2006年01月31日

新たな試み

あっ・・・・・・・っと言う間に一月が終わってしまいました(汗)
正月ボケが抜けきれないまま、気がつけば終わってしまったという感じがして、かなり反省(-_-;)
反省だけなら猿でもできるので、明日から頑張りましょう(笑)

さて毎月、月末にカレンダーダウンロードのデータをアップするのですが、本日も3月分のデータをアップ致しました。
このカレンダーダウンロードは、前回のサイトリニューアル時から始めたので、もう2年以上になります。
最初は「続けていけるかな?」と不安もありましたが、毎月行うので慣れてきて、最近はよほど忙しくない限りは月末にアップできています。

カレンダーのダウンロードって使う人いるかな?という気持ちでスタートしたのですが、意外にも利用される方がおられるようで、役に立っていることが嬉しくて続けています。
最初は「カレンダーダウンロード」で検索かけても、なかなか検索ヒットしなかったのですが、最近はYahooでもGoogleでも「カレンダーダウンロード」で検索すると、上位に表示されています。
嬉しい反面「辞めること出来ないな」という責任感が生まれています(^^;)

今回からカレンダーのデータと一緒に、「island information」なるものも同梱しています。
カレンダーだけ必要な方には邪魔な物かも知れませんが、私の作品の紹介や情報などを載せた物です。
要らない方は破棄しちゃって下さい。でもちょっと目を通してくれたら嬉しいです(^.^)
同じ物をダウンロードサイトに「island information」としてダウンロードできるようにしていますので、興味のある方は覗いて頂けると嬉しいです。

今後どのような形になるか解りませんが、情報発信ツールとして、また皆さんから情報をフィードバックして頂けるための媒体として、いろいろ試しながらやってみたいと思います。
何事も「案ずるより産むが易し」やってみないと解りませんからね。
今後ともカレンダーダウンロードを含め、様々なコンテンツで皆さんとお付き合いできればと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

061031.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月30日

インフルエンザ大流行

インフルエンザが猛威を震っているようですね。
あちこちで「インフルエンザにかかった〜」という声を聞くようになりました。
私はお陰様でまだかかっていないので、うがい手洗いをしっかりして予防したいと思います。

しかし、先週の土曜日のこと、託児所から「子供が熱を出している」と連絡があったと、仕事場の嫁さんから電話がかかってきた。
朝はいたって元気で出かけていったので「えっ!?」と言う感じでした。
ちょうど嫁さんが半ドンで迎えにいける時間でしたので、嫁さん迎えてそのまま託児所へ。
子供は事務所のベッドでぐったり寝ていました。

インフルエンザかもしれないということで、そのまま小児科病院へと向かいました。
インフルエンザが流行していることもあり、院内は子供と付添の親でごったがえしていました。
39度の発熱の我が子はぐったりとして、ず〜〜〜っと私に抱かれたまま、眠り込んでいました。

やっと受診の順番が来てインフルエンザの検査をして、再び結果待ちで順番待ち。
しばらくして検査結果が出ましたが、インフルエンザの反応が出ていないとのこと。
しかし発症してから時間が早いと反応が出ないこともあるらしく、一応タミフルを貰って帰りました。

帰宅後薬を飲んで、寝かせていましたが、二時間後にはすっかり熱が下りました。
子供って元気なもので、熱が下ったとたんに動き出すんですね。
日曜日も元気でしたが、一日家で過ごしゆっくりとしていました。

そして本日もインフルエンザの可能性があるので、託児所はオヤスミ。病院に行ってインフルエンザが完治した証明書を貰わないと、託児所には行けません。
夕方になって再び病院へと向かいました。前回と違い、体力を持て余している我が子。前回はぐったりしていて、私がず〜〜〜っと抱いていましたが、今日はアッチコッチに動かないように、私がず〜〜〜〜っと抱いて拘束していました(笑)

前回の受診の時は、目もとろ〜んとして、先生も「かなりしんどそうだな〜」と言っていましたが、今日は子供の顔を見るなり「すっかり元気そうだね〜」と言いました。
すると元気になっていつものアホパワー全開の我が子は、何を思ったのか突然「ふぉ〜〜〜っ!!」
これには先生も周りの看護士さんも大笑い。私達親は苦笑い(^^;)
まぁ〜これだけ元気になったってことで良かったんですが・・・・・。

病院内でもインフルエンザが流行していて、てんてこ舞いのようです。
皆さん、しっかりうがい手洗いして予防しましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月29日

戦艦大和完成

24日の晩から制作開始した「戦艦大和」がようやく完成しました。
ちょっと折れてしまったパーツがあったり、なかなか接着できなくて接着剤が表に出ていたりしますが、何とか完成です。
あぁ〜〜〜〜〜ちかれた・・・・(@▽@;)

子供は大喜びで大和を持って、家中を歩き回っておりますが、私としてはどこかに飾って置いて欲しいのですが・・・。
何せパーツが細かいものだから、ちょっとでも落としたりぶつけたりすると、簡単にポキッといってしまいそうな部分ばかりです。
でも子供にしてみたら、手に持って大海原を突き進む大和を想像しているのでしょうね。

今回、二十数年ぶりにプラモデルを作ったのですが、プラモデルってこんなにも細かい物でしたっけ(^^;)
子供の頃は平気でこんな細かい物を作っていたのかもしれませんが、流石にこの年になって、これだけの細かい物を作ると、体中凝りまくりです。
毎回作業終了後に子供に腰を踏ませていました。子供も私に作って貰っている立場上、素直に腰を踏んでくれました。

しばらくは大和に夢中になって遊びそうですが、その内飽きるだろうな(笑)
私としてはなるべく無傷で飽きて、どこかに飾っておいて欲しいものです。
そして今度プラモデルを欲しがった時には、自分で制作できるような簡単な物を選ばせよう。
もう戦艦物は懲り懲りだ(笑)

海の写真をプリントアウトして、背景におきましたが、もう少し大きめの紙が必要ですね。
写真もうまく撮れませんでしたが、雰囲気だけでも解るかな。

060129-1.jpg

060129-2.jpg

060129-3.jpg

060129-4.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月28日

iLife06入荷

本日、発注していたアプリケーションが届いた。
iLife06とMaster Money というアプリケーション。
iLife06は、Appleが出しているアプリケーションセットで、iPhoto 6・iMoveie HD 6・iDVD 6・GaregeBand 3に今回から新しく加わったiWebというアプリケーションが入っている。

毎年年明けにバージョンアップされて発売されるのですが、今回のバージョンアップはかなり良い感じですね。
ビックリしたのが、iPhotoにカレンダー機能がついたこと。
お気に入りの写真を放り込むだけで、簡単にカレンダーが作れます。そしてそのカレンダー情報は、iCalという同じくAppleのアプリケーションとリンクしているので、記念日などを入れることが可能なんです。
制作したカレンダーはそのまま発注すれば、カレンダーとしてでき上がってくるようです。
まだ試していませんが、そのままプリントも出来るようなので、手作りカレンダーも簡単にできそうです。

他のアプリケーションも便利な機能がかなり追加されているようです。
GaregeBandにはPodcastレコーディング機能がついたようで、録音した内容を簡単にPodcastにできるみたいです。
そして新しいアプリケーションのiWebも、簡単にPodcastやBlogに対応しているようです。
このiWebは簡単にWebページが作成できるアプリケーションで、難しい知識が無くても、簡単にページが作れてしまうようです。
まだちょっとしか触っていないので、どの程度のページが作れて、どの程度利用価値があるのか解りませんが、今後いろいろ試してみたいと思います。

iLife06の他に購入したMaster Moneyというアプリケーションは、お金の管理用アプリケーションです。
お金の管理というと単なる家計簿ソフトみたいに聞こえますが、このアプリケーションは家計簿ソフトの域を超えています。
.Mac会員だと定価より安く購入できるので、始めに体験版を使ってみて、かなり使えそうだったので購入しました。
今までいろんな家計簿ソフトを試してきて、どれも長続きせず、途中で諦めていたのですが、このMaster Moneyはかなり良い感じです。
家の家計簿としても使えますが、私の仕事の経理としても重宝しそうです。

ユーザー登録しようと思って、サイトを見てみたら意外なアプリケーションを見つけました。
今「英語を何とかするチャンスです」とCMで流れている「英語漬け」のアプリケーションを開発・販売している会社だったんですね。
こちらも体験版があったのでダウンロードしてみました。う〜ん、私には英語何ともならないようです(^^;)
でも面白いですね。しばらく体験版で遊んでみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年01月27日

久々の探偵ナイトスクープ

随分と昔に(2年くらい前かな?)テレビ番組のことをつぶやいたのですが、またしても同じことで・・・。
朝日放送の「探偵ナイトスクープ」という番組です。
関西方面の皆様にはおなじみの番組だと思います。

以前つぶやいた時には、毎週かかさず見ていたのですが、それからしばらくの間見ていませんでした。
どうしても夜な夜な作業をしていたり、作品制作していたりすると、つい忘れてしまい「気がつけば終わっていた」ということが続き、そのうち見ることすら忘れてしまった状態でした。

しかし先週から再び見るようになって、びっくりしたことが「探偵が代わっている」ということでした。
今までいた「立原敬介探偵」が卒業して、新しく入った探偵が、キレ芸人としてブレイクしている「カンニング竹山」でした。
今まで探偵ナイトスクープといえば、関西で活動してるタレントさんが主に出ていたのですが、最近は局長を始め、徐々に関東で活動しているタレントさんも出始めました。

先週・今週と立て続けに竹山探偵は出ていましたが、まだ慣れていないのか、それともキャラを変えているのか、お得意のキレは発揮していませんでした。
まぁ、依頼者が素人ですから、素人相手にキレていても意味無いですけどね(笑)

相変わらず、笑い有り涙有りの面白い番組です。
関西では金曜の夜、23時20分頃からスタートしますが、地域によっては放送日時が変わっていると思います。
まだ一度もご覧になったことが無い方は、一度見て下さいね。
「あほらしいぃ〜」と思う依頼から、感動で涙する依頼まで、いろんなことに探偵が挑んでいます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月26日

小さな幸せ

本日、生まれて初めての体験がありました。
ご飯を作ろうと思って、卵を割ったら・・・・黄身が二つ〜〜〜(^o^)
そう、双子の卵ちゃんだったのです。

な〜んだ、そんなことか〜
という声がアチラコチラから聞こえてきそうですが、私は自分で卵を割って初めての体験でした。
これって小さな事だけど、妙に幸せ感を味わえる一瞬ですよね。

よく、小っちゃな幸せ・・・みたいな話しで「卵を割ったら黄身が二つ入ってた」という話しをすることがありますが、私は体験したことがなかったので、なるほど小っちゃな幸せだ〜と思いました。
思わず嬉しくて写真に撮ってしまった(^^;)
その後小っちゃな幸せを食しましたが、味はいたって普通ですね(笑)

ところでふと疑問に思ったのですが、この双子の卵ってこのまま孵化させると、やはりヒヨコが二羽生まれてくるのでしょうか?
想像するとちょっと恐い感じもしますが、でもやっぱり有りうることなんでしょうね。
本来卵一個に一つの黄身、つまり一つの命なのですが、今回は二つの黄身、二つの命を頂戴させて頂きました。
その分二倍に頑張らなくてはいけませんね。明日からもガンバロウ。

060126.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月25日

ディズニーがピクサーを買収

我が家には子供と一緒に観るためのDVDが何枚かあります。
当然子供と一緒に観るために、子供が好きなDVDばかりなので、全てアニメーションのDVDです。
アニメーションと言っても、「ドラえもん」とか「クレヨンしんちゃん」ではなくて、日本の物はジブリシリーズです。
そして海外の物は殆どがピクサーのDVDです。

ピクサーのDVDと言ってもピンとこない方も、ディズニーのファインディング・ニモと言えばピーンと来るでしょう。
普通はディズニー映画と捉えられていますが、映画制作はピクサー社で映画配信がディズニーとなっています。
私はこのピクサー社の作品が好きで、当然子供も好きなので、トイストーリー2以外は全て持っています。

先日、「マダガスカル」のDVDも買ったのですが、見終わった感想は・・・・「で?何が言いたかったの?」という感じでした。
子供が観るには楽しくて愉快なのですが、大人が見ると「最終的にこの動物達はどうするのか?この映画を通して何を訴えたかったのか?」ということが見えてこないのです。
たかがアニメーション映画にそこまで求めなくても・・・と思うかも知れませんが、ピクサー社の映画にはその辺がしっかりと表現されています。そして面白い。

私がピクサー社の作品が好きなことの一つに、アニメーションの動きがあります。
今回「マダガスカル」を観て感じたのは、動きが妙にアニメーションっぽいということです。
アニメーションなのだからそれでいいのですが、何となく「トムとジェリー」のドタバタ動きに似ている気がしました。
ピクサー社の作品は、アニメーションの動きがとても自然で、観ている途中でこれがアニメーションだということを忘れてしまうほどです。

さてそんなピクサー社なのですが、今回何とディズニーが買収することになったようです。
ディズニーも本家アニメーション映画なのですが、近年のCGアニメーションの流れについていけなかったのでしょう。
自社のCGアニメーションを強化するよりも、これまでの実績のあるピクサー社を買取る方が良いと判断したのでしょうね。

ところでこのピクサー社、CEOは何とMacintoshの製造・販売会社のアップルコンピューターCEOの「スティーブ・ジョブス」なんですね。
私も最初は知らずに観ていたのですが、それを知って「なるほどね」と思いました。
スティーブ・ジョブスの発想は、MacやiPodでも解る通り、時代の流れを見て何が必要か?ということを読んでいます。
ピクサー社を立ち上げたのも、近年フルCGアニメーションによる映画が可能になる。という発想の元だったのでしょう。
そして映画制作にも中途半端は許さない、スティーブ・ジョブスの考え方が伝わっているのだと思います。

今後ディズニー社に買収されることで、スティーブ・ジョブスはディズニー社の有力な株主となり、同社取締役会のメンバーになるようです。
これまで以上に、私達に夢の有る、そして感動できるアニメーション映画を届けてほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2006年01月24日

戦艦やまと制作

すっかりズルつぶやきです。m(__)m
今、実家の母が我が家に来ており、子供はしばらく託児所をオヤスミしております。
本日も一日お婆ちゃんと行動を共にしておりました。

買い物に行きたいのとのことで、商店街まで車で送り迎えしたのですが、子供がおもちゃをおねだりしたようで、商店街なので小さなお店しか無くて、欲しいおもちゃが無くて結局買わなかったようです。
そのため、他のおもちゃ屋さんに行く約束を、お婆ちゃんとしていたようです。

しかし私もジョーシンにインクなどを買いに行く予定があったので、ジョーシンで何か買うことにしました。
母にはあまり高い物を買い与えないように言いましたが、本人が欲しがっていた物が「戦艦やまと」でした。
何故か「男たちの大和」を知っていて、突然「大和が欲しい」と言い出したのです。

店の中を見て回りましたが、大和の玩具というとプラモデルの大和しかありません。
パッケージを見て、大和の絵があると子供はもうそれだけで満足して「これがいい」と離しません。
しかしそれはプラモデル。子供一人では到底作れない物です。
子供に「これは作らなくちゃいけない物だよ」と言いますが、「頑張って作る」の一点張り。
値段も手頃な物だったし、子供が他の物には興味を示さなかったので、結局お婆ちゃんが買いました。

帰ってきてから箱の中身を喜んで取り出す我が子。しかし私は中身を見てビックリ。
もっと簡単なパーツだと思っていたのですが、メチャクチャ細かいパーツがびっしり(@o@)
見ているだけで気が遠〜〜〜〜〜〜くなりました。
子供は案の定作れなくて、私に「お父さん作って〜」(-_-;)

小学生の頃にプラモデルを作って以来、何十年ぶりにプラモデル製作しました。
パーツが細か過ぎて、ピンセットが無いと持てないような小さな小さなパーツを、ラジオペンチで挟みながら、手を震わせて接着剤を着け、組み合わせていきます。
時々パーツが落ちて、探すのに必死になりながら作りましたが、そう簡単に出来るものでは無く、司令塔の部分だけ作って今日のところは終了しました。

この分だと、3〜4日は夜の時間は「大和制作時間」になってしまいそうです。
はぁ〜まいった。買ってもらったのはいいが、まさか私が作るはめになるとは(-_-;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月23日

逮捕劇、真相は?

テレビが「ホリエモン逮捕」一色になってしまいましたね。
それにしても強制捜査から逮捕まで速かったこと。
耐震偽装問題の時とは比べようが無いですね。

今回のライブドア強制捜査から、堀江容疑者逮捕までの流れ、どうも中身が見えない気がしてなりません。
容疑があまりにも難しすぎて、私のような人間には理解できないことなのかも知れません(^^;)
果たして本当に悪いことをしたのか、それとも何か裏があるのか、解らないところですね。

ライブドア、そしてホリエモンの登場は、良くも悪くも日本の経済界に活気をもたらしたのは確かだと思います。
今までの生ぬるい経済界に、あらゆる戦法を使って挑んで行ったことは、有る意味価値のあることだと思います。
しかし、その一方で相手の気持ちを考えない、「お金が全て」みたいな冷たいイメージで、敵を多く作ったのも確かでしょう。

今回の逮捕劇の真相がどこにあるのか、私にはさっぱり解りませんが、これまでの経済界の逮捕劇とはあきらかに違うということだけは感じます。
私個人としては、ホリエモンは好きでも嫌いでもありません。
経営者としての評価は高く買いますが、人間性としては???という部分がかなりあります。
確かに儲けるのは悪いことではありません。でも、儲けるために法律すれすれのところを「合法だ」と胸を張ってやるのも、モラル的にどうかな?とも思います。

会社と言うのは、そして仕事というのは、社会に貢献することが第一前提だと私は思っています。
古い考え方かも知れませんが、社会に貢献してその功績が認められてはじめて利益というものが生まれます。
そして利益よりも大切な物が生まれてきます。それは信頼。この人なら信頼できる、この会社なら信頼できる。
この信頼が続く限りは、たとえ赤字であろうが、経営が苦しかろうが、そこを乗り切ればまた利益が生まれてきます。
ライブドア・ホリエモンには、利益はあっても信頼が無かった気がします。

今回の逮捕劇は、いろんな波紋を呼ぶことでしょうが、一つの教訓として今後に活かして欲しいですね。
そしてライブドアならびに堀江容疑者も、「何も悪いことはしていない」では無くて、今後はもっと愛される企業になるように、利益同様に信頼もある会社作りに頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2006年01月22日

大相撲が面白くなってきた

今日で大相撲初場所が千秋楽でしたね。
優勝は栃東が朝青龍を上手出し投げで破って、14勝1敗で13場所ぶりで3度目の優勝らしいです。
今場所は琴欧州が大関になって初めての場所でしたが、日本人力士が活躍して、久しぶりに盛り上がった(私の中で)気がします。

子供の頃は、家族皆でテレビの前で大相撲見ていました。
初代貴ノ花が全盛期で、横綱北の湖との対戦を手に汗握りながら見ていたものです。
でも大人になってからは、テレビの前で観戦することも、無くなってしまいました。
特にサラリーマン時代には、平日にテレビなど見れる訳も無く、ニュースで結果をみる程度でした。

同じ地方出身の力士がいたりすると、その力士を応援していたものですが、最近はめっきりそれも無くなってしまいました。
一つには、外国人力士の活躍で、日本人力士の存在感が薄くなったのと、地方出身の力士がいないのと、そんなことで相撲に対する興味が無くなっていたのは事実です。

しかし最近、私のサイトによくお越し頂く「えかきさるさん」という方から、私と同じ奄美大島出身の力士がいると教えて頂きました。
まだ幕内には入っていませんが、十両で活躍しているようです。
「里山」という力士で、見るからに島人(しまんちゅ)という感じの顔つき、体つきです。
私は取り組みを見たことが無いのですが、えかきさるさんは何度か見たようで、小柄ながらも、その相撲さばきに惚れ込んだようです。

今場所は9勝6負という成績で、来場所は少し番付があがると思われます。
来場所は頑張ってテレビ見ながら応援したいですね。
相撲に興味のある方、そして私と同じ奄美大島出身の方、もしくは在住の方、皆で里山を応援しましょう。
里山の詳細はコチラ
http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_meikan/rikishi_joho/rikishi_2668.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月21日

伊丹空港へ

今日は伊丹空港へ行ってきました。
私の母が奄美大島からやってくるので、迎えに行くためです。
やく一週間ほど、姉のところや私のところへ滞在する予定です。

土曜日と言うこともあり、高速道路も渋滞も無く順調に空港に着きました。
まだ30分ほど時間があったので、展望台で飛行機を見ることにしました。
しばらくすると、遠くの方に光が見えて、飛行機が降りてきました。
子供は「おっきな飛行機かなぁ〜」と楽しみに見ていましたが、近づいてくると小さなプロペラ機でした。

しばらくして、また光が見えたので「今度は大きい飛行機かな?」と見ていたのですが、これまた小さなプロペラ機。
着陸する寸前まで解らないものですね。
空に飛んでいる間は、比較する物が無いので、飛行機の大きさが比べられません。
「ジャンボジェット機だぁ〜」と思っていたら、降りてきたのはプロペラ機・・・という感じです。

「小さい飛行機ばっかりだね」と子供が少々つまらなそうに話していると、またもや着陸する飛行機が・・・・。
今度はプロペラ機では無くて、ちゃんとジェット機でした。
飛行機はJALの飛行機、130人乗りくらいの飛行機で、私達が奄美に帰る時によく乗る飛行機でした。
あれ!?もしかして、この飛行機にお婆ちゃんのってるんじゃ?と、時間を見ると到着予定5分前でした。
きっとこの飛行機だということで、私達もそろそろ展望台を後にしました。

その後、無事お婆ちゃんと合流し、久々に孫の姿をみて「大きくなったね〜」とビックリしていました。
昨年の4月に見ているのですが、子供の成長は早いですからね。
私達は毎日見ているので解りませんが、しばらく見ていないとビックリするのでしょうね。

本日と明日は姉の所で宿泊の予定ですので、そのまま大阪の姉の元へと車を走らせ、皆で食事をして帰ってきました。
子供はお婆ちゃんと、さらに従兄弟もいるので、なかなか帰りたがりませんでした。
「お泊りしていかないの?」と聞くので「一人でお泊りするかい?」と聞きましたが、やはりまだ親と離れてお泊りは出来ないようです。

月曜日には私のところに来るので、その時にはたっぷりお婆ちゃんに甘えることでしょう。
私も島料理が食べれるので楽しみです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月20日

カウンター60000達成

本日islandカウンターが60000を越えました。
ホームページを開設して、かれこれ4年半、ようやくここまで来た感じです。
これもひとえにサイトを訪れて下さる方々のお陰です。
本当にありがとうございます。

開設当初は60000という数字を想像することも出来ませんでしたが、次は100000カウントを目指して頑張りたいですね。
60000まで4年半かかっていますから、単純計算でもあと3年はかかるかな(笑)
カウントが全てではありませんが、やはりそれだけの方が訪れて下さる(もちろん重複してますが)のは、何よりサイトを運営する力になります。

私のサイトのメインは、オリジナルイラストのギャラリーと、カレンダー&壁紙のダウンロードだと思います。
ギャラリーには写真もありますが、こちらは私の本当に趣味の範囲の物なので、メインとは言い難いです。
コンテンツをもっともっと充実させて行きたいですし、そしてリニューアルもしていきたいのですが、なかなか重い腰をあげることができません。
このサイトデザインになって、もう2年半近くなります。
今年こそは頑張って全面リニューアルを行いたいと思います。

そしてコンテンツの方も、ギャラリーの充実、ダウンロードの種類追加を目標に頑張りたいと思います。
もっともっと多くの方に訪れて頂いて、訪れて頂いた方がくつろげる、そして楽しめるサイトを目指して頑張ります。
皆さん今後ともよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月19日

働くって何?

このところ耐震偽装問題やら、ライブドアの問題など、様々なニュースが世間を賑わせていますね。
いろんな事が明るみに出てくる中で、最近強く思うのが「働くって何?」と思うことです。
耐震偽装でテレビに躍り出てきたヒューザーの小嶋社長も、ライブドアのホリエモンも、ほんの数ヶ月前までは「成功者」として経済界に君臨していました。
しかしひとつつまずくと、もう後は何も残らない・・・という雰囲気にさえなっています。

バブル崩壊後、日本の経済界は闇の中を手探り状態で進んできたのだと思います。
何とかして勝ち残るために、生き残るために様々な努力をして頑張ってきたと思います。
でも、その中で何かとてつもなく大切な物を置き去りにしてきたのではないでしょうか?
「自分は何のために働くのか?」ということを、日本中の人の中でどれだけの人が答えられるでしょうか?

もちろん自分のため、家族のため、そして社会のために働くのですが、本来人は自分の能力を評価されて、その報酬としてお金が貰えるものだと思います。
大昔はお金では無くて物々交換が基本だったと思います。
山に住む人は山の幸を、海に住む人は海の幸を、それぞれの持つ能力を交換し合ったのだと思います。
それがお金に変わっても、その人の持つ能力に対しお金を支払う、と言うのが基本だと私は思っています。

でも最近感じるのは、「お金を稼ぐ=勝ち組」みたいな風潮が多いことです。
特にIT企業の場合には、その人が何をやっている人か?では無くて年収何億あるのか?みたいなことがもてはやされています。
大切なのはその人がどれほどの才能を持っていて、それがどれだけ社会に役立っているのか。ということだと思うのですが、どうも最近は皆お金儲だけを見ている気がしてなりません。

人間の価値ってお金じゃ無いでしょう。そりゃ〜お金が無くては生活できないのできれいごとは言えません。
私だってお金欲しいですし、もっといい暮らしをしたいとも思います。
でもだからと言って今の仕事をほうり投げて、株取引で儲けようとか、楽して儲けようとかは思いません。
何も株取引が悪いと言う訳ではありません。株取引が活発化することで、株価が上がり経済効果も期待されるのですから、それはとても喜ばしいことだと思います。

ただ、株で儲けようという考えはどうかな?と思います。
以前起きた東証の株ご発注問題でも、ミスだと気付いて買わなかった人と、逆にミスだと気付いて買い占めた人がいます。
株で儲けようと思っている人なら、このミスをチャンスだと思ったのかも知れないですけど、それってどうですかね。
人の失敗につけ込んでお金を巻き上げるなんて、人としてどうだろう?って思ってしまうのですが。
本来の株って、その会社を応援したり、その会社の業績を見て「これは伸びる会社だ」と先行投資する意味で買うんだと思うのですが、最近はマネーゲーム的な感じが強いですよね。

日本人って働くことを美徳だと思っている人種だったのに、この数十年で完全に崩壊している気がします。
働くという字は「人が動く」と書くように、自分の身体なり能力なりを使って動いて、それで社会に貢献して初めてお金を手にする。
ところが最近はまずお金が先に来ています。お金を稼ぐにはどうするか?から入っていくので、簡単に楽に儲かる方法ばかりを考えてしまうのではないでしょうか。
そんな考えで動くと、人のため社会のためを思って動くのではないですから、結果とんでもない内容の仕事になるような気がします。
耐震偽装問題のヒューザーもきっとお客様第一でやっていたら、ここまで問題は大きくならなかったと思います。
仮に問題が発覚しても、もっと誠意を持った対応をしていたでしょう。

お金を稼ぐことは決して悪いことではありません。
私もどんどん稼ぎたいと思っています。生活がありますから(笑)
でも、今の自分の身の丈にあった稼ぎでいいじゃないですか。自分に合ったお金の量を戴いて、そこから更なるステップアップに繋げていきたいですね。
人は自分の能力以上のお金を手にすると、お金を使うのではなくて、お金に使われてしまうのだと思います。
単なる貧乏人のひがみかも知れませんけどね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2006年01月18日

奄美大島のビンボーさん

今夜、何気なくテレビを点けたら、「銭形金太郎」をやっていてそのまま見ていました。
この錢金はビンボーな生活を送りながら、何とか頑張っている人に投稿してもらい、いかにビンボーな生活をしているか評価するちょっと変わった番組です。

最初の頃は本当にビンボーなだけの人や、変わった生活をしている人など、いろんな人が出ていましたが、最近は「こんな夢があるので、それに向かってビンボー生活しながら頑張っている」という様な人も結構出てきます。
そんな人を見ていると、ビンボーだけど全然辛そうじゃないんですよね。むしろその生活を楽しんでいて、とても幸せそうな顔をしています。

「今日のビンボーさんはどんな人だろう?」と思って見ていると、聞きなれた地名が・・・・「奄美大島の・・・」
え!?奄美大島!?うそ、奄美大島のビンボーさん!?
どうやら奄美大島で自給自足の生活を送っている人らしく、山に入っては竹を切り出して、川でエビやカニを捕ったり、海で魚を釣ったりしていました。
途中から見たので詳細は解りませんが、奄美の貝殻を使って工芸品を作っているような事を言っていた気がします。
しかしお客さんは殆ど来ないため、まともな収入が無くて完全自給自足の生活を送っているようです。

でも、奄美の自然の中なら食材は沢山ある気がしますね。
山でも海でも食材は豊富にあるでしょう。でも山に入るにはハブに注意しなくてはいけませんけどね。
放送でも山に入っていく時に棒を持っているのを見て、リポーターの土田さんが「これは何?」と聞くと「ハブがいたら捕まえるため」と言っていました(^^;)
奄美では大きなハブを生きたまま捕まえると、ハブを買取ってくれるところがあるんですよね。
タクシーの運転手などは、常にトランクにハブ捕獲用の道具を入れていると言うことを聞いたことがあります。(真実かは解りません)

今日の放送で、きっと奄美の人の中ではかなり有名になるんじゃなかろうか。
私も奄美に住んでたら、絶対に見に行くだろうな(笑)
しかしこの番組見ていると、人間が生きていくのってお金じゃ無いなぁ〜って思いますね。
そりゃ〜お金は必要ですけど、無くても生きていけるんだなぁ〜ってつくづく感じます。
誰も好き好んでビンボーはしませんが、自分の今の生活レベルを楽しみながら、夢に向かって歩むのが幸せなんだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月17日

新作「Moon Harp」

新作のお知らせで〜す。と行きたいところですが、その前に。
今日は何かとニュースが飛び交う一日でしたね。

まず、阪神・淡路大震災から11年という日を迎えました。
11年前のあの明け方の地鳴りと揺れは、未だに忘れられません。
奈良は震度4でしたが、それでも凄い揺れでした。
被災地の街並みは復旧していますが、心の傷跡は消えることは無く、何年経っても今日の日を思い出してしまうのだと思います。
本当に辛い事ですが、どうか前向きに頑張って歩いて欲しいと願います。
そして、私達は決してこのことを忘れてはいけませんし、地震の恐さそして備えをしっかりしていかなくてはいけませんね。

そして今日は「耐震偽装問題」で、ヒューザーの小嶋社長の証人喚問が行われました。
淡々と質問に答えていたようですが、確信に触れる部分については「刑事訴追の恐れがある」として証言拒否を繰り返したようです。
これじゃ何のための証人喚問か解りません。どうしても自分の逃げ道を探しているように見えて、本当に住民の方々のことを考えているのか?と疑ってしまいます。
自分からマスコミに出てきて、いろいろとパフォーマンスしておきながら、マスコミを訴えて補償に当てるとか、言っていることが信用出来ない気がしますね。
この問題、かなり根が深そうですので、これで幕引きにしないで政界との繋がりも含めて、徹底的に膿を出して欲しいです。

そしてもう一つ大きなニュースが、あの宮崎勤の最高裁判決がついに下されました。
死刑判決、当然と言えば当然ですし、何故こんなにも長い時間かかったのだろう?とも思ってしまいます。
以前も同じようなことを書きましたが、どうも犯罪者に対して人権を尊重しすぎる気がするのですが。
殺人を犯し、それも被害者の心をもてあそぶような残忍な行為をしながら、「責任問題・人格障害」等の理由で17年間もの間、生きてきたのです。
その間、被害者の遺族の方々はどんな思いだったでしょう。私が親ならば、絶対に犯人を殴り殺していると思います。
何故、宮崎勤がこのような犯罪を犯したのか?彼の心の闇はどうして形成されたのか?
よくマスコミ等で取り扱われ放送されますが、そのことが一番彼が望んでいることではないでしょうか。
自分のやったことで世間が騒ぐ、話題になる、自分がヒーローになったつもりなんでしょう。
宮崎勤の心を探る報道よりも、宮崎勤の外道を、人として最低なことを報道してほしいです。
変な人間は「自分も注目を集めたい」と勘違いします。近年起きている事件の犯罪者のように。

タイトルとは全く別の話題になってしまいました。
とかく暗い話題や不安な話題が多いですね。本当に切なくなってしまいます。
現代は厳しい冬の時代なのかも知れません。
皆の心が冷え切ってしまって、人の心を思いやる温もりを忘れているのかも知れません。
この冬の時代を乗り越え、暖かい心の人で咲き誇る、春の時代を一人一人の心構えで作っていかなくてはならないのでしょう。

イラストも冬のイラストです。
寒く冷たい冬の月夜ですが、そんな中にも喜びがあります。
澄み切った夜空には星が瞬いています。
islandサイトの方に、イラストのコメントもありますので、よろしければ覗いてみて下さいね。
http://www.ds-island.jp/gallery/illust.html

060117.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2006年01月16日

筋肉痛の日々

昨年の11月・12月と、忙しくて全くジムに行くことが出来なかったため、そのツケが一気に回ったようです。
先週からようやくジムを再開したのですが・・・・体力ががた落ち(T_T)思いっきり筋肉痛(@o@)
加えて年末年始は食べて呑んでを繰り返していたので、きっと体質的にも悪くなっている気がします。
何と言うか運動を続けている時と、しばらく休んでいる時と、身体のキレが全然違う気がします。
そして一番の違いは、運動を続けている時には、肩凝りや腰痛が無いということです。

仕事が忙しかったこともありますが、年末には結構肩凝りしていて、ジョーシンのマッサージ機等でよくほぐしていました。(ジョーシンさんいつもスミマセン:笑)
しかし先週ジムを再開してから、腰痛も肩凝りもだいぶマシになってきました。
特に腰痛は昔痛めた椎間板ヘルニアがあるので、体調悪い時にはすぐに腰に来ます。
年始頃からどうも腰が重くていやな痛みが続いていたんですが、ジムに行き始めてからかなりマシになりました。

それでも長いこと作業を続けていると腰にきます。
昨日の恐竜ペーパークラフトも、4時間程座りっぱなし(しかもあぐら)だったので、完成した時には腰が固まっていました。
こんな時は子供に乗ってもらいます。腰の上に横向きに乗って足を前後にゆするのですが、これが丁度良い重さで気持ち良いのです。
嫌がられる時もありますが、昨日は作ってもらった手前か、とても素直に乗ってくれました。

昨日はそんな感じでしたが、それでも以前からすればだいぶ楽になりました。
やっぱり身体は動かさなくてはダメですね。
忙しくなると、とたんに行けなくなってしまうので、時間に余裕がある時は必ずジムに行くようにしたいと思います。
仕事忙しい時には、朝一番にジョギングでもしようかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月15日

恐竜作りの一日

今日はとっても天気の良い日曜日。にも関わらず、我が家は一日家での〜〜〜んびりと過ごしていました。
子供もの〜んびりと遊んでいましたが、突然思い出したように「ねぇお父さん、恐竜作らないの?」
覚えていやがった(^^;)

先日とある理由で作ることになった、恐竜のペーパークラフト。(詳細は1/9の日記参照)
前回ティラノサウルスを作ったのですが、「他のも欲しい」ということで「今度お休みの日に作ろうな」と話していたのです。
忘れていたら知らんふりしていようと思っていたのですが、やっぱり覚えていました。

前回ティラノサウルスのペーパークラフトをダウンロードさせて頂いたサイトから、今度はステゴサウルスをダウンロードさせて頂きました。
しかし、このステゴサウルスめちゃ難しそう。サイトの作り方難易度も「難しい」になっています。
いつものようにマット紙にプリントアウトして、カッターで丁寧に切っていきます。
折れ線のところをカッターの刃の反対側で凹みをつけ、ボンドで接着していきます。

前回のティラノサウルスも3時間近くかかりましたが、今回のステゴサウルスはもっとかかりました。
お昼の2時頃から作り始めて、夕方6時過ぎまでかかりましたから、4時間以上かかったことになります。
あぁ〜〜〜疲れた〜〜〜。
子供は早速ティラノサウルスとステゴサウルスを両手にもって遊んでいます。
きっと1ヶ月もしないうちにボロボロになってしまうんだろうな(^_^;)
ちょっとは大事にしてくれよ。

それにしても作るのも大変な作業ですが、このペーパークラフトを考える人も大変でしょうね。
特に恐竜なんて丸みを出したり、その恐竜の特徴を出したりしなくてはいけないし、もちろん実物なんてないので図鑑などを参考に作るしかないですからね。

今回ダウンロードさせて頂いたサイトには、まだトリケラトプスとプテラノドンが残っています。
その内「これも作りたい」って言うのは目に見えていますね。でも、残りの二つは難易度が普通なのでまだましかな。
もし作ってみたいという方が居られましたら一度チャレンジしてみて下さいね。
サイトはコチラ
http://kids.nifty.com/handmade/paper/dino/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月14日

一人ライブ(笑)

久しぶりに雨が降りました。
この冬は本当に寒いので、天気が悪い時は雨でなく雪が降っていたので、本当に久しぶりに雨の音を聞いた気がします。
寒さも一段落して嬉しいのですが、大雪が降った後の気温上昇で各地で雪崩が発生しているようですね。
皆さん本当に注意して下さいね。

今日はそんな雨の中、久しぶりにギターをつま弾いていました。
先日買ってきたギタースタンドに、アコギとエレキがそれぞれかけてあるので、時々気晴らしに弾くのですが今日は雨音につられて結構長い時間弾いていました。

ギターは私の趣味の一つで、14歳の頃に始めてからず〜っと続けているので、もう26年くらい続けていることになります。
年数だけは長いですが、本当に趣味の範囲なので自分で楽しむ程度です。
昔はバンド組んだりしたこともありましたが、最近はもっぱら部屋の片隅で弾き語りがメインです。

いつもなら弾き語りするだけなんですが、今日はちょっと悪ふざけしてMacintoshにハードディスクレコーディングしてみました。
ハードディスクレコーディングなんて書くと、まるでちゃんとしたレコーディングみたいですが、マイクで音を拾ってGarageBandというソフトに録音するだけです。
それもギターと歌声と一緒に取り込むので、思いっきりモノラル録音。昔カセットレコーダーを前に歌を録音したのと何ら変わりありません。

ただ、ひとつ凄いのは、取り込んだ音にいろいろエフェクトかけたりエコーを強くしたりできるので、少しだけいいように聞こえます。
しかし自分の声ってなんで録音して聞くと「げ〜〜なんだこの声」って声なんでしょうね(^^;)
歌っている最中はそれなりに自分の世界に入り込んでいるので、満足して歌っていますが、冷静になって聞くと「なんじゃこりゃ」って出来です。

しかし何度か聞くうちに慣れてきて、今度は冷静に自分の声の特徴や歌い方のクセみたいなのが、なんとなく解ってきます。
プロの人達っていうのは、自分の歌をこんな感じで聞いて、さらにいい方向に持っていくのでしょうね。
GarageBandに取り込んだ音は、そのままiTunesに書き出せるので、まるで自分の楽曲のように表示されます(笑)
最近はPodcastとか流行っているので、セミプロの方や、本格的に音楽をされている方は、この方法でやれば結構手軽に自分の歌をネットで公開することができるはずですよね。

昔はレコード会社にデモテープを送ったり、路上で歌ったり(これは最近も変わらないけど)するのが主流でしたが、これからの時代はネットで自分の歌なんかをどんどんアピールできる時代なのかも知れません。
もちろん私は自分の趣味でやっているので、間違ってもネットに公開することなんか出来ませんが、歌や音楽に自信のある方はこの方法はいいかも知れないですよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2006年01月13日

勉強不足

私の仕事は一応グラフィックデザインがメインです。
しかしislandサイトでは、「デザイン工房アイランド」と謳っていながら、イラストがメインになっています(^^;)
最近はイラストのPOSTCARDの販売や、先日つぶやいたWeb絵本等、イラストそのものが仕事になることもあります。

ご存知の方もおられると思いますが、私はもともと畑違いの仕事をしていました。
某電機メーカーの技術職という、今とは全然違う仕事をしていたんですね。
でも、もともと絵を描いたり物を作ったりするのが好きで、25歳の時に意を決して転職をしたのが現在に繋がっています。

右も左も解らない状態で、この世界に飛び込んで、デザインのことを教えて頂いたのが、私のデザインのお師匠さんのT氏でした。
T氏からデザインを学びながら、当時版下の時代で一生懸命色指定や、製版の知識等を覚えていましたがDTP化に伴い、Macintoshでデザインする方向に切り替わっていきました。
当時、Macを触って、自分の思い通りに線が描けて色が着けれることに、物凄い感動を受けて夢中で勉強したのを、今でも覚えています。
私の今のイラストのスタイルも、結局この時の感動の延長線なのかも知れません。

それからと言うもの、デザインの勉強、Macの勉強、そしてトラブル続きのDTPの勉強・・・と、まさしく日々の仕事がそのまま勉強みたいな日でした。
しかし好きな事でしたので、別に嫌だとか辛いとか感じたことはありません。
新しいアプリケーションが発売されたり、バージョンアップされると「どんなことが出来るんだろう?」といつもワクワクしていました。

最初はDTPのアプリケーションだけでしたが、いろいろと興味を示し、手を出していく内に、様々なアプリケーションを使うようになりました。
最近はホームページを作るために「Dreamweaver」や「Flash」、そして結婚式スライドを作るための「Final Cut Express」等を使うようになりましたが、最近ホームページの方は、あまり触らなくなって忘れかけています。
特にFlashはだいぶ忘れてしまいました。一時期はFlashでゲームなんかも作ったことがあったんですけどね。

このところは、もっぱら絵を描くのはillustrator、画像を扱うのはPhotoshop、映像はFinal Cut Express、ホームページの更新等でDreamweaverを使うくらいです。
昔は時間を見つけてはいろんなアプリケーションを使って、いろいろと勉強していたんですが、今は時間的にも厳しくなっています。
でも、FlashとPainterはもう一度ちゃんと使って使いこなしたいですね。

DTPの方も日々進歩していて、どんどん新しい情報を仕入れていかなくてはいけません。
グラフィックデザインを仕事にする以上は、DTPは避けては通れない知識です。
もちろんイラストの方も伸ばして行きたいのですが、最終的に印刷するとなると、やはりDTPの知識が必要になってきます。
勉強しなくちゃいけないことが本当に沢山あります。年齢と共に記憶力は落ちる一方ですが、何とか頑張っていきたいですね。
そしてislandのサイトもリニューアルをしたいのですが・・・・今年の目標のひとつにしておこうかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2006年01月12日

新作「Snow Flower」

正月ボケもそろそろ抜けかけてきたので、新作にとりかかりました(笑)
前回に引き続き、冬のイラストですが、前回の2作品共に色味が少ない仕上げでしたので、今回は夜の雪のイラストにしました。

イラスト制作にとりかかる時にいろいろと考えていたのですが、現在、大雪で悩まされている人が大勢いることが脳裏をよぎりました。
何かイラストの中で表現出来ないか?と考え、ただ単に雪が降るのではなく、降った雪が「雪の花」となって地面を覆い尽くす。
雪の花から春を呼ぶ種が真冬の夜空に舞い上がっていく。という表現で描いてみました。

大雪に悩まされている方々にとって、今は本当に雪は降ってほしくないでしょうし、雪の存在自体が嫌になっているかも知れません。
しかし終わらない冬は無い訳で、毎日雪の処理に追われる日々も、一歩一歩春に向かっています。
何とか頑張って、この厳しい冬を乗り切ってほしい。という願いを込めて描いたつもりです。

実際に雪と戦っている人々にすれば、何の気休めにもならないかも知れませんが、私が出来る表現はこれくらしかありません。
豪雪地帯の皆さん、どうか頑張ってそして注意して、この冬を乗り切って下さい。
きっと素晴らしい春がやって来ます。

月の目標は2作品なので、あと1作品をまた描きたいと思います。
冬のイラストにするかどうか、まだ決めかねていますが、イメージしていきたいと思います。
この週末には気温が高めになって、厳しい寒さも一段落しそうですが、そうなったら今度は雪崩が起きやすいそうで、本当に困ったことですね。
何とか被害が起きないことを祈っております。

060112.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2006年01月11日

Intel Macが登場

MacがついにIntel Macになった〜。
「Intel入ってる」のキャッチコピーでも有名なIntelですが、Macintoshはモトローラ製のプロセッサ、そしてIBMのPowerPCプロセッサを採用していましたが、昨年夏にIntelプロセッサを採用することを発表。
当初は2006年の夏ごろまでにIntel Macを発表と言っていたのが、なんと半年も前倒しで本日よりIntelチップのiMacが発売されています。

この新型iMac、従来のiMacに比べて2〜3倍のスピードだそうです。
さらに新しいノートブックも発表されていて、こちらは何と従来のPowerBookに比べ、4〜5倍のスピードって・・・一体どれくらい速いんだ(@@)

昨年夏にPowerBookを購入した私としては、何とも悔しいやら悲しいやら。
PowerBookを購入する時点で、Intel Macが出ることは解っていましたが、どうしても仕事に使うので早急に必要でした。
解っていて購入しているので、そんなにショックは受けないだろうと思っていましたが、従来の4〜5倍のスピードと聞くとやはりショックですね(^^;)
どんなに快適に動くのか、一度AppleStoreに行って触ってみようっと。

iMacとノートブックがIntel製に切り替わったので、近い内にデスクトップもIntel製に変わるのだろうな。
名称は何てなるのだろう?ノーツブックはPowerBookからMacBookに変わったけど、デスクトップはPowerMacから何になるんだろう。まさかIntelMacでは無いよね(笑)

他にもGaregeBand・iPhoto・iMove・iDVDが入ったパッケージのiLifeが05から06にバージョンアップになりました。
各アプリケーションもそれぞれに機能追加されているようですが、今回から新しくiWebというアプリケーションが加わったようです。
何でもオシャレなデザインのホームページを、用意されたテンプレートを使って簡単に作成できるアプリケーションのようです。
面白いのがブログとPodcastに対応している点、自分でブログのページを作れるってことなんでしょうか。
Podcastも音声ファイルを簡単に扱える仕組みになっているんでしょうね。

MacもiLifeやiWorkのアプリケーションも欲しいけど、今の物で十分事足りているので、眺めるだけにしておきます(笑)
iLifeとiWorkくらいは、また時期を見て購入するかも知れませんけどね。
もしIntel Macを購入した方、購入予定の方おられましたら、感想など聞かせて下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年01月10日

WEB絵本のお仕事

islandサイトで公開しているのでご存知の方もおられるかも知れませんが、一応こっちのつぶやきでもご紹介を。

LION株式会社さんのウェブサイトに「オーラルタウン」という、子供向けのページがあるのですが、その中に子供に読ませるためのWEB絵本があります。
今回、そのWEB絵本を描かせて頂きました。もし興味のある方は、一度ご覧頂けると幸いです。
「ライオンの森」というWEB絵本です。

http://lion-oraltown.jp/s/298ABF086F9209EB9E9C77F85275C7BA/n/PB-00.html

タイトルのとおりライオンが主人公ですが、このお仕事の依頼は私が昨年絵本を出版させて頂いた、ARTBOXさんよりご依頼を頂きました。
実はその出版した絵本の「バナナムーン」を、LIONさんの担当の方がご覧頂いたようで、バナナムーンに出てくるライオンのキャラを気に入って頂いて、そのままWEB絵本の話しに繋がったようです。

このようなご依頼を頂いてから絵本を制作するのは初めてのことでしたので、多少不安はありましたが、「作者さんのイメージを第一に尊重する」とおっしゃって頂いたので、自分の思うままに実に楽しく制作させて頂きました。
自分の創作する絵本はなかなか形になりませんが、このようにお仕事としてご依頼を頂くと、実にスムーズに形にできるものですね(笑)

このWEB絵本は、歯磨きの大切さを小さな子供に教えるための絵本になっています。
私の他にも数人のイラストレーターの方々が、また別のストーリーで絵本を描いています。
ストーリーも異なれば絵のタッチも実に様々で、見ているととても面白いです。
そんなイラストレーターの方々の仲間入りをさせて頂けて、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

一人でも多くの方が、また一組でも多くの親子の方々が、この「オーラルタウン」を訪れて頂いて、WEB絵本を楽しんで歯磨きの大切さをお子さんに伝えて頂けたら・・・と思います。
そして今後もいろんなご依頼を頂けるように、今年も頑張っていきたいと思います。
皆さん今後ともどうぞよろしくお願い致します。

060110.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事

2006年01月09日

虫の次は恐竜

正月明けの連休で、またもや正月モードを引きずってしまっている方も、おられるのではないでしょうか?
実は我が家もそうでして、今朝はめちゃくちゃ朝寝坊でした(笑)
完全に夜更かし〜朝寝坊のクセがついてしまいました。

子供も二連休なのですが、昨日はどこにも出かけずに、いつものスーパーの買い物だけだったので、ストレスがたまっているのか「公園に行きたい」を連呼していました。
天気も良いし、気温も少し高めでしたので、近くの公園にキャッチボールの練習に出かけました。

以前はボールを恐がって、なかなかボールがグローブに収まらなかったのですが、今日はだいぶ慣れたのかボールを恐がらずに、グローブで何とかキャッチしていました。
一度フライをとり損ねて、目の上にボールが当たり泣き出してしまいました。
それでも「もう終わりにする?」と聞いても「まだやる」と子供なりの根性を見せて頑張っていました。
まだまだキャッチボールとは言えませんが、ボールを恐がらないようになった分、進歩ですね。

キャッチボールが終わった後は、私が本屋さんと楽器屋さんに行きたかったため、イトーヨーカドーに行くことにしました。
本屋さんで必要な本を探し、楽器屋でギタースタンドを買った後、子供がいつものように「おもちゃ屋さんに行きたい」ということで、「見るだけだよ」と約束しておもちゃ屋へ。

子供って何度同じ物見ても飽きないのでしょうね。
おもちゃ屋でいろんなおもちゃ見て、触ってはまた別のおもちゃ見て。
それを繰り返しながら、各コーナーを渡り歩いて行きます。

そうこうしている内に、子供がひときわ群がっている所へやってきました。
群がっている理由、それは、子供(特に男の子)が大好きなカードゲームコーナー。
ムシキングのカードで自分のキャラで戦いをすることができるゲームコーナーです。
最近はムシキングの大ヒットにあやかって、恐竜をテーマにした「恐竜キング」が出てきました。

元々恐竜好きな我が子にとって、この恐竜キングが物凄く興味を引くようで、他の子供が遊んでいるのを横で真剣な眼差しで見入っていました。
ムシキングの時も子供がやりたがったのですが、この手のゲーム、私は一度もやらせたことがありません。
一度やらせると、もう歯止めが効かなくなりそうで、ガマンさせています。
子供も興味はあるのですが、駄々をこねるほどやりたがることはないので、極力ガマンさせるようにしています。

自分がやれない分、人がやっているのを見るのが楽しいのか、なかなかその場を離れようとしないので、しばらく後ろで待っていました。
すると5分ほどして、突然私のところへ戻ってきて、今にも泣き出しそうな顔をしているので、理由を聞いたところ、ゲームをしている子に「こっちに来るなよ」と言われたらしいのです。
我が子としては、ゲームを見ているだけのつもりだったのでしょうが、ゲームをしている子にしてみたら、きっと側に来られて鬱陶しかったのでしょうね。

しかし子供を待っている間に、子供たちの様子を見ていて何か釈然としないものを感じていました。
私も同じ男として、この手のゲームが好きになるのは大いに解ります。
私が子供の頃に同じゲームがあったら、絶対に夢中になってやっていたでしょう。
しかしゲームをするにはカードを買わなくてはいけません。それもカードを増やすことによって、技が増えたりアイテムが増えたりするらしいのです。(私もやったことないので詳しくは解りません:笑)

目の前にいた3〜4才くらいの子供が、財布のような物を取り出し、中にカードがびっしり入っているのを見てビックリしました。
どうやらこのゲームのカードを入れる専用のカード入れがあるようです。
あのカードを買うのにいったいいくらのお金を使ったんだろう?と人事ながら心配してしまいました。

私が子供にゲームをガマンさせているのは、ゲームをするためにカードを買い、そのためにお金がかかっていることが、まだ把握できない年齢だからなのです。
もう少し大きくなって、自分で小遣いをもらい、その小遣いの中で自分でカードを買い、買える範囲の中で楽しむのならいいと思っています。
しかし、今はまだ金銭感覚が出来ていません。今の時期から好きにやらせると、小遣いでは満足できないようになってしまいます。

それともう一つの理由としては、もっといろんな事に興味を持ってもらいたいからです。
ゲームをやらせるとそのことだけに夢中になってしまいそうな気がします。
今日キャッチボールをやったのも、本人としては、多少上達したのが嬉しかったと思います。
ゲームにはまると、そんなことも興味がなくなるような気がして、何となく嫌なんです。

ゲームコーナーを離れる時に、あまりにも子供が寂しそうな顔をしていたので、つい「お家に帰ったらお父さんとティラノサウルス作ろうか?」と聞きました。
すると子供は喜んですぐに機嫌を直してくれました。
「どうせすぐに忘れるだろう」と思っていましたが、帰りの車の中で「お父さんティラノサウルス作るの楽しみやなぁ」と言われてしまったと思いましたが、言ってしまった以上仕方有りません(^^;)
帰ってからネットでティラノサウルスのペーパークラフトを検索して、ダウンロードし、2時間ほどかかってティラノサウルスを作ってあげました。

紙でできたティラノサウルスですが、子供も一生懸命ハサミで切って手伝いました。
いずれはカードゲームもやることになると思いますが、それまでは少しでも自分の身体を使い、頭を使い、手を使い、いろんなことを楽しませてあげたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月08日

無事で何より

新年早々に「生後11日の赤ちゃんが連れ去られる」という嫌なニュースが流れていましたが、無事に保護されたようですね。
本当に無事で良かったです。赤ちゃんの両親や家族の方々は、夜も眠れない日々だったと思います。

しかし本当に何が起きるか解らない世の中ですよね。
病院で赤ちゃんと寝ているところを、突然知らない人が入って来て連れ去られてしまうなんて、誰もそんなこと想像しないでしょう。

過去にも病院から赤ちゃんが連れ去られる事件は、何度かあるそうですが、いずれも子供が出来なくて、自分たちの子供として赤ちゃんを連れ去った事件でした。
今回はちょっと違っていて「病院に対する恨み」的な雰囲気がしていたのと、犯行者が男性一人だったことで、赤ちゃんの命の危険性がささやかれていました。
しかし、犯行は男性でしたが、その妻が元看護師で赤ちゃんの世話をしていてくれたことは、不幸中の幸いでした。

犯した罪は重いものですが、、最近多発している「殺人目的」ではなく、あくまでもお金目的の手段で、人命をちゃんと尊重してくれていたことは、まだ救われる罪の重さだと思います。
十分に反省し、更生して今後の人生に活かしてほしいと思います。

私の妻も看護師で病院勤務していますが、正直誰が入ってきても解らないと言っていました。
一応夜の病院への入り口は限られていて、そこに人も配置されていますが、出入りする一人一人を把握することは不可能です。
今回の病院も監視カメラ等は無かったようですが、過去にも乳児連れ去り事件が起きていることからも、今後は病院にもそれなりのセキュリティが必要になっていますね。

子供たちの通学路にも監視カメラを・・・と言う声もあり、これからの世の中は、至るところにカメラの目が向けられるのかも知れません。
常に監視されているようで嫌な気もしますが、犯罪を防ぐ上では仕方ないことなのかも知れないですね。
最も犯罪を防ぐよりも、犯罪者を育てない世の中にしていくことが、最も大切なことだと思います。
豊かになった日本。物が溢れ、欲しい物はお金で揃えることができる。でも心は何をやっても満たされない。
そんな人が増えている気がします。心を満たそうとして、さらにお金に走ったり、刺激を求めて犯罪に走ったり、どんどん心を無くしているのではないでしょうか。

もう一度原点に戻り、人が生きることな何なのか?何故生きるのか?
自分は何故生まれてきたのか?自分は何をすれば良いのか?
ちゃんと考え学び、本来の人間としての心、日本人としての心を取り戻さなければならないのではないでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2006年01月07日

奈良も雪

今日はホント寒かったですね(><)
奈良でも昼前から雪が降ったり止んだりを繰り返していました。
積もることはありませんでしたが、降り続けていたら確実に積もりそうな雪でした。

日本海側各地では、またもや大雪で本当に大変な被害を被っているようです。
日本って太平洋側と日本海側でこんなにも気候が違うんですね。
もうこれ以上降らないで、少し太平洋側に回してあげて欲しいくらいです。

しかし雪が降らない地方は、ちょっとでも積もったらもうパニックですね。
まず車が動かなくなってしまいます。下手に車乗るとアッチコッチで事故が頻発するでしょうね。
事実私もスタッドレスタイヤなんて持ってないし、何一つ雪対策できていません。
雪が積もったら・・・・車乗るのは諦めます(笑)
でもきっと歩いていても滑って転んでばかりでしょうね。

5年ほど前に一度だけ真冬に嫁さんの実家に帰ったことがありましたが、その時も歩く時は本当に慎重に歩いていました。
雪が新しいところはいいんですが、固まって氷になっている部分は、気を抜いて歩いているとツルンって滑ってしまいます。
雪の中で生活をしたことが無い私にとっては、最初は歩くだけでも恐かった記憶があります。
でも一面銀世界の景色はやはり綺麗でした。当時はデジカメを持っていなかったので、その時の写真はネガをひっくり返さないと出てきませんが、脳裏に今でも焼き付いています。
できればまた、真冬の北海道も行きたいですね。

この連休の間、寒波が日本を覆っているので、まだまだ雪が降るようです。
大雪で苦労している方々は、本当に大変だと思いますが、くれぐれも事故に注意して頑張って下さい。
雪の降らないところでも、積もる可能性がありますので、天気予報をよく見て遠出する場合には、雪対策して行きましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月06日

小さな魚の命

我が家では昨年末からグッピーを飼い始めています。
嫁さんの仕事場の方から「グッピーが要りませんか?」とお誘いを受けて、子供が飼いたがって譲り受けました。
朝晩の餌やりは子供のお仕事になっています。

グッピーが我が家に来る前に、水槽を買ってきて小石を敷き詰め、水草もセットしお掃除エビも買ってきて入れておきました。
準備万端の水槽にグッピーがやってきて、かれこれ三週間ほど経ちました。
今まで金魚は飼ったことがありますが、熱帯魚は初めてですので、いろいろ調べいろいろ聞いて何とか飼っています。
熱帯魚の中でもグッピーは比較的飼いやすいらしいので、我が家にはぴったりのお魚かも知れません。

最初は子供だけが乗り気で、「早く水槽買いたい」とか「お掃除エビが欲しい」とか、いろいろ言われて買いそろえましたが、時々水槽に泳ぐ魚達や、お掃除エビの仕草を見ていると、意外に和んできてリラックスできるんですよね。
子供が欲しがって飼い始めたグッピーですが、私達も時々和んで楽しませてもらっています。

しかし、水の管理やフィルターの掃除等は、まだ子供には解らないので私の仕事になっています。
先日もフィルターの水の巡回が悪いので、吸い込み口のフィルターを外して洗ったら、物凄い汚れでビックリしました。
見た目には汚れていないようでも、中の方は物凄く汚れているんですね。
洗い終わってセットしたら、物凄く水の巡回が良くなって、水も綺麗になったのでビックリしました。

何事も無く今まで順調に飼っていたのですが、昨夜トラブルが発生してしまいました。
お正月ですっかり夜更かしグセがついた我が子と、夜遅くにそろそろ寝ようかとしていた時。
子供が「小さいグッピーがおかしい」と言い始めたのです。
見ると確かに小さいグッピーが、泳がずに砂利の上でじっとしています。ちゃんと生きているのですが、活発さが無くじっとしているのです。

子供が水槽に指を入れて「水が冷たい」と言うので私も入れてみましたが、特に冷たくはありません。
でも確かにいつもは生ぬるい水が、生ぬるくありません。
まさかと思い、ヒーターを取り出してみると・・・やはりヒーターが熱くない。
「故障か?」と思い、コンセントを入れ直してみると熱くなりました。「接触不調だったんだな」と安心して水に入れましたが、一向に水が温かくならない。再度取り出してみると、またもや熱くない。
その後何度かコンセントを入れ直したり、接触不良を疑っていろいろやってみましたが、復活してくれませんでした。

大寒波が来ているこの時期に、ヒーターが止まってしまっては、寒さに弱い熱帯魚は一気に死んでしまいます。
応急処置としてぬるま湯を入れて、多少水を温めましたが、夜の間に冷めてしまうのは解っています。
そこで熱湯をペットボトルに入れて、それをそのまま水槽に入れました。いわばヒーター代わりです。
朝起きてみると、すっかり冷めていましたが、グッピー達は何とか無事でした。

子供を託児所に送った後、その足でヒーターを買いに行きました。
今回は水の温度管理のために水温計も買いました。ヒーターが故障しても見た目には解りませんからね。
これで万全だ!!と安心していたら、昼過ぎに一匹のグッピーが水流に流されるように、力なく泳いでいるのを嫁さんが見つけました。
心配していた小さなグッピーではなく、中くらいの大きさのグッピーです。慌てて別の容器に移して様子を見たのですが、残念ながら死んでしまいました。

子供が託児所から帰ってきて、一匹死んだグッピーを見せると「可愛そう」と言って、二人で庭に埋めてあげました。
このグッピーの死因が、今回のヒーター故障による水温低下なのかは解りませんが、他のグッピー達は元気に泳ぎ回っているので、一先ず安心です。

今回は子供がいち早く異変に気付いてくれたので、一匹だけの犠牲ですんだのかも知れません。
気付かなかったら、そのまま寝ていて、朝方には水が冷たくなって全滅していたかも知れないですからね。
子供も時には役に立ってくれます(笑)
一匹死んでしまったのは残念ですが、小さな魚の命にも気付き、多少責任感も出てきたので、頑張って飼い続けたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月05日

また大寒波が・・・(><)

寒くなってきましたね。
明日からまた大寒波がやってくるそうです。
奈良では時々雪がチラつくことはあっても、積もる程の雪はありませんが、日本海側等では大変な大雪になっていますね。

秋田市ではJRもバスも、大雪で完全にストップしてしまい、市民生活がマヒしているようです。
そして長野県では雪の重みで、家屋が倒壊しているようです。
雪には慣れているはずの地域でも、今年の大雪にはかなり被害が出ているみたいで、明日からの大寒波がまた心配なところです。

しかしこの大寒波が一週間早かったら大変なことでしたね。
年末年始の国民大移動時期にこの大寒波が来て、交通マヒ状態に陥ったら、それこそパニックになっていたかも知れません。
ちょうど年末年始にかけて、比較的穏やかで気温も通常よりは暖かくて本当によかったと思います。

今年はウォームビズをガンバロウ。と思っていたのですが、こんなに寒いと、ついつい石油ファンヒーターの設定温度を上げてしまいます。
お陰で灯油の消費も早い早い。灯油も高いのですが、この寒さには勝てませんね。
しかし寝ている時ぐらいは・・・・と思い、毎晩湯たんぽで温まって寝ています。
湯たんぽの暖かさ、いいですね〜。足下からぽかぽかと本当に気持ち良いです。
湯たんぽで部屋全体が温まってくれたらいいのにね〜(笑)

明日からまたまた寒い寒い日が、しばらく続きそうです。
しっかり体を温めて、風邪をひかないように注意しましょうね。
そして豪雪地方の皆さん、大変でしょうが大雪に負けないように頑張って下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月04日

野球ゲームにはまる

本日より仕事始めという企業が多かったことと思います。
仕事始めの方々、今年もお仕事頑張って行きましょう。
まだお正月休みの方々、徐々に正月モードから仕事モードに切り替えて下さいね。

私は本日はちょこっとだけ仕事しましたが、何しろ子供がまだ休みの上に、嫁さんが本日より仕事でしたので、子供の面倒を見て終わった一日でした。
今日は大阪の姉が来る予定でしたので、午前中で仕事を終わらせ、午後から子供の遊び相手をしながら、姉とその子供の来るのを待ちました。
子供も従兄弟が来るので嬉しくて何度も「何時に来るの?」と聞いていました。

そして従兄弟が来ると、早速二人でお遊び開始。
まずはサンタさんから貰った、テレビ野球ゲームをやり始めました。
ルールが分からなくても、子供なりに楽しみながらやっていました。

このサンタさんから貰った野球ゲーム。最初は子供向けと侮っていたのですが、大人がやっても以外と楽しめます。
と言うか、やけにムキになってやってしまいます(笑)
先日のミニ新年会の時も、途中から大人がムキになってやっていました(大笑)

その時感じたのですが、子供ってやっぱり凄いですね。
順応性と言うか動体視力と言うか、大人には無いものを持っている気がします。
画面のピッチャーが投げてくる球は、様々な球種にスピードも様々です。
高速のストレートの時もあれば、ゆるいカーブの時もあります。

高速の直球のタイミングで待っていると、ゆるいカーブが来て「あっカーブだ!!」と解っていても、待ち切れずについバットを振ってしまうのですが、子供って一度振りかけても再度タイミングを合わせることができるんですよね。
明らかに私と子供とでは運動能力に差があるのが解ります。この差は今後益々開いていくのでしょうね。

今は野球ゲームで満足していますが、小学生になってもっと野球に興味を示し、本人がやりたいと希望するなら、地域の少年野球等に参加させたいと思います。
でも私と嫁さんのDNA受け継いでいたら、運動能力は良い方では無いと思うので、あまり期待はしていません(笑)
ただ野球に限らず、何かスポーツをすることで、精神的にも肉体的にも鍛えられると思うので、極力何かのスポーツはさせたいと思っています。
それまでの間は、一先ずこのゲームで興味を持たせておこう。

でも、私ももっと運動しなきゃな(汗)
長いことお休みしているジムも、ぼちぼち再開しないと・・・・。
来週から頑張りますかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月03日

福袋ゲット

お正月三日目。
昨夜のミニ新年会で、かなり遅くまで飲んでいたので、今日はメチャクチャゆっくりの起床。
目が覚めたら10時半でした(笑)

今日は福袋を買いに行くために出かける予定でしたので(毎日買い物に出てますが:笑)お昼過ぎから出かけました。
行く先は橿原のダイヤモンドシティ。大型ショッピングモールです。
順調に走っていましたが、寸前まで来て大渋滞。駐車場待ちの車で周辺の道路はマヒ状態になっていました。
「お正月だし仕方ないかぁ〜」と気長に待ちながら、1時間近くかかってようやく駐車することができました。

店内をいろいろ見て周り、必要な買い物を済ませ、ふと下の階を覗いてみると、何やら縁日をやっている様子。
見に行ってみると子供向けのスピードクジやヨーヨー釣り、金魚すくいなどをやっていました。
しかしよく見ると金魚すくいではなくて「熱帯魚すくい」と書いてある。
「えっ!?熱帯魚が泳いでいるの?」と覗き込むと、玩具の熱帯魚でした(笑)

それでも子供はやりたいようで、5枚綴りのチケット買ってやらせました。
普通の金魚すくいのポイですくうのですが、二匹すくって三匹目で破けてしまいました。
すくった二匹がもらえるのかと思いきや、その中のどれか一匹か、水の中で泳いでいる(流れている)物の中から一匹らしい。
子供は泳いでいる中から一匹選び、もう一回やりたいと言うことで、再度チャレンジ。
今回も二匹ゲットしましたが、やはり一匹選ぶしかできず、結局は二匹になりました。
子供は大満足でしたが、大人としては「ええ商売やなぁ〜」と苦笑い。
結局魚の玩具を100円で売っているのと同じですからね。

その後お目当ての福袋を買い、時間も遅くなったので晩ご飯食べて帰ってきました。
福袋の中身は、クッションやらスリッパやら、必要雑貨がいろいろ入っていました。
おしゃれなキャンドルスタンドも入っていて、お誕生日やクリスマスの時に重宝しそうです。
ささやかな福袋でしたが、ささやかな幸せが詰め込まれているようで、なかなか良かったです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月02日

今夜はミニ新年会

お正月二日目です。
昨日とは打って変わって、今日は朝からどんよりとしたお天気でした。
今日も我が家は朝からの〜んびりと起床。
正月ならではのテレビ番組を、な〜んとなく見ては、の〜んびりと過ごしておりました。

本日は夕方から知人の家族を招いてのミニ新年会をやるので、昼前から買い出しに出かけました。
近くのジャスコでは、あまり良い物が入らないので(ジャスコさんゴメンナサイ:笑)奈良市内まで出かけてきました。
しかし最近はお正月でも関係なく、どんな店でもほぼ開いているんですね。
昔は正月になると、どこの店も閉まっていて、何か無くなると買い出しに苦労したもんです。
便利になったのは良いことですが、反面何か正月らしさが感じられなくなった気もします。

正月だけあって買い物先も凄い人でした。
目的の買い物を済ませレジで清算すると、買い物額に応じて福引きがあるようで、3回クジが引けるようです。
早速会場に向かい子供にガラガラを回させましたが、残念ながら全て参加賞(-_-;)駄菓子セットでした(笑)
まぁ新年早々に運を使いたくないですからいいんですけどね(単なる負け惜しみですね)

お店の前では、和太鼓の生演奏が行われていて、リズミカルな太鼓の音色が響いておりました。
また5Fでもイベント広場で、琴の生演奏が行われていて、正月らしい音色が流れていました。

今日はミニ新年会で、奄美の郷土料理の鶏飯(けいはん)、それに北海道から送られてきた数の子、そして何故か昨日、弟から送られてきたタラバガニがあるので、じっくり味わいながら飲みたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月01日

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。
2006年、平成18年が始まりました。

新年の幕開けにふさわしく、今日は素晴らしく晴れ渡った日でした。
おそらく初日の出が綺麗に見えたのではないかと思います。
我が家はお日さまがたっぷり昇ってからの起床でしたので、初日の出どころではありませんでした(笑)

毎年元旦は、初詣でに出かけ、帰りに屋台で何やら買って帰るのですが、今年はちょっとハプニングで行けませんでした。
大晦日の晩、年越し蕎麦を食べる前に、子供が「喉が気持ち悪い」と言っていたのですが、普通に蕎麦を食べていたので気にしていませんでした。
ところが夜中、寝ている時に嘔吐してしまい、その後も何度も嘔吐を繰り返していました。
朝方起きた時には、子供は嘔吐で寝付けなかったのと、疲労でグッタリ寝ていました。

この状態では出かけることも出来ず、ず〜〜〜っとテレビを観ながら過ごしていました。
時々起きて水分を取って、ちょっと口にするものの、しばらくするとまた嘔吐(^^;)
そんなことを昼過ぎまで繰り返していましたが、昼過ぎから徐々に回復して、夕方にはだいぶマシになりました。
すると突然「人生ゲーム買いに行きたい」と言い始めました。
実は年末に人生ゲームを買って、お正月遊ぶつもりにしていましたが、忙しくて買っていなかったんです。
子供も何度も「人生ゲーム買いに行こう」と言いながら年を越していました。

ようやく子供も回復してきたみたいなので、まずは初詣でに出かけ、その後買い物に行くことにしました。
初詣でに行き、いつもなら何か食べ物を買うところですが、子供は全く食欲が無いので、そのまま買い物へ。
元日で人少ないかな、と思いきや、凄い人の数。レジ待ちで並んでいる人が大勢いて、「最後尾はこちら」という看板を持った店員がレジの最後尾にいました。
人生ゲームを探し、子供も広告に載っていた、4つで\1,000のトミカを選び、レジの最後尾に並びました。
おそらくお年玉をもらった子供の買い物に付合ってきているのでしょうね。

家に帰ってくると、早速人生ゲームを開けましたが、まずは晩ご飯。
子供も食欲が戻ってきて、ご飯を食べてから皆で遊びました。
お金の計算や、職業の選択など、子供には解らないのですが、私達に言われるがままゲームを楽しんでいました。
しかし、結果はその子供が一番。私は最下位でした(笑)

ちょっとロースタートのお正月でしたが、今年も家族皆でお正月を迎えることができたことに感謝です。
皆さんはどのような元日をすごされましたか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記