2004年02月03日

節分

鬼は外〜、福は内〜。
今日は節分でしたね。皆さん豆蒔きはしましたか?
最近は豆蒔きもあまりしなくなったのではないでしょうか。

大抵小さい頃に、お父さんが鬼になって豆蒔きをした。なんて話を聞きますが、私は子供の頃に、豆蒔きをした記憶がないんですよね。
ビンボーだったんで、豆蒔くくらいなら食ってたと思います(笑)

関西の方では、節分の日に太巻きを食べるんですよね。
おっきな太巻きを、その年の歳徳神(吉神)が鎮座する方向に向かって食べます。この時に話してはいけないんだとか。

我が家も今日はスーパーに行って、太巻き3本購入してきました。スーパーの太巻き売り場(今日のみ出現)の床には、今年の方角として↑が書いてありました。

さすがに太巻き1本は食べきれないので、半分にして食べました。
子供はそれだけでおなかいっぱいになりました。

そう言えば、子供は託児所で豆蒔きをしたらしく、先生が演じる鬼に豆をまいたようです。
2〜3日前に節分用の鬼をそれぞれ作ったらしいのですが、その時に先生が「鬼は海の向こうからやってくるけど、みんなの心の中にもいるんだよ」と話したらしく、我が子はビックリしていたらしいです。
そしてそれを聞いた我が子は「優しい鬼さんにする」と言って鬼を作っていたとか。
どこまで話の内容を理解したのか知りませんが、大人なら「心の中の鬼を追っ払おう」と考えそうなものですが、「優しい鬼にする」という発想は子供ならではの発想だなと思いました。

所変われば行事も変わって、今日は日本全国でいろんな節分があったんでしょうね。
鬼は外〜、福は内〜。でも、みんなの心の中にも鬼はいます。
追っ払うのではなくて、優しい鬼にして、今年一年無事に過ごしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記