2005年01月08日

アイデアのオンパレード

何気なくテレビのチャンネルを回していた時、ふと目に止まった「欽ちゃんの仮装大賞」
他に興味のある番組が無かったこともあって、しばらくボ〜っと見ていました。
この番組を見るのは何年ぶりでしょうか?昔はよく見ていたのですが、途中から面白くなく感じて全然見ていませんでした。

しかし、今日久々に見てビックリしました。
昔見ていた仮装大賞とは、アイデア・技術・演技等々、物凄くレベルアップしている感じがしました。
チャンネルを回しながら、つまみ食いならぬつまみ見するつもりでしたが、いつの間にか見入ってしまいました。

全体的に感じたのは、見せ方がとてもうまくなったということです。
テレビの画面が切り替わる様に、前からの視覚・上からの視覚・スロー再生等、いろんな表現方法が出てきました。
さらには遠近感も工夫されていたり、まるで映画の画面を見ているような、緊張感さえ漂わせる作品もありました。

中でも優勝した作品は、女性が一人で部屋にいる時のホラー現象を、演出しているのですが、まるで複数のカメラでパンするかのように、次々に見せ方が変わります。
演技も抜群で、まるでホラー映画を観ているような恐怖感が、十分に伝わってきました。

他にも素晴らしい作品が、たくさんありましたが、優勝した作品は群を抜いていたと思います。
仮装大賞ならではの、子供たちによるほのぼのした作品から、思わずクスッと笑える作品まで、いろんな作品が出てきました。

途中から見たので、最初の作品は見ていませんが、十分楽しんで見れました。
最近見ていなかったのですが、久しぶりに見て「アイデアが凄いな〜」と感心しました。また次回が楽しみですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記