2005年04月30日

バーベキュー日和

あぁ〜ズルつぶやき〜
昨夜は久々に家で飲んでて、そのまま寝てしまいました。

天気も良かったので、お庭でバーベキューをすることになり、夕方から火をおこしてお肉焼き焼きしてました。
やっぱり外で食べると美味しいですね〜(^o^)
友人も二人呼んで賑やかな夕食になりました。

実に久しぶりのバーベキューで、バーベキューセットが無いことに気付き、お昼頃に買い物に行きました。
食材も買おうと見て回ったのですが、お肉も野菜コーナーも「焼き肉」の文字でいっぱいでした。そしてそこに群がる人・ひと・ヒト・・・バーベキューする人が多いのでしょうね。

この時期、日中は汗ばむ陽気で、夜になるとちょっとひんやり涼しくなるので、バーベキューするには最高ですね。
バーベキューセットも買ったので、またやろうっと(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月29日

GWスタート

今日からいよいよゴールデンウィークが始まりました。
会社によっては10連休らしいですね。みんな海外旅行とか行くのでしょうか。

今年は中国の反日デモの影響で、中国方面のキャンセルが相次いだものの、昨年よりも海外旅行が増えているようです。
景気も少し上向いてきたのでしょうか?だといいのですが。

我が家のGWは、特にコレと言った予定は無く、決まっているのは、子供が行きたがっている「トミカ博」に4日に行くくらいです。
嫁さんの休みが4・5くらいしか無いので、出かけるとなるとその時くらいですね。
車で出かけると渋滞しますので、電車で出かける予定です。
電車も事故があってから怖いですが、そんなこと言ってると何も乗れませんからね。

今年のGWは全体的に天気良さそうなので、大勢の人がお出かけするのでしょうね。
今日も子供と山(ダム公園)に出かけたのですが、アチコチで家族連れがお弁当広げたり、バーベキューして楽しんでいました。

私と子供は、ハンドスコップを持って虫探ししていました。
ちぃ〜ちゃなクワガタの雌を2匹と、何の幼虫か解りません(子供はカブトムシと信じている)が3匹見つけて、家に持って帰りました。
クワガタはカブトムシの雌と同居。幼虫は土にいれています。
何が出てくるのか解りませんが、私はカナブンでないかと思うのですが(笑)

明日もまた天気良く、暑い一日になりそうです。
春から一気に初夏になりました。でも気持ちいい暑さですね。
明日は嫁さんが休みですが、私がちょっと仕事ありますので、またもやお出かけは無しです。
明日は家でゆっくりしながら、お庭でごはんでも食べようかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月28日

JR脱線事故に思う

兵庫県尼崎市でのJR脱線事故から、4日が経ち死者の数はついに100人を超えてしまいました。
事故原因も当初憶測されていた、時間の遅れを取り戻そうとしてスピードを出し過ぎた事に加え、カーブで急ブレーキをかけたことが要因との見方が強まっているようです。

亡くなられた方々の名前が公表され、自分の知っている名前がないか、ドキドキしながら確認しました。
誰も知っている名前の方はいなくて、安心する反面、こんなにも多くの方が犠牲になってしまったことの、悲しみが込み上げてきました。

TVでも亡くなられた方の、親族や友人の話を放送していましたが、どうしようもない悲しみと、何とも言えない悔しさ・怒りが交錯していて、見ていてとても辛かったです。

みんな普通の生活をしていて、普通に会社や学校等に出かけていって、突然変わり果てた姿で帰ってきたのですから、遺族の方々にしてみたら「何で、どうして?」という気持ちでいっぱいだと思います。

今回の事故要因である、時間の遅れを取り戻すための速度の出し過ぎ。
これは、日常的に行われていたようですね。運転士であれば当然遅れた場合には、少しでも遅れを取り戻したいという気持ちは解ります。
私たちも日常生活のなかで、時間の遅れを取り戻すために、車をとばしたり、多少無茶なことをしてしまうことは、誰にでもあることだと思います。

電車の運転士であれば尚更、「お客様に迷惑をかけては・・・」という気持ちが働くので、時間の遅れを取り戻そうとするでしょう。
しかし、今回の事故で浮き彫りになってきたのが、時間の遅れに対するJR側の罰則的対応です。
電車が遅れたら、運転士はかなり会社側から責められていたようです。

前回もこのことでつぶやきましたが、ミスをしたらミスした人間を責めても、何の意味もありません。
会社側は運転士に「ミスするな、ミスしたら罰則だぞ」という感じのプレッシャーをかけていたのではないでしょうか。
ミスは誰にでもあります。人間はミスをするものです。ミスを絶対にしない人間なんていません。

問題はミスをした時に、どう対処するのか。どうカバーしていくのかを会社側が教えていかなくてはなりません。
これは何もJRに限ったことではない気がします。
日本の企業って、この「ミス」というものに弱いように思います。

何かミスが発生しても、「何故ミスが起きたのか?どのようなプロセスでそうなったのか?」を考えていない気がします。
とりあえず、ミスでご迷惑をかけたお客様に陳謝して、ミスをした人を注意して、始末書を書かせて終わり。そんな感じがするのですが、気のせいでしょうか。

実際、私も印刷会社で働いていた時に、同じようなことで悩まされました。
私たちの仕事は、チラシやポスターのデザイン。時には冊子の仕事もしていて、簡単なミスだと文字入力の誤字脱字。
複雑なミスだと、印刷のデータ作成時の設定ミス。更には常に進化するDTPシステムの中で起こりうる、予期せぬミス。
実に様々なミスに悩まされてきました。

ミスが起きた時に、最初に会社側が聞いてくるのが「何でミスしたんだ」ということでした。
自分一人の不注意で起きたミスなら反省するだけで済みますが、困るのが他部門との連絡ミス。営業から「こうやっといて〜」と言ったのに・・・制作する側は「そんな聞いてない〜」という事がよくありました。

こんなミスを無くすために、会社がするべきことは「誰がミスをしたか?何でミスをしたか?」と聞く前に、どんなプロセスでそのミスが発生したのか?なんですけどね。

私がいつも感じていたことは「会社は野球チーム」ということでした。
それぞれの部門(ポジション)があり、自分たちの役目をこなしています。しかし、他部門との連系もあり、自分のことだけやっていればいいという訳にはいかないはずです。
野球の守備を見ていれば解ることなんですが、一つの打球を数人が追いかけます。例えサードが捕れなくても、ショートが捕ってアウトにします。
また、ファーストがボールを追っかけたら、セカンドかピッチャーがファーストベースにカバーに入ります。さらには、キャッチャーもファーストに向かって走っています。送球がそれた時にカバーするためです。
これは外野からバックホームされる時も同じです。キャッチャーの後ろにボールがそれてしまった時のことを考えて、ピッチャーがキャッチャーの後ろに回ります。

野球はみんな自分のポジションを守りながらも、他のポジションの動きを見て、ミスが出たときのカバーをします。
会社の他部門との関係も、野球のような関係が作れたら、ミスは最小限に防げます。

これが実行されていたら、今回のJRの事故は絶対に起きていなかったと、私は思います。
運転士はオーバーランで発生した、1分30秒のミスを防ぐために、スピードという荒技で、一人で解決しようと焦っていたのではないでしょうか。
そして焦りからカーブでのスピードを落とすために、急ブレーキをかけてしまい、脱線という最悪の事態に陥ってしまったように思います。

今回の事故を教訓に、安全対策を徹底して欲しいですが、教訓というにはあまりにも多くの命を奪ってしまいました。
今一度、「人の命を預かって走っている」ということを、JRだけでなく各交通機関がしっかり心に焼き付けて欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年04月27日

ノンストップで走りたい

今日、車を一年点検に出してきました。
出して来たと言っても、車を預けて来たのではなくて、ディーラーで点検している間待っていました。

約1時間半ほど時間かかりました。
時間かかることは解っていたので、雑誌を持っていていたのですが、それでも時間余ったので、店内にあるパンフレット等を見ていました。

そこで目に入ったのが「ETC」のパンフレット。
ETCとはノンストップ自動料金システムのことです。高速道路で通行料金を、料金所のおっちゃんに払うのではなくて、予めセットしたカードで支払うシステムです。
車を運転される方は、もうご存知だと思います。

私の車にはまだETCは付けていませんが、いつも高速に乗る度に、一生懸命窓から料金所のおっちゃんにお金を払っている横から、サァーっと走り抜けていくETC装着の車を見て、羨ましく思っていました。

ETCが開始され始めたころは、ETCの機械が高くてとても付けようとは思っていませんでしたが、今日パンフレットを見て、だいぶ値段が下っていることに驚きました。
さらにETCを利用することで、いろいろとお得な面があり、パンフレット見ているだけで欲しくなりました。

帰り際にディーラーの担当者に、設置料や手続き等入れてどれくらいになるのか聞いてみました。
ETC本体が\12,000〜\13,000程、設置料が\6,000程、手続き料が\2,000程で、合計\20,000ちょっとで付けれることが判明。
これなら無理な金額ではないな。と思いながらも、検討するためにパンフレットだけ貰って帰りました。

実際どこか遠出する時には、必ず高速道路使うので、ETCはいずれ付けたいと思っていました。前向きに検討したいと思います。
皆さんはETC付けていますか?
車乗らない方や、乗ってても高速走らない方には関係ない話ですね。

本文と全然無関係ですが、帰りにキレイなチューリップ畑見つけたので、写真を撮ってきました。

050427.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月26日

一種の振込め詐欺だな(笑)

かなり前の話になるのですが・・・
昨年末にNTTから「タウンページのビジネス版に広告を出しませんか?」と連絡をもらった。
今までそんな広告は一度も出したことが無かったが、やはりある程度広告していくことも必要だろうと思い、とりあえず一年だけ試しで出すことにしました。

年末にいろいろな書類や、ロゴマークのデータを送り、年明け早々に広告費も納めた。
その間に、NTTから電話や書類でしつこいように聞かされたことがあった。それは、NTTを装った広告詐欺。
今回掲載した広告を切り取って、振込用紙に貼り付け郵送してくる手段らしい。

そんな姑息な方法やってる奴がいるんか〜と他人事のように思っていましたが、先日POSTに「職業別広告通信社」と名乗った封書で、中を開けると注意されていた内容と全く同じの振込用紙が入っていました。
思わず笑ってしまいましたね。本当にやってるんですね。

ネットで「職業別広告通信社」で検索すると、私と同じような経験をした方が、Blog等でこのことを書いていました。
所構わず、掲載している会社に送り付けているのでしょうね。
詐欺として摘発できないのだろうか?と思いましたが、どうやら法に触れないギリギリのラインで、詐欺まがいを行っているようです。

今回届いた広告の振込用紙。一見するとNTTの広告費の振込用紙かと思ってしまいます。
そして「郵便局に20日までにお振込み下さい」と書かれてあり、その下に「(貴社・店)が申込まれました(NTT)記載広告見本貼付蘭」と書かれていて、タウンページの広告切り抜きが貼られています。

実際に自分がNTTに出した広告なので、思わず「NTTの広告費」と思ってしまいそうです。
しかし、その右側には、小さな文字で注意書きがあり、NTTとは関係がないこと、そして申し込みの案内であることが記されています。
本来ならちゃんとした挨拶状に書かなくてはならない内容を、小さい文字で振込用紙の注意書きに紛れ込ませているのです。

もしこの注意書きを読まずに「NTTの広告費だ」と勘違いして振り込まれても、ちゃんとここに明記しています。と言い切るための工作でしょう。
そして検索したBlogで読んだのですが、どうやらこの「職業別広告通信社」は実際に広告ページを出しているようです。しかしそれも「出している」と言い逃れのためだけの物らしいです。

広告を出す側は、高い広告費を出して、頑張っているというのに、それをあざ笑うかのようなこの手口。
腹が立つというより、呆れ返ってしまって怒る気にもなれませんよ。

いったいどんな方が、この「職業別広告通信社」というのをやっているのか知りませんが、そんな方法でお金を騙し取って嬉しいのですか?
お金って奪う者じゃなくて、頂戴するものじゃないですか?
何度もここで同じことつぶやいていますが、お金って自分が世の中の為になって、そのお礼として自分のところに入ってくるものだと、私は考えています。

私が仕事をして、そのことで喜んで頂いて、そのお礼として頂くのがお金です。
これは自営業でも、会社員でもみな同じだと思います。
会社で働いていても、それはやはり世の中の為になっていて、その感謝の気持ちがお金となり、会社に入ってくる。
そしてその中から、お礼として給料を戴くのだと思うのです。

世の中の為になるどころか、世の中の人からお金を騙し取っていたら、そのお金には感謝の気持ちはなく、恨みや憎しみが入っています。
そんなお金を懐に入れて、幸せになんかなれるはずがありません。

まぁ、ここでこんなことをつぶやいても、詐欺まがいをやってる人間は読むはずないですけどね。
世の中、詐欺やら迷惑メールやら増えていますが、ちゃんとまじめに頑張れば、絶対に幸せになれると私は信じています。
もちろんここに来られる方々も、まじめに頑張っておられる方ばかりですので、このつぶやき読んで私と同じ意見だと思います。

自分の身は自分で守らなくてはならない、どんなことでも「怪しい」と疑ってみなくてはならない、嫌な世の中ですが、皆さん前向きにまじめに頑張りましょうね。

050426.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年04月25日

JR脱線事故

何とも悲惨な事故が起きてしまいました。
兵庫県尼崎市で起きた、JR脱線事故は死者50人・負傷者417人という最悪な事態になっています。
事故の原因がまだ特定されていませんが、スピードの出し過ぎが原因のような見方があるようです。

乗客の証言からも「いつものスピードじゃなかった」「どんどんスピードが上がっていって怖くなった」等の声が上がっており、二駅前でオーバーランして遅れた時間を取り戻そうと、速度を上げたのではないかという憶測が出ているようです。

運転士も重体で、真の原因は解りませんが、時間を取り戻すためにスピードを上げたのだとしたら、何とも残念で仕方ありません。
確かに電車が予定時間に来ないということは、お客様の迷惑になります。でも、それは何とか許してもらえることです。
しかし、時間の遅れを取り戻そうとして、今回の事故を招いたとしたら、謝罪して済むことではないのです。

運転士がどのような思いでスピードを上げたのか、それは本人にしか解りませんが、「電車の時間厳守」というものが、あまりに重要視されていたのではないか?と思ってしまいます。
運転士の意識の中で、安全確保よりも時間厳守の方が、割合を占めていたのではないかと思うのです。

ミスは誰にでもあります。人間ですからミスは絶対に付きものです。
どんなベテランでも、その日の体調や気分、精神状態によってミスが発生することはあるのです。
ましてや今回の運転士は、まだ若く運転歴11ヶ月です。極端な言い方ですが、ミスして当然なのです。問題はミスが起きた時に、どう対処するのか。ということを、JR側がいかに指導していたのかだと思います。

どんな仕事でも同じことが言えるのですが、ミスが発生した時に、ミスした人間を責めても、何の意味もありません。
ミスした本人にも責任はありますが、何故ミスが発生したのか?というプロセスをしっかり突き止めなければならないのです。そのことで、同じミスが二度と発生しないように、きっちりと対策をしてマニュアルにしなければならないのです。

今回の事故原因が、まだハッキリと判明されていないので、上記のような事ではないのかも知れません。
しかし、JR側には、早急の原因究明と今後の対策をしっかり提示する義務があります。間違っても「運転士のスピードの出し過ぎ」だけで終わらせてほしくありません。

50人という、あまりにも多すぎる命を奪ったこの事故を、単なる事故で終わらせるのではなく、今後の日本の鉄道のあり方についても、考えていかなくてはならない時期だと思います。

