2006年01月18日

奄美大島のビンボーさん

今夜、何気なくテレビを点けたら、「銭形金太郎」をやっていてそのまま見ていました。
この錢金はビンボーな生活を送りながら、何とか頑張っている人に投稿してもらい、いかにビンボーな生活をしているか評価するちょっと変わった番組です。

最初の頃は本当にビンボーなだけの人や、変わった生活をしている人など、いろんな人が出ていましたが、最近は「こんな夢があるので、それに向かってビンボー生活しながら頑張っている」という様な人も結構出てきます。
そんな人を見ていると、ビンボーだけど全然辛そうじゃないんですよね。むしろその生活を楽しんでいて、とても幸せそうな顔をしています。

「今日のビンボーさんはどんな人だろう?」と思って見ていると、聞きなれた地名が・・・・「奄美大島の・・・」
え!?奄美大島!?うそ、奄美大島のビンボーさん!?
どうやら奄美大島で自給自足の生活を送っている人らしく、山に入っては竹を切り出して、川でエビやカニを捕ったり、海で魚を釣ったりしていました。
途中から見たので詳細は解りませんが、奄美の貝殻を使って工芸品を作っているような事を言っていた気がします。
しかしお客さんは殆ど来ないため、まともな収入が無くて完全自給自足の生活を送っているようです。

でも、奄美の自然の中なら食材は沢山ある気がしますね。
山でも海でも食材は豊富にあるでしょう。でも山に入るにはハブに注意しなくてはいけませんけどね。
放送でも山に入っていく時に棒を持っているのを見て、リポーターの土田さんが「これは何?」と聞くと「ハブがいたら捕まえるため」と言っていました(^^;)
奄美では大きなハブを生きたまま捕まえると、ハブを買取ってくれるところがあるんですよね。
タクシーの運転手などは、常にトランクにハブ捕獲用の道具を入れていると言うことを聞いたことがあります。(真実かは解りません)

今日の放送で、きっと奄美の人の中ではかなり有名になるんじゃなかろうか。
私も奄美に住んでたら、絶対に見に行くだろうな(笑)
しかしこの番組見ていると、人間が生きていくのってお金じゃ無いなぁ〜って思いますね。
そりゃ〜お金は必要ですけど、無くても生きていけるんだなぁ〜ってつくづく感じます。
誰も好き好んでビンボーはしませんが、自分の今の生活レベルを楽しみながら、夢に向かって歩むのが幸せなんだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記