2004年11月04日

新しいお金

新しいお札が発行されて、4日経ちましたが、皆さんの手元には新札が届いていますか?
私のところには、千円札の新札が舞い込んできました。
やっぱり今までの夏目漱石のお札のイメージが強いので、野口英世だと何かしっくりこないですね。まぁ、その内慣れてくると思います。

一万円と五千円の新札は、まだお目にかかってないのですが、フォログラム入りで物凄く高級なイメージがするらしいですね。
今回のお札は、偽札防止のための最新技術が数多く使われているようです。

一万円札って昔は聖徳太子の肖像画だったんですが、今の若い人たちは知らないんでしょうね。
今では普通の500円玉も、昔は500円札だったんですからね。何か札から玉に変わった時、500円の価値観が下がったような気持ちになったのを、今でも覚えています。
「玉=小銭・札=大金」というイメージを持っていましたから、今まで500円札という大金が、突然500円玉という小銭になった感覚でした。

時代の流れと共に、お金の価値や使われ方も変わっていくので、その都度デザインや仕様を変更しなくてはいけないのでしょうね。
でも、自動販売機や券売機、ATMといったお金を扱う機械は、変更していかなくちゃいけないので大変ですね。

まだ一万円と五千円が私の手元には届いておりませんが、その内姿を見せてくれるでしょう。
新しいお金で、景気も新しくなって活気づいて欲しいですね。そして新しいお金がどんどん手元に届いて欲しいです(^o^)
そう言えば、二千円札ってどこ行ったんでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記