2005年03月31日

3月去って桜はまだ・・・

気がつきゃ3月も、もう終わりですね。
何と早いことでしょう。もう一年の4分の一が終わってしまいました。
つい最近正月だの、バレンタインだのと、つぶやいていた気がするんですが、まさしく3月は猿・・・じゃない去るですね。

予想で言うと、今日は奈良県の桜開花の日だったのですが、残念ながらまだ咲いておりません。
東京は今日開花したようですね。奈良よりも東京の方が早いのか。
もうちょっと早く咲いてくれたら、東京で桜見れたのに。

しかし、ようやく春本番になりましたね。
3月の中旬くらいで、めちゃくちゃ暖かかったので、もう春だ〜と油断していたら、突然の真冬がやってきました。
あの時の寒さが、桜の開花を遅らせたのでしょうか?

昨年は、私はお花見をしていません。
桜の写真は撮っているので、お花を見ていますが、一般的に言う「お花見」はしていないのです。
今年は時間があれば、家族でお弁当持って昼間にお花見行きたいです。
夜はね〜、お花見じゃなくて宴会になっているので、あまり行きたくありません。

昨年も同じようなことをつぶやいた記憶がありますが、どうも夜桜の花見は、宴会と化していて、五月蝿くて嫌なんですよね。
私も若い頃には宴会して騒いでいたので、人のこと批判する権利はないんですけどね(^^;)

私の夢ですが、自宅の庭で桜の木を植えて、月明かりの下で美味い酒を飲みながら、花見をしてみたいですね。
でも、桜の木って虫がすごくつくらしいですね。桜が散った後は、花見から毛虫見に変わってしまうのが嫌なので、ちょっと考えものです(^^;)

奈良もあと3〜4日もすれば、開花宣言でると思います。
今年も桜の季節がやってきましたね。本当に短い期間ですが、美しい日本の花を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月30日

辛くも勝った

いや〜ドキドキ・ハラハラして視ていました。
何とか勝ってドイツ行きのチャンスが広がりましたね。
何の話かというと、サッカーワールドカップ、アジア予選の対バーレーン戦です。

前回のイラン戦で、1-2で敗れてしまったので、3位に後退してしまった日本。
もし、今日の試合で負けるようなことがあれば、残りの試合を全勝でいかなくてはならない、とても重要な試合でした。
1-0の辛勝で、しかも得点が相手のオウンゴールという、厳しい内容でした。

出場している選手は、中田英寿・中村俊輔・高原・三都主などなど、超一流の選手ばかりなんですが、どうもまだ連系がうまくかみ合っていない感じがしましたね。
後半になってようやく、息が合い出して、猛攻の結果オウンゴールを誘った形になりました。

しかし、残りの試合も厳しいですからね。
前回敗れたイラン戦は、次回はホームで試合ですが、再度バーレーン戦と北朝鮮戦はアウェイですから。
是非、今回の勝利でいいムードを盛り上げて、残りの試合も勝って欲しいですね。
特に前回敗れたイラン戦は、今度はホームなので、沢山のニッポンコールを受けて勝って欲しいです。

もちろん他の2試合も、アウェイで厳しい状況ですが、頑張って勝って欲しいです。
日頃、Jリーグを見ているわけではないのですが、大きな大会の時だけは、サッカーに熱くなるこんな私です。
でも、結構多いんじゃないかな。ワールドカップって、オリンピックのちょうど2年後だから、お祭り騒ぎで応援してしまうんですよね。
そして何より日本国民ですから、日本サッカーのチカラを見せて欲しいです。
頑張れニッポン!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月29日

有意義な東京二日間

ただいま帰ってきました〜
ARTBOXさんのイラストレーターズファイルの出版記念展パーティに出席のため、東京へ行ってきました。
いろんな方とお会いすることができ、とても楽しいひとときでした。

あいにくの雨模様にも関わらず、_^.^_咲さん、。角。さん、けろぴさんが、ギャラリーにお越し頂いて、いろいろと話が弾んで、とても楽しい時間を過ごすことができました。
そして、同じ時間帯に、ドールさんもお越し頂いていたようなのですが、残念ながらお話できないまま帰られてしまわれたようで、本当に申し訳ございませんでした。
次回、お会いできる機会がありましたら、是非お話させて頂きたいと思います。

出版記念パーティは、イラストレーターズファイルに掲載している、多くのイラストレーターの方が出席して、いろいろと情報交換をして盛り上がりました。
私も数名の方とお話しして、とても有意義な時間を過ごすことができました。

パーティ終了後に、パーティでお話した方と、軽く呑むことになり、1時間ほど色んな話をしながら、楽しく呑む事ができました。
もっと時間を延長したかったのですが、急きょ同窓生が集まってくれることになり、また是非お会いすることにして、同窓生の待つところへ向かいました。

15年ぶりに会う同窓生もいて、話がいろいろ盛り上がり、気がつけば終電ギリギリの時間まで呑んでいました。
絵本新人賞のことも、みんな知っていてたくさんの祝福の言葉を頂きました。
手土産に、と思いPOSTCARDを一式持って行ったのですが、みんなとても喜んでくれて、私もすごく嬉しかったです。
やっぱり、同窓生っていいですね。

今回は一泊するので、弟の所に泊る予定だったのですが、ここでハプニング。
私の携帯の電池が切れてしまい、同窓生の携帯を借りて電話したのですが、何故か出ない。どうやら待ちくたびれて寝てしまったようなのです。

何度も電話をかけましたが、起きてくれず、それでも近くの駅まで行こうということになり、終電で近場の駅まで向かいました。
その途中でようやく起きたようで、連絡がつき、何とか弟と会うことができました(^^;)

いや〜、マジで最悪カプセルホテルにでも泊ろうかと考えました。
遅くまで呑んでいたのと、私の携帯の電池が切れたのが、まずかったんですが、それでも普通寝ないだろう。頼むよ〜弟よ(笑)

今日は朝から弟と家を出て、弟は出勤、私は東京をぶらつくため、駅で別れました。
弟の家から羽田空港が近いので、最近出来た羽田空港の第2ターミナルを見てきました。とってもキレイで、いろんなお店があり、お昼頃まで空港内を楽しみました。

次は六本木ヒルズへ行くことにして、路線図を見ながら、迷いながらも何とか無事到着。
森ビルがド〜〜〜〜ンと建つ、迫力ある正面から、中に入ると、様々なお店があり、ビルの周辺にもいろんなお店があり、ちょっとした自然公園みたいなところもあり、まさしく小さな街のような感じでした。
春休みということもあり、平日にも関わらず、家族連れや中・高生くらいの女の子のグループが多かったです。

六本木ヒルズ内には朝日テレビも入っていて、ドラえもんのイベントもやっていました。
家族連れが多かったのは、これが目的で集まっていたのかも知れません。子供が来てたらきっと大喜びするだろうな。と思いながら、そのイベントを横目で見ながら帰ってきました。

帰りの新幹線では、さすがに一日歩いていたので、疲れ切ってしまい、途中から爆睡していました。
一泊二日のとても短い東京滞在でしたが、内容の濃い、そして沢山の方との出会いがあり、とても充実した二日間でした。

ギャラリーにお越し頂いた方々、そしてパーティで出会った方々、さらにはパーティを開催して頂いスタッフの方々。本当にありがとうございました。
そして遅くまで楽しく呑んでくれた同窓生。遅くまで待たせてしまった弟。ありがとう。

今度いつ東京に行けるか解りませんが、また機会をみて、行きたいと思います。
そして何より、銀座で個展を夢見て、これからも頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年03月28日

東京へ

本日より明日まで、東京へ行ってきます。
しばらくの間、留守にしますのでお問合せや、掲示板等の返信遅れると思いますので、ご了承願います。

今回は、先日にもここで紹介した、ARTBOXさんのイラストレーターの作品を集めた本「イラストレーターズファイル」の出版記念展のオープニングパーティに出席してきます。
私の作品も3点出展しておりますので、お時間のある方はお立寄り頂けると嬉しいです。

それにしても、やはり「元祖雨男」です。昨日までの天気がウソのような雨模様(-_-;)
まぁ台風来るよりはマシですけど、せめて徒歩での移動中は降らないでほしいな。

今夜は弟のところへ転がり込んで、一泊して、明日は東京をぶらついてから帰ってくる予定です。
忘れ物はないかな?もう一度チェックしてから出発します。
では、行ってまいります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年03月27日

つくし料理挑戦

今日はぽかぽか陽気の、穏やかな日曜日になりました。
このところ、暖かかったり、急激に冷え込んだりして、なかなか外を歩くことがなかったのですが、今日は子供と散歩がてら、家の近くを歩きました。

写真を撮るのと、もうひとつの目的。つくしを採ることです。
つい先週までは、まだ花は咲いていないと思っていたのですが、気がつけば至る所に、オオイヌノフグリが青く小さな花を咲かせています。
その中に雑じって、所々でつくしが小さな顔を覗かせています。

家の回りを、カメラ片手にビニール袋片手に、写真撮りながらつくしを採りながら歩き回りました。
途中、川の中に亀がいるのを、子供が発見!!
「カメ〜カメがいる〜」と大はしゃぎでした。亀も冬眠から覚めて活動し始めたのですね。

1時間ほど歩き回って、つくしを採って来ました。
家に帰ってきて、つくしの袴を外す作業を、一人でもくもくとこなし、夕食はもちろんそのつくしの卵とじにしました。
つくしを煮込むと、お湯がエグイ色の黄緑色になり、ビックリしましたが、何回か繰り返すと色はとれていきました。

初めて食べたつくしの味、特別「美味しい」というわけではありませんが、春の幸をじっくり味わうことができました。
来年はてんぷらにしてみようかな。

050327-1.jpg

050327-2.jpg

050327-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月26日

手打ち蕎麦

いや〜美味しかったです。
今日は嫁さんのお父さんが蕎麦を作ってくれました。
それもちゃんと手打ち蕎麦です。道具を一式持ってきてくれて、家で蕎麦を打ってくれました。

3年ほど前から、趣味として蕎麦打ちを始めたようで、話は聞いていたのですが、初めて食べさせて頂きました。
シコシコ麺を付け麺で、ツルッと頂きました。とても美味しかったです。

蕎麦を打っている時は、私は急ぎの仕事があり、その技を見ることは出来ませんでしたが、しっかりとした蕎麦麺になっていてビックリしました。
今夜の晩ご飯は、打ち立ての蕎麦に、先週香住にカニを食べに行った時に、朝一センターで購入したハタハタの塩焼き。
ビールも飲んで、幸せなひとときでした(^o^)

私も時々ピザの生地をこねて、手づくりピザをしたり、うどんを打ったりしますが、手づくりってやっぱり美味しいですね。
そりゃ〜プロの手打ちには敵わないですが、作った人の愛情が感じられますし、何より新鮮ですからね。

子供も、おじいちゃんが打ってくれた蕎麦を、美味しそうにほおばっていました。
蕎麦を打っている間も、ず〜っと、おじいちゃんについていたので、きっと蕎麦ができ上がっていくのを、驚きながら見ていたのではないかと思います。

私も興味ありますが、道具を一式揃えなくてはいけないので、とりあえずはピザと、うどんくらいでやめておきます。
もうちょっと精神的にゆとりが出てきたら、蕎麦も打ってみたいと思いますが、それまでは食べる方にチカラを入れたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月25日

寒過ぎます

春はどこ行った〜?
寒過ぎますってマジで(><)
今日は最高気温が8℃くらいしか、なかったんじゃないでしょうか?
風も強くて、突然真冬に逆戻りです。

この時期って、突然暖かくなったり、突然寒くなったりを繰り返しながら、だんだん春になっていくのでしょうが、この寒さはちょっとキツイですね。

今日、嫁さんのお父さんが北海道から来たのですが、あまりの寒さに「北海道より寒いんでないかい?」と言ってました(笑)
実際の温度は北海道の方が寒いのかも知れませんが、意識の中で「南に行くのだから暖かい」という思いで来てるので、尚更寒さが身にしみたのでしょうね。

明日は、今日ほど寒くはないようですので、少しは春らしくなってくれるのでしょうか。
桜の開花予想まで、一週間を切ったというのにこの寒さ。
桜の木も、花を咲かせようと待ちかまえていたのに、急激な寒さでつぼみを閉じてしまいそうな寒さです。

先程まで、焼酎を呑んでいたので、ちょっとほろ酔い気味で、キーボードを打つ手が、千鳥足ならぬ千鳥手です(@▽@)
入力ミスあるかも知れませんので、ご了承くらはい・・・あっ、やっぱり酔っぱらってる〜

突然の寒波で、体調崩しやすいので、皆さん風邪などひかないように、温かくしてオヤスミ下さい。
私も脳みそ完全に熟睡モードに入っていますので、そろそろ寝ます。
ほとんど意識が飛んだ状態でつぶやいています。

明日は少しは暖かくなりますように・・・・。
ではオヤスミなさいm(__)mZzzzzz
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月24日

「愛・地球博」始まる

いよいよ「愛・地球博」が開幕しましたね。
今日は天皇・皇后陛下も出席して、盛大なオープニングセレモニーが行われたようです。

私が行った最近の博覧会って、大阪で行われた「花博」が最後かな。
もう15年くらい前の話ですね。かなり古いです(笑)
今回の「愛・地球博」は面白そうなので、是非行ってみたいと思っています。

私の周囲の人たちも、みんな行きたがっていて、かなりの数の人が行くのではないかと思います。
実際にパビリオンの予約もあるらしいのですが、人気のパビリオンは、予約が殺到し過ぎて、受付けを一時的に中止したところもあるようです。

特に「となりのトトロ」のメイとさつきの家を忠実に再現した、家があるのですが、そこはもともと一日の入場数を制限していたところに、物凄い数の予約が殺到したようです。
私も是非見てみたいと思っているのですが、もしかしたら無理かも知れないですね。

半年間開催される「愛・地球博」ですが、しばらくは人でいっぱいだと思うので、ちょっと落ち着いた頃を狙って行きたいと思います。
皆さんも「愛・地球博」行かれますか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月23日

Macのススメ

ご存知の方も多いかも知れませんが、私はず〜〜〜っとMac(Macintosh)を使っています。
Windowsも使ったことはありますが、買ったことはありません。正直買いたいとは思いません。
こんな書き方をすると、Windowsユーザーに反感をかうかも知れませんが、使いにくいし愛着がわきません。

たかだかパソコンなんだから作業が出来ればいい。という意見の方も大勢いると思いますが、私の場合、仕事で毎日毎日それも一日の半分くらい使っている場合も多いのです。
ですから、「作業ができればいい」という気にはなれません。

そもそも私がMacを使い始めたのは、グラフィックデザインの仕事を始めて2〜3年後のことでした。
今まで、紙に手書きで描いて、色は頭の中でイメージして仕上げていく作業が、Macを使うことにより、思いのままに作業し色を着けていけることに、物凄く感動したことでした。

当時、印刷業界はDTP(デスクトップ・パブリッシング)と呼ばれる、パソコンを使って作業をするスタイルに移行していました。
初めて触ったMacも、当時勤めていた会社が、DTP化に向けて導入したMacでした。

自分の頭の中にイメージしたものを、illustratorやPhotoshopを使って、自由自在に制作できることに、物凄い喜びを覚え、無我夢中で勉強したものでした。

最初はMacでしか使えなかったillustratorやPhotoshopも、時代の流れと共に、Windows版も出始め、Macでなくても同じようなことをWindowsでもできるようになりました。
Macに比べてWinのマシンは、価格的に安い物が多く、コスト面で考えると、当然Winマシンの方が有利でした。
それが理由で、MacからWinに切り替えた人もいると思います。

しかし、私にとっては、Windowsではダメなのです。
おそらくグラフィックデザイナーや、クリエイターと呼ばれる方々は、大半がMacを使っていると思います。
それは、単にデザイン性がいいからというだけでなく、デザイナーやクリエイターが仕事の道具として使うからだと思うのです。

プロの料理人が包丁にこだわり、大工が道具にこだわるように、デザイナー・クリエイターにとって、Macは道具なんです。
Windowsも道具になりますが、使い勝手がよくないのです。Macのように直感で使えない。

私はよくいろんな人から「パソコンを買いたいけど、MacとWindowsとどっちがいいの?」と聞かれることがあります。
その時必ず聞き返すのが「パソコンで何がしたいの?」です。
単にインターネットやメールをするだけとか、会社でやる仕事を家でもやる、と言うのなら迷わずWindowsをオススメします。
しかし、パソコンでいろいろとやりたい。仕事に使うのではなく、何か楽しみたい。と言うのなら、絶対にMacがオススメです。

いろいろと私の思っていることを書きましたが、決してWindowsを否定しているわけではありません。
パソコンを買おうと思った時に、「パソコン=Windows」という意識しかなく、Macという選択肢が抜けている人がとても多いのです。

パソコンを買おうと思っている方、一度Macというモノがどんなモノなのか、よ〜く触ってみてから決めてみてもいいと思いますよ。
それから決して私は、Appleの回し者ではございません(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年03月22日

ちょっと臭いですが

お、お腹の調子が悪いです(><)
お昼過ぎからお腹がPi〜〜〜〜状態で、何度もトイレに足を運んでます。
う〜んお昼に食べた物がいけなかったのかな?
まさか先日食べたカニの怨念ではあるまいな(笑)

あまりにもトイレに行き過ぎて、お尻の○がヒリヒリ痛いです。
お食事中の方、汚い話でスミマセン(これ見ながら食事している人はいないと思うけど)

私はけっこう下痢しやすくて、ちょっと刺激物や、アルコール飲み過ぎたりすると、下痢することが多いです。
逆に便秘は全然しなくて、毎日規則正しく、出すべき物は出しています。

しかし、便秘の方は一週間出なかったりすることは、ごく普通らしいですね。
私からしてみると、一週間も出なかったら死んでしまいそうです(笑)

一度だけ3日間ほど出なかった時があり、その時でさえ苦しくて仕方ありませんでした。
私が「出ない〜」と騒ぎたてているのを見て、「それくらい普通だよ」と嫁さんに呆れられたのを覚えています。

しかし、毎日出ている私からすると、「出ない」ということじたいが不思議で仕方ありません。
こんな風に書くと、本当に便秘で悩んでいる方には失礼ですが、自然と出るものなのに?と思ってしまいます。

女性の方には、この便秘で悩んでいる方が多いようですね。
男性と女性とで、体質の違い的な部分があるのでしょうか?
男性で便秘で悩んでいるというのは、あまり聞かないですからね。どうしても、便秘で悩んでいる=女性、みたいなイメージが強いです。

繊維の多い食物や水分をしっかり摂ることで、だいぶ違ってくるらしいですが、あとは腸がしっかり動くようにならなくてはいけないのでしょうね。
やはり適度な運動がいいのだと思います。
以前に書いた花粉症も同じですが、便秘というのも現代病なのではないでしょうか。
昔は食べる物も質素で、皆体を動かして働いていたので、便秘ってあまりなかったのではないかな?と思います。

ちょっと臭い話になりましたが、体から出すべき物は、しっかり出さないといけないですからね。
要らない物として排泄されるわけですから、いつまでも体の中に留まっていることは、体に良いことではないですから。

私の下痢もだいぶおさまってきましたが、便秘の皆さん、体質改善して毎日スッキリ出しましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月21日

地震大国

福岡・佐賀の地震から一日経ちましたが、テレビで地震の瞬間の映像とかが出ていて、本当に大きな揺れだったんだなぁと思いました。
今回の地震は、三連休の中日で、午前中だったこともあり、いろんな所でビデオが回っていたようです。

幼稚園の卒園式の最中を地震が襲った映像もあり、突然の揺れに何が起こったのか解らずぼう然とする子供たち、そして慌てて子供の元へ駆け寄る先生方、叫ぶ父兄の声等、生々しい映像でした。
しかし、何事も無かったのは本当に良かったです。

福岡市内ではビルの窓ガラスが割れて、地面に飛び散ったり、崩壊の恐れがあるとして、一部のビルやその周辺住民に避難勧告が出ているようです。

今回のこの大きな地震で、お1人の方が命を落としてしまいましたが、休日の午前中ということで、少ない被害でおさまったのかも知れません。
玄界島の家屋の倒壊を見ると、全員無事だったのが奇跡に近いようにさえ思えます。

昨年の中越地震から、スマトラ地震、そして今回の地震と日本でも世界でも、いろんなところで大地震が起きています。
地震は嫌ですが、地球が生きている証しでもあるので、止む終えないことかも知れません。
日本列島どこで震度5〜6クラスの地震が起きても、おかしくはないと言われています。
やはり防災意識、しっかり持っていなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月20日

美味しかった・楽しかった

あ〜美味しかったです。
兵庫県の香住町というところに、カニを食べに行ってきました。
やっぱり冷凍のカニとは違いますね。

つぶやく前に、福岡県・佐賀県で震度6の地震がありましたね。
家屋の倒壊や損傷などがすごい状態のようで、特に玄界島の方々は全島避難のようです。
こちらに来られている方で、福岡・佐賀の方もおられるかと思います。
まだ余震が続く可能性もありますので、くれぐれもご注意下さい。
一日も早い復旧を心より願います。

話は戻りますが、香住町のカニは美味しかったです。
日頃カニは食べないのですが、ここに来ると腹いっぱい食べて帰ります。
カニ以外にも、日本海の海の幸を食べて飲んで、幸せな一時を過ごせました。

一泊して次の日は、朝一センターでお土産を買って、その後は城崎マリンワールドで遊んで帰りました。
今回、我が家の他に3家族一緒に行っていたので、子供が多くとても賑やかでした(うるさかったとも言えるが(笑))

城崎マリンワールドは、水族館やイルカ・アシカショー等があり、子供たちは皆大喜びでした。
もちろん我が子も、一緒に行った託児所のお友達と、水槽の魚やエイに大興奮していました。

たっぷり楽しんで、ゆっくりと帰ってきましたが、帰りは大渋滞に巻き込まれ、帰ってきたのは21時頃でした。
長時間の運転で疲れてしまって、つぶやけずに寝てしまいました。
という事で得意のズルつぶやきしてます(^^;)

050320.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年03月19日

お出かけします

今日はめちゃくちゃ早めにつぶやいています。
いつもつぶやくのは、家族が寝静まった夜中が多いのですが、ただいま朝の10時半。
決して昨夜のつぶやきを、ズルしてつぶやいているわけではございませんので、勘違いなさらないで下さいね(笑)

今日は一泊で家族と旅に出ます。
旅といってもメインは食事です(笑)美味しい料理を食べに行ってきます。
お昼頃には出発しますので、こうやって早めにつぶやいている次第です。

今日は天気も良いので、車を運転するのも気持ち良さそうです。
穏やかな春風を感じながら、道中楽しんで行きたいと思います。
手短ですが、本日のつぶやきでした。
明日の夜、また写真付きでつぶやきたいと思います。
では、行ってきま〜す。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2005年03月18日

新しいドラえもん

おそらく日本でこの人の声を知らない人はいない、といってもいいくらい有名な声の持ち主。それはドラえもん。
大山のぶ代さんが演じて来たアニメのドラえもんが、本日の放送を最後に世代交代となりました。

あの「ぼくドラえもんです」の声は、私たちの世代から、私の子供の世代まで、みんなが聞き慣れた声でした。
あまりにも長い事定着してきた声だけに、新しいドラえもんの声はやはり物足りなさを感じてしまいます。そのうち慣れてくるのでしょうけれど。

アニメの声って、そのキャラクターをイメージさせるものなので、もの凄く重要ですよね。
声が変わっただけで、キャラクターのイメージまで変わってしまいます。
今回のドラえもんは、声優が全て入れ替わって、全く新しいドラえもんのスタートと言う感じです。

今回は声が変わりましたが、変わらなかったアニメもありました。
ルパン三世の声優だった、山田康雄さんが亡くなった時も、あまりにも声のイメージが定着し過ぎていて、モノマネをやっていた栗田寛吉さんが、「モノマネ」という形で完璧に近い状態で受け継ぎました。

昔からアニメの声って、定着するものが多かったですからね。
Drスランプのあられちゃんとか、ドラゴンボールの孫悟空、キン肉マン、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじなどなど。
個人的にはタイムボカンの「ボヤッキー」と「どくろべえ」の声がすきでしたね。おしおきだべぇ〜。
声を聞いただけで、そのキャラクターが目に浮かびますからね。

ドラえもんの声も、時間をかけて新しい声になじんでいくのでしょうね。
アニメの世界では、声は歳をとっても、主人公は歳をとらないですからね。
これからも、新しいドラえもんで、子供たちの夢を叶えてあげて欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月17日

パン君知ってますか?

皆さん、木曜日の夜7時から放送している、志村けんの動物番組をご存知ですか?
我が家はほぼ毎週視ているのですが、その中でチンパンジーと犬が一緒に買い物に行くコーナーがあります。
チンパンジーの名前は「パン君」、犬は「ジェームス」です。

この二匹、犬猿の仲と言う言葉とは裏腹に、物凄く仲が良くて頭も良くて、教えられた通りに買い物に行って帰ってきます。
しかし、そこは動物がすることなので、ちゃんとお店の人に協力してもらったりしていますが、それでも物凄く賢くてビックリしてしまいます。

特にチンパンジーの「パン君」は、ちゃんとお金をポーチに入れて、レジでお金を渡しおつりを貰ったら、ちゃんとポーチに入れます。
まるで人間の子供が、慣れないお買い物をしているような、錯覚さえ起こしてしまうほど、賢いチンパンジーなのです。

今までいろんな買い物にチャレンジしてきました。
お誕生日のケーキを買いに行って、帰りに引きずって帰って来て、中身がぐちゃぐちゃだったり、今日はインコの餌を買いに行って、やはり引きずって帰って来たため、途中で袋に穴が開いて餌が少しずつこぼれて、それが鳩の餌になっていました。

このパン君の賢いところは、まるで人間のような感情を持っているところです。
餌がこぼれていて、気付いた時には三分の一程に減っていました。
鳩が餌を食べているのに気付いて、ただぼう然としている姿は、まさしく人間が失敗して落ち込んでいる姿です。

そして、今度はこぼれないように、ジェームズの抱えている鞄の中に残りの餌を入れました。
さらには、回りにこぼれ落ちている餌を、一粒一粒拾ってかばんの中に入れているのです。

何とか帰ってきた二匹を、飼い主が迎え入れるのですが、残り少なくなった餌を見られて、申し訳なさそうに元気のないパン君でしたが、インコが美味しそうに餌を食べているのを見て、元気を取り戻しました。
本当に人間の子供みたいな感情を持っています。おそらくパン君自身も、自分を人間だと思い込んでいるのではないかと思います。

毎週木曜日の夜7時〜8時の間、忙しい時間帯ですが、ご覧になったことがない方は、一度ご覧下さい。
癒されること間違いありません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月16日

本になった(^o^)

今日はめちゃくちゃ暖かかったですね(^o^)
日中は20℃くらいまで上がったんじゃないでしょうか。いよいよ本格的な春到来ですかね。
桜も奈良は3/30が開花予定らしいです。楽しみですね。

さて、本日、宅配便にて荷物が届きました。
送り主はARTBOXさん。荷物は「イラストレーターズファイル」という本。
この本は、たくさんのイラストレーターの作品を、一冊にまとめた本で、この本に私の作品も掲載させて頂いています。
多くのクリエイターの作品が、ひとつにまとまっているため、イラストを探しているクライアントが参考にするのです。
今後の展開の一つとして、より多くの人に、私の作品も見て頂きたいと思い、掲載をお願いしておりました。
もちろん掲載料はかかりますが、宣伝費用だと思えば、安いものだと思います。

ARTBOXさんとのお付合いは、この本への掲載のお誘いから始まりました。
ある日突然、私のメールにARTBOXさんからメールが届き、イラストレーターズファイルへ掲載を決めたのです。
私のホームページを見て頂いて、案内をメールして頂いたようなのですが、最初は何か怪しい勧誘かと思いました(笑)
だって、私にそんなお誘いのメールが来るなんて、夢にも思いませんでしたからね。

ARTBOXさんのホームページを拝見して、「ちゃんとした会社だ」と解って、「私みたいな者が掲載してもらえるのだろうか?」と不安ながらも、一応作品の審査をして頂きました。
駄目元で作品を送ったのですが、合格の通知が来たので、早速掲載料をお支払いして、掲載を決めました。

そしてその時に、ARTBOXさんのホームページで、絵本の公募を見つけたのです。
ちょうど作品展をやった後で、手元にはオリジナル絵本があります。
「これもダメで元々、何でもやってみなくちゃ」と、絵本も公募に出してみたのです。それも、受付終了ギリギリに(笑)

今回の絵本新人賞受賞も、このイラストレーターズファイルへのお誘いが無ければ、無かったことでした。
ですから、私にとっては、まさしく記念すべき本ということになります。

掲載しているイラストには、もちろんバナナムーンがでかでかと出ています。
絵本としてのバナナムーンと、イラストレーターの作品としてのバナナムーンが、良い意味で競争してくれると嬉しいですね。

それから、関東方面の方々にお願いです。
今回のこの「イラストレーターズファイル」の出版を記念して、ARTBOXさんのギャラリーにて、出版記念展が開催されます。
私も3点作品を出品します。一応販売も行います。お時間のある方は、覗いて頂けると嬉しいです。

DMも同封されてきたので、ご希望の方にはDM発送致します。
メールか掲示板にてその旨連絡下さい。

3/28には、出版記念パーティーが行われるので、私も東京入りする予定です。
詳細は、また案内用のページを作りたいと思いますので、よろしくお願い致します。
なお、この「イラストレーターズファイル」も全国の書店にて発売されますので、見かけたら手に取って見てくださいね。
本当にたくさんの方々の作品が載っているので、イラストや絵に興味がある方には、とても参考になる本です。

050316-1.jpg

050316-2.jpg

050316-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年03月15日

いきなりBuooooM

突然ですが、我が家は共働きです。妻は病院で看護師として働いているので、夜勤の時もありますし、普通の日でも帰りは遅いことが多いです。
必然的に子供の迎えは私が行くことが多く、晩ご飯の準備も私がすることがあります。

今日は病院で話し合いがあるので、帰りが遅くなるとの事だったので、最初から私が晩ご飯の準備をすることにしていました。
宅配メニューを利用しているので、毎日メニューの材料が届きます。
今日はマカロニグラタンと、チキンと春野菜のスープになるハズでした。

子供を迎えに行って、お風呂の準備をして、早速晩ご飯の支度にかかりました。
メニューのレシピを見て、おおまかに流れを覚えて、材料を切ってスタート。時々子供がやってきて「手伝う〜」と言ってきますが、正直邪魔なので「いいよ、先にお風呂に入っておいで」と言って、お風呂に行かせました。

マカロニグラタンはほぼ出来て、あとはスープの最後の味の調整をするだけでした。
スープを弱火で煮込んでいたのですが、使っていた鍋のフタが見つからず、耐熱ガラスのフタを代わりにのせてしばらく煮込んでいました。

そろそろ最終の味の調整をしようとフタをよけて、塩・コショウを取ろうとした時、子供が風呂から飛び出してきて「お父さん、お風呂の明るいのが一つ無い」と言いました。
フタを左手に持ったまま、「お風呂の明るいのが無い?」と考えていた時、突然左手がBouMoooon!!と爆発しました。

ビックリして左手を見ると、持っていたはずの耐熱性ガラスのフタが、取手だけ残って粉々に砕け散っています。
しばらく何が起こったのか解らず????でしたが、ようやく耐熱ガラスが吹っ飛んだことに気付き、慌てて子供に来ないように注意しました。

そしてひとまず、子供の言う「お風呂の明るいのがひとつ無い」を確認すると、風呂場の電球が二つある内、一つが切れていたのでした。
「後から換えてあげるから、とにかく入りなさい」と言ってお風呂に入らせました。

何故耐熱ガラスが吹っ飛んだのか解りませんが、もしかしたらサイズの違う鍋に乗せたので、IHの電磁波がガラスに影響を与えたのかも知れません。

私はちょっと左指にかすり傷を負いましたが、何より子供に何もなくて安心しました。
もし、手伝うと言って傍に来ていた時に吹っ飛んだり、お風呂から飛び出して私のすぐ傍に来た時に吹っ飛んでいたら、裸でしたから大変な事になっていたかも知れません。

不幸中の幸いで、私のかすり傷ひとつで済んで何よりでした。
しかし、作っていたスープは最後の味の調整を、ガラスを入れてしまったことで、当然食べれなくなってしまいました。

料理もそっちのけで、ガラスの破片の掃除に追われ、そうこうしているうちに、嫁さんから電話がかかってきて、結局迎えに行ったその足で外食してきました。
皆さんも料理の際は、くれぐれもご注意くださいませ。(あ〜怖かった)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月14日

ホワイトデーだったんですね(^^;)

今日はホワイトデーだったんですね。すっかり忘れていました。
車のラジオの中で、DJが「今日はホワイトデーです」と言ったのを聞いて思い出しました。
思い出したところで、お返しをする必要がないので、何の意味もないんですけどね(^^;)

女性の皆様、お返し頂きましたか?男性の皆様、ちゃんとお返ししましたか?
バレンタインデーの時の返事待ち、という人もたくさんいたのでしょうね。

私は会社勤めしている時に、いつもホワイトデーのお返しに悩んでいました。
悩んでいたと言うよりは、「せっかくプレゼントするなら何か珍しいモノを・・・」と考えることが多かったのです。
単なるお菓子だけでなくて、そこに何か小物を付け加えたり、お気に入りのLoveSongを集めた、オリジナルオムニバスCDを作って、ジャケットも作ってプレゼントしたり・・・と、いろいろと考えるのが好きだったんですね。

プレゼントって、ホワイトデーに限らず、相手が喜んでくれることを想像しながら「何にしようかな?」と考える時間って、楽しくないですか?
相手によっては選択が難しいこともありますが、喜ばれた時には本当に嬉しくなりますよね。

しかし、最近はプレゼントを贈るという習慣が、どんどん無くなっています(^^;)
お互いの親の誕生日くらいなもんで、夫婦間でも誕生日にプレゼントを贈ることが無くなりました。お互いに「金かかるから要らない」と言って特別プレゼントを用意することが無くなりました。
お祝いはちゃんと家で、ケーキを食べたり、料理を作ったりしてやりますけどね。

子供の誕生日は、ちゃんとプレゼント用意しますが、お互いの誕生日はプレゼントありませんね。お互い欲しい物が高額なので、手が出ないという悲しい現実もありますが(笑)

今日、プレゼントを貰った方、贈った方、一体どんなプレゼントだったんでしょう。
いろんなプレゼントがあると思いますが、気持ちがこもっていれば、みんな嬉しいプレゼントでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月13日

日本企業の未来

今、日本の経済界の注目は、何といっても「ライブドアvsフジテレビ」だと思います。
若者を代表する社長と、長年日本経済を生き抜いてきた、ベテラン社長との戦い、みたいな捉えられ方をしています。
両者の言い分はわかるのですが、何だかどっちもどっちだなぁ〜っていう感じもします。

日本の企業は、今まさに岐路に立たされているのかも知れないですね。
今までのやり方では、もう成長は見込めない。新しい発想、新しい方法で道を切り開いていかなくては、ならない時期なのかも知れません。

そう言った意味では、ライブドアみたいな会社が、どんどん頑張っていってほしい気持ちもありますが、日本の本来の会社の有り方全てを否定するのではなく、いいところは残しながら、新しいモノをどんどん取り入れていってほしいと思います。

堀江氏の話を聞いていると、「今までのモノはもう要らない」という言い方に聞こえることがあり、そんな発言が多くの人の反感を買っている部分もあるのではないかと思います。

しかし、実際に日本の企業は、これから変わっていかなくては、生き残れないでしょうね。
あのSONYですら、業績悪化でトップが初めて外国人になりました。
NISSANもゴーンさんが、見事に立て直しましたし、これでSONYも立て直しができたら、嬉しい反面「日本人のトップじゃだめなのか?」という、寂しい気持ちもあります。

戦後、日本が海外の技術を真似て、経済大国に躍り出たように、今度は経営術を真似て、再び世界の経済大国に返り咲いてほしいと思います。
しかし、単なる海外の経営術を真似るだけでなく、そこには日本人が本来持っている、良い面もちゃんと取り入れながら、成長できたら理想的ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年03月12日

鼻がムズムズ

このところ、暖かい日が続いていたので、「もう、すっかり春だぁ〜」なんて思っていたのですが、やっぱり来ましたね寒波。
寒い寒い、急激に寒くなってきたと思ったら、なんと雪まで降っていました。

粉雪がちょっとパラついただけですので、当然積りはしませんでしたが、山の方は一気に白くなっていました。
この寒さ、明日〜明後日までは続きそうなので、しっかり寒さ対策して乗り越えなくちゃ。

ところで、今年は花粉の量が凄いことになっていて、花粉症の人には大変な状態のようですね。
私は花粉症は無かったのですが、今年はそんな私でさえも、鼻がムズムズして、鼻カミばかりしています。「花粉症」というほどのひどい状態ではありませんが、確かに鼻水がよく出て、何よりムズムズしますね。

外に出れば、マスクをしている方を、あちらこちらに見かけます。
花粉症だと思いますが、今の時期、風邪もインフルエンザも花粉症も、みんなごっちゃになって、訳解らなくなっていますね(笑)
私も、鼻がムズムズして鼻水でるのは、花粉のせいだと思っていますが、もしかしたら風邪なのかも?とも思ったりします。

でも、花粉症って昔はなかったんでしょうか?花粉で人間がダメージを受けるのなら、昔からあると思うのですが、ここまでひどくなっているのは最近ですよね。

だいぶ昔のテレビ番組で視た記憶があるのですが、花粉だけの問題ではなくて、排気ガス等の空気の汚れと関係があるようなことを、やっていました。
だいぶ昔の事なので、断片的にしか覚えていませんが、結局は人間が起こした公害病みたいなもんなんですね。

確かに、花粉だけで花粉症になるんなら、山林地帯に住んでいる方々は、物凄い花粉症ということになりますが、都会の方が花粉症に悩まされていますからね。

やっぱり私の達の住んでいる地球は、確実に汚れてきているということですよね。
排気ガスが無くなったら、きっと物凄くクリーンな空気になるんでしょうね。そう考えると「車を極力使わないように」と思うのですが、なかなか実行できないですよね。

暖かい春の到来と共に、しばらく花粉との戦いも続くのでしょうが、今年の大量の花粉によって、薬やマスク等の売上げが良くて、花粉経済効果が期待できるらしいです。
景気回復に繋がってくれたらいいですけどね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月11日

うり二つ

このつぶやきで、時々話題にしているiPod。
私も「欲しい」と思いながらも、使う頻度を考えると「必要ないか」と、これを繰り返しながら現在に至っています。

今年の初めには、よりコンパクトなiPod shuffleが登場し、さらに人気に拍車がかかっている。
そんな中、各社もAppleの一人勝ちを阻止しようと、様々な商品を発表してきました。
しかし、どれも皆イマイチです。特にデザイン性に関しては、iPodを越える物は出てきませんね。
そして微妙にiPodと似た作りの物が多いです。

しかし、今回台湾のメーカーが出した商品。ビックリしました。
その名も「Super shuffle」iPod Shuffleとほぼ同じ大きさで、FMチューナーやボイスレコーダーが付いているらしい。
どんな商品だろう?と画像を見て????
これってiPod Shuffleじゃないの????しかし、よく見るとAppleのリンゴマークが無い。そして裏側も微妙に違う。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0503/11/news035.html

しかし、これじゃそのまんまiPod Shuffleじゃないですか。
まるで、そのままコピーした感じです。これっていいんでしょうか?
絶対にApple側から訴えられる気がするのですが。

どうして、自社でちゃんとデザインをしようという気持ちにならないんですかね。
iPod Shuffleが売れているから、そのデザインをそのままコピーして、機能だけてんこ盛りにすれば売れると思っているんでしょうか。

私がAppleのMacintoshを使い続けている理由のひとつとして、「優れたデザイン性」があります。
見た目のオシャレ感もありますが、やはり使う人の気持ちになってデザインしているということです。

それはハードだけの事ではなく、ソフト面でも、よりカンタンに使いやすく、それでいてオシャレな感じ。というのが、Appleの製品にはあります。
「パソコンなんだから、安くて使えればいい」という意見もあるかも知れませんが、やはり一度買うと3〜5年は使う物。
私の場合は、まさしく仕事道具でもあるので、使いやすく、それでいて飽きのこない物でなくてはダメです。

Appleという会社は、そのへんのユーザーの心理を、巧妙に突いてきます。
iPodが売れたのも、コンパクトでオシャレなデザイン性と、カンタンに操作できる便利性。そして「何百曲という音楽を持ち歩く」という、今までにないコンセプトで、ユーザーに提案し続けてきたからです。
今回のiPod Shuffleも、液晶を付けるだけのスペースとコストを選ぶより、液晶は省いて、「かかる曲はiPodにおまかせしよう」という提案で出来た商品です。

何かあそこまで堂々とデザインを真似ると、完全に開き直りとしか思えませんね。
自社ブランドという意識はないのか?と思ってしまいます。
まさしく、グッチやブルガリ等の高級バッグの偽物を見ている気分でした。

モノをツクルという事は、“作る”のではなく“創る”でなくてはならないと思います。
どうすれば、使いやすく、楽しんでもらえるモノになるかを、想像して創造しなくてはいけません。
私も平面ではありますが、モノを生み出していく仕事です。真っ白な状態から、いろいろ考えて、形に仕上げていく過程が、大変でも有り、また楽しくもあるのです。
ただ真似るだけなら、誰でもできますからね。

このiPod Shuffleの偽物(勝手にそう思い込んでいる)、今後どうなるのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年03月10日

意外な絵本作家

2週間ほど前のことなのですが、お昼ご飯を食べながらテレビを視ていたら、「あの人が絵本作家デビュー」というタイトルが飛び込んできた。
お、誰なんだろう?と気になって見ていると、なんと森喜朗元総理だった。

何でも、カルガモの親子に、白鳥の子供が雑じって、カルガモの子供として生活をしていた、実話を絵本化したらしい。
もちろん手がけたのはストーリーだけ。しかも、他の方との共同作業。
当然ながら、絵はまた別の方が手がけている。

まぁ、政治家なんだからそんなもんでしょうな。と思って視ていましたが、ビックリしたのは出版部数。
通常絵本の初版は3000部が一般的らしいのですが、その絵本はなんと初版で10000部なんだそうです。
それだけ素晴らしい内容で、売れるという確信があるのかと思っていたら、どうも裏がありそう。

森喜朗元総理は、教育関係に太いパイプがあり、一緒に制作をした方も、同じように教育関連の方らしい。
ようは、子供の教育用として、最初から買ってもらう保証があるようなものらしいのです。
それってズルくないですか。私なんぞ、出版してもらえることになってから、「はたして売れるのか?」と、不安な日々を過ごしているというのに、まるで談合と同じじゃ〜と叫んでみたくなりました(^^;)

しかし、さらに驚いたのが、その番組に出ていた、山本晋也さんのコメント。
その絵本を見たらしいのですが、とても辛口のコメントをしていました。
「私もモノヅクリの端くれとして言わせてもらいますが、内容が良くありません。子供の教育用として出すのなら、しっかり子供に伝えるメッセージがないといけないが、この絵本にはそれが無い。」

え〜〜〜そんな絵本を10000部も出すの?
でも、買ってもらえることが決まっているから、別に出版社もOKなんでしょうね。

まぁ、私も今回の絵本新人賞で、受賞させて頂いて、出版までして頂くことになったので、嬉しい気持ちは解りますが、そんな内容が悪いい絵本は見たくないです。
私の絵本も、内容がいいとは言えませんが、買うか買わないか決めるのはお客様です。

最初から売れる先があって、絵本を作ったって、その中にメッセージや、伝えたい想いなんて盛り込まれないと思います。
何か、今回のバナナムーン出版に向けての、期待と不安が渦巻く中で、この情報を見たので、すごく悶々とした気持ちになりました。

絵本に限ったことではなく、その道に生きる人は、それなりの努力と研究を重ねています。
「元総理」というネームバリューだけで、簡単に絵本作家にはなってほしくないものですよね。
私も、「絵本作家」と呼ばれてもいいくらいに、頑張って沢山の内容のある絵本を作っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本

2005年03月09日

携帯版island

今日も暖かかった〜もうすっかり春なのでしょうか?
でも、日曜日にはまた寒波があるようなので、体調崩さないように注意しなきゃ。

ところで突然ですが、islandにお越しの皆様。
islandには携帯版があるのをご存知ですか?
リニューアル前の旧islandをご存知の方は、携帯版へのリンクがあったので、知っている方もおられるかも知れませんが、リニューアル後にお知り合いになられた方は、殆ど知らないと思います。

こんな風に書くと、「知らないと損なのか?」と思ってしまいそうですが、別にたいした内容ではありません(^^;)
待受け画面と子供の出来事と掲示板があるだけです。

当初は、待受け画面をいろんな人に使ってもらおうと、考えておりましたが、携帯って機種やキャリアによって、画面サイズがいろいろあって、手がつけられませんでした。
結局自分の携帯の画面サイズに合わせた分だけ作って、私と嫁さんと、あと一部の人くらしか使っていません(^^;)

よく携帯の待受け画面サイトがありますが、どうやって機種ごとに対応しているのでしょうかね?
まさか、たくさんある画面サイズ全ての画像を用意しているのでしょうか?

全機種に対応させるのは、無理かも知れませんが、画像サイズを3種類くらいに絞り込むくらいなら、何とかできそうなので、今後検討してみたいと思います。

興味のある方は、一度覗いてみて下さい。
よろしくお願いします。
http://www3.kcn.ne.jp/〜island/k/index.html
(〜は半角のチルダです)

050309-1.gif

050309-2.gif

050309-3.gif
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月08日

体質改善中

いや〜すっかり春ですね。今日も暖かい一日でした。
これだけ気温が上がってくると、何だかウキウキしてきますね。
春ももうすぐそこまで来ているのかな。

週間天気予報を見ると、今週末はまたちょっと冷え込みそうですが、その後はまた暖かくなりそうです。
こうやって、一歩一歩春になっていくのでしょうね。

今日は暖かい気候の中、病院へ行ってきました。
とは言っても、どこか悪いわけではありませんので、ご心配なく。
3ヶ月健診に行って参りました。

昨年の9月に体調を崩して受診した際に、肝機能やコレステロールなどなど、いろんな事を医者から注意されまして、3ヶ月ごとの検診をすることにしたんです。
9月の次は12月に健診で、それまでに毎日歩いたりしながら、少しでも改善しようとしたのですが・・・・あえなく失敗(^^;)
それどころか、食欲増して12月の結果は逆に悪くなってしまったのでした(@@;)

医者に「悪くなってますね〜どうします?」って言われて、「スミマセン頑張ります」しか言えませんでした。
もうこうなったら、完全に体質改善するしかない。とスポーツジムに通うことにしたんです。

昨年末から、時間を決めてジム通いが始まり、最初は完全に落ちきっていた体力も、最近ようやく普通になってきた感じです。
そして、今日の健診結果。期待と不安の中、医者の開口一番「かなり頑張ってるね」でした。
肝機能もだいぶ落ち着き、正常値になっていました。他の数値も落ち着いて、だいぶ良くなっているようです。

お〜頑張って運動してきたかいがあった〜(ToT)うれし泣き
この調子で、もっと体力つけて、なんとかマラソンできるくらいまでもっていきたいですね。
そして、体力がだいぶついたら、次は長いことやめているテニスを復活させたいです。
また半年後に、経過を見るための健診があるので、気を抜かないように、しっかり運動して体質改善していきたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月07日

白い幻!?

昨日のこと、「カレエダ・尾崎さん」の個展から帰ってきて、スーパーに買い物に行っていたのですが、突然一件のメールが飛び込んできました。

送信主は奄美に住んでいる同級生。
タイトルが「104年ぶり」と書いてあります。なんだろう?と思い読んでみると、なんと奄美大島で雪が降ったというのです。
タイトルの「104年ぶり」は、104年ぶりに奄美に雪が降ったということだったのです。

最初は降ったといっても、「粉雪がちょっと舞っただけだろう」と思っていたのですが、その同級生の母親が撮ったという写真を見てビックリ。
車のボンネットに、2cmほど積もっているのです。
いや〜まさか奄美大島で雪が降るなんて、夢にも思いませんでした。

いろんな方から、私が奄美大島出身ということで、「温かいの?」と聞かれますが、いつも「冬は海風がきついので、けっこう寒いですけど、まぁ雪が降ることはないですからね〜」と答えていたのですが・・・・降りましたね。

その夜にネットニュースで確認したら、ネットニュースにも書かれていました。
1901年以降、雪が降った記録が無いらしいのですが、続けて読むと「え!?」と思う内容が。
何でも、雪が降った事実を、名瀬測候所の職員が目視で確認しないと、観測原簿には載らないので、今回の雪は公式な記録にならないんだとか。

何だか、物凄くいい加減な対応だなと思った。
沢山の人が雪を見て、触って写真にも撮っているのに、雪が降ったと言う記録にならないなんて、じゃぁ〜その時職員は何をしてたの?って思ってしまう。

雪が降ったかどうかなんて、確かにどうでもいいことかも知れないけど、奄美の人間にとって雪はやっぱり憧れのものなんですよね。
多分雪を見た人や、触った人は、きっととても幸せな気分だったと思います。
なのに、公式には降ったことにならないなんて、何だか夢がないですね。

しかし、降ったことは事実ですので、これからは「奄美も寒い日がありますよ、雪が降ることも100年に一度くらいはありますから」と答えよう。
春が近づいている中、南国奄美大島から届いた、白い幻のお話でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月06日

カレエダ個展

今日は最近お知り合いになった、「カレエダ・尾崎さん」の個展に、家族で出かけました。
場所は大阪南港ATC。ここはよく買い物等に行っていた場所でしたが、このところすっかりご無沙汰しており、久しぶりに足を運びました。

尾崎さんの絵は、islandによく遊びに来られる「とんぼ玉玻璃珠」のhiroさんのリンクで知ったのが最初でした。
何とも言えない神秘的な雰囲気と、それでいてどこか温かい空気を感じる不思議な絵で、一目見た時で気にってお気に入りに入れていました。

ず〜っと長いこと、見るだけだったのですが、個展をやることを知り、掲示板に足跡を残してきたのがきっかけで、本日個展にお邪魔させて頂くことになりました。

個展にお邪魔して、実際にお会いしていろいろとお話を致しましたが、何だか初めて話す感じがしなくて、ず〜っと前から知っているような雰囲気で、いろんな話をしました。
話していて、尾崎さんの心の優しさみたいなものが、伝わってきてカレエダの絵から感じ取れる、神秘的だけど、温かい空気みたいなのが、解る気がしました。

お会いする前に、絵からイメージしていた雰囲気と、ほぼ同じような雰囲気の方でした。
やはり、絵には描く方の人柄みたいなのが、にじみ出てくるのでしょうね。
そう考えると、私の場合は・・・・・・やっぱり詐欺だな(爆笑)

実際に生でカレエダの絵を見て、とても刺激的でした。
パソコンの画面からは感じ取れない、絵の中の空気感が伝わってきました。
いくつか気に入った絵があったのですが、その絵は原画しかなくて、とても手の出せるお値段ではないので、他に気に入った絵を、ポスターとポストカードで買って帰りました。
カレエダの絵は、個展会場でも見ましたが、やはり黒地に飾った方が綺麗ので、黒の額を手に入れて飾ろうと思います。

尾崎さんの個展は、来週3/13(日)まで大阪南港ATCで開催しています。
関西方面の方々、是非生で見て頂くことをオススメします。
そして、尾崎さんと実際にお話しされることもオススメします。
カレエダの絵と同じ空気を、尾崎さんから感じ取ることができると思います。
とても、ステキな方でしたよ。
詳しくは尾崎さんのHPのinformationに案内があります。
是非覗いて、お時間があれば足を運んでみて下さいね。
http://sound.jp/kareeda/
尾崎さん、今日はステキな時間をありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年03月05日

催眠術

今日やってたテレビ番組で、「催眠術」を取り上げた番組がありました。
海外で有名な催眠術師と、日本で活動している催眠術師が、スタジオで芸能人を相手にして、催眠術をかけていました。

催眠術って本当にかかるものなんでしょうか?
番組内では、催眠術をかけられた芸能人が、みごとに催眠術師のなすがままになっていました。

水を「ビールだ」と言われて、水で酔っぱらってたり、嫌いな食べ物を、好きな物と意識を入れ替えることで、平気で食べたりしていました。
不思議なのは、寝ているわけでなく、普通に会話をしているのですが、催眠術にかかった状態であるということ。
かかっている本人も意識があるのですが、何故か言われたままになってしまっています。

番組の中で、唯一催眠状態にならなかった芸能人がいたのですが、重度の高所恐怖症ということで、催眠術で克服できるか?というのを最後にやっていました。
催眠術をかけて、恐怖心を取り除き、いきなり21mの高さからバンジージャンプするという内容。
最初は21mの頂上に登るだけで、脈拍が倍に跳ね上がり、腰が砕けそうになりながら、登っていましたが、一旦降りて催眠術をかけ、再び登った時には、平然と登っていました。
そして、何事もなかったかのようにバンジージャンプをこなしたのです。

しかし、これも先程と同じように、本人の意識はしっかりとあるのです。
催眠術と聞くと、何か自分の意識がなくなって、操られているイメージがあるのですが、今日見た内容は、みな自分の意識がある中で、操られている感じでした。

でも考え方によると、「自己暗示」も一種の催眠術なのかも知れないと思いました。
「あなたは眠くなる〜」と催眠術かけるのも、「自分は出来る大丈夫だ〜」と暗示をかけるのも、同じなのかな?と思いました。
ようは、気持ちの持ちようなんではないでしょうか。

よくスポーツ選手が、自分が活躍するシーンを思い浮かべる「イメージトレーニング」というものをやるそうですが、これも一種の催眠術なのかも知れませんね。
自分のことをプラスにイメージして、自己暗示かけていけば、日常の生活にも役立てられるかも知れません。

夢を持って生きるというのも、長い目で見た自己暗示いわゆる催眠術なのかも知れないですね。
夢を掴んだ人は「夢は必ず叶う、諦めずに思い続けることだ」とよく言います。常に前向きに、なりたい自分をイメージし続けることで、夢に近づいていけるのでしょう。

さぁ、皆さんも自分に催眠術かけて、なりたい自分になりましょう。
すぐには無理でも、思い続けることで、きっとなりたい自分になれると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月04日

冬に逆戻り

このところ、だいぶ春めいて来たな〜と思っていたのですが、また寒くなりましたね。
関東方面は凄い雪でした。テレビで見ましたが、かなりの積雪があったんじゃないでしょうか。

こちらは朝から雨模様で、シトシトと冷たい雨が降っていましたが、昼過ぎには止んで、夕方には晴れてキレイな夕日も見れました。
明日はきっといいお天気かな〜なんて思っていたのですが、先程から何か外がうるさい。
風が強くて、雨戸がガタガタ音をたてています。気温も下ってきていて、一気に真冬になりました。

もしかして、こっちもゆき降ったりして・・・と思い、ネット天気予報見たら・・・明日曇り後雪ってでてるじゃないですか。
ひょえ〜〜〜〜明日はこちらも雪ですか。

まぁ〜関東のように積もることはないでしょうが、寒さがまた厳しくなりました。
気持ち的に、だいぶ春になっていたので、この寒さは身に堪えます。
これで最後の寒波にしてもらいたいですね。

それにしても、風強いですね〜
子供が風の音を聞いて「台風来てるの?」って聞いてました。それくらい強いです。
今夜は冷えそうなので、温かくして寝よう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月03日

ひな祭り

今日はひな祭りでしたね。
女のお子さんが居られる家庭では、お祝いをしたのでしょうね。
我が家は今のところ、男の子一人だけなので、お雛さまはあまりピンときませんね。

テレビで知ったのですが、雛壇飾りって、親から子へ引き継がせるのは良くないらしいですね。
何でも、ひな人形は、お祝いする女の子の分身みたいな物で、その子が元気で暮らせるように、厄を引き受ける、言わば身代わり的な存在らしいです。

しかし、皆さん昔のひな人形とか、どうしているんでしょう?
私の実家はひな人形飾っていなかったので、その後の行方とか気になりますね。
実家の押し入れに眠っていたりするんでしょうか。

ひな人形や、五月人形みたいな、人形って古くなったからってなかなか捨てれないですよね。
やっぱり、何か人形に想いが込められている気がして、「ゴミに出す」という感覚にはなれません。

人形供養の寺があるくらいですから、皆さんやはり同様の想いで、人形を手放すのでしょうね。
おもちゃの人形とは違って、日本人形ってちょっと神聖なイメージがあるので、簡単には捨てれない気がします。捨てるというよりは、手放す・供養するという感じが近いです。
でも、これがおもちゃの人形だったら、意外と捨てれるんですよね。
特に男の子の場合は、おもちゃの人形=スーパーヒーローになるので、人形というにはほど遠いですから。

しかし、本当にお雛さまの人形って、皆さんどうされているんでしょう?
親から子へは引き継がない方がいいらしいので、お嬢さんのお雛さまは、是非新しいお雛さまを購入しましょう。
あっ決して、日本人形メーカーの回し者ではありませんから(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月02日

別れの季節

3月に入って、寒さも多少和らいで、何となく春がぐっと近づいてきた気分になります。
気持ちの問題ですが、「2月」と聞くと「寒い!!」って思いますが、
3月と聞くと「春〜♪」って思いませんか?

でも春って別れの季節でもあるんですよね。
特に学生の人にとっては、級友との別れが待っています。
卒業式、いろんな所で別れの涙が溢れるんでしょうね。

先日、車の運転中に聴いていたラジオで、「卒業と聞いて思い浮かべる曲のリクエストをお待ちしています」と言っていました。
皆さん、「卒業」と聞いて、真っ先に思い浮かべる曲ってありますか?

卒業式で歌う歌は、「仰げば尊し」とかだと思うのですが、曲として思い浮かべるとしたら、何でしょう?
ユーミンの『卒業写真』とか、海援隊の『贈る言葉』とかでしょうか。
ちょっと捻くれた見方で、尾崎豊の『卒業』なんてのもありますけどね。
古いですが、柏原芳恵の『春なのに』なんてのも、私の記憶の中に残ってますね。

卒業って、新しい生活を始める前の、ちょっぴり切ない時期ですよね。
進学・就職で期待に胸膨らませながらも、慣れ親しんできた学校や級友との別れが寂しい。何とも言えない感情だったと思います。

そんな感情も、長いこと忘れていますね(笑)
つぶやきながら、小学校・中学校・高校の卒業を思い返して、そんな感情が少し甦ってきました。

社会人になると、卒業という節目がなくなって、日々延々と同じことを繰り返している感じがします。
時には、学生時代のピュアな気持ちに戻って、自分自身の中で「卒業」をテーマにして、何か物事をやり遂げるのもいいかも知れませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月01日

37373達成

本日めでたくカウント37373達成致しました。
これも日頃、当サイトへお越し頂いている、皆様のお陰です。
本当にありがとうございます。

今回のカウントゲットは、「あんずさん」でした。
おめでとうございます。
今まで、アクセス制限をかけると、複数ゲット者が出てしまい、アクセス制限を外すと、一気に回ってしまうことから、いろいろと検討しておりました。

今回は初めて「キリ番機能付カウンター」なるものを、試しに設置してみました。
指定された番号になると、お祝いのメッセージが出るはずだったのですが、表示されなかったようで、HITしたあんじゅさんには、余計な手間をとらせてしまいました。
カウントテストしてから、設置したら良かったのですが、何せ時間がなくて、ぶっつけ本番になってしまいました。申し訳ございません。

しかし、このカウンター、なかなかすぐれ物で、他にもいろいろ機能があるので、このまま使おうかと思っています。
現在は、無料お試し期間中ですが、その後有料になります。
しかし、有料分の金額お支払いしても、十分なだけの機能だと思うので、検討していきたいと思います。

今回、バナナムーンの絵本の出版が決まったことで、プレゼント商品としては、最後になり、バナナムーンの絵本を希望された方が、何人かおられました。
本当は全員にプレゼントしたいくらいの気持ちなんですが、何せコストと手間がかかる絵本でして、誠に申し訳ございませんが、今回で最後とさせて頂きます。

代わりといっては何ですが、次回からは「クジラの夢」の絵本を予定しています。
コチラもコスト&手間がかかることに、変わりはありませんが、手作り絵本としてプレゼント致します。
次回も是非、皆さん狙ってくださいませ。次回のカウプレは40000です。
これからも、デザイン工房アイランドを、どうぞよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記