2003年12月28日

サービスの違い

今日宅急便で荷物が届いた。
送り主はTOMY。そうトミカやプラレールのおもちゃメーカーのTOMYである。
実は子供のTOMY製のハイパーパーキング21というおもちゃでが壊れたので修理にだしていたのです。
トミカを立体の駐車場に電動で収納することができ、出庫させると、パーキングのスロープをクルクル回って降りてくるという、子供が夢中で遊んでいたおもちゃです。
ところが、そのエレベータ部分のパーツが壊れてしまい、お客様相談窓口へ送って修理してもらっていたのです。
箱を開けると、パーキング21の箱が現れました。送ったときはボロボロになった箱でしたが、新品の箱になっていました。
子供に「箱キレイになって良かったな」と言って中を取り出してビックリ。中身も新品なのです。
これは何かの間違いだ、と思い中に入っていた報告書を読んでみると、修理内容のところに「かみ合わせ不具合の為、本体を交換いたしましたので宜しくお願い申し上げます」と書いてある。
「え〜っ!!新品になったの〜」と思わず叫んでしまった。ほんとに単なるパーツの故障だったので、その部分だけの修理で返ってくると思っていたので、超ビックリである。
送った時の物は、子供がマジックで落書きしていたりしていたので、かなり古びていたのだが、新品で返ってきたので、シールも最初からキレイに貼って、子供はご機嫌でした。
しかし、ビックリですね。商品自体に何か不具合があったにしても、故障するまで、何一つ問題なく使えていましたからね。その故障事態も、子供の取扱が乱暴だったのが原因のような気がします。
修理の費用が発生すると思っていたのに、新品に交換されて、電池も付いてきて(通常電池は別売り)さらに驚いたのが、こちらから送った時に発生したと思われる費用分の、切手が同封されていました。
こんなに、至れり尽くせりでいいんでしょうか。何か親切過ぎて逆にちょっと不安になってしまいます。
先日、サービスの問題であるメーカーを批判しましたが、今回は全く逆のパターンです。メーカーによってこんなに対応が違うのでしょうか。
子供のおもちゃメーカーと、ビジネス中心のメーカーとを、比べることは無謀なのかも知れませんが、いかにユーザーの心をとらえるかという事は同じですからね。
今回のサービスの違いで、私の見方は完全に変りましたからね。
これからも子供にトミカは買ってあげたいな。と思いますが、次プリンター買うときは、ちょっと考えますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記