2004年12月14日

優しい光に包まれて

昨夜のつぶやきの続き。
早速駅前のクリスマスツリーを撮影してきました。
子供と2人で行ったので、あまりゆっくりと撮影できませんでしたが、何枚か撮ってきました。
やっぱり手ぶれするので、次は三脚持って撮影してこよう(^^;)

子供は、昨夜とても行きたがっていましたが、行けなかったのが悔しかったようで、託児所の帰りに「クリスマスツリー見に行く?」と聞くと、「行く行く行く〜」と大喜びでした。

早速駅について、車を止めてツリーのある広場まで来てみると、広場一面が光で包まれていました。
昨夜見た「灯籠のような物」は、まさしく灯籠でした。たくさんの灯籠で星になっていたり、線になっていたりととてもキレイでした。

よく見ると、全ての灯籠に文字がかいてあります。
何やら願い事らしき物が書かれているようです。「平和でありますように」「結婚できますように」等々、個人の願いから、世界的な願いまで様々な願い事が書かれた灯籠で、綺麗な光のアートが出来ていました。

クリスマスツリーも、キレイに光り輝いていて、ファミリーやカップル、友だち同士等、多くの人がこの光のアートを見に来ていました。
また、ちょうど駅から道路にでる途中に広場があるので、通勤の人もたくさんいて、みな煌めきを楽しみながら、ゆっくりと歩いていました。

そんな中、私はカメラをぶら下げて写真を撮り、子供は首輪の外れた仔犬のように、光の中を走り回っていました(^^;)

それにしても、今年はいったいどうしたのでしょうね。
昨年までは、こんなことしてくれるような町じゃないと思っていたのですが、ちょっと我が町を見直しました(笑)

やっぱりクリスマスの灯っていいですよね。
光の中に居ると、優しい温もりに包まれているような、優しい気持ちになれます。
そこにいるファミリーも、カップルも1人の人も、みんな幸せそうに見えてくるから不思議です。

今日は嫁さんが夜勤でいなかったので、次は家族3人でゆっくりと楽しんできたいと思います。
もちろん三脚持って行って、撮影ももう一度してきます。

041214-1.jpg

041214-2.jpg

041214-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記