2004年05月23日

子供が夢中

今日は日曜日、わが家はお母ちゃんが仕事のため、子供と二人でお留守番でした。
ちょっとレンタルしたいCDがあったので、子供と二人でCDレンタル屋さんまで行くことにしました。

ところが子供は「自転車で行く」と言って、補助輪の付いたアンパンマンの自転車を出してきました。
特に急ぐこともないので、子供は自転車をこぎながら、私は一緒に歩きながら、レンタルCD屋さんまで来ました。

お客さん専用自転車置き場に、大人の自転車に混じって、アンパンマンの自転車を置いて店内へ。

せっかくだから、子供のためにも「戦隊ヒーロー・デカレンジャー」のCDを借りようと思いましたが、残念ながらありませんでした。
子供はすかさず、レンタルDVDのところにある、デカレンジャーを見つけ「これがいい!!」と言って聞きません。

しかし、そのDVDもレンタルされていて空っぽでした。
仕方ないので、他のビデオを借りることにして、いろいろと選ばせました。
結局、「機関車トーマス」と「あたしんち」を借りましたが、「機関車トーマス」が、サービス品対象で、同じ金額でもう1本借りれるということで、もう1本借りました。

行きは途中で道草してなかなか進まないアンパンマン号でしたが、帰りはよそ見もせず、ハイスピードのアンパンマン号でした。

家に着くなり、自分でTVの電源入れて、ビデオの電源入れて、ビデオテープをセットして、TVの画面をビデオ入力に切り替えて・・・・と、要領良くやっていました。
何でそこまで知ってるねん。という私の疑問をよそに、ビデオを満足そうに見ていました。

しかし、今まで子供を連れてビデオレンタルしたこと無かったので、今回の件で子供は「あそこに行けばたくさんのビデオがある」ということを覚えたと思います。

明日はお母ちゃんが休みのため、子供も託児所休みです。
子供は帰り道で「デカレンジャー誰か借りてたね、明日お母さんとまた借りにくる」と言っていました。
ちょっとやばいこと教えてしまったかも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記