2003年08月03日

ややこしい

先日某電機ショップ、ジョー○ンに行った時に、ワゴンセールでDVD-Rが安く売っていたので、思わず買ってきた。
早速、本日パソコン内にたまったデータを、DVDに焼こうと思いDVDメディアをセットした。
しかし、なかなか読み込まない。そしてしばらくすると、んべ〜っとはき出されてしまった。なんで?と思いもう一度セットする。がやはり、んべ〜っと出てくる。
不思議に思いDVDメディアをもう一度よく見ると、「DVD-R」ではなく「DVD+R」と書いてある。
え?何?どう違うの?と思い説明書を読むが、特に違いなど書いていない。じゃぁ使えるはずだ、ともう一度入れてみる。やっぱり、んべ〜。
仕方ないので、近くのスーパーに行って「DVD-R」を買ってきた。やはりこちらは問題なく使える。
今まで「DVD+R」なんて見たこと無かったし、知らなかった。これからは気を付けて買わなければ。
でも、「DVD-R」と「DVD+R」の違いは何なんだろう?ネットで調べたけど「ディスクの違い」というだけで、詳しいことは解らなかった。
だいたい、似たような名前の付け方するなよな。もっと違うということを前面に出せよ!!他にも知らずに買って使えなかったって人いるんじゃないかな。
どうしてDVDの規格って、こんなにもややこしいのだろう。
もっと消費者に解りやすい規格にしてほしいもんです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記