2004年02月25日

分岐点

もうすぐ3月です。3月は卒業や就職の月です。新たな道のりを歩み始める人がたくさんいるのでしょうね。
学業を終えて、社会人としてたくさんの若者が歩み始めます。

そんな中、私の周りで、この春に転職する方が二人ほどおられます。
どちらも以前同じ会社で働いていた後輩です。
まずはお二人さん、今までご苦労様でした。そして、新たな道のり頑張って突き進んで下さい。

知っている方もあられますが、実は私も転職組でして、かれこれ十数年前に、某一流電機メーカーを退職して、今の仕事につきました。
某一流電機メーカーの仕事は、特別好きでも嫌いでもなく「収入を得るため」だけのために働いていた気がします。ですから、当然やり甲斐がもてなくなり、元々好きだったこの世界へと方向転換しました。

これは転職して私が感じたことですが、仕事はやはり「好きな事」を仕事にするのが一番だと思います。お金のために働くのでは無く、やり甲斐を求めて働くのが幸せだと思います。
「世の中そんなに甘くね〜よ」という声が聞こえてきそうですが、確かに生きていくうえで、生活のために嫌な仕事もしなくてはならないこともあります。でもそんな時でも、何か目標を持っていなくてはいけません。
今はこの仕事をしているが、3年後にはこの道に進みたい。そのために今のうちに勉強しておこう。といったように、具体的なプランがあれば、嫌な仕事でもなんとかこなせます。

早い話が夢を持たなくてはいけないということですね。
こんなご時世で、夢も希望もないような話ばかりが聞こえてきますが、世の中のせいにしても仕方ありません。
こんなご時世でも、夢をつかんでいる人はたくさんいます。結局は自分を信じて、夢に向かって突き進めるか。だと思います。

私はよく、人に相談された時、いろいろと自分なりの考えを話したあと、必ずこう言います。
「最終決めるのは自分だよ」と、誰かに言われたから動くのでは、意志が弱いのです。自分で決めて自分を信じて進まなければ、ちょっとでも壁にぶつかった時に、すぐ挫折してしまいます。

今回転職する二人は、自分で決めて自分で行動を起こしました。
ですから悔いはないと思いますし、多少の難関があっても、試行錯誤しながら乗り越えていけると思います。また、それだけのガッツを持っています。

私自身もいろんな壁にぶつかりながら、試行錯誤しながら今日までやってきました。これからもいろんな壁にぶつかり、時には穴に落ちたりしながら、進んでいくと思います。
でも、やっぱり好きでやっていることですから、二人に負けないように頑張ってスキルアップしたいと思います。

お二人さん、お互い大変だけど、夢を持ってガンバロウ。
なんだか、今日は語り癖のひとり言になってしまった。晩ご飯食べながら、黒糖焼酎呑んだからかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと