2004年12月28日

大掃除の想い出

大方の企業が本日仕事納めだったのではないでしょうか。
皆様一年間ご苦労様でした。
私も一応、本日仕事納めでした。自営ですので、仕事納めという感じはありませんが、依頼されていた年賀状の仕事が、本日で最終分終わったので、本日で仕事納めです。

午後からは、仕事部屋の模様替え兼大掃除をしていましたが、まだ片づいておりません。
明日から、家の大掃除と兼ねて一緒にやってしまわなくてはいけませんね。

それにしても、ほこりって知らないうちに溜まっているもんですね。
同じくらいお金も貯まってくれたら嬉しいんですが・・・・。

大掃除って大変ですが、一年間のほこりを払って、新しい気持ちで新年を迎えるためには、やはり必要なことなんでしょうね。
TVのCMも、大掃除を促進するような、掃除用品の物が多くなっています。
CMのように簡単にキレイになってくれたらいいんですが、実際は骨の折れる作業ですからね。きついですが、気持ち良く新年を迎えたいので、頑張って大掃除しなくちゃいけませんね。

子供の頃には、家中の畳を外に出して、叩いてほこりを払ったり、障子の紙を全て張り替えたりと、とても大変な作業をやっていたもんです。
今から思い返すと、よくあんな重労働してたな〜と思うのですが、家も小さかったし、子供の頃なので半分楽しんでやってた気がします。

子供の頃の大掃除の楽しみのひとつに、畳をめくった隙間から、お金が出てくることがありました。
昔の畳なので、結構隙間が開いたりしていて、何かの拍子にお金が落ちることがあったのです。
畳をあげるごとに「お金が出てくるかな?」と、宝探ししている気分でやっていました。

あと、面白かったのが、障子の紙の張り替えですね。
破けている障子はもちろんのこと、そうでない障子も紙が日に焼けてベージュ色になるので、全部張り替えていました。
どうせ剥がすのですから、そのまえに指で突いて破くのです。
普通にやったら怒られることを、堂々と出来るのが、何となく嬉しくてプスプス穴を開けていました。
最後は水をかけて、紙をペロ〜ンと剥がすのですが、これも面白いように剥がれるので好きでしたね。

明日から、家の方の大掃除も頑張らなくちゃいけません。
最近の家は、畳や障子が少ないので、昔のような大掃除はしませんが、その分窓拭き等が大変です。
一年間のほこりを払って、新しい年を迎えられるように、気合いを入れてガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記