2005年01月12日

Macworld SF 2005

ぬおぉ〜〜〜〜、昨夜「私が欲しい物」なんてつぶやいていたのに・・・・・。
Appleめ、やってくれおるわい。また欲しい物が増えたやないかい。
今までもiPod欲しいって思っていたけど、今回のiPod Shuffleと、iLife'05とiWork'05はかなり欲しいな。
欲を言えば、Final Cut ExpressHDも欲しい。う〜ん困ったぞ。

こうやって、1万前後の物を数点買うと、気がつきゃ5万くらい使ってしまって、結局大きな買い物は諦める形になるんですよね。
でもやっぱり欲しいなぁ〜。

ここ見ている人で、Macを使っている人って、結構いると思うんですが、iLife持っている人いるんでしょうか?
まずOSXを使っているのが前提になってしまうので、その時点で減ってしまう可能性ありますね。
最近Macを買った人なら、最初からOSに組み込まれているので、iPhotoやiTunes使っている場合もあると思いますが。

結構便利なんですよね。特にiTunesとiPhotoはもう必需品に近いですね。
音楽聴くのはiTunesでじゃんじゃん聴いていますし、デジカメ繋げば自動的にiPhoto起動して、ボタンひとつで写真データ取りこめますからね。

iMovieはあまり使っていませんが、iDVDは結構使いますね。
Final Cut Expressで作ったMovieを、iDVDに取り込んでDVD-Rに焼けば、そのままDVDプレイヤーで再生できますからね。

今回のiLife'05で、各アプリケーションともに、いろいろと機能アップしているようなので、やはり欲しいところですね。値段も8,190円と手ごろだし。

iWork'05もプレゼンソフトのKeynoteがバージョンアップされたのと、Pagesというワープロソフトがセットになっているようです。
Windowsで言うなら、PowerPointとWordのパッケージというところでしょうか。
Pagesは初めて登場するソフトなので、その評価は未知数ですが、Keynoteは私自身かなり気に入っているので、今回のバージョンアップはとても嬉しいです。
仕事として使う機会は少ないのですが、とても使いやすく、テーマのデザインも美しいので、Keynoteを使ってからはPowerPointは全く使わなくなりました。
ただひとつ残念だったのが、Keynoteで作ったファイルをWindowsやKeynoteの入っていないMacで再生する場合。
QuickTimeかPowerPointかPDFで書き出すしか方法がありませんでした。
QuickTimeだと、Movieとしてそのまま流すだけなので、インタラクティブ性がなく、プレゼンテーションとしては使えません。
PowerPointに書き出すと、Keynoteで用意されている機能は全て使えなくなってしまい、せっかくデザインに凝って作っても、ただのプレゼンテーションになってしまいます。
PDFに書き出した場合も同様のことが言えます。

しかし今回のバージョンアップで、Macromedia Flashファイルとして書き出せるので、インタラクティブ性がかなり期待出来そうです。
そう考えると、う〜んやっぱりこれも欲しい。
でも、もう少し待って、各誌の評価等見てから決めよう。

あ〜〜〜欲しい物だらけになってしまったぞ〜。
年末ジャンボでも当たってりゃね(^^;)

ちと今日はかなり専門的なつぶやきになってしまいました。
大半の方には???な内容だったと思います。スミマセンm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh