2004年07月03日

夏祭りの日

今日は子供の通う託児所の、夏祭りがありました。
先日より体調思わしくなかったので、昨日は託児所を休み、今日はお母ちゃんがお休みで、そのまま託児所を休んでいました。

お昼過ぎに託児所の担任の先生から「今日の夏祭り来れますか?」と連絡があり、「ハイ行けます」と答えると、「出し物がありますので早めに来て下さい」と言われた。

毎年、夏祭りの始まりは、保育士による出し物に続いて、年長クラス(一番上と二番目)による出し物で幕を開けるのである。
我が子も上から二番目のクラスなので、今年から出し物に出るのである。

しかし、そんな事子供は一言も言ってなかった。
たいがい、何かの練習をやってる時は「託児所でこんなやってる」と言うのだが、一度もそんなことを聞いてなかった。
子供に「練習してるの?」と聞いても「えっ?」と不思議そうな顔をする。

大丈夫なのだろうか?もしかしたら、ここしばらく体調悪くて、早退したり休んだりしている間に、練習があったんじゃないか?と心配する親を気にとめる様子もなく、会場に着いた我が子は、友達と会っておおはしゃぎ。

ちなみに友達の親に聞いても、やはり子供は「何やるか知らない」と答えたらしい。
我が子だけでなく、他の子も知らない?もしかして先生から子供たちにシークレット指令が出ているのだろうか?

心配する親の目の前で幕が上がり、子供たちの出し物が始まった。
音楽に合わせ、カラフルに着色されたペットボトルを、叩いてリズムをとっている。思っていたよりも、ちゃんと出来ていた。
「なんだちゃんと出来てるやん」と安心しながらも、「何で子供は知らないって言ったんだ?」とちょっと不思議でした。

その後は模擬店が催され、お菓子やゲーム等様々な物が今年も用意されていました。
毎年「手作りでよくやってくれるな」と感心するのですが、今年もまた楽しませて頂きました。

子供は男友達数人で、先生手作りのデカレンジャーお面を頭に着けて、そこら中を走り回っていました。
最後はみんなで輪になって「アンパンマン音頭」を踊ります。
我が子はどうも踊りが嫌なようで、運動会の時も、夏祭りの時も踊ろうとしません。
しかし、今年は輪の中には入りませんでしたが、輪の外で踊っていました(^^;)

何とか夏祭りも終わり、子供も友達といっぱい遊んでご機嫌で帰ってきました。
それにしても、やっぱり男の子ですね。じっとしていません。友達数人でず〜と走り回っていました。
つくづく「こんな子供たちを毎日世話してくれているんだなぁ」と先生方に感謝の気持ちでいっぱいでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記