2004年11月25日

息子からの手紙

最近、我が子のマイブームは、絵を描くことよりも、字を書くことのようです。
覚えたてのひらがなで、一生懸命文字を書いています。昨夜は「サンタさんにお願いする〜♪」と言って、紙に「ぶろっくおねがいします」と書いていた。

しかし、小さい「っ」が入る発音の書き方が解っていないので、「ぶろおくおねがいします」になっていました(^^;)
それでも、何とか解読できるほどに上達はしてきています。

今日は、お母さんのお仕事が遅くて、晩ご飯が遅くなってしまったので、外食することにしました。
ご飯を食べて、帰ってきて、またもや紙を取り、私のペン立てからペンを選び、文字を書き始めました。

昨夜書いたサンタさん宛の文字の、最後の「す」が抜けていて、お母さんに指摘されて、再度チャレンジしていました。
今回はちゃんと書けたと思ったのですが、やはり「ぶろっく」が「ぶろおく」になっていて、さらには最初の「サンタさんへ」と書くべきところが、何故か自分の名前を書いています。
これでは、自分で自分にプレゼントの催促しています。それでも、本人は書いたことで満足していました。

そして、私とお母ちゃんが、それぞれMacに向かってネットをしていると、「はいどうぞ」とお母ちゃんに何やら文字を書いた紙を渡しました。

そこには「おかさんより よおは おそかた」と書いています。
通訳すると「お母さんへ 今日は 遅かった」と書いていたのです。
お母ちゃんは、半分顔を引きつらせながら「悪かったねゴメンよ〜」。私はおかしくて笑い転げてしまいました。

子供って予想もしない事やってくれるので、おかしいですね。時に怒らせる事もしでかしますが、発想がぶっ飛んでいるので、見ていて面白いです。
その内、私にも変な手紙よこすかも知れません(^^;)

041125.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記