2005年01月31日

運転してますか

きゃ〜今日で一月も終わりじゃないですか(@@)なんて早いんだ〜
どうしてこうも歳と共に、時間の経過が早くなるんでしょうか。
明日から二月ですね。かな〜〜〜り寒くなりそうですので、皆さん注意しましょうね。

さて最近感じることがあるのですが、皆さんは車の運転されますか?
私は子供と嫁さんの送り迎えをするため、ほぼ毎日車を運転しています。
時間にすれば、ほんの数十分なんですが。
で、その最近感じることとは、車の運転のことです。運転していて、思わず叫びたくなるような、運転をする人が多いような気がするのです。

今朝も子供を託児所に送って、その次に嫁さんを病院に送るために車を走らせていました。
病院の従業員入り口の道路に左折しようとしたのですが、そこは道が狭いため、対向車がくると一方通行状態になり、どちらかが待たなくてはなりません。

ちょうど対向車が走ってきていて、カーブミラーで確認できたので、左にウインカーを出しながら対向車が出てくるのを待っていました。
2台続けて来て、一代目が出てきて左折しようとしていましたが、ちょうど学生達が自転車で横切っていて、すぐには出てこれません。
結果的に私も左折できないので、待っていましたが、突然後ろから車が追い越して来ました。直進する車だと思っていたら、突然私の前で左折して、対向車のくる狭い道を無理やり対向して行きました。

これには私も嫁さんも、開いた口がふさがりません。
一歩間違えれば事故になりかねない危険な状態です。対向車が通り過ぎた後、嫁さんを下ろす時に見ると、何と同じ病院の職員でした。
急いでいたのかも知れませんが、いくらなんでもあの運転は許せません。

今日だけに限ったことではなく、最近よくウインカーを出さずに曲がる車や、赤信号で止まった後ろから、アクセル吹かして信号無視して走る車など、本当に目を疑う運転をよく見かけます。
それから、やたらとクラクション鳴らす車。

みんな車を運転すると「自分が先に行くもの」と思い込んでいるのでしょうか。
確かにハンドルを握ると人格が変わるといいます。私もそのタイプだと思います。でも、そんな運転は絶対にしません。
事故を起こしたら大変ですし、そんな運転をしたら、周りの車に迷惑をかけて、嫌な気持ちにさせると思いますから。

自分中心で考えて運転していると、周囲がどう思おうが知ったこっちゃない。という感じなんでしょうね。
「急がば回れ」と言うように、急いでいる時ほど、慎重に冷静に運転しなきゃいけないと思います。
車一台抜かしても、何も得することないし、事故の危険性を高めて、周りに嫌な目で見られるんですから、むしろ損しているということを考えて欲しいですね。

朝は特に忙しいので、皆さんも時間に余裕をもって車の運転しましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年01月30日

次はマジレンジャー

今日は日曜日、子供にとっては戦隊ヒーローデカレンジャーがある日なので、朝はゆっくりと寝ていられない。
しかし、自分で起きれる訳も無く、寝坊して見れなかった日には、朝から駄々をこねて、最後は私に叱られてべそをかくのが落ちである。

日曜の朝から怒鳴る私の方も嫌なので、今朝は7時に起きて、テレビをつけて子供を起こし、それからまた寝た(笑)
子供にとっては、デカレンジャーを見るのが楽しみなのだが、実は来週でデカレンジャーも終わる。そしてまた新しい戦隊ヒーローが出てくるのだ。
次は「魔法戦隊・マジレンジャー」だそうだ・・・・マジっすか(笑)
デカレンジャーの時もそうでしたが、最初見ると「うわぁダッセ〜(この言葉自体が古いか)」と思ってしまう。そのうち慣れてくるのだが、どうも最初は違和感があるんですよね。
でも、子供にとってはそんなこともないようで、マジレンジャーに変わったら、すぐにマジレンジャーに染まってしまうんでしょうね。

しかし、この戦隊シリーズは、本当に親泣かせです。
新しい戦隊ヒーローに変わる度に、子供は新しいヒーローのおもちゃを欲しがります。
絶対に戦隊ヒーロー番組と、おもちゃメーカーはグルだと思います。
最初、普通のヒーローなんですが、途中からバージョンアップして、新しいおもちゃが出ます。子供はまた欲しがります。

デカレンジャーも、最初は5人だけだったのですが、途中でボスがいきなり変身して「デカマスター」として登場しました。
そしてロボットも、新しいロボットが登場。さらには「デカブレイク」という新しい仲間が加わって、そのロボットが登場。さらにさらに、デカレンジャーも何やら色んなパーツをつけた、スペシャル仕様が登場・・・・と、その度におもちゃも出るわ出るわ。

一度買ってしまうと、次から次へと子供が欲しがるので、絶対に買わないことにしています。
安い物は時々買ってあげますが、ロボット等は絶対に買いません。
6〜7,000円もする物が、次から次へと出てきては、たまったもんじゃありません。

毎回思う事なのですが、この不況の世の中。おもちゃメーカーだけは、絶対に不況じゃないのではないかと思います。
子供のおもちゃって、なるべく買わないようにしていますが、時々は買い与えるし、親が買わなくても、おじいちゃん・おばあちゃんが買いますからね。
戦隊ヒーローの諸君、地球を悪から守りながらも、家庭の財布も守ってくださいな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月29日

春は嬉しいけれど

しばらく暖かい日が続いておりましたが、明日からこの冬一番の寒波がやってくるらしいですね。
ネットの週間天気予報見ても、最高気温が2℃とか3℃とかいう日があるし、最低気温なんかは-6℃なんて日もある。
うひゃ〜〜〜〜〜寒くなりそう(><)
急激に寒くなると、身体がついていかないので、体調崩す要因になりますから、皆さんくれぐれも注意しましょうね。

突然話は変わりますが、今年は花粉が凄いらしいですね。例年の4倍とも5倍とも言われています。
花粉症の方々にとっては、春が来るのは嬉しいけど、花粉が舞うのは辛い季節になりますね。

私はお陰様で花粉症にはなっていませんが、花粉症って誰でもなるらしいですね。
昨年までは何ともなかった人が、突然花粉症になるらしいので、私も人事ではないなぁ〜と思っています。
皮肉な話ですが、今年の大量花粉で、花粉症対策用のマスクや薬等が、かなりの売上げを期待できるようで、花粉症による経済効果が期待できるそうです。

景気回復の足がかりになってくれたら嬉しいですけど、花粉症の人にとっては何とも辛い話ですよね。
花粉症にならずに、景気が回復してくれるのが、一番望ましいのですが、避けては通れないのでしょうね。

寒〜い季節が終わったら、次は花粉が舞ってきて、試練続きですが暖かい春を待って、耐えましょう。
あ、でもゴールデンウィーク頃まで花粉飛ぶって言ってたな(^_^;)
まぁ花粉症で鼻むずむずするのも、目がかゆくなるのも、生きてる証しと思って、頑張っていきましょう。
花粉症でない私が言っても、何の説得力もありませんが、こればっかりは仕方ないので、花粉症の皆さん、何とか頑張ってのりきって下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月28日

涙そうそう

皆さん「涙そうそう」という曲をご存知ですか。
BEGINが作曲し、森山良子さんが作詞して、夏川りみさんが歌って大ヒットしたので、知らないという方はあまりおられないと思います。
「涙」と書いて「なだ」と読むのですが、これは沖縄の方言です。でも、奄美でも同じように「なだ」と言います。
沖縄と奄美とでは、言葉は限りなく近いです。元々同じ琉球王国だったので、当然といえば当然なんですけどね。

で、その「涙そうそう」なんですが、この曲を作詞された森山良子さんは、「涙そうそう」というタイトルと曲のメロディを聴いて、亡くなったお兄さんのことを、思い出しながら作詞したらしいです。
そう聞いてから、改めてこの曲を聴くと胸が熱くなります。