そしてもう一つ考えたいこと、それは私たち日本人の時間の正確さです。
いい意味で考えれば几帳面と言えるのですが、あまりにも時間厳守になり過ぎているのではないかと思う面もあります。
もう少し、のんびりとしてもいいのに・・・と時々思うことがあります。分刻みで走る電車、確かに時間通りに運行することは、素晴らしい技術とサービスです。でも、時には遅れることがあってもいいじゃないですか。

グータラは困りますが、今の世の中、全ての人が時間に追われて生きている気がしてなりません。そう言う私も同じなんですが・・・・。
時々、奄美に帰ると時間の流れが、すごく緩やかに感じます。
時間は常に流れていますが、時間に追われて生きるのと、時間をたっぷり使って生きるのとでは、同じ時間でもまったく違う一日になるでしょう。

話が途中で変わってしまいましたが、今回の事故で亡くなられた多くの方々の、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また、負傷された方々、心よりお見舞い申し上げます。体の傷は癒えても、ショックによる心の傷は、なかなか癒えないと思いますが、頑張って元気を取り戻して下さい。
そして、今回の事故をJRの事故で終わらせないよう、JRはもちろんのこと、各鉄道会社〜交通会社まで、安全運転の意味をもう一度考えてほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年04月24日

紙で出来た物

今日は日曜日、お天気も良く、みんなお休みということで、お出かけしたいところでしたが、残念ながらそうもいきません。
私は庭の草むしり。このところの暖かさで、一気に雑草が生えてきた。
嫁さんは部屋の中の掃除。そして子供は私と一緒に庭に出て、私の手伝いをするのかと思ったら、一生懸命虫探し(^^;)

やれダンゴムシがいただの、ミミズがいただの、カエルがいただの、トカゲがいただの・・・と次から次へと見つけていきます。
更にはまたもや蛇を発見。しかも昨日見つけた蛇と全く同じサイズ、同じ種類。
もしかしたら、この辺に蛇の産卵場所があって、孵化した蛇がうろついているのかも知れません。

昨日同様、ビニール袋に入れて置いておき、夕方に山に逃がしにいくつもりでしたが、気がつくとビニール袋から逃げ出していたようで、夕方にはいなくなっていました。
今年は蛇を見つける割合が高いのかもしれないですね。

そんなこんなで一日が終わりかけた夕方。子供が突然「電車作って〜」と言ってきた。
数日前から、休みの日にペーパークラフトのSLを作る約束をしていたのを思い出したらしい。私としては忘れていて欲しかったのだが・・・・(-_-;)

このペーパークラフト、ARTBOXのイラストレーターズファイル出版記念パーティで、お知り合いになった造形作家の千葉さんの、サイトでダウンロードすることが出来るのです。
ダウンロードした物を、ちょっと厚めの紙にプリントアウトして、キレイに切って糊で貼ると、紙で車やら電車ができ上がるのです。

今回作った物は、千葉さんの制作された物ではありませんでしたが、JRのサイトからダウンロードすることが出来ました。
数日前に作りかけたのですが、時間がかかり、仕事が詰まっていたので、「休みの日に作る」と約束して、放置していたのでした。

しかし子供が覚えていたので、仕方なくまた作り始めることにしました。
最初は「1〜2時間もあれば出来るだろう」と思っていたのですが、パーツが結構多いのと、構造が複雑なのと重なり、結構時間がかかってしまいました。

もう子供は完成する前に寝てしまいました。私も肩がパンパンです。
ただでさえ、昼間の草むしりで疲れていると言うのに、さらに追い討ちをかけてしまった。
も、もうしばらくは作らないからなぁ〜(@@)
作るならもっと簡単な車とかにしてくれ〜SLはご勘弁を〜

しかし、紙でここまでの物を作る、いや作れるように設計し、展開図にしてしまうというのは、いったいどんな頭しているのでしょう。凄いとしか言葉がありません。
興味のある方は、一度千葉さんのページをご覧下さいね。面白いですよ〜。

050424-1.jpg

050424-2.jpg

050424-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月23日

小さな小さな訪問者

夕方の事でした。突然子供が私の仕事部屋に「お父さん、また蛇が出た〜」と叫びながら駆け込んできました。
実は、我が家では過去に2度程、家の周りで蛇を捕まえているのです。

子供に案内されるままに裏庭に出てみると、嫁さんがガーデニングのプランターを覗き込んでいます。
どうやら蛇はプランターの中に隠れているようです。
覗き込んでみると、長さ10〜15cm程の、とても小さな蛇でした。

過去には50cm程の蛇を捕まえたこともあったので、あまりの小ささに思わず拍子抜けしてしまいました。
蛇は必死で逃げようと、小さな頭から、小さな小さな舌をチョロチョロ出して、狭いプランターの中を移動します。

とっても小さな蛇ですが、どんな種類の蛇なのか解らないので、一応棒で挟んで捕まえて、ビニールの買い物袋に入れました。
毎回蛇が出ると同じことの繰り返しなんですが、今回も前回同様、車に乗せて山に放しに行きました。

子供は捕まえた時「家で飼いたい」と言っていましたが、カブトムシと違い、さすがに蛇を飼う気はしません。
山に着くと今度は「自分が逃がしたい」と言うので、子供に逃がさせてあげました。
草原の上に蛇を落とすと、小さな蛇は逃げるように、草の中へと体を隠していきました。その蛇に向かって子供は「へびさんバイバイ」と手を振っていました。

暖かくなってきて、昆虫たちも活動を始めていますので、それに伴い爬虫類も行動を活発化させているのですね。
我が家の裏庭では、ダンゴムシやカタツムリ、カエル等も見かけますが、時々蛇も出てくるんですよね。
山からは遠く離れているのですが、結構平地でも出るんですね。

写真はビニール袋に入った蛇。後ろに透けて写っているのは、子供の手です。いかに小さいか解りますか。
もう一枚は、以前購入したアトラスオオカブト。オス・メス共に元気ですが、オスの前右足の先が取れてしまいました。
おそらく子供が無理やり引っ張って、取れてしまったのだと思います。

050423-1.jpg

050423-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月22日

テレビ番組

今日は金曜日です。子供にとって金曜日は「ドラえもん」の日で、19時になるとテレビの前を離れません。
先週から、ドラえもんがついにリニューアルして、声が変わりましたね。正直、かなり違和感があります(^^;)

特に感じたのが、ドラえもんとのび太の声質が似ていて、時々こんがらがってしまいます。
変わったのは声だけかと思ったら、絵の雰囲気まで変わった気がします。妙に可愛らしくなった気がするのですが・・・気のせいでしょうか?
背景は確実に変わっていて、妙に水彩画っぽい背景になった感じがします。全てにおいてリニューアルしているので、何だか全く違う番組をみているイメージさえしてしまいます。
何となくちょっと寂しい気がしますが、時代の流れなんでしょうね。
子供たちは、このドラえもんで育っていくのでしょう。

ドラえもんは声や絵の雰囲気が変わるだけですが、毎年変わるのが、戦隊ヒーローですね。
こちらは、特捜戦隊デカレンジャーから、魔法戦隊マジレンジャーに変わっています。正直わけわかりません(笑)

この戦隊ヒーローの初代は何か、皆さんはご存知ですか?
私と同年代の方は知っていると思います。そうゴレンジャーです。
「ゴー、ゴーゴレンジャ〜♪」「真っ赤な太陽、仮面に受けて〜♪」と歌っていましたね。
当時は、今のように日曜の朝じゃなくて、夕方の5時頃にやってたと記憶しています。

他にもマジンガーZや、タイムボカン、宇宙戦艦ヤマト等々、いろいろ見ていました。
そして中学になる頃には、機動戦士ガンダムに移っていったんですよね。懐しいです。
またあの頃のテレビを視てみたい気もしますね。
子供の頃の記憶が甦ってくるかも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月21日

笑って笑って・・・

突然ですが、皆さんにお尋ねします。
一日に何回笑ってますか?
私は・・・・笑ってるかな?2〜3回程かもしれないですね。

最近「笑いが健康に良い」ということが、科学的にも立証され始めているようです。
笑うことによって、様々な効果が得られるらしいです。
例えば、笑うことによりリンパ球の一種で、がん細胞などをやっつけるNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化する。その結果免疫力が高まる。
そして笑うと、脳にアルファー波が多く現れ、集中力・記憶力が高い状態に保たれる。
さらに、笑いは腹式呼吸を促すため、老廃物を身体の外に多く排出し、血行を促進する。
まだまだあって、笑うことによりストレス解消になる。コミュニケーションを円滑にする。と、いいことだらけなんですね。

そんな事言ったって、毎日笑えないことばかりだよ。とおっしゃるかも知れません。
確かに現代社会は、ストレス社会ですし、ニュースも腹立たしいニュースや、不安なニュースばかりです。
でも、笑えない状態でも、作り笑いするだけでも全く笑わないよりは、良い効果が得られるようです。

よく「一度きりの人生だ、楽しんで生きよう」といった感じの言葉を耳にしますが、やはり笑って過ごすのと、そうでないのとでは、同じ時間を生きても、充実感は全く異なるのでしょうね。

私も日頃、子供を叱ったり、ニュースを見ては「なんて世の中だ!!」と嘆き、日々届く迷惑メールに腹を立てています。
一日の中で、何回笑っただろう?と振り返ってみると、本当に笑っていない気がします。

一人で仕事をしていると、尚更笑う機会も少ないですし、一人で笑っているのもちょっとおかしいですから、心だけでもスマイルを保ちたいな〜と思います。
常に心は笑顔で、どんな嫌なことがあっても、プラス思考で心に笑顔を持ち続けることで、自然と表面にも笑いが生まれてくるのではないかと思います。
明日からは、最低でも一日一笑を心がけて、笑って生きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月20日

時間の使い方

え〜〜〜〜もう4/20なんですね。なんと早いのだ〜。
4月も残り10日しかない、そんでもってもうGWが目前ではないですか。
本当に月日の経過が早くなっています。やっぱり歳とってる証拠なんでしょうね(笑)

毎日毎日、日々の積み重ねで私たちは生きているのですが、ふと振り返ると「え〜もうこんな時期なんだぁ」と思ってしまいます。
子供の頃って、1週間がすごく長く感じて、1ヶ月なんてとてつもなく先のことでした。
しかし、歳を重ねるにつれ、だんだん1週間があっという間に終わり、1ヶ月も気がつけば終わってしまう。という感覚になっています。
これを12回繰り返せば、一年が終わってしまうのですから、歳を取るはずです(笑)

時間の使い方って、人それぞれですが、使い方がとても難しいですよね。
なるべく効率的に時間を使いたいと思うのですが、あまりにも効率的に使うことを考え過ぎると、息が詰まってしまいます。
時には何もかも忘れて、ボ〜〜〜〜ッとする時間も必要なんですよね。

人間やはり、緊張と緩和が大切です。
仕事も同じことが言えるのですが、スイッチのオン/オフをうまく切り替えないと、リラックスできません。
私の場合、フリーで仕事をしていて自宅勤務という、最もスイッチの切り替えが難しい状態にあります。
一応自分の意識の中では、時間を決めて仕事をしていますが、夜の時間も頭の中では仕事のことを考えたりしますので、リラックスできていないことが多いです。

本来なら、子供と遊んだりしてあげなくちゃいけない。と思っていながら、頭の片隅でいろんなこと考えているので、子供がしつこく話しかけてくると、ついイライラしてしまうことが多いのです。
毎回反省しながらも、また同じことを繰り返してしまいます。学習能力が無いんですね(-_-;)

でも、やはり緊張と緩和が必要なので、自分の意識の中で「ここまで」と時間を切って、子供と向き合う時は、しっかり子供に時間をかけたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月19日

じ、時間が・・・

ダメだ、またズルしてしもうた(^^;)
ちょっと仕事が立込んでいまして、ゆっくりとつぶやくことができません。申し訳ございません。

今、結婚式で上映する、記念用のDVD制作依頼が入っていて、急ピッチで作業しています。
結婚式が5/7なので、今週中には一度新郎・新婦に見てもらって、手直しして、ビデオorDVD化しなくては間に合わない。

この結婚記念DVD、元々は自分の結婚式の時に、自分でスライドを作ったのが始まりでした。
その後、友人から友人の知人、そのまた知人・・・みたいな感じで、気がつけば、もう10本以上作っているでしょうか。

新郎・新婦の子供の頃から、現在までの写真をスライド形式で流し、二人の写真はちょっとしたミュージックビデオ風に仕立てます。
パターンはだいたい同じなのですが、毎回写真も枚数も変わるので、当然時間はかかります。

でも、幸せな二人の門出に、このような形で参加させて頂けるのは、とても嬉しいですし、幸せのお裾分けを頂いた気分になれます。
そして、でき上がったDVDは、出席者の前で上映され、「みんな喜んでくれた」と聞いた時には、さらに嬉しくなります。

現在製作中のDVDは、90%ほど仕上り、あとは気になる部分の微調整をする段階です。
他にも仕事が詰まっており、今日は別の仕事に取りかからなくてはいけないので、続きは明日かな。
だぁ〜〜〜〜急がねば〜〜〜〜ということで、手短で失礼致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2005年04月18日

海の向こうでの買収問題

フジテレビとライブドアが和解しましたね。
結果的にはライブドアが、ニッポン放送の株をフジテレビに譲渡することで、ニッポン放送がフジテレビの子会社になる形になったようですね。
ライブドアも業務提携により、新たな分野への進出が期待できるようで、丸く収まったと言えるのでしょうね。

世間を騒がせた(勝手にマスコミが騒ぎ立てたとも言えますが)訳ですから、これからは業務提携による、新しいサービスで世間を騒がせてほしいですね。

日本の買収問題が落ち着いたところに、海外での買収騒ぎが飛び込んできました。
一般の方にはほとんど関係ない話かも知れませんが、私のような仕事をしている人間にはビックリするニュースだと思います。

ソフトウェア開発会社のAdobeが、同じくソフトウェア開発会社のMacromediaを買収したらしいのです。
早い話が、PDFを開発している会社が、Flashを開発している会社を買収したのです。
Adobeという会社名は知らなくても、PDFやAcrobatは殆どの方が知っていると思います。またMacromediaという会社名も知らなくても、FlashやFlashPlayerは知っていると思います。

どちらもネットをしていると、よく見る文字ですし、PDFやFlashはある意味ネットでは当たり前になっています。
言い方を変えると、インターネットで標準とされている、二大ソフトウェアの開発会社が一つになるということです。

このニュースを知った時、私は正直ショックでした。
私もAdobeのillustrator&Photoshopを使い、イラストを描いて、グラフィックデザインをしています。
また、MacromediaのDreamweaverやFlashを使って、ホームページを作っています。

AdobeはDTP分野で、MacromediaはWeb分野で、それぞれにトップの座を欲しいままにしてきました。(と言うよりも競合相手がない)
お互いのソフトでライバルだったのは、Adobeのillustrator VS MacromediaのFreeHand。同じくPhotoshop VS Fireworks。GoLive Vs Dreamweaverといった感じでしょうか。

この二社が一つになれば、完全に独占状態になると言っても過言ではありません。
今までは、お互いに競争しながら、ソフトウェアを提供してきましたが、競争する必要がなくなると、どうなるのかとても不安です。

Macromediaに関しては、あまり不満は無かったのですが、正直Adobeのサポートには不満が大きいです。
illustratorを使っていて起きる不具合に関し、サポートページで調べていましたが、みんな同様の現象で悩んでいるのに対し、何のフィードバックもなされず、バージョンアップだけを繰り返している気がしてなりません。

AdobeがMacromediaを買収ということは、方針はAdobeの方針ということになるのでしょう。
競争相手がありながらも、ユーザーの声にフィードバックしなかったAdobeが、完全独占状態になった時に、どれだけユーザーの声に応えるのか?
不安というよりも、絶望に近い気がしているのは私だけでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月17日

白浜アドベンチャーワールド

思いっきりズルつぶやきしています(^^;)
昨日は朝6時に家を出て、和歌山にあるアドベンチャーワールドへ行ってきました。
往復400kmほど運転してきたので、疲れてしまいつぶやかずに寝てしまいました。

アドベンチャーワールドへは、よくGWに行っていたのですが、昨年は行けず、子供に「行きたい」と言われていたのと、今、奄美の母が来ており、ちょうどタイミング的に良かったので行ってきました。

日曜日で、天気も良いことから、渋滞が予想されるので、朝6時20分頃に家を出たのですが、渋滞もなくスムーズに走れました。
しばらく行ってない間に、高速道路が延びていて白浜の手前の田辺まで高速で走れました。
時間もかなり短縮されて、2時間ちょっとで行けました。

久々のアドベンチャーワールドに子供は大興奮。ビデオで見たことのある母は、広さにビックリしていました。
水族館〜アシカショー〜イルカショーと見て周りました。本来ならオルカ(シャチ)ショーがあったのですが、残念なことにシャチが2匹とも死んでしまい、今はやっていません。

その後はパンダを見て、サファリパークを見て、お弁当を食べて、小動物と触れ合って、乗り物乗って・・・・と、まさにたっぷりとアドベンチャーワールドを満喫してきました。

GW時は人で溢れていますが、今日は天気が良かったにも関わらず、思いの他空いていました。
アシカショー・イルカショーも前の席で見れて、子供も母(おばあちゃん)もとても喜んでいました。

動物ふれあいパークでは、さまざまな動物と触れ合うことができるのですが、犬と触れ合うコーナーもあり、可愛いワンちゃんたちと触れ合ってきました。
あぁ〜〜〜〜、やっぱり犬は可愛いですね。ホント癒されます。

ウサギもいて、久々にウサギを抱っこしました。
昔ウサギを飼っていたことを思い出しました。あのクリッとした目が可愛いんですよね。

帰りも少し渋滞はありましたが、スムーズに帰ってこれました。
一日、たっぷり動物たちに癒されて、楽しむことができました。
白浜には温泉もありますので、今度は一泊でゆっくり温泉に入りながらの旅もいいですね。

050417-1.jpg

050417-2.jpg

050417-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年04月16日

ビートルがやって来た

/5のひとり言でつぶやいた「子供のほしいもの」なんですが、結局買ってしまいました。
その名も「アトラスオオカブト」というカブトムシです。

奄美から帰って来た日に、嫁さんが空港まで迎えに来ており、そのままジャスコへ買い物にいきました。
私たちが奄美から帰って来るのと一緒に、奄美の母も用事で我が家に来ています。
子供は奄美から帰って来る前に、おばあちゃんに「カブトムシが欲しい」と仕込んでいたようで、結局おばあちゃんが買ってあげました。

オスとメスが1匹ずつ虫かごに入っているのですが、何故か真ん中を一枚のアクリル版で仕切られています。そして注意書きに「交尾の時以外はオスとメスは別々にして下さい」と書いてありました。
何でだろう?と思い、ネットで調べてみると、このアトラスオオカブト、とても気性が荒いようなのです。
オスとメスを一緒にすると、オスがメスを襲って、激しさのあまり死なせてしまう場合があるそうです。ですから、交尾の時もちゃんと見ておいた方がいいらしいです。

なんというカブトムシなのでしょう。確かに触ろうとすると、前脚を広げて頭を上げて威嚇します。
そして一度手などにしがみついたら、フックになっている足の先を引っかけて、なかなか外れません。服などに着こうものなら、剥がすのに二人がからりで四苦八苦します。

子供は大喜びで、毎日託児所から帰ってくると「カブトムシ出していい?」と聞いては、カゴの中から出して眺めています。
子供もちゃんと学習したようで、毎回折込みチラシを敷いて、カブトムシが捉まる物がない状態で出しています。

おそらく半年くらいしか、生きられないと思いますが、子供なりに面倒をみさせようと思います。
もし、交尾して卵なんか生まれたらどうしよう(@@)
絶対に孵化させるのは無理だ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月15日

自分の意志を持つこと

中国での反日運動凄いですね。日本人としては見ていて気持ちのいいものではありません。
しかし、反日運動に対して過敏に反応するのも怖いと思いますので、ある意味日本人は賢いのかも知れませんね。
これで、日本人が中国大使館で同じことをやったら、ますます日中友好が遠のいてしまいます。

今回の反日運動は、ある意味洗脳に近いのではないかと、私は思っています。反日運動に参加した人たちは、いったい何を訴えたかったのでしょうか?
本当に日本に対して、自分たちの言いたい考えがあって、そのためにデモに参加したのでしょうか?

歴史問題という根の深い問題がありますが、逆に言えばそれを理由に、暴力を正当化している気がします。
完全に理性を失い、日本に対する憎しみだけで、日本大使館を襲った気がします。
デモをするのも、反日運動をするのも、決して悪いことではありません。自分たちの考えがあって、それを伝えるための手段としてデモをするなら、それは誠意のある行動だと思います。
しかし、それが暴動化した時点で終わりです。暴力をふるう人間はだれも信用しようとはしません。

人間というのは、感情に流されやすい生き物です。
興奮して理性を失うと、自分の意志でなくても暴動を起こしてしまうかも知れません。

これは宗教に関しても同じことがいえると思うのですが、信仰をする事自体はとても大切なことだと思います。
神という目に見えない存在があることで、人間は精神を鍛え、自分を磨こうと努力します。「信じる者は救われる」という言葉をよく聞きますが、信じるということは、宗教にしても人間関係にしても、とても大切で重要なことだと思います。

しかし、この「信じる」ということにも、ただ単に信じるのではなく、自分の意志を持って信じることが必要だと思います。
自分で考えて自分で判断して信じることが、とても重要ではないかと思うのです。
信じきることで、人間というのはとてつもないパワーを発揮します。スポーツ選手等も、自分を信じきって最高のプレイを引き出しています。

この「信じきる」というものの中に、もし自分の考えが無くなってしまったら、それは単なる操り人形になってしまいます。
言われたことを、そのまま受け止め、そのことで例え他人に迷惑をかけようが、それが悪い事だという判断はできなくなってしまいます。

今回の日本大使館襲撃は、まさしく「日本は悪い国だ」というのを信じきって、そこに個人の考えはなく、ただ感情にあおられて暴徒化している気がしてなりません。
中国内の日本企業や、日本人も一部被害を受けており、また日本国内のホームページもサイバー攻撃を受けたりしているようです。
単なる感情だけで行動するなら、動物と変わりません。伝えたいことがあるなら、人間らしく冷静に行動をしてほしいと思います。
これ以上の暴動が無いことを、そして日中友好の妨げが起こらないことを願うばかりです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年04月14日

記念展お礼

私が奄美に帰省している間に、ARTBOXさんから荷物が届いていた。
中身は記念展の時に展示してあった作品ファイル。
ファイルの最後の部分に、POSTCARDを入れて「お1人様一枚お持ち帰り下さい」と記しておいたのだが、結構枚数が減っていて嬉しかったです。

今回、同級生や知人・友人にDMを発送していたが、たくさんの人が足を運んでくれたようで、本当に感謝しています。
イラストレーターズファイル出版記念展に足を運んで頂き、誠にありがとうございました。改めましてお礼申し上げます。

今回私の作品が売れたのですが、私の絵を購入してくれたのも同級生でした。
ARTBOXさんから返却されたファイルと一緒に、完売報告の書類が入っており、名前を見ると同級生の名前でした。
本日お礼の電話を入れましたが、じつに久しぶりの会話でした。
彼と最後に会ったのは、もうかれこれ10年以上前になると思います。

同じ町内で、家も数十メートルしか離れていないのですが、なかなか連絡を取り合っていないのと、帰る時期が合わないのとで、長いこと顔を合わせていません。
今回の記念展にも、29日に来てくれたのですが、私が帰った次の日で会えませんでした。

私の絵を見て、一目で気に入って3点とも買い上げてくれたらしいです。
早速家の中に飾ってあるようで、自分の絵が、同級生の家に飾られていると思うと、何とも嬉しいような恥ずかしいような、不思議な感覚です。

電話で話していて、彼自身も動物が大好きで、いろいろ動物を飼っているらしいです。
これからも、もっといろんな動物を描いて欲しいと頼まれました。もちろん動物シリーズは、今後も様々な動物を、様々なシーンで描いていきたいと思っています。

今回、同級生や知人・友人をはじめ、ネットでお知り合いになった方々、そしてARTBOXさんのパーティでお知り合いになった方々。
たくさんの方々から、エネルギーを戴いた気がします。
改めてお礼を申し上げるとともに、今後も頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さぁ、次はいよいよ「バナナムーン絵本」の出版準備ですね。
本日ARTBOXさんから、最終の修正内容が届きました。
早急に修正してデータを送りたいと思います。いよいよ動き出しました。私も楽しみです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月13日

音楽配信

桜が風に舞っています。美しくも儚い瞬間です。
今年は残念ながら、お花見も写真撮影もできませんでした。
例年より咲くのが遅く、花の咲いている時間も短い気がします。
お花見も、写真撮影も、また来年の楽しみにとっておきましょう。

桜とは関係ありませんが、久々にCDをレンタルしてきました。
結婚式に上映する記念DVDの制作を依頼されていて、そこに使う音楽が必要なので、レンタルしてきました。
ついでに自分が聴きたいRockのCDもレンタルしてきました。
Queen・Van Halen・Kiss、いずれもベスト版です。う〜んやっぱりこの時代のRockはいいですね〜

しかし、全部で5枚も借りたので、レンタルとはいえ結構な値段になりました。
当日返しにしたのですが、もし1週間レンタルしていたら・・・・と思うと冷や汗ものですね。
私個人としては、レンタルするよりも「1曲¥100」くらいで買いたいです。時々ここでもつぶやいていますが、早くiTunesの音楽配信サービスが始まって欲しいです。

最近のネットニュースでは、今年中にAppleのiTunes Music Storeが開始される。という情報もあり、また別の情報では、今年中は無理。と書かれていたり。まだ噂の段階のようです。

しかし、日本の音楽業界と確実に接触して、話を進めているのは事実のようで、今年か来年にはいよいよiTunes Music Storeが開始されるかもしれません。
そうなると、やっぱりiPod買って、好きな曲入れて持ち運びたくなりますね。
先程、父の1周忌で帰省した時にも、弟がiPodminiを持ってきており、ちょっと拝借しましたが、いい感じでした。

iPodは手が出ない金額ではないのですが、どうしても「必要性」から考えると、後回しになってしまい、「欲しい〜」と思いながらも今日に至っています。

iTunes Music Storeが始まると、おそらく私はレンタルCDに行かなくなると思います。欲しい曲はその場で試聴して買うでしょう。
iPod買っていたら、iPodに入れてお出かけするでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2005年04月12日

40000達成

あと2〜3日はかかると思っていたのに・・・・あっという間に終わってしまいました。
本日、当サイトは40000を達成致しました。
40000カウプレゲットした梅紀香さん、おめでとうございます。
そして狙って頂いた方々、ありがとうございました。

サイトオープン以来、亀の歩みながら、何とか40000を達成です。
これも、いつも足を運んで下さる皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。

サイトオープンの頃は、本当に少ないイラストと写真と、後は子供の写真と子育てネタがメインのサイトでした。
その頃は、まだサラリーマンでしたので、サイト運営は趣味的な感じでしかやっていませんでした。
ですから、更新頻度は落ちるは、イラストや写真の新作は出ないはで、とてもいい加減なサイトだったと思います。

一昨年の夏にフリーになったのをきっかけに、サイトそのものも今までの趣味的ページから、営業的ページにリニューアルしました。
完全リニューアルだったので、時間がかかって、結局は秋のリニューアルオープンになりました。

このデザインのサイトになってから、はやいものでもう1年半ほどになります。
最近までは特に問題を感じなかったのですが、最近ちょっとこのデザインに問題を感じています。
またリニューアルに向けて、考えていかなくてはいけないかも知れません。

当サイト名は「デザイン工房アイランド」です。
私の仕事が、グラフィックデザインをメインとしたものでしたので、デザインを中心とした工房、という思いで屋号としています。
しかし、皆様のお陰さまで、最近はイラストや絵本の方も軌道に乗りつつあります。

先程出版された、イラストレーターズファイルや、今後出版される絵本を見て、私の絵を気に入って見に来て下さる方には、今のデザインはちょっと堅過ぎる気がします。
もっとイラストが前面に出てきた方がいいのかな?とも思ったりします。

しかし、デザインの仕事で、名刺を交した方が、サイトを見た時にイラストがど〜んとあるのもどうなんだろう?などと思ったりもします。
その中間をとろうとすると、結局は今のようなデザインになるような気もするのです。

しばらくは、悩みながら試行錯誤するしかないですね。
何とか悩みながら、リニューアルのプランを考えていきたいと思います。
長い目でみて、一年ぐらいかけてやるかな(^^;)

しばらくはリニューアルは出来ないと思いますが、皆さんこれからも、どうぞよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月11日

帰ってきました

長いこと留守に致しました。
本日、無事奄美から戻ってきました。
やっぱり奄美は暑かったです。特に着いた日と、次の日は完全に「夏!」でしたね。

初日は夕方から、親戚が集まって、父の1周忌〜お墓参りと忙しい時間が流れました。
夕方から親戚と飲んでいたのと、前日に準備で寝不足だったのと、このところの疲れがでたのとで、一気に酔ってしまって、早々とノックダウンしてしまいました。

次の日は、特に予定が無かったので、家族みんなで近くの海岸に貝捕りに行きました。
お昼頃に海岸に到着して、もってきた弁当を広げて、まずは腹ごしらえ。しかし、子供ははやく海に入りたくて、軽く食べたらさっそく海に入っていきました。

物凄くいい天気で、気温も上がり、汗ばみながら貝捕りをしました。
たくさんの貝が捕れて、みんな大満足でした。
帰る間際には、我が子とその従兄弟は、完全に水に浸かって水遊びしていました(^^;)
天気もいいし、家も近いので、そのまま車に乗せて帰りました(笑)
その日の夜は、奄美にいる同窓生と久々に集まって飲みました。遅くまで飲んで笑って、やっぱり同窓生っていいですね。

10日は、天気が一転し、曇り空で小雨雑じりの、ちょっと肌寒い天気となりました。
この日は、別の用事が入っていたので、昼からその用事を済ませ、夕方は夕飯の買い物などに走り、この日は家族でゆっくりと夕食をしました。

あっという間に時間は過ぎて、最終日帰る日となりました。
午前中は、帰る準備や雑用を済ませ、昼前には家を出て、途中で海の見えるお店で食事をしました。
最近出来たお店のようですが、道路を挟んだ向こう側が海で、物凄く見晴らしのいいお店でした。

空港までの途中にある「ばしゃ山」というところ(私がよく写真を撮るところです)で、ちょっと休憩して子供たちを遊ばせました。
天気も良くなってきていて、私もまた少し写真を撮りました。
海岸には、外人の方々が遊びに来ており、ビーチバレーや海水浴を楽しんでいました。

目まぐるしい日程の帰省でしたが、故郷の空気をたっぷりと吸って、リフレッシュして帰ってくることができました。
明日からまた新たな気持ちで頑張りたいと思います。

※写真は左から「貝捕り後、水遊びする子供たち」「貝捕りの海岸」「ばしゃ山の海岸」

050411-1.jpg

050411-2.jpg

050411-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年04月08日

留守にします

本日より11日まで、父の1周忌のため帰省します。
奄美の実家にはネット環境が無いため、完全にオフライン状態になってしまいますのでご了承願います。
お急ぎの用件等、ございましたら、お問合せ(もしくはメール)で連絡下さい。

微妙なのが次回のカウプレ40000が近づいていることですね。
残り589となっています。
私が帰省している間に、カウントしてしまう可能性もあります。
カウントゲットしたら、カウンターの下あたりにメッセージが出る予定です。(前回は失敗しました)
そのメッセージをクリックすると、キーワードの画面が表示されますので、そのキーワードをメールにて送って下さい。

もし、メッセージが出なくても、こちらの方でログを見れば、どのIPアドレスがカウントしているか解りますので、「ゲットしました」とメールするかBBSにお書き下さい。
よろしくお願い致します。皆さん、奮ってカウントゲット狙って下さい。

では、行って参ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年04月07日

明日で終了です

明日でARTBOXさんの、イラストレーターズファイル出版記念展が終わりです。
初日に_^.^_咲さん、。角。さん、けろぴさん、ドールさんに足を運んで頂いて、その後も私の同級生や友人が足を運んでくれたようで、メールや電話で連絡を貰いました。

中には私がずっと東京にいると思っていた同級生もいて、会えないことをとても残念がっていました。
私自身も東京にいて、同級生や友人に会いたかったですが、また次回の楽しみにしたいと思います。

今回、私の作品は展示&販売も行ったのですが、東京から帰ってきた日(3/29)に、ARTBOXさんから「3点とも完売致しました」というメールが届きました。
どなたがお買い求め頂いたのか、そこまでは解りませんでしたが、私の作品を気に入って購入して頂けたことが、物凄く嬉しかったです。

また、本日も、久しく会っていない横浜の友人から電話があり、「今日ギャラリーに行って見てきた」とのことでした。
そして、その中で作品ファイルの中にあった絵で気に入ったものがあったので、結婚した妹にプレゼントしたいから売ってほしい。と言われました。

友人なので、義理も多少あるでしょうが、私の絵をプレゼントとして選んでくれたのが、すごく嬉しかったです。
そして、お互いなかなか連絡をとらないのですが、久々に話をして懐しく、温かい気持ちになれました。

今回は出版記念展ということで、たくさんの作家の一人として出品し、販売をさせて頂きましたが、何年後になるか解りませんが、近い将来是非東京でも個展を開きたいと思います。
その時は、ずっとギャラリーにいることができるでしょう。そんな日がいつ来るだろうか。
現実は厳しいかもしれませんが、頑張って実現したいと思います。

明日で今回の出版記念展は終わりですので、お時間のある方は、是非足を運んで頂けると嬉しいです。
私の作品は売れましたが(展示はしています)、作品ファイルの中に、お持ち帰り用のPOSTCARDが入っていますので、是非持って帰って頂きたいと思います。(こちらも残っている保証はありませんけど)

明日、記念展終了のお礼と挨拶を申し上げる予定でしたが、明日より4日間、奄美に帰省しておりますので、一日早く挨拶申し上げます。
ありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月06日

報道のあり方

ここしばらくテレビの話題は、「ライブドアvsフジテレビ」でしたが、このところ「森進一vs森昌子」に変わってきていますね。
ライブドアの時も思いましたが、今回の森夫婦の件に関しては、さらに疑問に思います。
マスコミ勝手に騒ぎ立て過ぎじゃありませんか?

当の本人達が、会見を開いた訳でも、お互いの事を悪く報道した訳でもないのに、マスコミの方でいろいろ知人とかにインタビューして、夫婦仲の悪さをあおっている気がしてなりません。

夫婦間のことですから、いろいろあるのは事実でしょうし、森昌子さんの方が家を出たのも事実のようですが、あまりにも加熱に報道しすぎのような気がするのは、私だけでしょうか。

ワイドショーネタ的には扱いやすくて、いろいろと情報を引き出して、視聴率をとりたいのでしょうが、正直もうちょっと静かに見守ってあげたらいいのに。と思います。
報道というのは、事実をありのままに伝える物でなければ、ならないと思います。
今の報道の仕方は、【森進一さんの親しい人の話で・・・・・。それに対して、今度は森昌子さんの親しい人の話では・・・・・。両者の言い分は、全く食い違っています。】
と、こんな感じです。これって単なるご近所の奥様たちのうわさ話じゃないですか。

何かマスコミがこぞっていろんなところから、情報を引っ張り出してきて、お祭り騒ぎをしている感じがして、見ていてすごく嫌になります。
もっと本人たちのことを考えてあげても、いいのではないでしょうか。
確かに芸能人ですから、どうしても話題性が大きいことは事実です。しかし、芸能人にもプライベートがあって、話したくないこともあります。本人たちが口を開くまで、待ってあげてもいいのに・・・と思ってしまいます。

もっと伝えなきゃいけない真実は、いろんなところにあります。
視聴率や話題性にばかり目を向けないで、もっと真の報道をお願いします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年04月05日

子供の欲しい物

ここに来られる方でペットを飼っておられる方も多いことと思います。
私は動物のイラストを描いているとおり、動物が大好きです。
しかし動物は何も飼っていません。本当はペットほしいのですが、今の環境では飼われるペットが可愛そうで飼えません。

ペットを飼う以上は、そのペットに愛情をそそいであげたいのですが、今は精神的にも経済的にもそんなゆとりはありません。
特に飼いたいのが犬なので、人間と密接な繋がりを持つ犬は、尚更飼えないのです。
数年後に、少しゆとりができたら飼ってみたいと思っています。

そんなわけで、我が家は私と妻と子供の三人以外、生物がいない家なのです。
しかし最近、子供が異常に欲しがっている生物がいます。それはカブトムシ。
託児所でもクワガタを飼っていて、その影響や、おもちゃのムシキング等で、カブトムシをとても欲しがっているのです。

夏になったら山にカブトムシがいないか見に行こう。と約束をしていたのですが、約束の前に見つけてしまいました。
そうです、山に行かなくても、スーパージャスコにはカブトムシがいるのです。
虫かごに入ったカブトムシを見つけた子供は大興奮。更にはそのカブトムシが、海外のカブトムシで角が3本もある、見るからにカッコいいカブトムシなのです。

その場を離れず「カブトムシを買いたい」と粘る我が子。
おもちゃでも何でもそうですが、興味を示した物は必ず「買いたい」と言いたい年頃のようです。
しかし私たちも滅多に買うことはありません。時々、何か出来たご褒美とか、特別な日とか、何かを約束して買うことがあるくらいです。

ましてや今回は生き物です。カンタンに買い与えることはしません。
しかし、子供はどうしても欲しいようで、その場を絶対に離れません。
そこで約束をすることにしました。ちゃんと自分で面倒を見ること。お父さん・お母さんの言うことをしっかり聞くこと。それが出来るのなら買ってもいいと。
そしてもう一つの条件。実は4/8〜4/11まで、私の父の1周忌で私と子供は奄美に帰ります。ですからその間は子供は世話をできません。奄美から帰ってきてから買おうという条件でした。

しかし、子供はもうすぐにでも買いたい。気持ちは十分解ります。
大人だって欲しい物はすぐに欲しい。でも、今買うと、子供がいない間は、留守番のお母さんが世話をすることになります。
それでは、子供の責任がなくなってしまうので、帰ってきてから買うことを考える。というのを通しました。

子供は大粒の涙を流しながらも、何とか納得してカブトムシにバイバイして帰ってきました。
親としては、子供が欲しがる物は、基本的には与えてあげたい気持ちが大きいです。でも、簡単に与えるのではなく、努力して手に入れることも、そろそろ覚えて欲しいという思いと、飼うからには責任を持って面倒をみて欲しい。小さな生き物にも命があって、それを自分が責任を持って大切にする気持ちを持ってほしい。という思いで、今回の判断を下しました。

