2004年02月04日

作曲家になれちゃいます

本日注文していたアプリケーションが届いた。
Appleから発売された「iLife04」というアプリケーションなのだが、5800円で5種類のアプリケーションが入っている。
iPhoto・iTunes・iMovie・iDVDに関してはバージョンアップなので、それほど必要性は感じていなかったのだが、今回加わったGarageBandというアプリケーションが欲しくて注文した。
以前のひとり言でも「欲しい〜」と叫んでいたので、ず〜と読んでいる方は「あぁあれか!!」とお思いになるかも知れません。

このGaregeBandというアプリケーションが、何故欲しかったのかというと、簡単に作曲ができるのです。
私は中学生の頃から、ずっと趣味でギターを弾いていて、何度かバンドもやったことがあります。そして、一時期オリジナル曲を作ろうと、作曲をしたこともあります。
しかし、所詮ギターしか弾けません。頭の中にピアノの旋律のイメージや、ドラムのリズムパターンのイメージがあっても、それを音にする手段がないのです。

ピアノを弾ける人間に「こんな感じのイメージ」と口頭で伝えるのですが、伝わるわけがありません。
そして何よりの一番の弱点が「譜面を書けない」というところにありました。一音一音ピアノのイメージをギターで拾っていっても、それを譜面にするのはとてつもない作業です。

そんな中Macを使うようになり、MIDI音源とMIDIアプリケーションを使って、音楽を作れる事を知り、チャレンジしたこともありました。
Macで譜面を作って、それを好みの音で再生できるので、かなりイメージに近い曲を作れそうな感じでした。
しかし、この作業も一音一音?を入力しなければなりません。ピアノのパートを入力し、ベースを入力し、ドラム・・・と、気の遠くなる作業でした。結局途中で断念してしまいました。

今回のGaregeBandは、あらかじめいろんなジャンルの、いろんなイメージの音のループが入っていて、それをトラック上に貼り付けていくだけの、簡単な作業です。
10分もあれば、それらしい雰囲気の曲ができちゃいます。

ただ、それではただの素材集の張り合わせですが、GaregeBandのいいところは、貼り付けた素材集を編集して、自分のイメージする音に変えていけるところです。
ですから、おおまかに近いイメージのループを選んで、トラックに読み込み、自分のイメージに近いものに作り直せます。

本当に簡単ですが、音もリアルで、なかなか本物っぽいアプリケーションです。さらにでき上がった曲を、一発でiTunesに書き出すことができるので、それをCD-Rに焼いて音楽CDも作れます。
昔作曲した物や、これからいろいろ作って、今度は曲もオリジナルの完全オリジナルCDを作ってみたいですね?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh