2004年11月24日

昔は良かった?

台風の影響で、野菜の価格が高騰していましたが、今度は卵の価格が高騰しています。
野菜はまだ何とか、鍋を我慢したり、他の高くない野菜で代用したりと、手はありますが、卵はどうしようもありません。
1パック200円って、ちょっとまってくれ〜って感じですよね。

野菜の価格が高騰したりすると「自家栽培でもするか」なんて思いますが、卵だと「鶏でも飼うか」という訳にはいかないですからね。

でも、私が子供の頃は、いろんな家で鶏飼ってましたね。
実際私も産みたての卵を取ろうとして、鶏に突かれた記憶があります(笑)
最近は動物を飼うのは、ペットとして飼っていて、家族の一員みたいな優遇された環境にありますが、昔飼っていた動物って、皆食料の為に飼っていましたからね。
まさしく家畜ですね。私は記憶がありませんが、昔は鶏を飼っていて、最初は卵を産ませ、最後には潰して食べたらしいです。
山羊も潰して「山羊汁」として食していました。豚も飼っていたところが多かったようです。そして豚も正月等の特別な時に食していたようです。

残酷な話のようですが、人間が生きていくための仕方ない選択だったのでしょう。
現代はスーパーで肉を買えますが、その当時は、自分たちの手で肉を育てなくてはならなかったのですから。
そのかわり、今のように「余ったら捨てる」なんて事は絶対に無かったと思います。余る事が絶対にないし、食べられる生き物に感謝して食べていたのだと思います。

このところの、野菜や卵の価格高騰。
家計を圧迫して「冗談じゃね〜よ〜」と、言いたいところですが、ふと昔の人たちの暮らしを思うと、文句ばかり言っても始まらないな。と感じました。
今まで安い価格で買えたことを感謝して、しばらくは辛抱するしかないですね。また下がってきたら、嬉しい気持ちになれますしね。
それが嫌なら、やっぱり自家栽培に自家畜産しましょう(笑)

041124.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記