2003年07月19日

空港

今日は、昨夜つぶやいたように、姉とその子供・弟の3人を空港まで送っていった。
子供二人は、ドライブ気分で、最後部座席で後ろの車や。対向車ですれ違う車を見て、「バス〜、トラック〜、タンクローリー♪」と大はしゃぎ。
別にいつも見ているような車なのに、子供二人揃うと何でも嬉しいようだ。どっちも男の子なのでなおさら気が合うのだろう。
途中、事故渋滞があり、間に合うかちょっとヒヤヒヤしたが、無事到着した。
お土産を買って、姉の子はおもちゃ屋さんによって飛行機を購入。我が子は今回はお見送りなので見るだけ(^^;)でも、自分も欲しかったんでしょうね。しきりに従兄弟に「ねぇ〜何買うの?」と聞きながら、自分もいろいろ物色していました。
そろそろチェックインする時間になり、みんながおもちゃ屋を後にしても、なかなかその場を離れようとしないわが子。
やはり欲しかったんでしょうね。何とか言い聞かせて、遅れてチェックインの所へ行き、みんなをお見送り。
しかし、恐れていた事態が・・・。自分も飛行機に乗りたいと大泣き。従兄弟やおじさん・おばさんにバイバイしてと言っても、もう泣き崩れてそれどころじゃありませんでした。
ちょうどお昼時だったので、ご飯を食べて帰ろうという事になり、お店へ入りました。すると目の前には滑走路が・・・飛行機の離着陸が見えるではありませんか。
ず〜と、ぐずっていた我が子も、ここでようやく機嫌を直しました。
しかし、我が子にとって空港に迎えに来たことはあっても、見送りに来たのは初めてのこと。「自分は飛行機に乗れない」という事が、もの凄く悲しかったんでしょうね。
また今度乗れるから、それまで辛抱してもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記