2004年12月22日

恐怖のサンタ

子供が物凄くクリスマスを楽しみにしている。
教えてもいないのに、突然「ジングルベ〜ル、ジングルベ〜ル♪」と歌い始めた。おそらく託児所で習ってきたのだろう。

昨夜も、「サンタさんにプレゼントお願いする〜」と言って、またもやブロックのお願いを書いていました。
しかし、「サンタさんへ」と書くべきところを「さんたえ」と呼び捨てで書いていた(^^;)

しか〜し、プレゼントをサンタさんから100%貰えるつもりの子供にとって、本日衝撃の出来事が・・・・。
それは、テレビ番組の「トリビアの泉」で紹介されたこんな無駄知識。
【サンタクロースには悪い子にお仕置きをする黒いサンタクロースがいる】
赤い服のサンタクロースと共に行動をして、部屋を散らかしている子や、言うことをきかない子には、黒いサンタクロースがやってきて、プレゼントの代わりに、動物の死骸等を置いていく、そしてもっと悪い子は袋で叩き、そのまま袋に詰めて地獄へ連れていく。と言う衝撃的な内容だった。

今まで、のほほ〜〜〜んとテレビを視ていた子供の表情が、いっぺんに固まった。
サンタクロースはプレゼントを持ってきてくれるだけの存在だと思っていたところに、とんでもない事実(子供にとって)が飛び込んできたのです。

私と嫁さんが「ど〜する〜」と聞くと、すかさず「お部屋片づける」と顔をひきつらせながら答えました。
今までは「お部屋片づけないとサンタさん来ないよ」と言っていましたが、明日からは「お部屋片づけないと黒いサンタが来るよ」に変更です(笑)

子供の教育には、いいことばかりではなくて、可愛そうですが怖い部分も必要なんですね。
黒いサンタの出現で、明日は自分で部屋を片づけてくれるかな?
ちゃんとできたら、赤い服のサンタクロース来てくれるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記