この曲の作詞のエピソードを、テレビ番組の「金スマ」で紹介したところ、同じような境遇の方々から、沢山のお便りが届いて、その方々のノンフィクションの物語を放送していました。
昨年の秋にも放送して、その放送を見て、また同じ境遇の方々からお便りが届いて、本日また放送したという訳です。

昨年の秋の放送も、本日の放送も両方見たのですが、涙無しでは見れない番組です。
決して作り話でも、飾られた話でもない、本当に普通の人たちが普通に生きてきた中で、突然愛する人を失った悲しみ、そして「涙そうそう」という曲を聴いて、自分の境遇に重ね合わせ、また番組を見て勇気づけられていることが、とても解りました。

本当に大切な人、それが親であったり、妻や夫であったり、大切な我が子であったり・・・・。
大切な人に生きて欲しいと、一生懸命頑張って、そして本人も一生懸命生きようと頑張って・・・でも、それでも命が削られていく現実。
その現実を受け止めなければならない辛さ、とても想像できるものではありません。

本日放送された内容で、一番涙したのが、妊娠中に離婚してその後生まれた、たったひとりの可愛い娘を、9歳という幼さで失ったお母さん。
見ていてとても辛かったです。悲しくて悲しくて、そのお母さんの気持ちを想うと、胸が張り裂けそうな想いでした。

災害や病気・事故等で、愛する人を失った悲しみ、辛さというのは、想像を絶するものだと思うのですが、みんなその辛さを日々噛みしめながら、毎日を生き抜いています。
人の命の大切さ、尊さ、そして家族や親子の心の絆の深さ、というものを改めて感じました。
そして、歌というものが、悲しみのまっただ中にある人を、勇気づけ励ましてくれるものだということも、ますます実感しました。

人は生きているのではなく、生かされているのだと思います。
その生かされている中で、たくさんの事を学び、人としていかに生きる事ができるのか。それを探るのが人生なのではないかと思いました。
今日を生きたことを感謝し、明日からも生きる事を祈り、日々心を磨いていかなくてはいけませんね。
本日の番組で、沢山のことを教えられた気がします。
みんな頑張っているんです。私はもっともっと頑張らなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2005年01月27日

睡眠欲

しまった〜完全に寝てしまいました。
ということで、お得意のズルつぶやきしておりますm(__)m
ダメだなぁ〜最近子供を寝かしつけるつもりで、自分が寝てしまう確率が高くなっている。

昨夜も夜中に目が覚めたんですが、そこで起きて何かすると、次寝ようとした時に眠れなくなってしまうことが多いんですよね。
眠りのタイミングって一度狂うとなかなか寝つけないってことありませんか?
眠れない時に限って「寝なきゃ」という気持ちがプレッシャーになって、よけい眠れなくなってしまいます。
ようやく寝付こうとした時に、車の音や物音で目が覚めると、そこからまた眠れない。

人間不思議なもので「寝ちゃいけない」と思うと、逆に眠くなって「寝なくちゃいけない」と思うと、今度は眠れなくなるんですよね。
一番気持ちいいのは、やはりうたた寝(いねむり)状態ですかね。
現実と夢の境目が解らない状態で、ふわふわとした感じの時。現実での物音や、テレビの音なんかが、そのまま夢の中にでて来る事ってありませんか?
目が覚めた時「あれは夢だったんだろうか?」と不思議な感覚になることがあります。
リラックスした状態で、しらないうちに眠りに入るのが一番いいですね。

ただし、車の運転中のいねむりは絶対にしないで下さいね。
最近はなくなりましたが、私も若い頃は、居眠り運転に近いことがありました。
自分では運転しているつもりなのに、気がつくと目を閉じているんですよね。2〜300m進んでいるハズなのに、その間の記憶が無かったり、信号待ちで停止している間に寝ていて、後ろの車のクラクションで目が覚めたり・・・・ということがありました。
最近は眠い時には必ず車を止めて、外に出て深呼吸したり、ガムをかんだり、缶コーヒー飲んだりして、気分転換するようにしてます。

眠い時に眠れるのが、一番いいのかも知れませんが、絶対に寝てはいけない時もあるので、そこは注意したいですね。
皆さんは夜眠れてますか?車の運転中・仕事中居眠りはしないでくださいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月26日

筋肉痛の日々

昨年末よりスポーツジムに通い始めましたが、いや〜参りましたね。
こんなにも自分の体力&筋力が落ちているとは、思いもしませんでした。

毎日(正確には毎日ではないが)運動してても、なかなか体力&筋力って復活しないものですね。
若いうちなら、あっと言う間に筋肉質になって、体力もガンガンついていくのでしょうが、何しろ年が歳だけに、毎日筋肉痛とつき合っている状態です(+_+)

現在は、まずバイク(自転車)で20分程汗をかいた後、マシーンで各筋肉をトレーニングします。これが正直キツイです。
胸の筋肉・背中の筋肉・肩・腕・足・腰・腹と30分ほどかけて、筋力アップに努めます。
最初は軽く感じる重りも、10回やって2セット目の10回の時は、顔が苦痛で鬼のような形相になっていると思います。

そしてそれが終わると、こんどはランニングマシーンでランニング。
ところが最初は20分間走れませんでした(@_@)
足はつるし、心臓は破裂しそうな感じで、途中からは歩いていました。
最近はようやく20分間走れるようになりましたが、それでもスピードめちゃ遅いので、頑張って体力つけてスピードアップさせたいですね。

今までの運動不足のツケがど〜〜〜〜〜んと来た感じですね。
毎日はちょっと難しいですが、なるべく時間をつくって、体力&筋力アップを頑張りたいです。
しかし、筋肉痛が・・・・・・痛い(*_*)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月25日

男の引き際

NHKの海老沢会長がついにと言うか、ようやくと言うか辞任致しました。
でも辞任というよりは、世論からの批評で解任されたと言う感じです。
何でこんなに引き際が悪いんですかね。

過去にもここで「男の引き際」みたいなことをつぶやいたことがあります。
辞める時にはスパッと綺麗に身を引く、それが男らしいと感じるのですが、どうもそう感じさせてくれる人は少ないと思います。

引き際が上手いな〜と感じたのは、阪神タイガースの監督を辞任した時の星野仙一さん。今年で辞めると決めたら、優勝してもスパッと辞めました。
タイガースファンはもちろんの事、多くの人が惜しんで、願わくば続けて欲しい、と思う中スパッと身を引きました。
まぁ、身体的にも限界だったようなので、続けたくても続けられなかったのかも知れません。
それでも、見事な引き際だったと思います。

もう一人引き際が上手いな〜と感じたのが、元官房長官の福田さん。
官房長官の時に、年金問題でやり玉に上げられて、かなりイメージを悪くしました。
しかし、あの時はアチコチにやり玉に上げられた議員がいて、普通ならそのままやり過ごしそうなもの。
でも、突然辞任を表明して、何の未練もなさそうに、スパッと身を引きました。

他にも責任問題を突きつけられた議員が大勢いて、みんないろいろ言い訳しながら、何とか食い下がっている時に、キレイサッパリと辞任していきましたから、とても引き際がよく見えました。
そう言う意味では、福田さんという人は、物凄く知能派なんだなと思います。

今回のNHKの海老沢会長に関しては、全く逆で、散々責任問題を突きつけられ、世論からも批判されながら、しぶしぶ辞めると言う感じです。
それでも辞任ですから、退職金がドバッと1億くらいでるらしい。それはそれでまた腹が立ちますね。
そのお金は国民が払っている受信料ですからね。

どうも世の中の偉い方々は、退く時のタイミングが悪過ぎるように思います。
それだけ名誉も金も大きいのかも知れませんが、それを守ろうとすることで、その人の人間性が露出して、人として男としての価値観を下げているように感じます。
私には金も名誉も無いので、そんな気持ちは解りませんが、これから先、金や名誉を手に入れるような人間になったら、この事をしっかり胸に秘めておきたいと思います。
まぁ、そんな心配をする必要は無いと思いますけどね(^_^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年01月24日

ご出産おめでとう

私の好きなミュージシャンの一人に、「元ちとせ」さんがいますが、なんと女の子を出産していたとのニュースにビックリしました。
昨年始めに、電撃結婚&妊娠で活動を休止していました。夏ごろに出産と言われていましたが、残念なことに流産とのニュースに、ショックを受けたのは記憶に新しいことです。

そろそろ活動再開するのかな?と思っていたので、今回の出産は超ビックリです。
流産の後は、全くそのような話題も噂もなかったので、まさか再び妊娠しているなんて、私もそうですが、周りも知らなかったんでしょうね。
でも、無事女の子を出産したようでお目出度い事です。

彼女の歌声は、奄美の民謡「島唄」がベースになっているので、私にとっては何よりも心を癒してくれる存在です。
特に「ワダツミの木」や「夏の宴」「ハイヌミカゼ」等は、目を閉じて聴くと、脳裏に奄美の風景や情景が浮かんできます。

今回の出産で活動再開はまた延びる事になるのでしょうが、子供を授かった事で、また一味違った魅力の歌声が、完成されるのではないかと期待しています。

彼女にとって、「歌う事=人生」だと思うので、じっくり子育てをしながら、彼女のペースで歌って欲しいと思います。
息の長い、味の有るミュージシャンとして、これからも頑張っていって欲しいですね。ご出産おめでとうございます(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2005年01月23日

毎日寒い

気がつけば1月も後半になり、残り1週間になっていたんですね。
つい先日お正月だったような気がするのですが、相変わらず時の経つのは速いものです。

今年に入ってから一度も写真を撮りに出歩いていません。
寒いのもありますが、やはり冬場は撮る物が少ないので、どうしても撮る機会が減ってしまいます。
雪でも積もったら、大喜びでカメラ持って出て行くんですが、寒いだけだとどうしても暖かい部屋の中で過ごしてしまいますね。

でももうすぐ梅のシーズンです。
昨年は近くにある梅の木を撮影しましたが、今年は他の場所の梅を撮影してみたいです。
一昨年(もっと前かな?)に、市役所の近くの梅の木を撮影したことがあるのですが、昨年は以前撮影した時のような、花の綺麗さが無くて撮影しませんでした。

今年は今の段階では、なんとなく綺麗な花が咲きそうな雰囲気です。
ピンクの花がいっせいに咲くと、ものすごく綺麗になるんですよね。
今年は期待が持てそうなので、楽しみにしています。

寒さはまだまだ続きますが、暦の上では春です。
梅が咲き、桃が咲き、菜の花が咲き始めたら春本番になり、桜が咲き始めます。
毎日寒いですが、温かな春の日だまりを夢見て頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月22日

男の世界だ

今夜のTVで「マグロの一本釣り」をやっていたのを見ました。
最初は何気なくTV点けて、チャンネル回してたんですが、何となく気になって見入ってしまいました。

マグロと聞くと、「トロ」という言葉が浮かび、イコール高級というイメージがする私は、きっと貧乏人なんでしょうね(^^;)
今まではマグロ漁と聞くと、儲かるイメージがしていたのですが、今日のTVを見て、完全に見方が変わりました。

今日のTVで紹介していたマグロ漁は、青森県の最北端の町。
昔からマグロの一本釣りが盛んで、現在も100隻程の漁船があり、マグロを狙って男達の戦いが繰り広げられているようです。

マグロって一匹上がると、300万とも500万とも聞くので、さぞかし儲かるのだろうな。と思っていたのですが、現状はすごく厳しいようです。
マグロを釣ること自体が難しく、なかなか釣れないようです。
しかし、毎日のように船を出し、餌を使っているのですから、釣れなければその分赤字になっていく。何ヵ月も釣れない漁師さんや、一年以上も釣れていない漁師もいるらしいのです。

昔ながらの一本釣りですが、船には最先端の魚群探知器が使われ、マグロの群れを効率良く見つけていました。
しかし、皆がつけているわけではなく、つけたくても金銭的につけられない漁師もいて、それで漁獲量に差がついたりしているようです。

そして魚群探知器をつけても、今までのやり方の違いにタイミングが合わず、なかなか釣れなかったりと、かなり苦労していました。
最後には、魚群探知器に頼らず、長年の感とノウハウで見事に本マグロを釣り上げていました。

昔ながらのマグロの一本釣りの世界にも、生き抜いていくための厳しい世界があるんだなぁ〜と、感動しながら見ていました。
荒海の中で、マグロと一本の釣り糸で勝負をする漁師は、男の中の男でしたね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月21日

コーヒーはいかが

今日は寒かったですね〜今夜もガンガン冷えています。
う〜〜〜寒い(><)

今日はちょこっとだけ、雪が舞っていましたが、すぐに止みました。
寒いことは寒いのですが、雪が降るのとはまた別ですね。
日本海側は大雪の恐れがあるようなので、日本海側の方々どうぞご注意くださいませ。

話は全く変わりますが、皆さんはコーヒーを飲まれますか?
私はほぼ毎日、しかもマグカップに4〜5杯は飲んでいます。
毎朝、コーヒーメーカーで作ったコーヒーを、ステンレスポットに入れて、一日かけて飲んでいます。もちろん砂糖やミルクは入れないブラックです。

なぜコーヒーの話かといいますと、「コーヒーを飲む人は肝臓ガンになりにくい」という記事を見たからです。
なんでも、コーヒーを毎日1杯以上飲む人と、飲まない人とでは、肝臓ガンになる確率が違うらしいのです。
全く飲まない人の6割程度とか・・・・確率が下がるだけで、肝臓ガンにならないという訳ではありません。

コーヒーって身体にいいんでしょうかね?前にも確か「コーヒーを飲む人は糖尿病になりにくい」って記事を読んだ記憶があります。
あくまでも確率の問題で、病気の予防になっているわけではないと思うのですが、コーヒー好きな私にとっては、嬉しいニュースに変わり有りません。

ただし砂糖を入れると、当然糖分なので良くなく、ブラックで飲むのがいいようです。
だから「コーヒーが身体にいい」と言って、市販の缶コーヒー飲みまくっていたら、逆に身体悪くしてしまいますからね。

まぁコーヒーだけに限った話ではありませんが、全ての物において、バランスよく適量に摂取するのが大事でしょうね。
今日のように寒〜〜〜〜〜い日は、お鍋が美味しくてついつい食べ過ぎ、温か〜〜〜〜いお酒が美味しくて、ついつい飲みすぎってことになりかねませんからね。

明日からもしばらく、寒い日が続きそうです。
バランスよく食べて、適量のお酒飲んで、コーヒーも飲んで頑張りましょう。
それにしても寒い(><)今日は早く寝よっと。オヤスミナサイm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月20日

ウインタースポーツシーズン

この冬は暖冬と言われていて、確かに昨年に比べると暖かい気がします。
しかし今日は寒かったです。気温も低く風が痛く感じました。
天気が良かったので雪こそ降りませんでしたが、天気悪かったら絶対雪になっていたでしょうね。

奈良は、年末の大晦日に雪が降って以来、今年に入ってからは一度も雪が降っていません。
やはり暖冬なんでしょうかね。昨年の今頃は寒くて寒くて、最高気温が氷点下1℃って日もありました。今年は雪積もるかなぁ〜。

南国育ちの私にとって、雪は幾つになっても憧れです。
雪が積もると、まるで子供のように喜んでいます。
雪国の人に言わせると、甘ったるいと言われるかも知れませんが、雪が積もった時の銀世界が大好きです。

しかし、ウインタースポーツになると話は別です。
スキー・スノボー全くダメです。全然出来ません(-_-;)
スキーもかれこれ10年前くらいに一度やったきりですし、スノボーなんて一度もやったことありません。
スケートですら、もう15年以上前にやったきりじゃないでしょうか。

もともと運動神経いい方じゃないので、なかなか身体が覚えない上に、季節限定だし、それこそ雪国に定住して練習でもしないと、絶対に覚えられないでしょうね。

10年前にスキーに行った時も、2日間滑って、ようやく少し滑れるようになった程度でした。
しかし、私の嫁さんは北海道出身なので、スキーはお手の物。いとも簡単に滑っているのを見て、無性に腹が立ったのを覚えています(^^;)

またチャンスがあれば、スキーもやってみたいですが、まずはスポーツクラブで筋力&体力アップが先ですね。
雪国の方々は、やっぱり冬になるとスキーやスノボーやるんですかね。
冬真っ盛り、ウインタースポーツも今が一番いい時期ですね。
ウインタースポーツされる方々、くれぐれも怪我しないように楽しんで下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月19日

地震かと思った(^^;)

最近また地震が頻発に発生してますね。
昨夜は新潟中越地方で震度4が、そして北海道釧路方面では、震度5の地震があったようです。

Yahoo等の地震情報を見て見ると、毎日のように小さな地震が発生しているんですね。
日本全国で、地震の発生しない日は無いんでしょうね。毎日地震が発生していると思うと、ちょっと怖い感じがしますが、逆に考えるとエネルギーが小出しに放出されているので、一気に溜まって大きな地震になるよりいいのかもしれません。

そんな事を考えながら仕事をしていたら、突然グラッときました。
ワァ〜地震だ〜〜〜(@@)・・・・と思ったら、近くで工事をしている振動でした(^^;)

家の近くの道路でガス工事のために、アスファルトを掘り返して作業をしているようで、その時の振動で家が揺れていたようです。
しかし、揺れる度にドキッとして、何度揺れても慣れませんでした。
明日もまたやるのかな〜これでもし本当の地震きたら、きっと解らないだろうな。

それにしても、工事の振動だけでも結構揺れるんですね。
仕事部屋が2階なのもありますが、地震の揺れなら震度2くらいの揺れのような気がします。
地面ってやはり振動が伝わりやすいものなんでしょうか?

よく大地震の前には、動物が異常な行動を起こすといいますが、昨年の9月に奈良でも大きな地震があった時に、橿原市にある昆虫館のクツワムシが、突然いっせいに鳴くのを止めたそうです。
他にも阪神・淡路大震災の時にも、地面の中から越冬中の虫が沢山でてきたらしく、昆虫には何か地面から伝わる微妙な物を感じ取っているらしいです。
今後の地震対策のひとつとして、その方面の研究も進められているようです。

しかし、工事現場の振動には、虫は反応しないのだろうか?
いちいちそんなのに反応してたら、生きていけないか。
きっと地震の場合には、何か違うもので感じ取っているんでしょね。
明日も工事続くのかなぁ〜。早く終わってほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月18日

マイホーム設計しませんか

私が毎月買っているマガジンのひとつに、Macintosh専門誌の「MAC POWER」という本があります。
Macについての情報や、周辺機器、その他のデジタル製品の情報がいろいろ掲載されていて、毎月楽しみにしております。

しかし、ふと気付いたのですが、昔はおまけで付いているCD-ROMの中身を楽しみにしていたのですが、最近CD-Rの中身を全く見なくなりました。
昔はフリーソフトをインストールして、楽しんでいたのですが、最近はフリーソフトも殆ど見なくなってしまいました。

今日も本日発売のMAC POWERを買ってきて、一通り読んだのですが、やはりCD-Rは見ずに終わろうとしていました。
しかし、ひとつ気になるソフトのデモ版が付いていて、久々にCD-Rを取り出し、インストールをしました。

そのソフトは「デザインホームCG」という物。
読んで字のごとく、家をデザインするソフトです。
予め用意されている、パーツを配置していって、家の見取り図が作成できるのです。
そして面白いのが、自分で設計した家を立体のCGで見れるということ。
最初はちょっと遊ぼうと思って、使ってみましたが、思いの他ハマってしまいました。

誰もが一度くらいは、自分の頭の中で「こんな家がいいな〜」と、想像した事があると思います。
そんなイメージを、より具体的に形にできるのです。

CGと言っても、そんなめちゃくちゃリアルな物ではありませんが、おおよその雰囲気は十分に楽しめます。
今住んでいる家は、建て売りでしたので、自分で「こんな家にしたい」という思いが入っていません。一度くらいは、自分で設計した家を建ててみたいものです。

デモ版ですので、使える機能は限られていますが、それでも十分に楽しめました。
価格も12,800円なので、真剣に家を設計してみたい人には、オススメかも知れませんネ。
私も自分で家を設計できるような時が来たら、こんなソフト使っていろいろ考えてみたいですね。夢のまた夢の話ですが・・・・(^^;)

050118-1.jpg

050118-2.jpg

050118-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月17日

あれから10年

あれから10年も経ったんですね。
10年前に阪神・淡路地区を襲った大地震、「阪神・淡路大震災」のことは、つい先日のように思い起こされます。

私の住む奈良では、殆ど被害は無かったのですが、それでも朝方のあの揺れには驚きました。
そしてもっと驚いたのが、テレビで見た神戸地区の被害状況でした。
まるで映画を見ているかのような映像に、何とも言えない不安と恐怖を感じたのを覚えています。

家族を亡くされた方、家を失った方、大勢の方が被災されました。
被災された方々にとっては、10年という歳月は、長いようで短い月日だったのではないでしょうか。
悲しみを乗り越え、辛さを耐えて、街は見事に復興しましたが、被災された方々の心には、いまも当時と変わらない傷跡が残っていると思います。

昨年の新潟・中越大地震、そしてスマトラ沖大地震・大津波と、地震の恐ろしさを、再び目の当たりにしました。
地震は起きてほしくはないですが、地球が活動している限り、避けては通れない自然現象だと思います。

今回の津波の教訓もありますが、地震が起きた時の行動を、常にシュミレーションしておかなくてはいけないのでしょうね。
スマトラの津波も、もっと津波に関する知識があれば、あれほどの犠牲者を出さずにすんだのではないかと思います。

自然災害は、いつ・どこで・どのように発生するか、全く検討がつきません。
日本を含め、世界各地で起きている、様々な自然災害を、対岸の火事として捉えないで、我が身の事に置き換えて考えなくてはいけませんね。

自然とは人間を優しく包み込んでくれますが、時として凶暴な牙をむきます。
その時の人間は無力です。自然災害に遭わないのが一番なのですが、最悪の場合のシナリオを想定して、日頃から災害意識をしっかり持って行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年01月16日

子供の恐怖?体験

「今日は天気が荒れ模様」と聞いていたので、朝から家の掃除や片づけをしていました。
しかし思いのほか天気が良い。晴れ晴れというわけではないが、晴れ間も覗いている。
最近休みの日でも、買い物に行くくらいで、子供と遊ぶことがあまりないので、今日は昼から奈良公園に行く事にしました。

子供は早く行きたくて「早く片づけ終わって〜」を連呼、しまいに「手伝う〜」と言っては、いろいろと手を出してきます。
逆にそれが足手まといになりながらも、なんとか片づけを終わらせ(正確には終わっていないが(^^;))奈良公園へ出発。

しかし途中で、遊び負道具を何一つ持って来ていないことを、お母ちゃんから聞かされ、すねモードに入った。
「遊びたい物があったら自分で持ってこなあかんやろ」と、私に怒鳴られてさらにすねた。納得いかない我が子は、何度も私に怒鳴られながらも、奈良公園に近づいてくるとご機嫌モードに変わっていった。
子供って気分転換が早いですよね。

奈良公園でお弁当を食べていると、大きな黒い鹿が、他の人の食べている弁当を狙って近づいてきました。
そこで何も貰えないと解ると、今度はこっちにゆっくりと近づいてきます。私の横まで来て、じ〜〜〜〜っと見つめています。
しかし、ここで何かあげたら最後、しつこく付きまとわれるので無視していましたが、突然私の後ろを通って子供の所に向かいました。
動物的本能で「子供が狙い目」と解ったんでしょうね。そして子供も動物的本能で「これはヤバイ」と解ったんでしょう。すかさず私とお母ちゃんの間に逃げ込みました。
狙いは子供が手に持っていたおにぎりだと思います。

