2005年02月19日

絵本新人賞

掲示板でも報告させて頂きましたが、私が制作している絵本「バナナムーン」が、ARTBOXさんの第4回絵本新人賞の新人賞を受賞致しました。

昨年の夏に友人デザイナーと、共に作品展を開催するにあたり、長年制作してみたかった絵本制作にチャレンジ致しました。
作品展でも、私の周囲でも、思いの他好評でしたので、駄目元でARTBOXさんの「第4回絵本新人賞」出品させて頂きました。

昨年の10月頃に一次審査の結果が発表され、2〜300の応募の中から入選として5作品が選ばれ、バナナムーンもその中にノミネートされました。
今回初めて制作した絵本でしたので、一次審査に残っただけでも、十分満足していましたが、その中から一作品を絵本新人賞として選ぶということで、願わくば・・・・と祈る心境で結果報告を待っておりました。

そして本日、届いたARTBOXさんからの封書。
POSTに入っていたのを見つけたのは嫁さんでした。
出かける前で、私はトイレに入っており、嫁さんから「ARTBOXさんから何か届いてるで〜」と言われ、てっきり別件でイラスト掲載予定のNEW illustration Fileの校正かと思いました。

現代のイラストレーターの作品を掲載する、イラストレーションBookに、私も掲載をお願いしていて、その色校正等で数日前にも封書が届いていたので、その件だと思っていました。

しかし、封を切った嫁さんが「えぇ〜」と声をあげたので、慌ててトイレを出てみると、絵本新人賞受賞の案内の封書でした。
そこには、まぎれもなく私の名前と、作品名が記されているではありませんか。
もうビックリで、嫁さんと顔を見合わせて、お互い目が点になっていました。

昨年の11月に、一次審査を通過した5作品の、二次審査として面接を行っていたので、私も日帰りで東京まで行きました。
その時に、ARTBOXの担当者や、代表の方にお会いしてお話をさせて頂きましたが、今回はかなりレベルが高いということで、5作品に絞るまでかなり悩んだ。とお聞きしました。
ですから、どの作品が選ばれてもおかしくない状態でしたので、今回受賞できたということは、自分の中でも奇跡に近い思いがあります。

今後、多少の手直しを経て、出版を予定しているようなので、自分の絵本作品が多くの方々の目に触れるのか。と思うだけで、期待と不安と責任感で妙なテンションになっています。

私がこのアニマルイラストを描き始めてから、まだ一年ちょっとなんですが、その間、多くの方々から様々な感想や励まし、アドバイスを頂き、今回の絵本新人賞に繋がったと思っています。
サイトを通じて、また直接作品を通じて、多くの方々のパワーを頂いている気が致します。本当にありがとうございます。

今回の受賞で終わりではなく、これが始まりですので、これからも自分自身の中にある、伝えたい思いを絵にして、また絵本にして、少しでも多くの方々の心に染みわたる作品を、創作していけるよう頑張りたいと思います。
皆さん、これからもどうぞ、よろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本