2004年05月07日

タイミング

突然でビックリしました。福田官房長官が辞任しましたね。
まぁ当然と言えば当然かも知れません。
国民年金問題であれだけ世間を騒がせたのですから。

しかし、ほかの閣僚は全く辞任するような気配もありません。
福田官房長官が代表して責任を取った。みたいなことを言い出す始末で、なんとかして逃れようというように見えて仕方ありません。

しかし、これで立場が悪くなったのは、民主党の管代表でしょうね。
最初は「未納三兄弟」とか言ってて、実は自分も未納だったんですから、国民はあきれてしまいました。
あの時点で責任を取って、代表を辞任していれば、「管代表はけじめをつけた」という見解で、男を上げる事ができたと思うのです。
しかし、福田官房長官が辞任した後では、辞めたとしても「仕方なく辞任した」ようにしか見えません。

当の本人は辞任の意思がないらしいのですが、党内でも辞任を求める声が高まっているらしいです。

昨年、当時阪神タイガースの監督だった、星野仙一監督が辞めるときの引き際の男らしさを、つぶやいたことがありました。
辞めるときのタイミングというのは、ホントに大切なんだなと思いましたが、今回の管代表は完全にタイミングを逃してしまいましたね。

これでますます政治不信が強まってしまいました。
本当に日本国民の事を考えて動いてくれる人はいないのでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記