2004年04月21日

自己責任

「自己責任論」この数日間、やたらとテレビでこの言葉を耳にする。
イラクで拉致され、身柄を拘束されたボランティアの3人と、その後に同じように拉致された2人に対して、政府や議員の口から出てきた言葉である。

私はこの事件が発生した時、ちょうど父の危篤状態から、葬儀までの時期で、暫くしてから事件を知った。
最初は「何で危険だと言われているイラクに入国していたんだ?」という疑問があり、拉致された人にはあまり賛同はできませんでした。

しかし、開放されて帰国するまでの間、マスコミや政府・議員の口から出てくる「自己責任論」には、ハッキリ言って全く賛同できません。
確かに危険な国であることは解っていますが、何も遊びに行っていたわけでは無いし、人道支援のために入国していたわけですから、そこまで言うこともないと思います。

人助けのためにイラクに行って、実際にイラクの人々に感謝されていながら、日本人ということで拉致されて、何とか開放されたと思ったら、日本政府から「自己責任」と言われてバッシングされる。
もう少し人の心を理解して物事を言ってほしいですね。

確かに危険だと解っていて入国はしていると思いますが、それでも「何とかイラクの人のためになりたい」と思って活動をしてきたはずです。
拉致されて死の恐怖にさらされながら、帰ってきた人間にあの言い方はないと思います。

言葉は刃物以上に人の心を傷つけると言います。
おそらく今回の件で、拉致された方々は、心に大きな傷をおったのではないでしょうか。
助けてもらったのは事実ですが、日本国民の生命を守るのは、国として当然の義務です。言うならば当たり前の仕事をしたに過ぎません。
まるで「助けてやったんだ、ありがたく思え。勝手に行ったんだから、自己責任だ。かかった費用は自分で払え。」と言っているように感じてなりません。

自己責任を国民に問うならば、年金問題もしっかり自己責任とって下さいよ。
自分たちは責任取らないで、国民に負担を押し付けて、自分たちはしっかり議員年金貰うんですから。
こちらの責任はどうしてくれるんでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと