2003年09月10日

近頃の洋楽

テレビのニュースでやっていたが、サイモン&ガーファンクルが再結成するらしい。何でも10年ぶりだとか。
サイモン&ガーファンクルと言えば、映画「卒業」のサントラのサウンド・オブ・サイレンスや、ミセス・ロビンソン、スカボロー・フェア、明日に架ける橋などの名曲がある。
私もよくギターで弾いたりするが、あのデュオは何度聞いても素晴らしい。CDもベストCDとライブCDを持っているが、ライブの方が余計な飾りの音が無くて好きだ。
最近はあまり聴いていないが、昔はよく聴いていたものです。
他にもビリー・ジョエルやイーグルス、シカゴ、カーペンターズ、定番のビートルズetc・・・
しかし、いつの頃からか、洋楽をぱったりと聴かなくなってしまいました。洋楽が嫌いなわけではなく、聴いてみたい、CDが欲しいと思うようなアーティストや曲が無くなった気がする。
と言うよりも、耳にする機会が減ったのかも知れないけど、それにしても、ラジオとかでもあまりパッとした曲が流れない。
かろうじてボン・ジョヴィぐらいかな。
若い頃は、MUSIC TVを毎週見ていたので、いろんなアーティストや曲を覚える事ができた。今は残念ながらMUSIC TVが見れないのと、見る気力が無いのが、洋楽離れの大きな要因になっているのだろう。
今回の、サイモン&ガーファンクル再結成を期に、もう一度洋楽に耳を傾けてみようかな。
でも、結局昔の曲ばかり聴いてそうな気がするけど(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画