さて、来週から我が家に家族以外の生き物が加わるのか?
そしてちゃんと我が家で生き延びれるのか?
全ては我が子の行動にかかっています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月04日

いつまで続くの(怒)

毎日毎日、本当に飽きもせず届けられます。
みなさんの所にも届きますか?迷惑メール。
最近は届くメールの半分以上が迷惑メールでうんざりしてきます。
以前はウイルスメールが多かったのですが、このところ圧倒的にアダルト勧誘メール、出会い系サイト勧誘メールです。

マジで何とかして欲しいです。
急ぎで仕事のメールとか待っている時に、この手のメールが届くとムカッときます。「え〜かげんにせえぇ〜このボケが〜!!」って返信したいくらい腹立ちます。

未承諾メールと題してくるなら、まだいいですが、いきなり卑猥な言葉を書き立てた文章が届くと、「はぁ〜またか」と一気にやる気がなくなってきます。

いつまでこんな状態が続くのでしょうか?
真剣に何か手を打たないと、野放し状態のような気がして、物凄くむかつきます。
電子メールの良さは、送受信が無料で、気軽にコミュニケーションがとれるところです。しかし、こんなルール違反ばかりが増えてくると、そのうち有料化になるかも知れません。
迷惑メールの対策のひとつとして、真剣に検討している国もあるらしいので、日本もそうなるかも知れません。

せっかく便利で楽しく使えるツールなのに、ルールを守らない人がいることで、他の人たちが自由に使えなくなる。こんな馬鹿げたことはありません。
何とかこのルール違反者を取り締まってほしいものです。

この手のメール、送られてくるアドレスは、ほぼフリーメールです。
YahooやHotmailのように、登録すれば誰でも使えるアドレスです。
フリーメールを使っている人が、こんな人ばかりではありませんが、カンタンに使えていつでも捨てることができるアドレスなので、こんな手に使うのでしょうね。
この辺はサービス提供する側も、もう少し考えてほしいと思います。

何でもそうですが、便利なツールは使い方次第で、人を喜ばすことも傷つけることもできます。
よく切れる包丁で、美味しい料理を作って、人を喜ばすことも出来れば、人を刺して傷つけることも出来ます。
最終的にはそのツールを使う人次第です。

みんながルールを守って、便利なツールを使っているのに、ルール違反で好き勝手にやって、人に迷惑をかけている。これは私から言わせれば立派な犯罪だと思います。
現にその手のメールを送って、偽のサイトにおびき寄せ、架空請求したり銀行の暗証番号を盗み出そうとしたりしていますからね。

一部の身勝手な人間によって、便利なツールが不快なものとなり、たくさんの人に嫌な思いをさせる。こんなことをいつまでも続けさせてはいけません。
インターネット捜査官みたいなのを、たくさんつくってネットパトロールして欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール

2005年04月03日

庭いじり

今日は日曜日、天気予報では「雨」でしたが、途中晴れ間も覗くこともあり、曇り空でしたが穏やかな気候でした。
車で走っていても、気持ち良くて窓を開けて、自然の風を受けながら走っていました。

今日はあれ放題の庭を何とかしようということで、花木屋さんに行って花の苗をいくつか購入してきました。
ガーデニングという程、手をかけることができないので、なるべく育てやすい花をいくつか選んできました。

そして夕方から早速、プランターに植えました。
ついでに雑草も一部取って、ちょっとスッキリしたかな?
まだまだ雑草が残っているので、また時間を見つけて草抜きしなければいけません。

やりたいことは山ほどあるのですが、ひとつひとつやっていくしかないですね。
暖かくなったので、これからは庭に出る機会も増えますし、今日植えた花に水やりもしなくてはいけませんからね。

殺風景な我が家の庭も、花が咲けば少しは賑やかになってくれることでしょう。
桜の花もボチボチ咲いてきているようですし、春本番ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月02日

目で聴く音楽

今日は昨年一緒に作品展をやった、デザイナー仲間のコンサートへ行ってきました。
当サイトのShopでも、ダイアリーを販売している「DESIGN Labo Lily」さんのコンサートです。

コンサートと言っても、本人は演奏の方ではなく、映像の方での参加です。
Lilyさんが手がけた映像作品に、ピアノ奏者が即興で演奏する、いわゆるコラボレーションでした。

彼女(Lilyさん)の作品は、結構個性的で、撮っている写真とかも、普通の人とちょっと視点が違い、面白い写真が多くて私は好きです。
私とはまた違う感性の持ち主です。

その彼女のお友達に、音楽家がいて今回のコラボレーションコンサートが企画されました。
このお友達もまた、変わった雰囲気のある方でした。
自然から感じるパワーや、旅をしていて感じた事などを、音楽にしているらしく、本日も流れ出る映像を見て、即興で音楽を奏でていました。

久しぶりに生のピアノの音を聴きましたが、やっぱり音楽っていいですね。
今回は映像もついていたので、さながら無声映画を視ているような気持ちでした。

映像の方は、写真の視点と同じような感じで、ビデオ撮影しており彼女らしさがよく出ていました。
日常の生活の中で、よく目にするような映像ですが、だからこそリラックスして見れて、そこに添えられるピアノの旋律が、さらに心地よさを誘ってくれます。

以前から映像の方に興味を持っていたので、ひとつ夢がかなったのではないでしょうか。
私も写真を使っての映像制作は、結婚式の記念DVD等、手がけていますが、自分の作品としてはまだ一度もやったことがありません。
いずれは映像の方もやってみたいと思いますが、今はまず静止画の方をもっと伸ばしたいと思います。

私の夢のひとつに「映画制作」があります。
映画といっても、女優・俳優が出てきて演技するものではありませんが、現在制作している絵本などの延長線で、映像を作って映画にしてみたいです。

先日の東京での出版記念展に続き、また心地よい刺激をもらいました。
いろんな人の創作活動を見て、自分のエネルギーにしていくのって、とても大事ですね。
今日感じたエネルギーをしっかり自分の中で消化して、自分の創作活動へのエネルギーにしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月01日

ウソつき

今日からいよいよ4月ですね。
そして今日はエイプリルフールです。今日だけはウソついてもいいんですよね。
だからと言って無理やりウソつくことはしませんが・・・・。

Yahoo等では、ウソのサイトを立ち上げて、おもしろおかしく情報を出していますが、初めて見た時私はウソだと思いませんでした。
真剣に読んでいて、途中で「何か変だなぁ〜」と思い、一番したの文字を見てようやく解ったのです。
一番下の文字は「今日はエイプリルフールです」と書かれていました。

エイプリルフールのためだけに、こんだけ手間ひまかけてよくやるなぁ〜と思いましたが、ちょっと疑問に思う部分もありました。
基本的にインターネットの情報、しかもYahooのようなサイトの情報というのは、確かな情報としてみんなみています。
エイプリルフールと言えども、ウソの情報を載せてもいいのだろうか?と思いました。インターネットに慣れた人なら「あぁ、これは冗談で作ったページだな」と解りますが、不慣れな人はインターネット上の情報は全て正しい物だと思うかも知れません。

トップページはキチンとした情報を扱っていますが、ある部分をクリックするとウソの情報に入り、最後まで読むと一番下に「今日はエイプリルフールです」と書いてある。
もし、途中で読むのをやめたら、ウソの情報だと気付かない人もいるかも知れません。

ウソというのは、言い方を変えると人を騙すことです。
ただその騙し方にもいろいろあると思います。
ウソだと解っても、相手が「なぁ〜んだウソか、はっはっは」と笑えるウソならいいのですが、相手の気分を害するウソはやってはいけません。

エイプリルフールという日が、いったいどのような目的で生まれたのか解りませんが、騙すというよりは冗談程度のウソをつく日であってほしいですネ。

本来ウソをつかれると、人は嫌なものですが、ウソだと解っても笑って許せる、そんなセンスのいいウソをつきたいものです。
皆さんは何かウソをつきましたか?私はとくにウソはついていませんが、私の場合は存在そのものが、ウソに近いかも知れません(@▽@)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記