2005年12月02日

ビル耐震強度偽造問題に思う

日々テレビを賑わせている「ビル耐震強度偽造問題」。
日を追うごとに被害は拡大しています。そして住民の皆さんの心労もピークに達しています。
しかし、当事者達の対応を見ていると、どう見ても責任のなすり合い、そして何とか責任逃れしようということばかりを、考えているように思えて仕方有りません。

一番悪いのは、誰が何と言おうと偽造をした「姉歯設計事務所」です。
いくらコストダウンの圧力があっても、いくら仕事を断られようが、絶対にやってはいけないことをやってしまったのですから。

でも、姉歯設計事務所の偽造を、他の業者が全く知らなかったというのも、かなり妖しいように思えます。
建築に関わる者なら、どう考えても鉄骨の量が少ないと解るそうです。
実際に作業をしていた業者は、「おかしい?」と気付いていた可能性が高いということになります。もしくは知っていて黙認していたことになります。

今回のこの問題は、建築業界の問題点が浮き彫りにされた形となりましたが、これは何も建築業界だけの話しではないようにも思えます。
今回は被害の額の大きさ、そして何より人命に関わることで、ここまで問題が大きくなっていますが、他の業界でも似たようなことは起きている可能性もあるのではないでしょうか。

長引く不況で、どこもかしこもコストダウンを迫られて、これ以上やると品質を落としてしまう。
でも、やらなくては仕事が無くなってしまう。というギリギリのラインで、品質を落としていることは、少なからずあるのではないでしょうか?
それが消費者に解る範囲で、「安い分、品質は落ちる」と判断できるのならいいのですが、今回のように解らないと大問題になります。

テレビでどなたかが話していた一言が、とても印象に残っています。
「日本の物造りをする人達は、もう職人魂は無くなってしまったのでしょうね。」
まさしくその通りだと思いました。本当に良い物を、本当に良心的な値段で、本当に魂を込めて創る。
そんな考え方は、利益とコストダウンという言葉にかき消されてしまったのでしょう。
本当にお客様のことを考えると、絶対に偽造なんか出来ないし、建築している段階で「おかしいな?」と思えば、絶対に調べるはずです。
また、検査期間ももっとしっかりチェックしているハズだし、売り手ももっと意識を持っていたハズです。
誰もが皆、マンションを安く早く建てて、早くお金にすることだけを考えていた結果が今回の問題を産んだのだと思います。

何のために仕事をしていたのでしょうか?やはり「金」のために仕事をしていたから、最も大切な「お客様の満足度」という部分が抜け落ちてしまったのでしょう。
企業である以上、利益を上げていかなくてはならないのは解ります。しかし、利益だけを考えた結果が今回の問題です。
利益どころか、会社が倒産の危機を迎えているのです。例え乗り切ったとしても、会社の信頼は地に落ちています。

二度とこのような問題が起きないように、徹底的に原因を追及し対策を取っていかなくてはなりません。
そして何より、被害に遭っている住民の方々の救済、そして援助を一番に急がなくてはなりません。
今回の事を「建設業界の体質」と見るのでは無く、日本人全体の事としてとらえ、仕事をする責任感と達成感に結びつけていかなくてはならないのだと思います。
仕事はお金を貰う手段ではなく、社会の役にたって与えられる物がお金だと思うのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 私の思うこと