2003年10月03日

彼岸花撮影会

今日も秋晴れのさわやかな一日でした。
今頃になって、田んぼのあぜ道に彼岸花が満開(満開という言い方をするのだろうか?)になっています。2週間程季節がズレていますね。
田んぼの稲穂の緑をバックに群がって咲くので、朱い花がさらに引き立って目立ちます。
テレビでやっていましたが、彼岸花って球根の花らしく、球根には毒があるそうです。
毒があることや、お彼岸の時期に咲く事から、「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とか「地獄花」なんていい方もあるらしいです。
いつもは車で走る道を、今日はカメラ片手に歩いてみました。
間近で見る彼岸花は、以外にも可憐さをただよわせていました。
一輪だけ見ると、綺麗な花なんですが、群がるとやはりちょっと無気味な感じがします。
道を通る人たちに、白い目で見られながらも、田んぼのあぜ道にしゃがみ込んで写真を撮りました。
青い空に田んぼの緑に、彼岸花の朱。何とも色鮮やかな組み合わせでした。
気が付くと空に流れる雲は、すっかり秋の雲になっています。
これからますます秋が深まっていきますね。
また機会があれば、秋の風景を撮りたいと思います。

031003-1.jpg

031003-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート