2005年10月03日

紅葉便り

今朝一番に届いたメール。それは北海道の実家(嫁さん側)からでした。
添付された写真があり、数回に分けて送られてきました。
「何の写真だろう?」と開いた瞬間、口から溜め息がこぼれました。

そうです北海道は、すでに秋本番、こちらではまだまだ暑い日が続いておりますが、北の大地はすでに色づいているのです。
まるでキャンバスにパレットの色を配色したような、色とりどりの紅葉。私が憧れている北海道の紅葉の写真です。
今週末(10/1〜2)で紅葉も見納めという情報で、車を走らせ紅葉を堪能してきたようなのです。

しかし綺麗ですね。旅行パンフレットなどで、よく「秋の北海道」と題して、こんな紅葉の写真が載っていますが、まだ一度も自分の目で見たことはありません。
是非一度見てみたいのですが、なかなか紅葉の時期に行くチャンスがないんですよね。
8月末に北海道に帰った時も、この写真の近くを通って旭川に行ったのですが、「紅葉の時期は綺麗だろうな」と思って通って行きました。

私が生まれ育った奄美大島には、紅葉が殆どありません。
紅く色づく木が少ない事と、亜熱帯地域なので植物からして違います。
奈良に来て初めて紅葉を見た時も、本当に美しくて感動しましたが、この北海道の紅葉はまたさらに感動ものです。
北海道に帰る度に、広大な空間が色づくことを想像しながら景色を見ています。やはり一度は自分の目で、この広大な紅葉を見てみたいと思います。

しかし、問題はやはり時期なんですよね。
紅葉って、桜と同じでその年の気候で、早かったり遅かったりしますからね。
先に日程決めて行っても、その時期に紅葉が見れる保証はありません。おおよその時期の検討がついてから、行けたらいいんですが、そんなにフリーで動ける状態でもないですからね。
でも、いつかは必ず自分の目で北の大地の紅葉を見てみたいです。そしてカメラにおさめたいですね。
その日まで、戴いた写真を眺めながら、夢見ましょう。

051003-1.jpg

051003-2.jpg

051003-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記