2004年05月22日

長い一日

今日はテレビの前に、くぎ付け状態になっていた方も多いのではないでしょうか。
拉致問題の解決に向けて、平壌に飛んだ小泉総理でしたが、報道ではさまざまな意見が激論されています。

拉致被害者5人の家族8人全員の帰国と、行方不明となっている10人の方々の、新たな情報が期待されていましたが、結果は5人の帰国のみに終わりました。

拉致被害者家族会は、小泉総理の今回の対応に、不満が爆発していました。
確かに、5人の帰国以外は、前回の訪朝の時の内容に戻っただけのような感じもしますが、逆に見れば、いったん「拉致問題は解決済み」とまで言い切っていた北朝鮮側が、日本と共同で調査をしていく。と回答したことは多少なりとも前進である気もします。

拉致被害者の家族の方々の、悲痛な心の叫びは最もだと思いますし、一日でも早く解決させてほしいとも思います。
しかし、ここは何とか踏ん張って、これからの進展に期待が持てるように、日本政府に頑張ってほしいと思います。

テレビの報道では、小泉総理の今回の訪朝の内容に、とても厳しい評価をしていました。
確かに、もっともっと詰め寄って欲しかったし、強い姿勢で迫って欲しかったのは事実です。
ただ今回の結果だけを見るのもどうか?と思うところもあります。

拉致問題という事自体が注目を集めたのは、前回小泉総理が訪朝する段階になってからです。
それまでは、大きく報道されることもなく、時々特集番組等で取り上げられている程度で、拉致問題解決に向けての、日本政府の動きは、全く無いに等しかったのではないかと思います。

それが、前回の訪朝で、北朝鮮側が拉致の事実を認め、拉致被害者5人の帰国が現実になりました。
このことは、今までの総理はだれ一人として、やっていないことです。
拉致問題が日本国民の問題として、大きく扱われるようになりました。それだけに、今回の訪朝は、期待が大きかったのも事実です。

今回の結果は、必ずしも評価はできませんが、前回からさらに一歩前進ととらえる見方を、私はしています。
そりゃ〜全員が無事帰国して、残りの10名の方の安否も、確認できるのがベストですが、相手が相手だけに、根気強く進むしかないと思います。

今後の拉致問題の早期解決が、年金問題と並んで、小泉政権の存続の鍵を握っているといっても良いと思います。
これからの日本政府の、素早い対応に期待したいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記