2005年01月07日

民営化できるの?

今年のお正月は、昨年父が他界した事で喪中でしたので、年賀状が殆どありませんでした。
年賀状ってお正月の楽しみのひとつなので、その年賀状が来ないってのは、やっぱり寂しいものですね。

私自身は喪中でも年賀状での挨拶してもいいのにな〜と思うのですが、やっぱり一般的には喪中の案内出しますので、私も出しました。
喪中の案内出してなかった方や、昨年初めてお知り合いになった方々から、年賀状を戴きました。
数少ない年賀状ですので、とっても嬉しいですね。ありがとうございます。

早速お返事を出そうと思い、レイアウト作業をしましたが、ハガキが無かったため年賀状ではなく、普通のハガキを購入してきました。
しかし、嫁さんが間違えて再生紙のハガキを買ってしまい、郵便局でインクジェット紙用に変えてもらおうと、未使用のハガキを持って行きました。

しかし、そこで驚くべき事実が・・・・。
私は全く未使用のハガキなので、そのまま交換してもらえるものと思っていたんですが、何と1枚につき5円の手数料がかかると言うのです。
何で???いったい何の手数料なの???

プリントミスの年賀状なら、同様に1枚5円で交換してもらったことがありますが、全く使ってない買った状態のままのハガキを交換するのに、何で手数料が発生するのだろう?

郵便局のおっちゃんも「すみませんねきまりなので・・・」と言っていたが、どうにも納得がいかないな。こんなこと一般のお店で通用するだろうか。
一般のお店で買った物を、「間違えたので交換して欲しい」と言ったら、「手数料5円になります」なんて聞いたことないぞ。
民営化するのなら、意識もしっかり民営化して欲しいものだ。

郵便局の悪口を書くつもりはないが、正月にもお隣さんの年賀状が、間違えて我が家のポストに入っていて、持っていったらお隣さん家にも、ご近所さん宛の年賀状が多数紛れ込んでいた。それも3〜4軒分。
おそらく仕分けのアルバイトが間違えたのだろうが、あまりにも雑過ぎる。

もうひとつ、私もよく使うEXPC500(エクスパック500)、A4サイズの書類が入る物で、重さに関係なく全国一律500円で送れて便利なのですが、「POSTにそのまま投函できる」という謳い文句がウソだったらしい。

ネットで見たのですが、全国に設置されているPOSTの70%には入らないらいしのです。
新しいPOSTは口が広くなっているが、昔設置された古いタイプのPOSTには入らないそうです。そりゃ〜アカンやろ。

民営化に向けて動いている郵便局ですが、こんな状態で民営化したら、普通の企業ならクレームの嵐です。
しっかり意識も民営化に向けて改善してもらいたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと