2005年09月11日

自民党圧勝

今回の選挙、やはり自民党圧勝の勢いですね。
自民党圧勝と言うより、小泉首相圧勝という印象でしょうか。
昨日のつぶやきでも、同じことを書きましたが、小泉首相の注目の集め方の上手さに対して、他の党首が全く太刀打ちできない形になっている感じですね。

おそらく「郵政民営化」に賛成か反対か、と言うよりも、分裂した自民党が新しくなって、変わっていくのではないか?という期待感で、自民党が票を集めている気がします。
今まではその役割を民主党にゆだねていましたが、どうも言ってる事が自民党とさほど変わらず、そして党としてのまとまりが無い感じで、民主党に期待していたことを、今回のぶっ壊れた自民党に期待しているような気がします。

小泉政権に対する意見は賛否両論ですが、私個人としては今までの政権に比べれば、ある低度評価できると思います。
拉致問題や道路公団民営化、そして今回の郵政民営化も、進展があるということでは評価できると思います。
そして変人とか、人の言うことを聞かないとか言いますが、国のトップに立つ人間ですから、リーダーシップが無ければいけません。今までの政権のように、派閥から選ばれたような首相で、リーダーシップと言うよりも派閥代表みたいな人よりは、多少変人でもリーダーシップを発揮して国を引っ張って行く人間の方が、私は良いと思います。

ただし今回のこの圧勝は、この後の小泉政権に、そして日本の政治にどのような影響を及ぼすのか、国民がよく見ていかなくてはいけないと思います。
そして民主党を始め各野党は、今回の敗北をしっかり受け止め、自民党に負けないくらいの政党を創っていかなくてはいけません。
これからの日本のためにも、ただ単に自民党を否定するのではなく、自分たちの政党のビジョンを、明確に国民に伝えていってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記