2004年05月10日

一人勝ちの大相撲

そういえば、昨日から大相撲が始まっているみたいですね。
何でも朝青龍が連勝記録を31に伸ばして、貴乃花の記録を抜いたそうです。
しかし、強いですね。誰がこの連勝を止めるんでしょうか?

それにしても、最近の大相撲って、朝青龍一人でもってるような気がします。
朝青龍が強すぎるのか、それとも他の力士が弱すぎるのか、どちらか解りませんが、話題に出てくるのは朝青龍ばかりです。

強い力士がいるのはいいことですが、ライバルがいないのはちょっと寂しいですね。
がっぷりよつで、お互い技の掛け合いで、見ている人を楽しませてくれるのが、大相撲の醍醐味だと思うのですが・・・・。

ここのところ、日本人の横綱が減ってきていますし、力士が何となく軟弱なイメージになっている気がします。
私の思い過ごしかも知れませんが、昔の力士のようなハングリー精神が見えないような感じなんですよね。
時代の変化なんでしょうか?

私自身も相撲に興味が無くなってきていて、「あ、相撲やってたんだ」みたいな感じになってます(^^;)
子供の頃に見ていた相撲って、もっとスピーディーで、技の連続で、パワーとスピードを併せ持った力士が多かった気がしますが、最近の相撲を見ていると、何かぶつかり合って押し合っているだけに見えちゃうんですよね。

私が子供の頃の、初代貴乃花と北の湖の相撲は、毎回毎回見ていて楽しめたものです。
あの当時の良きライバルだったと思います。

明日もまた、朝青龍が連勝記録を伸ばすのか、それとも日本人力士が根性を見せるのか。
どちらにしても、日本人力士もっと頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記