2005年01月17日

あれから10年

あれから10年も経ったんですね。
10年前に阪神・淡路地区を襲った大地震、「阪神・淡路大震災」のことは、つい先日のように思い起こされます。

私の住む奈良では、殆ど被害は無かったのですが、それでも朝方のあの揺れには驚きました。
そしてもっと驚いたのが、テレビで見た神戸地区の被害状況でした。
まるで映画を見ているかのような映像に、何とも言えない不安と恐怖を感じたのを覚えています。

家族を亡くされた方、家を失った方、大勢の方が被災されました。
被災された方々にとっては、10年という歳月は、長いようで短い月日だったのではないでしょうか。
悲しみを乗り越え、辛さを耐えて、街は見事に復興しましたが、被災された方々の心には、いまも当時と変わらない傷跡が残っていると思います。

昨年の新潟・中越大地震、そしてスマトラ沖大地震・大津波と、地震の恐ろしさを、再び目の当たりにしました。
地震は起きてほしくはないですが、地球が活動している限り、避けては通れない自然現象だと思います。

今回の津波の教訓もありますが、地震が起きた時の行動を、常にシュミレーションしておかなくてはいけないのでしょうね。
スマトラの津波も、もっと津波に関する知識があれば、あれほどの犠牲者を出さずにすんだのではないかと思います。

自然災害は、いつ・どこで・どのように発生するか、全く検討がつきません。
日本を含め、世界各地で起きている、様々な自然災害を、対岸の火事として捉えないで、我が身の事に置き換えて考えなくてはいけませんね。

自然とは人間を優しく包み込んでくれますが、時として凶暴な牙をむきます。
その時の人間は無力です。自然災害に遭わないのが一番なのですが、最悪の場合のシナリオを想定して、日頃から災害意識をしっかり持って行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと