2003年09月11日

十五夜お月さん

あやうく寝てしまうところだった。
今日は中秋の名月ということで、晩ご飯のお供にビールを頂いた。(今日は発泡酒ではなくビールだったのだ(^o^))
呑んだ後、ちょっと横になってテレビ見ていたら、やってきました。眠りの神様が・・・・。
テレビ番組の声が、子守歌のように聞こえてきて、いつの間にか瞼が閉じている。しかし、テレビを見ながら寝るのって、なんであんなに気持ち良いのでしょう?全国のおとうさんの気持ちがわかりますね。
話がいきなりそれましたが、今日は中秋の名月です。
しかし、残念ながら本日は曇っていて月は見えません。
そんなこともあろうかと(どんな事や)昨夜のうちに、しっかりと月を眺め、写真におさめておきました。
今年は火星大接近もあり、月の右下には、他の☆より一段と明るく輝く火星も写っています。
それにしても、月明かりって明るいですね。写し方によっては、まるで昼のような写真に仕上がります。
真夜中の25時頃に撮影したので、もちろん周りは静まりかえって、秋の虫の音だけが心地よく響いていました。
ときおり肌をなでる秋風に吹かれながら、深夜のシンフォニーを楽しんでおりました。

030911-1.jpg

030911-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記