登録し、それを使うことで線を引くだけで、その形を再現できてしまうのです。
線ですから曲線にすればその登録された形も、線に沿って曲がってくれるのです。
今回は花をブラシとして登録しています。イラストの花を見て頂ければ解ると思いますが、花はいろんな方向を向いています。これは線を曲線として描くことによって、花がその線のとおりに曲がってくれるのです。

060224-1.jpg

060224-2.jpg

しかしここでデータが重くなってしまう原因がありました。
最初は花をもっとリアルなイメージにするために、花びらや茎の部分にブレンドツールを使用していました。
これをやるととてつもなくデータが重くなるようです。使う場合にはブレンドツールのステップ数を減らさないと、またまたデータが重くなってしまいます。
極力軽くしてそれでいて、何とか見栄えが落ちない程度で試行錯誤してようやく今回の形に収まりました。

かなり専門用語使っているので、これ読んで下さっている方がいても???????かも知れませんね(笑)
訳の解らない言葉ばかりで申し訳ございません。
ただ便利な機能使っていますが、それなりに苦労して描いていることだけでもご理解頂ければ嬉しいです。

今回はイメージはすぐにかたまりましたが、形にするのにとても苦労した作品です。
春が来るまでの寒い冬の季節に似ているのかも知れないですね。
辛く厳しい状況を乗り越えたら、春はもう目の前です。
イラストでひと足早い春をお楽しみ頂ければ幸いです。

060223.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2006年02月22日

ボクも滑りたい

今日はとても穏やかな天気で「もう春!?」と思いたくなるくらい、暖かい一日でした。
う〜ん、このまま春になってくれないかな(笑)
もう2月も終わりだし・・・・・はっ( ̄□ ̄;)作品まだ1点も出来てない。
明日から猛ダッシュで頑張るぞ〜。

今回の冬は本当に寒かったので、きっと奈良でも何度も積もるだろうと、期待と不安を持っていましたが・・・・結局一度も積もっていません。
豪雪地帯で雪による被害が相次ぎ、こんなことを書くと不謹慎ですが、ちょっとは積もって欲しかったという気持ちもあります。
まだ3月に入って積雪することもあるので、まだ解りませんけどね。

今日晩ご飯を食べている時に、トリノオリンピックを見ていたのですが、子供が突然「ボクもあれやりたい」と言い出しました。
その時テレビで写っていたのは、女子フィギアのショートプログラムのダイジェスト。ちょうど安藤選手・村主選手・荒川選手とそれぞれの演技が映し出されていました。

「へ!?まさかフィギアスケートをやりたいのか?しかも女子!?」と、ちょっとビックリしながら話を聞いていると、そうではなくてフィギアの前に出ていたスノーボードのことだったようです。
ほっ良かった(^。^)「ボクもあんな衣装着て滑りたい」って言われたらどうしようって思いましたよ(笑)
やはり男の子ですね。スノーボードで滑走する格好がとてもカッコよく見えるようです。

しかしなぁ〜息子よ。私はスノーボードはおろかスキーもできないぞ(笑)
もちろんスケートもできないので、やるんなら自分でやってくれ(笑)それにここでは雪無いし。

でも、小さい頃からスキーなりスノーボードなり、体験させるのは大切でしょうね。
私のように南の島育ちだと、海で潜ることはできても雪の上では何もできません。
この年になって滑っても恐怖心があるので、絶対に上達なんてしないでしょう。

トリノオリンピックもなかなかメダルが獲得できません。
みな頑張っているので、それだけで十分ですが、願わくば期待されている女子フィギアでメダルが出るといいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月21日

新作進まず

なかなか思うように進みません。
現在新作を制作中です。頭の中ではイメージできていて、とんとんと進めたいのですが、データが思うようについてきてくれません。

今回は春のイラストを制作しているのすが、細部にこだわり過ぎているためか、データがかなり重くなっています。
illustratorで表現するには無理がきているのかも知れません。
動作も遅いし保存も時間がかかる。
調子よく進んでいる時に限って、突然アプリが落ちるし(T_T)

今までも細部にこだわって描いてきたイラストありますが、こんなにデータ重くはならなかったと思うのですが。
う〜ん、何だろうな?どうもここんとこデータに嫌われているかな(笑)
デジタルで絵を描くのって、便利な反面、こんな風にイメージ通りに制作が進まないとイライラしてしまいます。
アナログで描く場合は、調子がのってくるとどんどん筆が進むのですが、デジタルは時として今回のようなことが起こります。

今まで描いた作品も、なかなか思うように筆が進まず・・・いや、Macが動かず苦労した物もあります。
今回は今までの中で一番手間取っているかも知れません。途中にシステムぶっ飛び事件もあったし。
現段階でようやく6〜7割出来た状態です。
明日〜明後日には何とか完成させたいと思っているのですが・・・・。
あと一点も頭の中ではイメージ出来ているので、早く取り掛かりたいのです。

さてあともう少し頑張りますかね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年02月20日

Mac復旧その後

今日は仕事そっちのけで(というか出来ない)復旧作業に追われていました。
一からアプリケーションインストールして、システムのマイナーアップして・・・まるでPowerMac買ってすぐの頃の心境ですが、買ったときとは明らかに気持ちに差があります。
だいぶ作業も進みましたが、まだまだ不足している分もありますので、徐々に作業していきたいと思います。
明日からまた仕事に戻さないと、かなりやばい状態になってきました。
新作もまだ1作品の制作途中です(@@;)

しかし写真が無くなるというのは、こんなにも辛いことなんですね。
今まで当たり前のように見ていた写真が、突然見れなくなってしまう訳ですから。
いろんな思い出が詰まった2年半だけにとても辛いです。
何とか残っている写真は無いものか。と探していたら・・・・・ありました(^o^)
iPhotoで管理している写真を、iPodPhotoとシンクロさせてiPodにも入れていたのが残っていました。
何とかiPodからMacにデータを戻せないか?とやってみましたが、どうやらデータ形式が異なるのか出来ません。

それならば・・・・・と、iPodphotoとテレビをつないでスライドショーで一枚一枚デジカメで撮影。
しかしまたも問題が・・・・テレビの画面ってデジカメで撮ると画面のチラつきが写ってしまうんですよね。
ガックリ肩を落としていた私を見て嫁さんが一言。「ビデオに撮れないの?」
おぉ〜その手があったか。嫁さんたまには賢いこと言うやん(笑)

iPodPhotoからビデオカメラに録画、そして今度はビデオカメラとMacを繋いでiMovieを使って取り込み。
iMovieから一枚の写真としてJPEG出力・・・・・やはり画質が粗い。
でも、何も残らないよりはマシですね。思い出として残りますし。
また時間を見つけて500枚以上の写真を、画像書き出ししていきたいと思います。

そしてもう一つ助かったこと。
それは私がず〜っと使っている「.Macサービス」
Yahooなどでも同じようなサービスがあるので、Macユーザーでも使っている人は少ないかも知れませんが、AppleのWebサーバを自分のデータサーバとして使うことができるのです。
そこに写真やムービーを公開したり、メールを使ったりすることができます。
有料サービスですが、iPhotoから簡単に写真を公開したりできるので、ず〜〜っと使っています。
そこに不定期に写真をアップしていましたので、今回飛んでしまったデータの一部が残っていました。

ここ数年でパソコンの性能も容量も拡大に向上し、私の使っているPowerMacは160GBの容量があります。
仕事でもかなりの容量を使い、写真や音楽のデータなども合わせると、確実に100GBのデータは使っています。
そうなると毎回毎回100GBのデータをバックアップとるのは不可能です。
今回の件で懲りたので外付けハードディスクを買ってバックアップしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年02月19日

トラブル発生

昨日「Macにもウイルスが〜」って書いたのに・・・そのMacがシステムダウンしてしまった(T_T)
えらいことになっております。
PowerMacG5に保存していたデータが、すべてぶっ飛んでしまいました。

かろうじて現在進行中の仕事と、寸前までやっていた仕事。
そして私のアニマルイラストシリーズのデータは、バックアップをとっていましたが、他のデータがバックアップがとれていなくて、今頭の中が真っ白です。
朝からAppleに電話で問い合わせて、いろいろ対処方をやりましたが、どれもこれもうまくいかず。
あきらめるしかなさそうです。

私が制作したデータは、もう一度作り直せばいい話ですが、問題は写真のデータです。
それも家族の写真のデータ。撮り直すこともできません。
以前バックアップをとっていたのが、2003年の7月です。そこから約2年半の家族の写真が消えてしまいました。
あぁ〜〜〜〜なんてことでしょう。
記憶から消え去るわけではないのですが、やはり悲しいですよね。
自分たちの写真だけならいいんですが、やはり子供の写真は痛いです。

日ごろからバックアップを・・・・と思っていたのですが、あまりにもバックアップすべき物が多すぎて、全部の物をバックアップできないのが現状なんですよね。
今回もとりあえず仕事のデータを第一に考えていましたから、家族の写真が犠牲になってしまいました。
デジタルって便利ですけど、こんな時にどうにもなりませんね。

他にも細々としたデータが飛んでしまったので、また一から作り直し、入力し直しです。
今回の件で懲りたのでバックアップ用の外付けHD買うことにしよう。
皆さんもバックアップこまめにしてくださいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年02月18日

Mac狙いのウイルス

相変わらず変わりなく毎日くる迷惑メール。
本当にあの手この手で、何とかメールを読ませアクセスさせようと必死です。
以前は迷惑メールの大半はウイルスメールでしたが、今は100%出会い系サイトへの勧誘です。
いい加減にして欲しいですよね。本当にウンザリです。

数日前のネットニュースにも出ていましたが、出会い系での事件の90%は18歳未満の女性らしいです。
当然と言えば当然なのかも知れません。
これだけ問題になっているのですから、出会い系サイト自体もかなり取り締まりが厳しくなるでしょうね。
その内痛い目にあうぞ。

最近はとんと見なくなったウイルスメールですが、ちょっと嫌な話題が出てきました。
今まではコンピュータウイルスは殆どがWindowsをターゲットにしたものでしたが、初めてMacOS Xを狙ったウイルスが発見されたようです。
嫌ですね〜今までMacはウイルスには無関係と言ってもいいほど、ウイルスとは無縁だったのに、ついにMacOSもターゲットにされ出しましたか。
まだそれほど深刻性は無いようですが、これから増える可能性もありますね。

いつも思うのですが、ウイルス作るような能力があるのなら、もっと真当なことに能力を使えないのだろうか。
人間の能力って人を困らせるためのものではなくて、人を喜ばせる、幸せにするためのものだと思います。
いくら頭が良くても使い方が悪ければ頭が悪いのと同じですね。

迷惑メールもウイルスも人を困らせるだけのもの。
人に嫌な思いをさせた分だけ、自分のところに嫌なことが返ってきます。
もっと違うことに頭を働かせましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール

2006年02月17日

また辛い事件が

またしても不可解な、そして痛まれる事件が起きてしまいました。
小さな命、5歳の男の子と女の子の命を奪ってしまった犯人は、なんと同じ幼稚園に通う園児のお母さん。
最初報道を聞いた時には、何がなんだか解りませんでした。

その後の報道で解ったことは、犯人は中国籍の女性で、日本語があまり上手ではなかったということ。
そして幼稚園へ送り届けるのを、4家族で交代で行っていたこと。
この日が犯人の女性が当番だったようです。

家から包丁を持ち出してきているようなので、警察は計画的犯行と見ています。
幼い子供の胸や背中を、十数ヶ所も刺しているらしく、殺されてしまった子供のこと。そして何よりその親御さんの気持ちを思うと、胸が張り裂けそうです。
同じ年代の子供を持つ親として、何とも言い表せない驚きと怒りと悲しみが押し寄せてきます。

この犯人の女性に一体何があったのか?
「お母さん同士でトラブルがあったのでは?」という話もあるようです。
確かに数年前にも、母親同士のトラブルで子供が殺害されてしまった事件がありました。
しかし、子供には何の罪もありません。何でたった5歳で、しかも自分のお友達のお母さんに、こんな酷い殺され方をしなくてはならないのですか。
あまりにもひど過ぎます。そしてもう一つ気掛かりなのが、一緒にいたと思われる犯人の子供です。
報道では犯人の子供は無事らしいのですが、そうなると殺害現場を見ていることになります。
大人でも想像できないような現場を見てしまったのです。5歳の子供にとって、とても理解できることではありません。

言葉の壁があり悩んでいたのかも知れませんが、どうしてこんな取り返しのつかないことをしてしまったのでしょうか。
今後の捜査で詳細が解ってくるのかも知れませんが、亡くなった幼い二人の園児は帰ってきません。
犯した罪はあまりにも大き過ぎます。あまりにも悲し過ぎる事件です。
亡くなった二人の園児のご冥福を心よりお祈り致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2006年02月16日

奄美は避粉地!?

おおおおおおお〜〜〜〜やっと繋がった〜〜〜〜(@o@;)
お昼過ぎから、ず〜〜〜〜っとBlogのサーバがメンテナンス(正確にはサーバダウン)していて、繋がらないでいました。
すぐに復旧するだろうと思っていたのに・・・・結局日付変わってしまって、またズルつぶやきになってしまいました。

まぁ無料のBlogですので文句も言えないし仕方ないですね。
しかし考えようによっては恐いですよね。毎日つぶやいている内容が、突然消えちゃう可能性もある訳ですからね。
毎日書いてた日記帳がどこかに消えてしまって、ず〜〜〜っと読めないのと同じですからね。
そう考えると、このBlogのつぶやきもバックアップ取っといた方がいいのかな。

本日つぶやく予定にしていた内容を、先にmixiの日記で公開したので、そのまま文面コピーしちゃいます。
毎日ここでつぶやいているので、mixiの日記は1〜2週間に1回くらいしか書きません。
それもここでつぶやいた内容の縮小版に近いです(笑)
今日は逆バージョンですね。
では本題です。

花粉症の方おられますか?
私はお陰様で花粉症は無いのですが、結構悩まされている方多いですよね。

昨日のネットニュースで見たのですが、私の故郷の奄美大島には、スギ花粉がないので花粉症の症状が出ないらしいのです。
だから奄美には花粉症の人がほとんどいない。ということで国土交通省が奄美群島を「花粉症のない島」として売り出そうと、症状改善などの調査に協力してくれるモニターを募集しているらしいのです。

モニターは、名瀬市で3月8日夜にある花粉症についての勉強会に参加でき、群島内に3泊以上滞在できる花粉症の人が対象。医師の問診を受けたり、アンケートに答えるなどして協力する。ということらしい。
モニターは10人程度で、応募者多数の場合は事務局が選考。謝礼として商品券1万円が貰えるらしい。
でもこのモニターの締め切り、明日までなんですよね。なんでもっと早く話題にしないの(笑)

でも昨年の4月に奄美に帰った時、東京にいる弟も一緒に帰ってきて、ひどい花粉症だった弟が奄美にいる間は、花粉症が出ないって喜んでいました。
花粉症の方で奄美に行ってみたい方。一度検討してみてはいかがですか。
詳細はコチラです。
【以下抜粋】
希望者は名前、住所、電話、メールアドレスを書いてファクス(03・3575・0320)かメール(env@murc.jp)で申し込む。17日必着。問い合わせは事務局の三菱UFJリサーチ&コンサルティング政策研究事業本部(03・3572・9024)。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月15日

メダルが遠い

いや〜急に暖かくなりましたね。
今日は日中16℃くらいあったようです。春ももうすぐかな〜・・・・そんな訳はないですね。
今週末辺りから、また寒波が戻ってくるようです(^^;)

寒さは一段落していますが、冬季オリンピックは真っ只中です。
しかし日本勢、今一つ調子が上がってこないですね。
メダルを期待されている選手が、ことごとくメダルに届かずに終わっています。
ベストを尽くして頑張ってくれているので、十分なんですが、正直やはりメダルが欲しいですよね。
残りの種目に期待したいところです。

しかしよく考えてみると、冬季オリンピックの種目って、もともと日本人がスポーツとして取り入れてから、歴史の浅いものばかりだと思います。
欧米諸国に比べれば、スキーやスケートを楽しむようになったのも、つい最近のことではないでしょうか。
そう考えれば、まだまだ日本はウインタースポーツは発展途上国なんですよね。
そんな状態でメダルまで後一歩、というところまで頑張っているんですから大したものです。

私はウインタースポーツは何一つ出来ません(笑)
スケートは何回かやったことがありますが、立っているのが精一杯です。
スキーは一度だけやったことがありますが、ボーゲンで滑ると言うよりはずり落ちている状態でした(大笑)
スノーボードなんて一度もやったことはありません。この歳になってやりたいとも思いません。
でも、スキーは滑れたら気持ち良いだろうな〜と思います。

私のことはどうでもいいので、残りの種目、日本勢に頑張ってもらいましょう。
持てるチカラを存分に発揮して、ベストを尽くして欲しいと思います。
がんばれニッポン!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月14日

気合い入れ

今朝の一コマ。

毎朝8時前に家を出る我が家。
私が運転し、子供を託児所に、嫁さんを病院に送り届けている。
そのため、朝は毎日7時半〜8時にかけてドタバタなのである。

今朝も同様の一日のスタート。

しかし今日は嫁さんが車の中で、念入りに化粧をしている。
いつもは化粧らしい化粧もしないくらい、殆どスッピンに近い状態なのですが、今朝に限って念入りに化粧をしている。
今日は病院に学生が実習に来るらしく、その指導にあたるため身だしなみを・・・・ということらしい。

だが子供にとっては、何故今日だけ車の中で念入りに化粧しているのか解らない。

子供「おかあさん、なんでおけしょうしてるの?」

「今日は学生さんが来るからね。頑張らないとね。」

子供「がくせいさん?」

「そう指導するの」

子供「しどう???」



「たたかうの?




父・母「・・・・・(爆笑)」

まぁ、ある意味闘いではあるかも知れません。
気合い入れて化粧をしている姿は、子供にとっては闘う前の勇姿に見えたのでしょうか。
朝から笑わされる一コマでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月13日

男の手料理

最近は家事をこなす男性が増えてきていると思いますが、私もその一人だと思います。
「家事をこなす」というほどのことではありませんが、一通り家事は出来ます。
家事をやりたくてやっている訳ではありませんが、共働きで嫁さんの仕事が遅い事が多く、必然的に私がやらざる得ない状態になっているというのが正しい言い方かも知れません(笑)

掃除や洗濯と言うのは、まぁ誰でも出来ることだと思いますが、一番戸惑うのは料理だと思います。
私も10年前は出来る料理と言えば、カレー・チャーハン・野菜炒め・・・と簡単な物ばかりでした。
料理というよりは材料を切って炒めるだけ・・・・みたいな物が多かったのです。

そのさらに10年前となると、寮生活をしていましたので、料理なんて一切やらないし学生の頃は家で親が作っていましたから、ご飯すら焚いたことはありませんでした。
その頃は自分が料理をするなんて夢にも思っていませんでした。

私が料理をするキッカケになったのが、テレビ番組の「黄金伝説一ヶ月一万円生活」です。
これに登場していた、森山中の村上さんの料理方法が、いとも簡単そうに作っているのを見て「私にも出来そうだな」と思い、真似て餃子やピザを作ってみました。
それから徐々に色んな料理を試してみるようになり、自分で試行錯誤しながら、時に失敗し時にはビックリするほど成功したりしながら、いろんな料理を試してきました。

最近はさらに料理をする頻度が増えています。
嫁さんが忙しいことも理由のひとつですが、もう一つの理由に昨年買い替えた電子レンジがあります。
最近の電子レンジは予めメニューのジャンルがあって、取扱説明書にレシピも載っています。
それを見ながら作ると、以外と美味しい料理が作れるのです。
時に焼き鳥を作ったり、ハンバーグを作ったり、先日はローストチキンもどきを作りました。皮がパリッとして香ばしくて美味しかったです。
本当に便利になりましたね。

もう一つ料理をする上で助かっているのが、このインターネット。
ネットで公開されているレシピを参考に、今まで料理をしてきました。
私が利用しているサイトがコチラのE・recipeというサイト。
http://www.e-recipe.org/index.html

料理の数が多いのも魅力なんですが、最も重宝しているのが「材料で料理を選べる」ということ。
冷蔵庫の中を覗いて、使えそうな食材を見た時に、頭の中で「何が作れるかな?」と考えるのですが、料理知識が乏しいので考えられるメニューは知れています。
しかし、このサイトで材料で調べると、実に様々なメニューがあってその中から「これを作ろう」と決める事ができるのです。

以前も大きなタコの足を、丸々一本頂いて、生のタコだったものですから早く食さなくてはいけなくて、このサイトで検索しました。
そして「タコライス」「タコ・天だし風味」を作ることができました。
このレシピが無かったら、タコの刺身かたこ焼きくらいしか思いつきませんでした(笑)
本当に沢山のレシピがあるので、どんどん活用して料理をしてみたいと思います。

最後に嫁さんに怒られるので一言付け加えておきます。
あくまでも嫁さんがいる時には、嫁さんが料理をしています。
忙しい時に私が料理するということですので、誤解なさらないで下さいね(^^;)
でも最近は約半々ですけど(笑)
皆さんの得意料理は何ですか?オススメの料理やレシピがあれば教えてくださいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月12日

灯油切れ(@_@;)

昨日がとても暖かかったので、油断していました。
夜になって灯油が切れていたことに気付きましたが、「暖かいからいいか。」と思っていましたが、朝起きたら寒い〜〜〜〜。
週間天気予報で、「三月下旬くらいの暖かい日が続く」と言っていたので、しばらく暖かい日が続くと思っていました。
灯油の切れた寒い朝、仕方なくエアコンをつけましたがやっぱりストーブの暖かさがいいですね。

しばらくすると雪がチラついてきました。こうなるとますます寒さが身にしみます(><)
寒いのでホットカーペット点けて、子供と二人で朝ご飯食べましたが、やはり寒いので灯油の切れいているストーブの居間を脱出し、仕事部屋に移動することにしました。
仕事部屋のストーブは灯油が残っていたので、そこで暖をとることに。

子供も当然私の後を追って仕事部屋に。
そしてしばらく暖まったら、私は再び居間に戻り今度は台所へ。
実は嫁さんが夜勤で、夜勤明けに無印へ買い物に行くことになっており、ちょうどお昼ご飯時になるので、私が簡単な弁当を作って迎えに行く約束をしていたのです。
昨日の暖かさで「暖かいだろうから奈良公園で弁当でも食べようか」と話していたのですが・・・・・この寒さでは外では食べれそうにありません。

しかし、弁当は作っていきたいので、寒い中台所へ立ちました。
先程まで金魚の糞のように、私の後をついてきた子供が、こんな時はついてきません(-_-)
簡単に弁当を作り、冷えた身体を暖め直そうと仕事部屋に戻りました。
「おぉ〜暖かい」と思ったのもつかの間、ピーピーピーと不吉な音が・・・・。
灯油が切れました・・・・(□_□;)

しばらく暖まっている部屋でじっとしていようと思っていたところに、仕事を終えた嫁さんから電話。
急いで出かける準備をして、忘れないように灯油タンク積んで迎えに行きました。
そしてそのまま買い物に向かいましたが、時間はもうお昼前、嫁さんもお腹が空いているということで、早速お昼ご飯にすることにしました。
途中のコンビニで飲み物を買って、寒いので車の中で食べることにしました。
でも、車の中で食べるにしても、ちょっと見晴らしのいいところがいいなぁ〜と言うことで、しばらく車を走らせ少し見晴らしのいいところで車を止めお昼を食べました。

その間も粉雪が舞っています。
車の外気温度は4℃を示していました。寒いはずです。

その後無印で買い物を済ませ、帰り道で灯油を入れて帰ってきました。
ようやくストーブに灯油が入り、暖かい部屋でこうやってつぶやいています(^^;)
やっぱり寒いのは身にこたえます。明日の朝はもっと寒くなるようです。
灯油買っておいて良かった。
はやく春来てほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月11日

ひと足早くバレンタイン

本日、子供の名前で郵便物が届きました。
送り主は北海道のお婆ちゃんです。
ちょうど晩ご飯を食べていた時なので「食べ終わったら開けてごらん」と言って渡しました。

何なのか興味津々で、いそいでご飯を食べ終わった子供は、EXPACKの封筒を破るように開けて中身を取り出しました。
入っていたのは二つの包み箱とお手紙。中身はチョコレートでした。
お婆ちゃんから孫へのバレンタインプレゼントだったのです。

しかし子供はまだバレンタインというものを理解しておらず、普通にチョコレートが送られてきたという認識しかありません(笑)
時々北海道から届く荷物の中に、北海道で有名なお菓子屋さんの「六花亭」や「柳月」のお菓子が入っていたり、チョコレートが入っていたりするので、その感覚で「わ〜いまたチョコレートだ〜」と喜んでいました。

早速チョコを一つ食べた子供は「お父さんも食べる?」と言って、私にもチョコをくれました。
6歳の息子にチョコレートのお裾分けを頂いて、何とも微妙な気持ちでしたが美味しかったです。
一緒に入っていたお手紙も、平仮名とカタカナで書いてあったので、子供なりに読んで理解していましたが、やはりバレンタインは理解できませんでした。

お礼の電話をするために、受話器を持ってきた我が子。
EXPACKに書いてある番号を見て、自分で電話をかけていましたが、「お父さん変な声が聞こえる」と言うので変わると、「もう一度おかけ直し下さい」というアナウンスでした。
どうやら数字を見ながら押していたので、変な番号押したか、時間が空き過ぎて繋がらなかったようです。
もう一度チャレンジして、ようやく繋がりました。
お婆ちゃんにお礼を言って、何やらいろいろと話をしていたみたいです。

まだバレンタインを理解していない我が子ですが、小学校に入ったらそんな事も覚え意識するようになるのかな。
まぁ私の子供なので、そんなに貰えないと思うけどね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月10日

トリノオリンピック始まる

いよいよトリノオリンピックが始まりますね。
果たして日本はメダルいくつ獲得できるのでしょうか。楽しみですね。

一番の注目は、やはり女子フィギアでしょうか。
浅田真央選手が出られないのが残念ですが、安藤美紀選手や荒川静香選手など、是非頑張って欲しいと思います。
表彰台独占も決して夢ではないと思うので、自分の演技を楽しみながら最大限のチカラを出し切ってほしいです。

他にもスピードスケートやジャンプ、スノーボードなど、本当に期待できる選手が勢ぞろいしているので、とても楽しみですね。
しかし、中にはボブスレーやカーリングなど、あまり知られていない競技もあり、こっちもどれだけ活躍してくれるのか未知数の楽しみがあります。
フィギアスケートなどのように有名な競技と違い、知名度が低いこともあって一時は資金不足で出場が危ぶまれていたようです。
協会から出た支援金では足りず、急きょ募金を募って何とかオリンピック費用を捻出したらしいです。
それだけ苦労したのですから、競技では出せる全てのチカラを出し切って、悔いの残らないプレーをして下さいね。

あと数時間で開会式が始まります。オープニングセレモニーも楽しみにの一つですね。
寒い季節に熱い熱い戦いの17日間が始まります。
精一杯頑張って、そして何よりも自分のプレーを楽しんで下さいね。
がんばれ〜ニッポン!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月09日

もうすぐバレンタイン

最近テレビでやたらと「チョコレート」の話題が多いと思ったら、もうすぐバレンタインなんですね。
この歳になるとバレンタインそのものを忘れている始末(^^;)
会社人なら女性社員から義理チョコの一つでも貰えるかも知れませんが、自営業じゃそれもありません。
ここ数年はバレンタインの夕方に、スーパーで安くなったチョコレートを家族で買って食べるのが習慣になりつつあります(笑)

しかし女性から男性へチョコを贈るのは日本だけの話。海外では男女関係なく好きな人や大切な人に、プレゼントする日なので、我が家の習慣も別におかしくないということで・・・・(笑)

テレビなどを見ていると、最近は義理チョコは安〜〜〜〜いチョコで済ませて、自分の為に高級なチョコを買い求める女性が増えているらしいです。
「自分チョコ」と言うらしい。自分に対してのご褒美と言ったところなんでしょうね。
でもこれは有る程度お金にゆとりのあるOLとかがやるのでしょうね。学生や未成年はまだまだ本命チョコとか手作りするのでしょうか。
中学生や高校生が大金はたいて「自分チョコ」なんて買い求めていたら・・・・ちょっと嫌ですね(^^;)

しかし義理チョコも大変ですよね。
私もサラリーマン時代には女性社員から義理チョコ頂きましたが、人数分買いそろえるのも大変だと思います。
貰ったらやっぱりお返ししなくちゃ申し訳ないので、私もホワイトデーには買いそろえていました。
義理チョコもお世話になった人に、感謝の気持ちを込めて贈るだけならいいけど、「この人には贈ってあの人には贈らない」という訳にもいかにでしょうからね。

皆さんはどのようなバレンタインの予定でしょうか?
本命チョコを贈る人、貰う人、義理チョコを贈る人、貰う人、自分チョコを買う人、それとも我が家のように家族チョコ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月08日

アニマルイラスト見本帳

数日前からつぶやいている「iLife06」ですが、実はもう一つ「iWork06」というアプリケーションもありまして、こちらも購入しておりました。
中身は2種類のアプリケーションが入っています。「Keynote」と「Pages」と言うアプリケーション。
Keynoteはプレゼンテーション作成アプリで、Pagesはワープロアプリケーションです。
Windowsで言うとPower PointとWordに当たるアプリケーションですね。

Keynoteは出た当時から使っていて、本当に使いやすくてDTP講師などのプロジェクターを使用した講座では、全てKeynoteで制作しておりました。
実は先日結果発表した「60000カウプレ敗者復活戦」の最初の参加者の名前が出てくる部分は、このKeynoteで作っています。それをMovie書き出ししてFlashに張り込んだわけです。

iLifeの各アプリケーションもそうですが、Appleのアプリケーションって感覚で使えるんですよね。
説明書を読まなくても「こうかな?」と思うことが出来ちゃうから凄くありがたいんです。
iWorkに関してもKeynoteは取説など読んだことがありません。(まともな取説も入っていないし:笑)
そしてもう一つのPagesも今回初めてまともに使いましたが、これも結構使えそうです。

所詮ワープロソフトなので、DTPの代用にはなりませんが、印刷を前提としないページものを作るには重宝します。
今までページものを作れるソフトは、QurakEXpressというアプリケーションか、adobeのInDesignしかありませんでした。
しかしどちらも敷居が高く、値段も高いため私は手をつけていません。
QuarkEXpressは印刷会社勤務時代に使っていましたが、もうすっかり忘れてしまいました。

印刷を前提にしないページ物として、私が以前から作りたかったのが、アニマルイラストの見本帳です。
POSTCARDを販売して頂いているお店からも「作品全部が載っているサンプルが欲しい」と言われていました。
毎月イラストを変えて20種類販売して頂いているのですが、お客様によっては「他の作品も見てみたい」とおっしゃる方がおられるようで、以前A4の紙に小さな画像を配置して3枚に分けて送ったことがあります。
でも小さな画像ではインパクト弱いし、私としてはイラストに添えるコメントも表示したいのです。

このPagesを使えば、基本のレイアウトを決めて、そこに画像をはめ込みコメントを流し込めば見本帳が完成します。
毎月新作が増える度に、新作の分だけプリントしてパウチで穴開けしてファイルするようにすれば、簡易見本帳ができ上がります。
今制作しているのですが、せっかくなのでイラストの制作話なども文章として入れたいと思っています。
昨年の作品展にお越し頂いた方は、小さなパネルにイラストと共にコメントと文章が入っていたのをご存じかと思います。それをここに載せたいと思います。

私の気持ちの中では、作品が100になったら作品集を作りたいと思っています。
その時になってみないと解りませんが、あくまで目標の一つとして立てています。
それまではこの簡易作品集となる見本帳で、いろいろと試してみたいと思います。

060208.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2006年02月07日

花を咲かせましょう

昨年の耐震偽装問題から、年明けてライブドア問題、さらに東横インの違法改造問題と、一体日本の経済界はどうなっているんだ?と思うニュースばかりです。
特に東横インの社長の会見あれは一体何???開き直りもいい加減にしてほしいものです。
かと思えば、今度は一転して謝罪ばかりの涙の会見。そんなに手のひら返す人間を誰が信用しますか?

耐震偽装問題もライブドア問題も、そしてこの東横イン問題も、全てに共通して言えることが「お金しか見ていない」ということではないでしょうか。
そもそも会社とは何のためにあるのでしょう。商売ってお金を儲けることですか?
会社とは社会に貢献するために作られ、商売はお客様に良い物を提供し、喜んで頂いて頂戴するのがお金のハズ。
現代はそれが完全に逆になっている気がします。

社会に貢献するために会社を興すのではなく、お金を儲けるために会社を興すのが目的になっている気がします。
問題になっている企業も、最初は真面目にやっていたのかも知れません。しかし途中からお金しか見えなくなったのかも知れないですね。
最近の起業ブームにも私には違和感を感じる部分が多々有ります。
別に儲けること自体が悪いことではありませんが、最初から「これをやったら儲かる」という気持ちで起業している人が多いような気がするのです。

人間って人それぞれ違っていて、体格も違えば個性も違う、運動が得意な人もいれば勉強が得意な人もいる。
それぞれに持って産まれた「隠れた才能」が誰にでもあると思います。そしてそれはきっと神様からの贈り物だと、私は思います。
人が生きていく中で、人の役に立つこと、周りの人が出来ないことが自分は出来る時、それをやることで周りから感謝をされる時。この時が一番生きている価値を見いだせる時ではないでしょうか。
仕事も同じようなもので、自分もしくは会社が得意とすることを、お客様に提供することで感謝され、それがお金と言う形になって利益が生まれてくるものです。

自分に何が出来るのか?自分の生き甲斐はどこにあるのか?
それをしっかりと見極めてから起業するのなら、きっと努力次第で成功を収めることができると思います。
しかし最初から「儲かること」だけを考えていると、一時的に儲けたとしても必ずボロが出てきます。
最近の数々の問題は、利益優先の考えが生み出した結果です。

神様からもらった「隠れた才能」を自分で探り出し、一生懸命努力することで才能が芽を出してきます。
さらに努力すれば、やがて花が咲きます。綺麗な花を咲かせて周りを幸せにすることが出来ます。
そうすれば今度は実がなります。これは周りを幸せにしたご褒美(お金)です。
ご褒美はまた次なる芽を出してゆき、どんどん幸せが膨らんでいくと思います。
花も咲かせないのに、最初から実をもぎ取ろうなんて思ってはいけません。順番が逆です。

偉そうに書いてますが、私自身もまだまだようやく芽が出てきたのかな?という程度です。
これから綺麗な花を咲かせることができるのか、それは私の努力次第です。
様々な問題で今、日本の経済の有り方が問われています。
もう一度原点に戻り、「お客様第一」の心で素晴らしい会社が多くなることを願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2006年02月06日

甦ったRainbow

1年半前くらいにもつぶやいたのですが、実は私こう見えて(どう見えるんだ)ハードロックが好きなんです。
特にリッチー・ブラックモアというギタリストが好きで、彼の在席していた「Deep Purple」や「Rainbow」をよく聴いていました。
フォークギターを弾いていて、途中でエレキギターに走ったのも、リッチー・ブラックモアに憧れたからなのです。

そして何を隠そう(隠しているつもりはないが)私の描いているアニマルシリーズに出てくる「黒猫のりっちー君」は、このリッチー・ブラックモアから名前を頂戴した、実際に飼っていた猫がモチーフです。
元々は私よりも10歳年上の姉がリッチー・ブラックモア大好きで、私はその影響をモロに受けてしまったというのが真実です。

そんな訳で、中学〜高校の時は学校から帰るとギターアンプのスイッチ入れて、ヘッドフォーンでガンガンギターをかき鳴らしていました。
家が狭かったので大きい音を出せないので、いつもヘッドフォーンでした(^^;)
その頃はまだレコードが主流の時代。10歳上の姉が使っていたレコードプレーヤーとカセットレコーダーを譲り受けて、毎日ハードロック聴いてギターを弾いていました。

何しろ貧乏生活でしたので、ギター&アンプも自分でバイトして貯めたお金で買い、1枚のレコード買うにも必死でした。
もちろんコンサートになど行ける訳も無く、実際に動くリッチー・ブラックモアを見たことが無いままギターを弾き続けていました。
初めて動くリッチー・ブラックモアを見たのは、高校卒業前に必死で貯めたお金で買った「Rainbow」のLiveビデオでした。
その時の感動は何とも言えない感動だったのを覚えています。

その後就職して初めての年に、再結成した「Deep Purple」のコンサートが大坂城ホールであり、その時に初めてLiveを体験しました。
それ以来、生リッチー・ブラックモアは見ていません。

最近はコンサートそのものからも遠ざかっていて、ハードロック自体もちょっと縁遠くなっていました。
しかし先日、同じハードロック好きな友人が「RainbowのLive DVDを買った」と言って持ってきてくれました。
そのLiveはRainbowの初期の頃で、メンバーにヴォーカルのロニー・ジェームス・ディオや、ドラムスにコージー・パウエルがいる最強メンバーと言われた時代のものです。
早速DVDを見ましたが、う〜んやはり凄い迫力が違います。

動くリッチー・ブラックモアは見ていますが、ロニー・ジェームス・ディオとコージー・パウエルは見たことがなかったので、凄く新鮮でした。
特にコージー・パウエルのドラムソロは・・・・・・・言葉にならない(@o@)
まさしくステージの上で、ギターとヴォーカルとドラムが競い合っている感じがしました。
その勢いがそのまま迫力となって伝わってきます。

やっぱりRainbowはこの時期が一番いいですね。後期のポップな感じも好きですが、この時期の中世ヨーロッパ臭さがたまりません。
Deep Purpleはまだ活動していますが、リッチー・ブラックモアもジョン・ロードもいないし、音楽性もかなり変わってしまっているようです。
リッチー・ブラックモアは「Blackmore's Night」というバンドを結成し、中世ヨーロッパのイメージを出した曲(ハードロックでは無いけど)を作り続けているようです。
また友人に頼んでCD貸してもらおうかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2006年02月05日

風邪ひいちまった

う〜ん体調がいまひとつすぐれません(*_*)
2〜3日前から鼻水が出始めまして、身体がだるいんですよね。
子供がインフルエンザにかかった後だったので、「もしかしてインフルエンザ!?」と思いましたが、急な発熱は無いのでただの風邪だと思います。

今日も日曜日だというのに、どこにも出かけず家でゴロゴロしておりました。
お昼からホットカーペットに寝転がり、テレビを見ていたらいつの間にやらウトウト(v。v)
ホットカーペットの上でうたた寝するのって気持ち良いんですよね。でも起きたら余計に身体がしんどくなってました(>.<)

風邪薬飲んで早めの就寝を心がけるようにしよう。
寒さが急に戻ってきたのも原因でしょうね。

今年の冬は本当に寒い上に、灯油代が高くて困りものです。
寒いのでストーブ点けない訳にもいかず、灯油がどんどん無くなっていきます。
ガソリン代も高いし何とかして欲しいですね。
まだ雪の被害が無いぶんありがたいことですが、本当に早く春が来てほしいです。

暦の上では立春を迎えましたが、まだまだ寒い日は続きます。
そろそろ梅の花が咲き始めていますので、梅の花を見ながら春を待ちたいですね。
皆さんも風邪ひかぬようご注意下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月04日

もうすぐ一年生

我が子も今年の四月から小学生になります。
今日はそのための準備としてランドセルを買いに行きました。
毎年ランドセルが売られているのを見て「我が子もこんな日が来るのかなぁ〜」と思っていたのですが、気がつけばそんな年齢になっていました(^^;)

以前から「黒色がいい」と言っていたとおり、黒色のランドセルを選んだ我が子。
しかしランドセルにもいろいろメーカーがあって、そこは店員さんにいろいろ聞きながら選ばなくてはいけません。
今一番売れているのは、CMでも流れている「天使のはね」のようです。
確かにとても軽くて、動きやすそうです。

最近のランドセルって物凄くよく出来ているんですね。
私が子供の頃なんて、本当に簡単な作りのランドセルだった気がするのですが・・・(^^;)
いろいろ検討しましたが結局「天使のはね・黒色」に決定しました。

ランドセル購入後、ちょっと休憩も兼ねてジュースを飲んでいたのですが、その時ランドセルと一緒にもらったパンフレットに目がとまりました。
それは何とセキュリティ会社のパンフレット。中を見ると子供の居場所が分かるように発信機を持たせ、いざと言う時に知らせるというシステムの紹介。
最近の子供を狙った事件が多発していることから、必然的に出てきたサービスでしょうが、何だか見ていてとても複雑な気持ちでした。
子供を守るためには必要なことかも知れないけど、そんなことしないといけない社会というものが、とても寂しく感じました。

家に帰ってから、子供は早速ランドセルを出したがり、記念の写真を撮りました。
そのまま出しておくと、またランドセル背負って遊びそうなので、すぐに箱に戻しました(笑)
桜が咲く頃には、このランドセル背負って小学生です。本当に早いものです。

060204.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月03日

ガブリと丸かじり

今日は節分です。あちらこちらの家で「鬼は〜外♪福は〜内♪」とやっているのいでしょうか。
我が家もほんの少しですが、豆をまいて厄払いをしました。
子供は託児所でもやってきているようで、自分たちで作った鬼のお面を持って帰ってきました。

日本各地で様々な節分の行事があると思いますが、関西発で最近全国的な広がりを見せているのが「巻きずしの丸かじり」です。
数年前からスーパーやコンビニでこの巻きずしが大量に売られるようになり、最近は関西だけでなく関東や他の地方にも広がりを見せ始めているようです。

