2006年01月14日

一人ライブ(笑)

久しぶりに雨が降りました。
この冬は本当に寒いので、天気が悪い時は雨でなく雪が降っていたので、本当に久しぶりに雨の音を聞いた気がします。
寒さも一段落して嬉しいのですが、大雪が降った後の気温上昇で各地で雪崩が発生しているようですね。
皆さん本当に注意して下さいね。

今日はそんな雨の中、久しぶりにギターをつま弾いていました。
先日買ってきたギタースタンドに、アコギとエレキがそれぞれかけてあるので、時々気晴らしに弾くのですが今日は雨音につられて結構長い時間弾いていました。

ギターは私の趣味の一つで、14歳の頃に始めてからず〜っと続けているので、もう26年くらい続けていることになります。
年数だけは長いですが、本当に趣味の範囲なので自分で楽しむ程度です。
昔はバンド組んだりしたこともありましたが、最近はもっぱら部屋の片隅で弾き語りがメインです。

いつもなら弾き語りするだけなんですが、今日はちょっと悪ふざけしてMacintoshにハードディスクレコーディングしてみました。
ハードディスクレコーディングなんて書くと、まるでちゃんとしたレコーディングみたいですが、マイクで音を拾ってGarageBandというソフトに録音するだけです。
それもギターと歌声と一緒に取り込むので、思いっきりモノラル録音。昔カセットレコーダーを前に歌を録音したのと何ら変わりありません。

ただ、ひとつ凄いのは、取り込んだ音にいろいろエフェクトかけたりエコーを強くしたりできるので、少しだけいいように聞こえます。
しかし自分の声ってなんで録音して聞くと「げ〜〜なんだこの声」って声なんでしょうね(^^;)
歌っている最中はそれなりに自分の世界に入り込んでいるので、満足して歌っていますが、冷静になって聞くと「なんじゃこりゃ」って出来です。

しかし何度か聞くうちに慣れてきて、今度は冷静に自分の声の特徴や歌い方のクセみたいなのが、なんとなく解ってきます。
プロの人達っていうのは、自分の歌をこんな感じで聞いて、さらにいい方向に持っていくのでしょうね。
GarageBandに取り込んだ音は、そのままiTunesに書き出せるので、まるで自分の楽曲のように表示されます(笑)
最近はPodcastとか流行っているので、セミプロの方や、本格的に音楽をされている方は、この方法でやれば結構手軽に自分の歌をネットで公開することができるはずですよね。

昔はレコード会社にデモテープを送ったり、路上で歌ったり(これは最近も変わらないけど)するのが主流でしたが、これからの時代はネットで自分の歌なんかをどんどんアピールできる時代なのかも知れません。
もちろん私は自分の趣味でやっているので、間違ってもネットに公開することなんか出来ませんが、歌や音楽に自信のある方はこの方法はいいかも知れないですよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画