しかし、鹿はお弁当を入れてきた紙袋を嗅いだかと思うと、突然紙袋をくわえて食べ始めました。
お母ちゃんが取り換えそうとしますが、逃げて離しません。最終的に私がスキを見て取り返しましたが、もうすでに紙袋の役目は終わっていました(^^;)

何とか鹿にご飯を横取りされずに済みましたが、お陰ですっかり子供は鹿恐怖症になりました。
小さい鹿なら問題ありませんが、大きめの鹿が居ると私の後ろに回って隠れて歩いていました。
子供にとっては自分よりも背丈の大きい動物になりますからね。大人でも怖いと思うハズですから、子供にとっては自分のおにぎりを狙われて、物凄く怖かったんだと思います。

奈良公園に行くのを、今まではすごく喜んでいましたが、はたして次からは喜ぶのでしょうか?
トラウマにならなければいいのですが(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月15日

初体験

私の仕事は100%デスクワークなので、どうしても運動不足になってしまいます。
そこで、昨年末よりスポーツジムに通い始めたのですが、自分の体力の無さに自分自身呆れ返っています(笑)
少しずつ体力と筋力をつけるために、頑張っていきたいと思います。

スポーツクラブに入会した時に、アンケートがあって「ダイビングに興味がありますか」という欄があったので、○をしていたら、ダイビング体験の案内連絡がありました。

ダイビング体験といっても、海に潜るわけではなく、ダイビング用のプールで泳ぐだけなのですが、一度もやったこと無かったので、体験しに行ってきました。

スポーツクラブのプールの奥に、5mの深さのダイビング用のプールがあります。
インストラクターの方に説明を受けながら、ダイビングスーツとタンクを背負って、まずは水の中で呼吸をする練習です。

今まで海で育って海で泳いできた私にとって、水中で呼吸をするというのは、物凄く不思議な感じがしました。
身体が息継ぎすることを、覚えているので、どうしても水面へ上がる意識が残っていて、呼吸をしていても何だか不安な感じになりました。

しかしインストラクターの方が、水中で会話をするための、ボードとペンで、私にいろいろ質問してきて、私もボードに書いて答えて、としているうちにどんどん慣れてきました。

そして次は5mプールの中へ、いよいよ泳ぎ出します。
フィン(足ひれ)も着けて、気分はもうダイバーです。下まで潜ってみたかったのですが、やはり潜るにはライセンスがいるという事で、今回は上をぐるぐる泳ぐだけでした。

息継ぎしないで、水の中をずっと見る事ができるのって、凄い楽しいですね。
泳ぎながら「これが海だったら」と想像しただけで、ワクワクしてしまいました。

昨年奄美に帰った時に、デジカメ水中キットで、海中撮影してきましたが、素潜りで撮るにはかなり難しかったです。
やっぱりダイビングしないと無理なんだなぁ〜と痛感していたので、今回の体験はとても貴重なものでした。

しかし、問題はやはりお金(涙)
ライセンスを取るのに、学科や実習を受けて、海洋実習を受けてはじめてライセンスが取得できます。
学科や実習は大した金額ではないのですが、海洋実習は海まで出かけていくので、やはりお金がかかります。旅行に行くのと同じようなものですからね。

海洋実習は、和歌山の白浜等でもやっているらしいのですが、せっかくならやはり沖縄とかの海で潜ってみたいです。
そうなるとやはり10万円くらいは必要でしょうネ。
さらに、ダイビングスーツ等を揃えなくてはいけないので、そちらの方もお金がかかります。

今すぐには始められないのですが、近い将来必ずライセンス取りたいと思います。
奄美に帰れば、いつでもダイビングできる環境があるのに、ただ素潜りだけで終わらすのはもったいないですからね。
いつの日か、自前のダイビングスーツ一式揃えて、ライセンス取って、もう一度海中撮影にチャレンジしてみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月14日

ビックリしました

女優の杉田かおるさんが電撃結婚しましたね。
正直私もビックリしました。よくバラエティ番組に出ていて「負け犬」の代表的な存在のように振る舞っていましたからね。

しかし、テレビで見せる部分と、私生活とでは違っていたんですね。
今回はマスコミも、完全に裏をかかれたようです。
テレビ番組で平気で「彼氏と別れた」とか「いい人いたら紹介して」とか、話していましたから、誰しもが結婚なんてことは夢にも思っていなかったでしょう。

またその相手が、会社の会長兼社長で、家柄もよく完全な玉の輿状態です。
本当にビックリの連続ですね。

しかし、私は杉田かおるさんのことは、あまり詳しく知らなかったのですが、彼女かなり波乱万丈な人生を歩んできたようです。
子役でデビューして、3年B組金八先生でブレイクしたのは知ってますが、事務所のトラブルや離婚した自分の父親の借金で、かなり苦労をしてきたようです。

しかしそんな苦労の中を、たくましく生き抜いてきたからこそ、あの存在感のあるキャラクターができ上がったのかもしれません。
苦労の果てに掴んだ、とてつもない幸せな結婚なのでしょうね。
テレビカメラの前ではにかむ姿は、いつものバラエティで見せる表情とは、全く違う幸せな女性の顔でした。

勝ち犬・負け犬(勝ち組・負け組)という言葉自体は好きな言葉ではありませんが、今回の杉田かおるさんの結婚は、負け犬と言われる女性方に夢と希望を与えたと思います。
末永く幸せな結婚生活を送ってほしいものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月13日

疑うこと・信じること

最近またウイルスメールが増えてきている気がするんですが、皆さんのところはどうですか?
毎日、必ずウイルスメールと迷惑メールが届きます。
本当に必要なメールは、半分もないんじゃないかと思うくらい、要らないメールが沢山届きます。

メーラーで迷惑メールは直接「迷惑メールBOX」に入るので、煩わしい内容には目を通さなくて済みますが、そろそろ法律でメールの扱いも真剣に考えて欲しいですね。

よく「このメールはメルマガに登録されて方や、懸賞に応募された方にお送りしています。」と書かれたメールが来ますが、正直そんな懸賞に送ったことないし、「解除はコチラからお願いします」と書かれていたり、「そのまま返信して下さい」と書かれていますが、信用できないので絶対に返信しません。

最近メールに関しても言えますが、POSTに入っているダイレクトメールでさえ、疑いの目で見てしまうようになってきました。
架空請求なんてのもあるので、全てまずは疑ってかかるのが、自分の身を守る第一の手段のような気がしています。

しかし反面、全ての事に疑いの目で見る自分が、とても嫌な存在のような感じもします。
奈良女児殺害事件の事でも、正月に知人と飲みながら同じようなことを話しました。
子供の身を守るために、自分の子供に「知らない人に付いていかないこと」「知らない人の言うことを聞かないこと」等と教えなくちゃいけない。
実際私も子供には、そう言って聞かせています。
しかし、裏を返せばとても悲しい事です。「知らない人は信じるな」と言っているのと同じですから。

現状では隣近所でも、顔も知らない場合があります。
ましてや子供からしてみたら、自分の家から出たら100%知らない人ばかりかも知れません。
子供が小さいうちから、人を疑う事を教えているような気がして、とても嫌な気分です。

ほんのごく一部の屈折した人間の為に、全ての人を疑わなくてはならないなんて、とても嫌な世の中です。
これからの子供には、疑う事と信じる事、両方を教えていかなくてはいけないのです。
少しでも疑うことが必要のない、そんな世の中になっていってほしいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール

2005年01月12日

Macworld SF 2005

ぬおぉ〜〜〜〜、昨夜「私が欲しい物」なんてつぶやいていたのに・・・・・。
Appleめ、やってくれおるわい。また欲しい物が増えたやないかい。
今までもiPod欲しいって思っていたけど、今回のiPod Shuffleと、iLife'05とiWork'05はかなり欲しいな。
欲を言えば、Final Cut ExpressHDも欲しい。う〜ん困ったぞ。

こうやって、1万前後の物を数点買うと、気がつきゃ5万くらい使ってしまって、結局大きな買い物は諦める形になるんですよね。
でもやっぱり欲しいなぁ〜。

ここ見ている人で、Macを使っている人って、結構いると思うんですが、iLife持っている人いるんでしょうか?
まずOSXを使っているのが前提になってしまうので、その時点で減ってしまう可能性ありますね。
最近Macを買った人なら、最初からOSに組み込まれているので、iPhotoやiTunes使っている場合もあると思いますが。

結構便利なんですよね。特にiTunesとiPhotoはもう必需品に近いですね。
音楽聴くのはiTunesでじゃんじゃん聴いていますし、デジカメ繋げば自動的にiPhoto起動して、ボタンひとつで写真データ取りこめますからね。

iMovieはあまり使っていませんが、iDVDは結構使いますね。
Final Cut Expressで作ったMovieを、iDVDに取り込んでDVD-Rに焼けば、そのままDVDプレイヤーで再生できますからね。

今回のiLife'05で、各アプリケーションともに、いろいろと機能アップしているようなので、やはり欲しいところですね。値段も8,190円と手ごろだし。

iWork'05もプレゼンソフトのKeynoteがバージョンアップされたのと、Pagesというワープロソフトがセットになっているようです。
Windowsで言うなら、PowerPointとWordのパッケージというところでしょうか。
Pagesは初めて登場するソフトなので、その評価は未知数ですが、Keynoteは私自身かなり気に入っているので、今回のバージョンアップはとても嬉しいです。
仕事として使う機会は少ないのですが、とても使いやすく、テーマのデザインも美しいので、Keynoteを使ってからはPowerPointは全く使わなくなりました。
ただひとつ残念だったのが、Keynoteで作ったファイルをWindowsやKeynoteの入っていないMacで再生する場合。
QuickTimeかPowerPointかPDFで書き出すしか方法がありませんでした。
QuickTimeだと、Movieとしてそのまま流すだけなので、インタラクティブ性がなく、プレゼンテーションとしては使えません。
PowerPointに書き出すと、Keynoteで用意されている機能は全て使えなくなってしまい、せっかくデザインに凝って作っても、ただのプレゼンテーションになってしまいます。
PDFに書き出した場合も同様のことが言えます。

しかし今回のバージョンアップで、Macromedia Flashファイルとして書き出せるので、インタラクティブ性がかなり期待出来そうです。
そう考えると、う〜んやっぱりこれも欲しい。
でも、もう少し待って、各誌の評価等見てから決めよう。

あ〜〜〜欲しい物だらけになってしまったぞ〜。
年末ジャンボでも当たってりゃね(^^;)

ちと今日はかなり専門的なつぶやきになってしまいました。
大半の方には???な内容だったと思います。スミマセンm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年01月11日

私の欲しい物

一昨日のつぶやきで、子供のおもちゃのことについてつぶやいたが、子供って本当に羨ましいです(^^;)
親って自分のことより、子供の事が優先で、ついつい子供に買い与えてしまいますからね。

自分自身のために何か買うとなると、私の場合、そのまま仕事道具に繋がってしまいます(^^;)
今欲しい物と言われると、一番は一眼レフのデジカメですね。
今使っている物は、もうかれこれ5年程前に買った物なので、画総数が低くてかなり厳しくなってきました。

次に欲しいものとしては、タブレットですね。それも液晶タブレット。
画面に直接ペンで描けるという代物です。
普通のタブレットは、パソコンの画面を見ながら、手元でタブレットで描くという、絵を描く人間からすると、何ともチグハグな手法で描かなくてはいけません。
やはり描いているものと、描かれるものが同じ場所でないと、微妙な感じが出せないのがあります。

しかし、一眼レフデジカメも、液晶タブレットも、どちらも12〜20万円程するんですよね。
簡単にポンと買える値段ではありません。
ましてや、デジカメもタブレットも今現在使っていて、何とか今の物でいけている状態です。おそらく今使っている物が壊れて、背に腹は代えられない時に買うことになると思います(笑)

他にも欲しい物は山ほどありますが、虚しくなるだけなので止めておきましょう。
今年の第一目標として、デジカメ目指して頑張りましょう。
皆さんは、今一番欲しい物ってありますか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月10日

体調不調

すんませ〜ん、思いっきりズルつぶやきしてますm(__)m
本当は1/11に書いてます。
どうも体調悪くて、朝から頭痛くて一日中ゴロゴロしていました。

子供は休みなのですが、嫁さんが仕事のため、朝から子供と2人。
子供は遊びたくて仕方ないようで、「お父さんとお外で遊びたい」と何度も言うのですが、どうにもこうにも頭が重くて、身体がだるくてとても外で遊べる状態ではない。
「しんどいからゴメンな」と子供に言い聞かせて、家の中でゴロゴロしながらTV視ていました。

子供は自分の部屋で遊んでいたかと思うと、ちょこちょこ降りてきて、TVを視ている私の上に覆いかぶさってきます。
しばらくいっしょにTV視てたかと思うと、また自分の部屋に戻って遊ぶ・・・これの繰り返しで一日過ぎていきました。

夜になって嫁さんが帰ってくると、今度は嫁さんにベッタリです。
一人っ子ってこんなもんですかね。どうしても親にベッタリになるようです。

私の方は、薬を飲んで早々と寝たので、だいぶスッキリしましたが、まだ本調子ではない感じです。
無理しないように、ボチボチやっていきますかな。
また日曜日が来たら「お外で遊びたい」って言われるのが、目に見えてるし。
皆さんも、体調管理しっかりして下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月09日

お金の価値観

今日は朝から子供のおもちゃ修理で始まった。
昨年の夏に奄美に帰った時に、おばあちゃんが買ってくれたラジコンカーが動かなくなってしまったのである。

最初は電池切れだったので、電池を買ってきて入れ替えてみたのだが、全く動かない。
リモコン側も車本体側も新しい電池にしたのだが、全く動く気配がない。配線切れなどおこしていないか、バラしてみたのだが、特に切れている部分もない。

ラジコンの故障原因をネットで調べて、そこに載っている方法でいろいろ試してみたが、やはりどうにも動かない。
最終手段として、ハンダコテを持ってきて、電子部品のハンダ付けを再度行ったが、それでも無理だった。

修理に出す事も考えたが、おそらく新品買うのと同じくらいの費用かかるだろうから辞めました。
子供はちょっと残念そうにしていましたが、他にもおもちゃはいろいろあるので、特にこだわっている感じではありませんでした。

しかし、私が子供の頃は、ラジコンカーなんて欲しくても、絶対に買ってもらえませんでした。正確に言うと「買えなかった」と言うのが正しいと思います。
今でこそラジコンカーも、2〜3,000円から買えるようになりましたが、私が子供の頃は簡単に買える値段ではなかったと思います。それに、家が貧しかったので、どんなにねだっても買ってもらえませんでした。

昨年の夏に、奄美のおばあちゃんにもらった時に、私の弟も帰省していて2人で口を揃えて、「俺ら子供の時には絶対に買ってもらえんかったからな〜」と言いながら、子供のラジコンカーで遊んでいました。

子供と一緒におもちゃで遊ぶ時に、私がよく「子供の時にはこんなん買ってもらえんかったな〜」とよく言うので、子供も「お父さん子供の時、おもちゃ無かったの?」とよく聞きます。
「そうやで〜お金無かったから買ってもらえんかった」と言うと「お父さんかわいそう〜」と子供になだめられたりします(笑)

おばあちゃんというのは、孫にはめっぽうあまいようで、今年のお正月にも、お年玉を送ってきました。
おばあちゃんと、あばちゃん(私の姉)と、それぞれ5,000円も送ってきて、子供の卵形貯金箱には、初めてお札が入れられました。

その卵形貯金箱を夕食後に持ち出してきて、中身を取り出している我が子(卵が半分から割れていて、簡単に外れるのでセロテープで留めている)
貯金箱の中には、100円玉が2枚、10円玉が9枚、そして5,000円札が2枚入っています。
子供にはお札より、小銭の方が嬉しいようで、「ねぇこれでいくら〜」と聞いてきました。「全部で290円だよ。これだとトミカのミニカー1台しか買えないよ」と説明すると、「デカレンジャーのロボットは買えないの?」
どうもお札の方が価値が高いということを理解していないようで、「これなら買えるよ」とお札を渡しても、あまりお札には興味がないようでした。

私が冗談で「これ要らないならお父さんが貰うな〜」と、5,000円札を2枚取ると「うん、いいよ〜」と、あっさり・・・・思わず本当に貰おうかと一瞬思ってしまいました。
いやいかんいかん、子供にお金の大切さを教えようと「こっちの方が大切なんだよ、大事にしまっておきなさい」とお札を戻そうとすると、意外な一言が返ってきました。
「お父さん、ラジコンカー買って貰えなかったから、そのお金で買っていいよ」・・・・絶句の後、爆笑。
私があまりに、子供の頃におもちゃを買ってもらえなかったのを、子供に話していたので、子供から哀れみを受けていたのでしょうか。
気持ちだけ受け取って、ちゃんと貯金箱に戻してあげました。

しかし、今はまだお金の価値観がわかっていませんからね。
あと2〜3年もすれば、間違ってもこんなこと言わなくなるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月08日

アイデアのオンパレード

何気なくテレビのチャンネルを回していた時、ふと目に止まった「欽ちゃんの仮装大賞」
他に興味のある番組が無かったこともあって、しばらくボ〜っと見ていました。
この番組を見るのは何年ぶりでしょうか?昔はよく見ていたのですが、途中から面白くなく感じて全然見ていませんでした。

しかし、今日久々に見てビックリしました。
昔見ていた仮装大賞とは、アイデア・技術・演技等々、物凄くレベルアップしている感じがしました。
チャンネルを回しながら、つまみ食いならぬつまみ見するつもりでしたが、いつの間にか見入ってしまいました。

全体的に感じたのは、見せ方がとてもうまくなったということです。
テレビの画面が切り替わる様に、前からの視覚・上からの視覚・スロー再生等、いろんな表現方法が出てきました。
さらには遠近感も工夫されていたり、まるで映画の画面を見ているような、緊張感さえ漂わせる作品もありました。

中でも優勝した作品は、女性が一人で部屋にいる時のホラー現象を、演出しているのですが、まるで複数のカメラでパンするかのように、次々に見せ方が変わります。
演技も抜群で、まるでホラー映画を観ているような恐怖感が、十分に伝わってきました。

他にも素晴らしい作品が、たくさんありましたが、優勝した作品は群を抜いていたと思います。
仮装大賞ならではの、子供たちによるほのぼのした作品から、思わずクスッと笑える作品まで、いろんな作品が出てきました。

途中から見たので、最初の作品は見ていませんが、十分楽しんで見れました。
最近見ていなかったのですが、久しぶりに見て「アイデアが凄いな〜」と感心しました。また次回が楽しみですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月07日

民営化できるの?

今年のお正月は、昨年父が他界した事で喪中でしたので、年賀状が殆どありませんでした。
年賀状ってお正月の楽しみのひとつなので、その年賀状が来ないってのは、やっぱり寂しいものですね。

私自身は喪中でも年賀状での挨拶してもいいのにな〜と思うのですが、やっぱり一般的には喪中の案内出しますので、私も出しました。
喪中の案内出してなかった方や、昨年初めてお知り合いになった方々から、年賀状を戴きました。
数少ない年賀状ですので、とっても嬉しいですね。ありがとうございます。

早速お返事を出そうと思い、レイアウト作業をしましたが、ハガキが無かったため年賀状ではなく、普通のハガキを購入してきました。
しかし、嫁さんが間違えて再生紙のハガキを買ってしまい、郵便局でインクジェット紙用に変えてもらおうと、未使用のハガキを持って行きました。

しかし、そこで驚くべき事実が・・・・。
私は全く未使用のハガキなので、そのまま交換してもらえるものと思っていたんですが、何と1枚につき5円の手数料がかかると言うのです。
何で???いったい何の手数料なの???

プリントミスの年賀状なら、同様に1枚5円で交換してもらったことがありますが、全く使ってない買った状態のままのハガキを交換するのに、何で手数料が発生するのだろう?

郵便局のおっちゃんも「すみませんねきまりなので・・・」と言っていたが、どうにも納得がいかないな。こんなこと一般のお店で通用するだろうか。
一般のお店で買った物を、「間違えたので交換して欲しい」と言ったら、「手数料5円になります」なんて聞いたことないぞ。
民営化するのなら、意識もしっかり民営化して欲しいものだ。

郵便局の悪口を書くつもりはないが、正月にもお隣さんの年賀状が、間違えて我が家のポストに入っていて、持っていったらお隣さん家にも、ご近所さん宛の年賀状が多数紛れ込んでいた。それも3〜4軒分。
おそらく仕分けのアルバイトが間違えたのだろうが、あまりにも雑過ぎる。

もうひとつ、私もよく使うEXPC500(エクスパック500)、A4サイズの書類が入る物で、重さに関係なく全国一律500円で送れて便利なのですが、「POSTにそのまま投函できる」という謳い文句がウソだったらしい。

ネットで見たのですが、全国に設置されているPOSTの70%には入らないらいしのです。
新しいPOSTは口が広くなっているが、昔設置された古いタイプのPOSTには入らないそうです。そりゃ〜アカンやろ。

民営化に向けて動いている郵便局ですが、こんな状態で民営化したら、普通の企業ならクレームの嵐です。
しっかり意識も民営化に向けて改善してもらいたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年01月06日

世界的な対策を

スマトラ島沖大地震による津波の被害が広まっている中、奇跡的に8日間も漂流していた男性が救助されました。
人間の生命力ってすごいんだなぁ〜と感心したと同時に、改めて津波の恐怖を実感させられました。

私自身津波を体験したことはありませんので、その恐怖感というのは想像上のものでしかありませんが、今回の津波の映像を見て、想像以上のものであると感じました。

特にドイツ人観光者の方が撮影していたビデオには、津波の恐ろしさを実感させられました。
大きな波が押し寄せてくる映像が映し出されているのですが、撮影している方も「津波」という認識が無く、撮影しながら奥さんと「物凄い大きな波だな」と話しています。
しかし、漁船がまるで木の葉のように、波にのまれた段階でとてつもなく大きな波で、「危険だ」と察知しているようです。

それからは「危ない逃げろ」という言葉と、必死で走っているため、画像が揺れまくっている映像が映っているだけです。
再びカメラが正常に映像を映し出した時は、津波が押し寄せて何もかも破壊した後でした。

最初この映像を見た時「何で逃げないんだ」と思ったのですが、「津波」という知識がないと「すごく大きな波」というくらいにしか感じないのでしょうね。
海の近くで育った人なら、異常な波の大きさに気付くかもしれませんが、そうでないと解らないのかも知れません。ましてや津波という知識がないと尚更なのでしょう。

今回の津波の被害で「津波」というものが、そしてその恐ろしさが、全世界的に広がったと思います。
物凄い数の犠牲者を出してしまった今回の津波、日本人の犠牲者も多数出てしまいました。
自然災害なので津波の発生を防ぐことは不可能ですが、津波警報システムを、世界全体で構築していかなくてはならないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2005年01月05日

5歳で一人旅!?

昨日のニュースで「長野県で5歳の男の子が行方不明」と聞いて、「またか」と一瞬思いました。
両親・祖父と買い物にきていて、行方が解らなくなったらしく、長崎県の事件と酷似していて嫌な予感がしました。

しかし、今朝のニュースを見てビックリです。
行方不明になっていた男の子が、遠く離れた東京で発見されたと言うのです。
しかも一人で新幹線に乗り、他の電車に乗り換えていて、迷子として保護されたようなのです。

たった5歳の子供が、一人で新幹線に乗り込んで、さらには他の電車にまで乗り換えて、長野から東京まで来ていた。しかも、所持金はゼロ、普通に考えると不可能なことなのですが、小さい子供だから逆に大人の目に止まらずに、改札口等をすり抜けたのでしょうか?

何よりも事件ではなく、無事に男の子が両親の元に戻った事はほっとしました。
最初ニュースを聞いた時は、本当に「あぁまた小さい子供が狙われた」と思ってしまいましたから。

それにしても、この男の子、本当に一人で行動していたんでしょうか?
5歳の子供が一人で新幹線に乗り込んで、そのまま東京まで行って、他の電車に乗り換えることができるんでしょうか?
何よりも不安で泣き出したりして、すぐに迷子として保護されていそうなものなんですが。

話によると、祖父と一緒にいたのですが、祖父に叱られてそのまますねてどこかに行ってしまったようです。
我が家の子供も、よく買い物等に行くとすねますが、一人で親の元を離れていくことはありません。離れてもわかる範囲で様子を伺っています。そして親が見えなくなると、慌てて探し始めます。

本当にこの男の子が、ひとりで行動して東京まで行ったのだとしたら、凄いことなんですが、親が恋しくならなかったんでしょうか?
そこが不思議で仕方ありません。どうしても自分の子供と照らし合わせて見てしまうので、この男の子の行動が謎です。

何事もなく済んで良かったのですが、一歩間違えると悲惨なことになりかねません。
子供は子供らしく、親について行動して欲しいものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月04日

子供とLEGO

だいぶと正月気分も抜けてきて、今日から仕事開始って方もいらっしゃたのではないですかね。
我が家もお母ちゃんは仕事でしたが、子供は託児所が今日まで休みのため、本日は2人でお留守番でした。

正月の間に、託児所の同じクラスの子が遊びに来たりして、子供部屋はまるで泥棒でも入ったかのような状態。
今日は朝から部屋を片づける約束で、一人で片づけていましたが、なかなか進まないようで、何度も私の部屋に入ってきては「片づけられな〜い」と弱音をはいていました。

しかし、私が整理するためのシール(デカレンジャーやプラレール)を作ってあげると、大喜びで早速シールを貼って、どんどん片づけ始めました。
さらに私が「お片づけ終わったら、一緒にブロックで遊ぼうか」と言うと、さらにパワーアップしてなんとか片づけを終わらせました。

ようやくゆっくりと腰を下ろせる部屋になったので、クリスマスにサンタさんからもらった、ブロック(LEGO)を出して遊ぶ事にしました。
LEGOは青いバケツに入った物と、もうひとつ、ロボットが組み立てれる物の二つあったので、まず、ロボットのLEGOの方でいろいろと組立て、ロボットを作りました。
細かいパーツがたくさんあって、アイデア次第で、いろんなロボットが作れそうです。

そして次は青いバケツの方を開けてみると、これはLEGOの基本セットみたいな感じで、家や車・飛行機等が作れるようです。
子供と2人で、大きな家をつくることにしました。
ドアや窓・イス等のパーツもあり、さらには庭にはえている花のパーツもありました。

私も子供の頃に、近所の子供のLEGOでよく遊んでいましたが(家が貧しくて買ってもらえなかったので)こんなに細かなパーツはなかったと記憶しています。
窓くらいはあった気がしますが、その窓の作りも昔より凝っています。

久しぶりにLEGOで遊びましたが、子供以上に夢中になっていたかも知れません(^^;)
LEGOっていくつになっても、楽しめるものですよね。
自分のアイデア次第で、いろんな物を作り出せるので、単なるロボットのおもちゃを買い与えるよりはいいかな?と思い、サンタのプレゼントにしました。
これからも、自分自身で考えて、いろんな物を作り出してほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月03日

初乗り

今日も昨日に引き続き、よく晴れた穏やかな天気でした。
夕方から用事がありましたが、それまでは特に用事がなかったので、家での〜〜〜んびりとしていました。
子供が「公園に行きたい」と言うので、私が連れていくことにしましたが、せっかくだから自転車の練習をしながら・・・ということになりました。

昨年の子供の誕生日に、自転車を買ってあげたのですが、補助輪付きだったので、そろそろ補助輪外して二輪車の練習をしよう。と言っていたのです。
工具を持ってきて、補助輪を外しスタンドを取り付けましたが、なかなかうまくいかず、家の前で四苦八苦して取り付けました。

公園に行く前から疲れてしまい、気分的にも「もうええやん」という感じだったのですが、子供は早く行きたくて仕方ありません。
一生懸命自転車にのろうとしますが、初めての二輪車です、全くできません。
私が後ろを支えながら、ちょっとずつ動きますが、すぐに足を着いてしまいます。

そんなことを繰り返している間に、公園に着き子供はすべり台等で遊び始めました。
私は中腰で子供の自転車を支えていたので、腰も痛くなりベンチで横になりました。
穏やかな天気だったので、気持ち良くそのまま寝てしまいそうでした。

帰りも一生懸命のろうとしますが、やはりなかなか進みません。
私も腰が痛いので、後ろから支えるのは辛く、前のハンドルを引っ張るような形で帰ってきました。
子供は私が引っ張っていても、自分で運転している感覚らしく、「ねぇすごい?」と聞いてきます。
これから、少しずつ練習して乗れるようにならなきゃね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月02日

初売り大渋滞

お正月2日目は、元日以上の晴天に恵まれました。
今日は、大人のための初売りに行ってきました。
天気も良くて、車を運転するのも気持ち良く、順調に走っておりましたが、目的地の「ならファ○リー」の手前数kmの時点で渋滞に巻き込まれました。

大方予想はしておりましたが、駐車場に入る車の渋滞です。
特に急ぐ用事もなかったので、の〜〜〜〜んびりと、渋滞のスピードに合わせて、カメのように動いていました。

道路のすぐ横は、平城宮跡の広場があり、たくさんの人が凧あげをしていいました。
それを眺めながら、まだまだ渋滞は続き、飽きてきた子供はお母さんと尻取り・あっちむいてほいetc遊びながら、1時間ほどかかって、ようやく駐車場にたどり着きました。

お店の中ももちろん人・人・人。いったいどっからこんなに人がくるんだ?と思うような人でした。
我が家ももちろんその中の一人なんですが(笑)

いろいろと買い物をして、帰る頃にはもうとっくにお昼を過ぎていました。
子供がマクドナルドを食べたがっていたので、買って車の中で食べながら帰ってきました。

人が多いのも、駐車場待ちの大渋滞も、普通なら嫌なんですが、お正月はなんだか賑やかな感じで許せてしまいますね。
人でごったがえす店内も、「景気回復!?」って感じがして、嬉しくなってしまいます。本当に今年は景気回復してほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
2005年・平成17年になりましたね。皆さんの新年はどのような感じでしたか?

全国的に荒れ模様と言われていた天気でしたが、意外にも天気は良く、時々晴れ間も覗く天気となりました。
我が家は、大晦日の晩が、遅くまで起きていたこともあり、元旦はちょっと遅めの起床でした。

そしてお正月には御節・・・なのですが、我が家では御節は作りません。
奄美には御節の習慣が無く、元旦には三献(さんごん)と呼ばれる、三つの膳を食します。
一つ目が澄まし汁で、二つ目がお刺し身、そして三つ目が鳥ガラの出し汁です。

昔一度だけ御節を作ったことがあるのですが、途中で飽きてしまい、それからは作っていません(^^;)
皆さんのところは、お正月はやはり御節なんでしょうね。

三献を食べて、お昼前から初詣でに行きました。
天気が良くなったこともあってか、昨年よりも人出が多かった気がします。
おみくじを引きましたが、見事大吉でした(^o^)何かいいことあるかな?

帰りにいつものジャ○コに行って、子供のための初売りに行きました。
福袋に、トーイストーリーの福袋があり、お正月になったら買う約束をしていたのです。
購入し家に帰ってきたから早速開けていました。中にはトーイストーリーのグッズがいろいろと入っていました。
小物ケースやごみ箱、鏡や毛布・クッションなどなど生活用品が入っていました。

帰ってきてからは、みんなでテレビを視たりしながら、の〜〜〜〜んびりと過ごしました。
皆さんの元日はどのような元日でしたか?
明日は大人のための初売りに行く予定で〜す(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記