さすがに本日はスーパーの総菜売り場には、巻きずしの山でした。
鉄火巻きからサラダ巻き、そしてカツ巻きやエビフライ巻きなんてのもありました。
我が家も三本買って帰り、今年の幸せを呼ぶ干支の方向である、南南東を向いて食べました。
この時、全部食べ終わるまでしゃべってはいけないと言われています。

本来は丸々一本かぶりつくのですが、流石に丸々一本は食べれないので、半分に切って食べました。
私は軽く食べましたが、子供は必死です。しゃべってはいけないと言われても、つい話してしまい、私に指で「シィー」と合図されて再び食べることを繰り返し、最後は口いっぱいに詰め込んで、ほっぺをフグのように膨らませて食べていました。

無病息災、邪気を払って福が来るようにお願いします。
日本中で鬼が追い出された一日でしょうが、日頃から心の中に鬼が住み着かないよう、私達も心の掃除を怠らないようにしましょう。
皆さんの家でも「鬼は〜外♪福は〜内♪」やりましたか?
また「巻きずしの丸かじり」ご存知でしたか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月02日

iLife06その後

最近しばらく寒さがゆるんでいましたが、また週末当りから寒波がやってくるようですね。
私も今日は鼻水が出てきて、身体がなんとな〜く気だるい感じで「やばいな」と感じたので薬飲みました。
インフルエンザなら発熱すると思いますので、たんなる風邪の前兆だと思います。
これ以上悪くならないように、しっかりとケアしておかなくては。

さて話しは変わって、先日のつぶやきで「iLife06入荷」というものをつぶやきました。
正直何の事かさっぱり解らない人の方が多かったのではないかな。と思っています。
このアプリケーションは、Macintoshにバンドルされているアプリケーションなので、MacユーザーでしかもOSX(10以降)を使っている方しか解らないと思います。

まぁ、Windowsで言うとOfficeみたいなものですね。
でも内容は全く異なります。Officeが会社で使うソフトとして開発されているのに対し、iLifeは完全に家庭内で使うことを前提に開発されています。
個人がパソコンを使っていろいろと楽しむためのツールとして開発されています。
最も知られているアプリケーションがiTunesだと思いますが、他にもデジカメの写真を取り込んで管理・閲覧・プリントなどをできる「iPhoto」。
ビデオカメラからデータを取り込んで、簡単に編集できる「iMovie」。そしてそれら音楽や写真・ビデオを組み合わせてDVD鑑賞できるようにする「iDVD」。
さらには簡単に作曲が出来る「GaregeBand」、そして今回加わった、簡単にWebページが作れる「iWeb」。

前回つぶやいた時には、まだサラッと見ただけだったので詳しいことは解りませんでしたが、ここ数日いろいろ試してみてだいぶ解ってきました。
iWebに関しては初めて登場したアプリケーションなので、まだ解らない部分がありますが、ブログのページとPodcastが簡単にできるのが面白そうです。
そしてGaregeBandでは、最初からPodcast用のデータを録音できるようになっているので、Garegebandで録音してiWebで簡単にPodcastできそうです。
しかし私の場合、Podcastにできそうなコンテンツが無いので、どのような形で使えるか解りません(^^;)

ただ新しいiLifeを使って、いろんな事ができそうで頭の中はおもちゃ箱をひっくり返したような、そんなワクワク感に駆られています。
今あるコンテンツにiLifeを使った新しいコンテンツなども加えていけたらいいなぁ〜と思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年02月01日

グッピー観察

昨年末から貰ったグッピーを飼い始めて、一ヶ月以上経ちました。
最初は「すぐに飽きるかな」と思っていた、子供の餌やりも思いの他続いています。
グッピーが餌をあげるのを解っていて、子供が近づいて蓋を開けると、水面に集まってくるのが嬉しいようです。

貰った当初はグッピーと言うよりも、どちらかと言うとメダカみたいで、全然華やかさはなかったのですが、2週間ほど前から二匹のグッピーに色が出始めました。
背びれと尾びれが綺麗な朱色に染まっています。どうやら二匹が雄で残り5匹が雌のようです。

グッピーの他にネオンテトラが一匹(最初は二匹でしたが数日前に一匹死んでしまいました)。もう一種名前の解らない魚が三匹います。
他にもお掃除エビが五匹いて、さらに購入した水草にくっついてきたのか、タニシが出てきて大量発生しています(^^;)
小さな水槽の中はとても賑やかな世界になっています。

そして昨日あたりから、雄のグッピーの行動がちょっとおかしくなりました。
泳ぎ方が今までと違うのです。何か慌ただしいと言うか落ち着かないというか、エネルギーを持て余しているという感じなのです。
最初は具合悪いのかな?と思いましたが、観察していて解りました。発情しているようです(^_^;)
しきりに雌の側に寄ってきては腹の辺りを押し付けようとしています。
しかし雌はその気がないようで、水槽の中で追いかけゴッコを繰り返しています。
必死の雄に対してそっけない雌、見ていると雄が哀れで思わず「頑張れ〜」って応援してしまいたくなります(笑)

でも冷静に考えたらいつまでも追いかけゴッコしている訳ではなくて、時間が経てば当然雌も受け入れ態勢ができ、子供が産まれてくるわけですよね。
私はグッピーを飼うまでは知りませんでしたが、グッピーって卵ではなくて直接お腹から子供が産まれてくるらしいです。
本来ならば産卵用の別ケースを用意した方がいいとのこと。それはグッピーが子供のまま生まれてきて、間違って他のグッピーが食べてしまう可能性があるらしいのです。
生まれてきた子供が身を隠す水草があれば、それでもいいらしいので、特別ケースを用意する必要もないかな?と思っているのですが・・・。

水槽の中で泳いでいる魚や、お掃除をしているエビ、さらには水槽の壁をつたうタニシを見ていると、結構飽きないものですね。
そして見ていると気持ちが落ち着いてリラックスできます。ある種の癒し効果があるようです。
子供が産まれるか解りませんが、楽しみに観察してみたいと思います。

060201-1.jpg

060201-2.jpg

060201-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記